SPA!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
週刊SPA!から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
SPA!
刊行頻度 週刊
発売国 日本の旗 日本
言語 日本語
出版社 扶桑社
刊行期間 1988年6月 - 現在
ウェブサイト https://nikkan-spa.jp/
特記事項 刊行期間は現題名になってからのもので、号数などは、前身の「週刊サンケイ」(1952年-1988年5月まで)を継承

SPA!』(スパ!)はフジサンケイグループ出版社扶桑社から発行されている日本の総合週刊誌である。通称『週刊SPA!』。発行部数11万部は週刊朝日に次いで業界第10位[1]

沿革[編集]

1988年6月、『週刊サンケイ』(1952年産業経済新聞社から創刊)が産経新聞の題号変更(サンケイ→産経新聞)に伴って、雑誌名・記事内容を若者向けにリニューアルする形で創刊された。雑誌サイズはB5からB5変形に変更され、創刊からの号数(バックナンバー)は『週刊サンケイ』から承継している。誌名は「世相をスパッと斬る」から(「すっぱ抜き」からという説も)。創刊当時のキャッチコピーは“週刊誌の突然変異”。現在の題字ロゴは1989年4月から使用している。

フジテレビの元プロデューサーだった宇留田俊夫が初代の編集長に就任。創刊号の目玉記事は、久米宏木村太郎の対談記事だった。

青人社からスカウトされた渡邊直樹が第2代編集長に就任した1990年代前半は、小林よしのりの『ゴーマニズム宣言』をはじめ、数々の企画を掲載して、当時最も勢いのある週刊誌とも言われた[2]オタクを売り物にした宅八郎の連載記事やオヤジギャルを題材にした中尊寺ゆつこの漫画などヒット企画を連発した。

人気コーナー「みうらじゅん×リリー・フランキーのグラビアン魂」のため2018年10月までカラーページはグラビア印刷を使用。大日本印刷で最後に残ったグラビア誌であった[3]。以降はオフセット印刷となっている[4]

歴代編集長[編集]

  • 宇留田俊夫
  • 渡邊直樹
  • 靍師一彦
  • 石光章
  • 杉田 淳
  • 佐藤寿彦
  • 秋尾弘史(2003年-)
  • 光明康成(2006年-)
  • 渡部超
  • 金泉俊輔(2013-)
  • 犬飼孝司(2018-現在)

テレビCM[編集]

フジテレビの川端健嗣アナウンサー(当時)が出演したテレビCM1992年ごろ放送された。サラリーマン役の川端アナが「ロンドン橋」のメロディで「週刊誌がたくさん、たくさん、たくさん」と歌いながら駅のホームの売店で「SPA!」を選ぶ内容のものだった。また、を身に付けた女性が日本刀を振り回し「SPA!」と叫ぶというものもあった。

連載企画[編集]

ほか

過去の連載企画[編集]

  • これは事件だ(担当の神足裕司が2011年9月にクモ膜下出血で倒れて以後休載中。再開時期は未定)
  • ニュースな女たち(篠山紀信撮影による巻頭グラビア)
  • 警視庁国際事件課 姫刑事(石ノ森章太郎の漫画 1988年6月〜8月連載)
  • オニのやく目玉(やくみつる4コマ漫画
  • だめんず☆うぉ〜か〜倉田真由美の漫画)
  • イカす!おたく天国(宅八郎によるコラム。批判相手切通理作の自宅電話番号を誌面上に公開し、連載は打ち切られた)
  • スイートスポット(“オヤジギャル”ブームを作った中尊寺ゆつこのコメディ劇画
  • 秘密結社鷹の爪団 独立愚連広報部 フラッシュアニメ課(蛙男商会が社会問題を暴いたフラッシュアニメ、漫画。色々な会社からクレームがたくさん付いた為、打ち切りになった問題作。)
  • Mr.パスカルの報告書 (裁判等を扱った蛙男商会のコメディ漫画。)
  • TV無差別級(神足裕司フジテレビ系で放送の番組を辛口批評)
  • 神なき国のガリバー
  • 中森文化新聞(1990年代にあった中森明夫が主宰していたコーナー)
  • 空想科学的“生活向上委員会”(柳田理科雄によるコラム)
  • からまん(唐沢なをきの漫画、天然記念物のトキが性格の悪い課長であるという設定のトキ課長シリーズが評判になる)
  • ニッポンの未明〜憂国妄想マンガ (さかもと未明の漫画)
  • 激裏クリニック
  • ビッグダディのさすらい乱取り
  • 『負け美女』のオトコ観察絵日記 痛男(イタメン)!(犬山紙子)
ほか

