育鵬社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
育鵬社
正式名称 株式会社育鵬社
種類 株式会社
出版者記号 905382
取次コード 0442
設立日 2007年8月1日
代表者 社長・久保田榮一(扶桑社社長)
本社郵便番号 105-8070
本社所在地 東京都港区海岸一丁目15番1号 スズエベイディアム4階(扶桑社内)
資本金 3億円
主要株主 扶桑社(100%)
主要出版物 社会科教科書
外部リンク http://www.ikuhosha.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社育鵬社(いくほうしゃ)は、日本出版社

概要[編集]

新しい歴史教科書をつくる会から袂を別った「教科書改善の会」が新たに出版する教科書の版元として、2007年8月1日に設立した[1]扶桑社の100パーセント出資の子会社で、扶桑社の教科書出版部門が独立、発足当時の社長も同社の社長片桐松樹が兼任していた。本社は東京都港区海岸(扶桑社のあるビルに入居)。資本金は3億円である[要出典]

現社長・久保田榮一は、親会社フジテレビジョン(旧社、現:フジ・メディア・ホールディングス)からの出向者であり、片桐同様、扶桑社の社長を兼任している[要出典]

育鵬社の名称は、「」を「育てる」という言葉に「子供たちよ、大きく育て!」という願いを込めて名付けられたと、設立時の社長・片桐松樹は述べている[1]

不祥事[編集]

アンケート動員疑惑[編集]

2015年にあった大阪市立中学校の歴史・公民教科書の採択の参考となった住民らを対象にした市教委のアンケートをめぐり、育鵬社教科書採択推進運動の一環としてフジ住宅による組織動員があった。育鵬社社員が、同社版支持が多ければ採択の可能性が高くなるとフジ住宅に伝え、フジ住宅の会長が「大阪市は数多くの教科書アンケートを記入していただければ、育鵬社に採択される可能性が高くなる」と同社員に呼びかけ従業員を動員し、従業員が教科書展示場から1200枚超の用紙を集めたとされる[2][3][4][5]

なお、大阪市議会は2016年2月23日、これについて真相究明を求める陳情書を採択している[6]。また、この問題について、文部科学相の馳浩は、「一般論として、報道にある育鵬社の社員が行ったアンケートへの働きかけともとられかねない行為は、採択への疑念を生じかねない軽率な行為」「(動員した可能性が指摘される)育鵬社には猛省を促したい」とコメントした[7]

不適切な採択運動[編集]

2014年にどの教科書を使うか決める「採択権限」を持つ教育長6人に検定中の教科書を閲覧させていたことが、2016年発覚した[8]

批判[編集]

琉球大学名誉教授高嶋伸欣は、育鵬社の教科書が「世界最大の墓・大仙古墳(仁徳天皇陵)」と記載したことについて、「ピラミッドや始皇帝墓のような立体的な構造物を築く技術が未熟で、平面の規模を大きくするしかなかった」ものにすぎないのであり、「まるで「世界一長い海苔巻を作ってギネス登録に成功した日本はスゴイ!」と自慢しているようなもの、と笑われていたものだ。」と批判し、また、縄文時代を「世界4大文明」に匹敵するものとイメージづけしている記述など、「大国である日本」という、安倍政権の戦争法制定と軌跡を一にしたものと批判した[9]

モンタナ州立大学文化人類学フェミニズム学者の山口智美は、育鵬社版の中学公民教科書『中学社会新しいみんなの公民』は、東日本大震災の被災地で黙祷する天皇皇后の写真を掲載し「日本の歴史には、天皇を精神的な支柱として国民が一致団結して、国家的な危機を乗りこえた時期が何度もありました」と書かれたり、「自分を犠牲に住民守った公務員」について掲載するなど国家への自己犠牲やナショナリズムを煽る内容で、また、改憲を推進する内容や、領土問題については日本の立場のみが詳細に示されていると批判した[9]。山口は、この教科書は、安倍晋三内閣総理大臣の写真を多用し、「安倍晋三ファンブック」であると述べている[9]

山口は他にも、反進化論(インテリジェント・デザイン)の立場に近いサムシング・グレート [注 1]江戸しぐさを紹介していると指摘している[9]。なお、江戸しぐさに関する記述は育鵬社以外の教科書副読本でも掲載されているが[11]、その一方で、江戸しぐさには1980年代に「発明」された全く歴史的根拠のないものであるとの批判がある[12][13]。このような擬似科学や偽史を事実として掲載していることから、育鵬社の『中学社会新しいみんなの公民』をトンデモ本だと見る人もいる[14]

2014年に原田実の著作『江戸しぐさの正体』が発刊されて以後、江戸しぐさが芝三光(しば・みつあきら)によって捏造された偽史であることがマスコミでも広く取り上げられるようになった[15]。この批判を受けて、平成28年度使用分より育鵬社の『中学社会新しいみんなの公民』から江戸しぐさに関するコラムは削除されることが決定された[14]。その一方で、サムシング・グレートを扱ったコラムは掲載が継続されることになった[10]2016年現在、育鵬社は江戸しぐさに関するコラムの削除理由について説明を行っていない[14]

