波の数だけ抱きしめて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
波の数だけ抱きしめて
監督 馬場康夫
脚本 一色伸幸
製作 三ツ井康
相賀昌宏
製作総指揮 村上光一
堀口壽一
出演者 中山美穂
織田裕二
松下由樹
阪田マサノブ
勝村政信
別所哲也
音楽 松任谷由実
撮影 長谷川元吉
編集 冨田功
製作会社 フジテレビジョン
小学館
配給 東宝
公開 日本の旗 1991年8月31日
上映時間 104分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
配給収入 10億5000万円[1]
テンプレートを表示

波の数だけ抱きしめて』(なみのかずだけだきしめて)は、1991年に公開された日本映画

舞台は1982年神奈川県湘南にあるミニFMが舞台になっている。モデルは、1983年に湘南に実在した海岸美化を訴えるためのミニFMラジオ局「FM Banana」である(和歌山にある同名のコミュニティ放送とは無関係)。作品公開前年の1990年、いわゆる湘南地域一帯で開催されたSURF90に於けるイベント放送局のサーフ90エフエム「愛称:ジョーズFM、コールサイン:JOOZ-FM、周波数:76.3MHz」から、本作品中で76.3MHzが使用されている。この映画に刺激されたニュースキャスター木村太郎が、神奈川県葉山町コミュニティFMShonan Beach FM」を開局させる。逗子・葉山コミュニティ放送の周波数は78.9MHzで、FM Bananaは87.7MHzである。作家A・三田との関連は不明。

また、挿入歌としてJ.D.サウザーネッド・ドヒニーなどのAORナンバーが使用された。本作品はLD・VHS化は成されたが、長らくDVD・BD化はされなかった。これは作品中で使用される洋楽の使用許諾が得られなかったためである。

冒頭のビートルが砂浜にスタックするシーンの直前に82年5月と字幕が出て2人乗りの水上オートバイが映るが、当時はまだマリンジェットは開発されていないしジェットスキーも1人乗りしか無い(ミステイクと思われる)

登場人物・キャスト[編集]

田中真理子 - 中山美穂
都内のミッション系大学に通う女子大生。茅ヶ崎サーフショップで小杉、裕子、芹沢とともにバイトしている。大手商社のロサンゼルス支店に赴任している両親の元へ引っ越そうとしている。
小杉正明 - 織田裕二
高校時代から真理子のことが好きだが、それをなかなか告白できずに迷っている。
芹沢良明 - 阪田マサノブ
自作のミニFM送信機を作るなどの無線マニアだが、女性には興味はない。
高橋裕子 - 松下由樹
田中、小杉、芹沢の高校時代の同級生。バイクや車の運転が下手、特に停車が苦手。
吉岡卓也 - 別所哲也
大手広告代理店に勤務。愛車のVWビートルカブリオレでデートしている所、偶然ミニFMでDJをしている真理子にひとれぼれをしてしまう。そんなとき、勤務先で専売公社サムタイムの湘南キャンペーンを企画しており、真理子がやっている茅ヶ崎のミニFMと結び付けようと必死になる。
池本 - 勝村政信
吉岡の先輩社員。
その他:前田真之輔吉田晃太郎阿部由美子石田悠里松本圭未、岩沢幸矢・二弓ブレッド&バター)、矢島健一二瓶鮫一森川数間 ほか

スタッフ[編集]

受賞[編集]

本作品で登場するアイテム[編集]

  • ダットサントラック(720型) - バイト先で小杉がよく運転する。映画の舞台になった1982年当時は違法だったドアミラーに改造してある。
  • ヤマハ・ポップギャル - 裕子がノーヘルで乗るバイク。
  • KENWOOD製カーオーディオ - ダットサントラックとVWカブリオレに装着。
  • ナショナルクーガー 2200 - レコード棚の上にアンテナカプラ付きで置かれている。
  • ソニースカイセンサー 5900 - 小杉たちが電波の到達状況をチェックするために常用している。
  • DENON・DP-1200 レコードプレーヤー
  • SHURE・M44-7「DJカートリッジ」- レコードプレーヤー DP-1200に使用されている。出力レベルの大きさ、高耐久性、針飛びのしにくさが特徴で、DJ用として当時から定評があった。
  • BOSE・1701 アンプリファイア - TEAC C-3X の上に置かれている。
  • TEAC・C-3X カセットデッキ - 真理子がオリジナルのジングルをかけるシーン等で使用。
  • TEAC・PA-7 コントロールアンプ - TEACとTANNOYが共同開発したArmoniaシリーズのコントロールアンプ。
  • TASCAM・M-106 オーディオミキサー
  • TASCAM・33-2 オープンリール
  • ゼンハイザー・HD414 - 真理子がDJブースで使用するメインモニター。
  • セイコー・セイコー 150mダイバー 4thモデル 7002-7000 オートマチック 小杉使用のダイバーズウォッチ。
  • プリモ・ビール

ロケ地[編集]

  • 保土ヶ谷カトリック教会 - 冒頭の真理子の結婚式の会場として登場
  • 博報堂(旧本社) - 吉岡卓也が勤務する大手広告代理店「博堂」として登場、撮影当時は神田錦町にあったが、2009年に再開発により解体された。
  • chp(California Hawaii Promotions Co.,Ltd) - サーフボードメーカー&サーフィン専門店。映画ではミニFM局のアンテナを設置する場面に登場。実際にロケが行われたのは、九十九里浜・一宮サーフポイント近くの「サーフショップChp千葉」

サウンドトラック『波の数だけ抱きしめて』[編集]

  1. J.D.サウザー / ユア・オンリー・ロンリー
  2. TOTO / ロザーナ
  3. バーティ・ヒギンズ (en:Bertie Higgins) / キー・ラーゴ
  4. ネッド・ドヒニー (en:Ned Doheny) / 愛を求めて
  5. ジョージ・デューク (George Duke) / シャイン・オン
  6. ジェームズ・テイラー & J.D.サウザー / 憶い出の町
  7. シェリル・リン (Cheryl Lynn) / イン・ザ・ナイト
  8. カーラ・ボノフ (en:Karla Bonoff) / パーソナリィ
  9. ラリー・リー (en:The Ozark Mountain Daredevils) / ロンリー・フリーウェイ
  10. バーティ・ヒギンズ / カサブランカ

プレゼントCD[編集]

  • 当サントラとは別に日本石油が景品用に制作されたCDが存在した。こちらはKYOYAがDJとして参加している。
  • 日本石油のプレゼント企画の内容は、サントラフルバージョンの半分くらいの楽曲であったが、他のプレゼント企画で用意されたサントラは10曲フルバージョンに、KYOYAがDJとして参加していて豪華な造りになっている。

サントラ再発売[編集]

  • 2010年にはサントラが再発売され(SICP2748)、1991年盤には収録されていなかったジョン・オバニオンの「僕のラヴ・ソング」やカラパナの楽曲、Kiwi-FMのジングルもボーナストラックとして収録されている。

関連商品[編集]

VHS
  • 『波の数だけ抱きしめて』(1992年6月19日)
  • 『波の数だけ抱きしめて』(1999年10月6日)商品コードPCVG-10637
LD
  • 『波の数だけ抱きしめて』(1992年6月19日)
DVD
  • 『波の数だけ抱きしめて』(2010年6月25日)
Blu-ray Disc
  • 『波の数だけ抱きしめて』(2010年6月25日)

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]