村上光一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

村上 光一むらかみ こういち1940年3月2日 - )は、株式会社フジテレビジョン相談役日本映画衛星放送相談役、東京外国語大学理事

来歴・人物[編集]

台湾生まれ、東京育ち。東京都立新宿高等学校東京外国語大学外国語学部スペイン語学科を卒業。1962年、フジテレビに入社。主に編成畑を歩み、1980年代フジテレビお笑い番組の編成側の中心的存在となる。

編成局編成部長を経て、1988年7月編成局長に就任。1991年6月取締役編成局長に就任し、同年7月からはフジテレビ出版代表取締役社長を兼任。

1995年6月常務取締役(編成担当)を経て、1998年エールエムエヌジャポン(現アジャンス・デ・ミュゼ・フランセ)代表取締役会長に就任。1999年6月専務取締役業務推進本部長(番組審議室担当)に昇格。

2000年2月日本映画衛星放送の初代代表取締役社長となり、2001年6月からフジテレビジョンの代表取締役社長に就任。前任の日枝久に続く2人目の生え抜き社長だった。3期6年務めた後、2007年6月に相談役に退いた。2009年9月より東京外国語大学の理事を務める。

エピソード[編集]

編成時代の代表作は1978年の『白い巨塔』で、本人もチョイ役で出演したことがある。

若い頃に無断で長期休暇を取り、ヨーロッパにオペラ鑑賞に行った事がある。

1985年日航機墜落事故ではスクープ映像放送に大きく貢献した。

俳優中村敦夫は高校・大学の同級生で、夫人は内舘牧子の高校の同級生である。

社長時代の2003年に起きた「王シュレット事件」では自身もプロデューサーらと共に大阪ドームまで赴き、直々に王貞治監督(当時)に謝罪した。

めちゃ×2イケてるッ!』のファンであることを公言している。2005年1月29日放送の「フジTV警察24時」に出演し、運転手と間違えられるという扱いを受けながらもメンバーに感謝状を手渡した。

同年7月の『FNS25時間テレビ』の「トリビアの温泉」で、報道記者の村上真理子に「報道部員なんだから、御行儀よくレポート頼むよ」とフジテレビを代表して応援したが、結局評価(あつい)の数は多く獲得するには至らなかった。

2007年6月16日放送「おかもんたの朝メチャッ!」に出演した際は番組への特別表彰を「社長最後の仕事」として行った。

社長就任後の2001年から『FNSの日』の製作総指揮を6年連続で務めていた(歴代社長では日枝に次いで2人目、通算では4人目)。この間、「笑福亭鶴瓶全裸事件」など不祥事もあった(この事件については後日、鶴瓶が村上社長に謝罪している)。

出演[編集]

携わった映画[編集]

製作[編集]

製作総指揮[編集]

企画[編集]

  • 時雨の記(1998)
  • ストロベリーロード(1991)
  • 誘惑者(1989)
  • ジュリエット・ゲーム(1989)
  • 木村家の人びと(1988)
  • 優駿 ORACION(1988)

社会的活動[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]