つくる会の反応[編集]

扶桑社が子会社から従来のように「つくる会」の教科書を取り扱うことに対し、弁護士を通じて2007年6月13日付けで、著作権は執筆者にあり扶桑社にはない、現行版の配給修了をもって著作権使用許諾を打ち切ることを通告する文書を発信した[16]。また、かつての同志であった屋山太郎が代表世話人をつとめ、多くの離反した関係者が参加する「教科書改善の会」を、「特定出版社の応援団として知識人たちの運動団体」であり「つくる会がその教科書を失って消滅することを大前提にしてつくられるもの」として強く非難[16]している。そのため、従来つくる会の運動を支援してきたフジサンケイグループに対し、事実上の絶縁状をたたきつけることとなった。

教科書採択[編集]

採択への運動[編集]

朝日新聞記者の藤生明は、2016年度から使われる歴史と公民の中学教科書の育鵬社版の占有率は神奈川県で共に38.7%で(全国では歴史6.3%、公民5.7%)と際立つことになった「立役者」として、日本会議神奈川の副運営委員長で「教育を良くする神奈川県民の会」の運営委員長の木上和高の名を挙げ、教育委員会に対する事前の働きかけと事後のフォローに言及した[17]日本教育再生機構八木秀次は東京の採択報告集会で「ようやく一つの結果を出せた。もちろん通過点にすぎない。主流になるまで運動を紡いでいかなければならない」と述べた[17]

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 「サムシング・グレート」とは、村上和雄・筑波大学名誉教授(分子生物学専攻)が提唱する概念で、生物の細胞に膨大な遺伝子情報を書き込んだ人知を超えた存在のことだという[10]原田実によると、サムシング・グレートはアメリカのインテリジェント・デザイン論キリスト教から天理教へ焼き直したものである[10]。村上は天理教の信者で、自身の著書『科学者が実感した神様の働き』(天理教道友社、1999年)のなかで「サムシング・グレート」とは天理教の親神様であることを認めている[10]

出典[編集]

  1. ^ a b 「育鵬社・片桐社長のあいさつ」教科書改善の会、2007年8月6日。
  2. ^ 「アンケート用紙1200枚集める 育鵬社社員働き掛けも」西日本新聞、2016年3月5日。
  3. ^ 「大阪市の教科書アンケートをめぐる新たな疑惑―「育鵬社7割肯定」は動員か」週刊金曜日、2016年3月8日。
  4. ^ 「教科書アンケート:『育鵬社支持』似た筆跡 動員の可能性指摘 大阪市」、毎日新聞、2016年2月24日。
  5. ^ フジ住宅(株)が育鵬社教科書の採択運動をし、大阪市教育委員会の審議に反映させた件につき、真相を究明し責任を明らかにする陳情書、子どもたちに渡すな!あぶない教科書大阪の会、2016年2月14日。
  6. ^ 「大阪市教委の教科書巡る住民調査に動員か 育鵬社版採用」、朝日新聞、2016年2月24日。
  7. ^ 「馳文科相『育鵬社は猛省を』 大阪市の教科書アンケート」朝日新聞、2016年3月8日。
  8. ^ 「<検定中教科書>中学歴史と公民『育鵬社』閲覧は教育長も」、毎日新聞、2016年2月22日。
  9. ^ a b c d 「育鵬社版の中学校社会科教科書を読んでみた」週刊金曜日、2015年8月9日。
  10. ^ a b c d 原田実 『江戸しぐさの終焉』 星海社新書、2016年、109頁。ISBN 978-4-06-138582-5
  11. ^ 原田実. “第14回:文部科学省と「江戸しぐさ」”. ジセダイ/星海社. 2016年4月7日閲覧。
  12. ^ 「続・江戸しぐさの正体 第1回:謎の『東都茶人会』─芝三光の『江戸しぐさ』以前」、ジセダイ(星海社)、2015年1月27日。
  13. ^ 「それホンモノ? 『良き伝統』の正体」毎日新聞、2016年1月25日、東京夕刊。
  14. ^ a b c 原田『終焉』p.34.
  15. ^ 原田『終焉』第4章「江戸しぐさ」をめぐる風向きの変化
  16. ^ a b 「有識者に向けたアピール(訴え)を発表 扶桑社には著作権に関する通知書を送付」新しい歴史教科書をつくる会、2007年6月22日。
  17. ^ a b 藤生明 (2016年12月5日). “日本会議をたどって II 4 なぜ神奈川で強いのか”. 朝日新聞: p. 夕刊4版 2面. http://digital.asahi.com/articles/DA3S12692265.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]