鈴木ちなみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
すずき ちなみ
鈴木 ちなみ
プロフィール
愛称 ちなみん
生年月日 1989年9月26日
現年齢 27歳
出身地 日本の旗 日本岐阜県土岐郡笠原町(現・岐阜県多治見市)出身
血液型 A型
瞳の色
毛髪の色
公称サイズ(2011年時点)
身長 / 体重 167 cm / 49 kg
BMI 17.6
スリーサイズ 80 - 59 - 86 cm
カップサイズ E
靴のサイズ 24.5 cm
備考 [1]
活動
デビュー 2008年
ジャンル ファッション
モデル内容 一般、水着
他の活動 タレント女優
その他の記録
2010年東レ水着キャンペーンガール
モデル: テンプレート - カテゴリ

鈴木 ちなみ(すずき ちなみ。1989年9月26日 - )は日本女性ファッションモデルタレント岐阜県土岐郡笠原町(現・岐阜県多治見市)出身[2]。所属事務所はGrick

略歴[編集]

金城学院中学校・高等学校卒業。 高校卒業後に名古屋にてスカウトされる[2][3]。最初は不安だったが両親にアドバイスされ芸能界入りしてモデルに成る事を決断[2]2008年にモデルデビューし同年11月にファッション雑誌with』の専属モデルになる[3]

2009年に応募総数206人の中から2010年度東レ水着キャンペーンガールに選ばれた[3]

2012年4月から「めざましどようび」の海外ロケコーナー「ココ調〜TOP OF THE WORLD〜」のリポーターを2年間務め人気を博す。

2012年11月に出身地・多治見観光大使に成る。

人物[編集]

  • 「『因む=人と人との縁をつなぐ』ような人になって欲しい」との願いをこめて「ちなみ」と命名される
  • 2010年現在、東京都渋谷区居住[2]
  • 性格は負けず嫌い[4]
  • 12歳から英会話を習っていた。
  • 中学・高校時代は新体操部に所属。
  • 特技は書道・新体操・英会話[1]
  • 「目標のモデルは?」と質問され「答えられない。届くこともできないんじゃないか。」と回答[4]
  • 「自動車第1種免許を所持しているがペーパードライヴァー」と発言。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

企業イメージキャラクター[編集]

広告[編集]

  • 行政書士制度PRポスター(2014年10月)[9]

カタログ[編集]

ミュージックビデオ[編集]

書籍[編集]

写真集[編集]

雑誌連載[編集]

単行本[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 公式Profile”. Grick (2011年4月22日). 2013年4月20日閲覧。
  2. ^ a b c d “演技の仕事も挑戦したい 新鮮さ感じる日々”. 岐阜新聞. (2010年2月10日). http://www.gifu-np.co.jp/kikaku/ganba/20100210.shtml 2012年11月9日閲覧。 
  3. ^ a b c “発表!2010東レ水着キャンペーンガールは、女子大生の鈴木ちなみ”. Livedoor ニュース. (2009年11月5日). http://news.livedoor.com/article/detail/4432690/ 2013年4月20日閲覧。 
  4. ^ a b 鈴木ちなみ (2012年3月10日). 【withモデルリレー連載 すっぴん。】vol.3 ちなみ. (インタビュー). with online.. http://with.woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_E1330919485063/ 2013年4月20日閲覧。 
  5. ^ “メ~テレ:「ウドちゃんの旅してゴメン」夕方に引っ越し 「ドデスカ!」土曜は終了へ”. (2016年3月17日). http://mantan-web.jp/2016/03/17/20160317dog00m200044000c.html 2016年3月18日閲覧。 
  6. ^ “田畑藤本・藤本、新番組「人生が変わる人事の話」にレギュラー出演”. お笑いナタリー. (2016年4月7日). http://natalie.mu/owarai/news/182621 2016年4月7日閲覧。 
  7. ^ 中部電力はじめる部”. 中部電力株式会社. 2015年10月21日閲覧。
  8. ^ わたくし、鈴木ちなみはこの度、VSNのイメージキャラクターになりました。”. 株式会社VSN. 2016年5月12日閲覧。
  9. ^ 月刊日本行政2014年10月号 (PDF)”. 日本行政書士会連合会 (2014年9月25日). 2015年10月21日閲覧。

外部リンク[編集]