クオラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社クオラス
Quaras Inc.
ThinkPark.JPG
クオラス本社があるThinkParkタワー
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
141-6007
東京都品川区大崎二丁目1番1号 ThinkParkTower7階
設立 2007年10月1日
業種 サービス業
法人番号 3010701020177
事業内容 広告代理業
出版物・広告制作物の企画・編集・出版
各種イベント企画・制作・実施
マネジメント業務
マーケティング業務
録音権・著作権管理業務
舞台・映画・放送番組の企画・制作
インターネット事業
代表者 代表取締役会長 加藤 雅己
代表取締役社長 大沼 渉
資本金 359,953千円
売上高 454億7,600万円(2017年3月期)
営業利益 3億8,400万円(2017年3月期)
従業員数 340名(契約社員含む)
主要株主 株式会社フジ・メディア・ホールディングス(親会社)
芙蓉グループ複数社
外部リンク http://www.quaras.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社クオラスフジサンケイグループフジ・メディア・ホールディングス連結子会社)の広告代理店である。

概要[編集]

2007年10月1日設立。市場の変化に対応すると共に、経営の効率化や新たな広告事業への進出などを図ることを目的として、フジサンケイグループの広告代理店4社(ビッグショットニッポン放送グループ)・フジサンケイアドワーク(産経新聞グループ)・ティーコムコーポレーション(フジテレビグループ)の3社と、フジサンケイグループと芙蓉グループ6社の協同出資による富士アドシステム)がビッグショットを存続会社として合併し、商号を変更してクオラスが設立された。

業務としては、これまでの4社が行ってきた広告代理店業務・出版業務・マネジメント業務・番組制作業務などを引き継いだ。なお、合併時点ではそれまでの4社の旧オフィスで業務を行っていたが、2007年12月には本社を東京都品川区大崎二丁目のThinkParkに移転統合した。

前身のビッグショット時代から映画・アニメなどエンターテイメント産業を中心に制作参加している。アニメではフジテレビ系列以外のテレビ東京読売テレビTBSテレビ毎日放送独立局深夜アニメ制作にも参加している。 また、近年は日本企業の海外でのPR・宣伝活動はもちろん、政府が推進している「クールジャパン政策」のもとコンテンツの海外展開支援プロジェクトへの参画や、国際イベントに参画して観光誘致を推進するなど、海外での事業にも積極的に取り組んでいる。

2014年10月1日、協同廣告を吸収合併[1]

脚注[編集]

  1. ^ “クオラス、協同廣告を10月に吸収合併 フジ・メディアHD発表”. スタートライズ 広告ニュース. (2014年5月1日). http://www.startrise.jp/articles/view/5900 2017年9月17日閲覧。 

外部リンク[編集]