批判を受けた記事・不祥事[編集]

2018年12月25日号の特集記事「ヤレる女子大学生ランキング」がネット上で女性蔑視だとして問題となった。国際基督教大(ICU)学生らの女子大生グループを中心に抗議の署名活動がなされるなど騒動になった[6]

記事は「ヤレる女子大学生ランキング」として5大学を実名で掲載するなど女子学生を蔑視する内容として批判を浴びた[7]。実名を挙げられた大学からは、大学ホームページへの抗議文の掲載や出版元の扶桑社への抗議が行われた[8]

2019年1月22日発売号に関連記事を掲載し、「実名を挙げてしまった大学および学生の方々、関係者の皆さまに改めてお詫(わ)び申し上げます」「女性の尊厳に対する配慮を欠いた記事で傷ついた女性、そして不快な思いをされた読者にも重ねてお詫びします」と関係者に謝罪し、謝罪などを求めて署名活動を行った大学生らとの面会内容も載せた上で、再発防止策を発表した[7]

小林よしのりはこの事件に対し、「不愉快なのは、「廃刊して「消す」のではなく」とネットニュースの記事には見出しがつけられているが、この女性グループの代表はこう述べているのだ。「追及が甘いという意見もあるかもしれない。ただ、私たちは廃刊にして問題を消して終わりにしたいのではない」恐ろしい言葉である。」と述べるとともに、「実名で名誉棄損をしないように注意しながら、過激でふざけた企画は絶対に続けて欲しい。社会には「ふざけた遊び」の場だって必要なのだ。」とも発言している[9]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.j-magazine.or.jp/data_002/m1.html#002
  2. ^ 長薗安浩「週刊誌コラムで構築した日本の九〇年代論」『週刊朝日』2007年12月21日号。
  3. ^ 犬飼孝司 (2018年12月20日). “最後の最後まで粘りました! …” (日本語). @inunekokai. 2019年1月19日閲覧。
  4. ^ 2019年1月の同コーナーで改名案も出たが語感が悪いため取り下げられた。
  5. ^ 社会問題を暴いた漫画。1995年にオウム真理教事件をきっかけとして当時の編集長や宅八郎と編集方針をめぐり対立したため1995年8月9日号で連載を終了し、小林が『SAPIO』(小学館)へと移籍した。その後、2018年4月10・17日合併号から連載を再開した。2018年4月現在は大東亜論を『SAPIO』、よしりん辻説法を『FLASH』、ゴーマニズム宣言を『SPA!』で連載中。
  6. ^ 「週刊SPA!」編集部を訪問 女性蔑視記事で撤回署名活動の学生” (日本語). 毎日新聞 (2019年1月14日). 2019年1月25日閲覧。
  7. ^ a b 「ヤレる」特集、SPA!が謝罪掲載 尊厳に配慮欠いた” (日本語). 朝日新聞デジタル (2019年1月22日). 2019年1月25日閲覧。
  8. ^ 週刊SPA!に5大学すべてが「女性蔑視」と抗議 「ヤレる女子大RANKING」の特集” (日本語). ハフポスト (2019年1月9日). 2019年1月25日閲覧。
  9. ^ 小林よしのり (2019年1月15日). “SPA!に抗議に来た女子大生は危険だ”. ゴー宣ネット道場. 2019年5月15日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]