正論大賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
正論大賞
受賞対象 「自由と民主主義のために闘う正論路線」を発展させた個人
日本国
授与者 フジサンケイグループ
初回 1985年
公式サイト http://seiron-sankei.com/

正論大賞(せいろんたいしょう)は、フジサンケイグループが主催するである。「自由民主主義のために闘う正論路線」の基本理念を発展させた学者文化人、特筆すべき言論活動を行ったオピニオンリーダーに贈るとしている[1]

概要[編集]

1985年(昭和60年)制定。毎年12月に発表される。これまでの受賞者は、第1回の渡部昇一をはじめ、加藤寛唐津一曽野綾子竹村健一堺屋太一ら、産経新聞のオピニオン・コラム「正論」の執筆者(いわゆる“正論メンバー”)や、保守論壇で活躍する論客が多い。2000年(平成12年)からは、「21世紀の日本を担う新進気鋭の言論人を見いだして顕彰する」ため、新たに「正論新風賞」が設けられている[2]

正論大賞は、御正進制作のブロンズ像「飛翔」と副賞100万円。正論新風賞は、小堤良一制作のブロンズ像「ソナチネ」と副賞50万円。贈呈式は発表翌年2月に開催され、2011年まではグランドプリンスホテル赤坂2012年グランドプリンスホテル高輪で行われた。2019年ホテルニューオータニで行われ、安倍晋三首相も出席し、「言論界における日本の道標として正論路線がこれからも堂々と展開され、先生方が受賞を機にますます活躍されることを期待する」と述べている[3]

歴代受賞者[編集]

「正論新風賞」歴代受賞者[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]