白鳥麗子でございます!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

白鳥麗子でございます!』(しらとりれいこでございます!)は、鈴木由美子による日本漫画作品。1987年から1992年の間、『mimi』(講談社)にて連載。全7巻、文庫版全4巻。

1989年度(平成元年)、第13回講談社漫画賞少女部門受賞。OVAテレビドラマ映画が作られている。

続編『新・白鳥麗子でございます!』は、1992年から1997年の間に『Kiss』(講談社)にて連載された。全5巻。

ストーリー[編集]

プライドが高くて思い込みの激しいお嬢様・白鳥麗子は、幼少期から秋本哲也に思いを寄せていたが、そのプライドが邪魔をして素直に思いを伝えられずにいた。やがて大学生になった哲也を追いかけて上京した麗子は、今度こそ哲也に対して素直になろうとするが、またしてもプライドが邪魔をして素直になれない。高飛車な麗子だったが、一途に哲也を思い続ける気持ちでは誰にも負けず、そんな麗子の思いに哲也が応えるところから物語が始まる。やがて同棲を始めた麗子と哲也の波乱万丈の生活が描かれる。

登場人物[編集]

声の記述はOVA版、「演」はTBS版 / フジテレビ版 / 2016年版の順

白鳥 麗子(しらとり れいこ)
声 - 川村万梨阿、演 - 鈴木保奈美 / 松雪泰子 / 河北麻友子[1]
本作の主人公。初登場時は19歳。実家は伊豆下田にあり、日本でも有数の大富豪のお嬢様で一人娘。美人の上に気位が高く高飛車で思い込みが激しい、極めて楽観主義な性格。片思い中だった哲也に高校在学中に告白されるも、周囲から「理想の低い女」と思われるのが嫌で素直に受け入れることができずに断わる。その後、大学に進学した哲也を追いかけて上京し、紆余曲折を経て哲也と同棲する。世間知らずで何事にも影響されやすく、非常に単細胞。自称「世界の白鳥麗子」。哲也を思う気持ちだけは誰にも負けず、嫉妬深い。
秋本 哲也(あきもと てつや)
声 - 堀内賢雄、演 - 野々村真 / 萩原聖人(第1期・映画)、松岡俊介(第2期) / 水野勝[1]
N大学芸術学部の学生。大学ではバスケットボール部に所属するが、万年補欠である。江古田の風呂なしアパートに住む(『新』では風呂付のアパートに引っ越す)。美形でも聡明でもなく、恋愛感情にも疎い男性だが、女性に人気がある。常に自分の気持ちに正直である。幼稚園の頃、「ブス」と虐められていた麗子を「可愛い」と褒め、窮地から救った。それが麗子が哲也に恋をしたきっかけである。
かきつばた あやめ
演 - 清水美子 / 田中律子(第2期)/ 大西礼芳
麗子のライバルで、大富豪の令嬢。麗子ばかりが持て囃されるのを嫉妬して、哲也を奪おうとしたこともある。眉毛がやたら太いが、美人。意外と料理上手。自称「日本が生んだお嬢様の中のお嬢様」(フジテレビドラマ版)。
京子(きょうこ)
声 - 鷹森淑乃(安藤京子)、演 - なし / 小松千春(可愛京子) / 尾高杏奈(滝沢京子)
麗子と哲也の高校時代の同級生で、哲也と同じくN大学の学生。麗子の数少ない友人で理解者である。高校時代から哲也のことが好きで、哲也と麗子の邪魔をしたが、哲也に振られて自暴自棄になったのを麗子が救ったことから、二人の仲を取り持つために行動するようになる。告白された高田と交際する。
高田(たかだ)
声 - 山口健(高田春男)、演 - 藤本正則(高田一郎)/ 彦摩呂(高田多根夫) / 辻本達規(高田保)
哲也の友人。N大学の同級生でバスケットボール部の仲間。京子のことが好きで、麗子に仲を取り持ってもらい、代わりに麗子と哲也の仲を取り持つことになる。麗子の繊細な心を見抜いている数少ない人物。元々は大の女好きだったが、京子と交際してからは一途になった。
里子(さとこ)
演 - 森口博子(あやせ里子) / 古柴香織 / なし
N大学バスケットボール部のマネージャー。哲也に好意を持っている。
順子(じゅんこ)
演 - なし / / 内藤理沙(泉順子)
哲也が上京後に交際した元彼女。一途で控えめな性格。
葵(あおい)
演 - なし / 神崎恵(二階堂葵)/ 田中日奈子(中森葵)
哲也がアルバイトで家庭教師をした教え子の女子高生。麗子から哲也を奪おうとする。
コーチ
演 - なし / 近藤誠人 / 土平ドンペイ(橋本)
N大学バスケットボール部のコーチ。コワモテだが部員からは慕われている。
ボディガード
演 - ?/? / 楠美聖寿 渡部龍平(ボディガードA・B)
かきつばたあやめ専属のボディガード。
うずまき
演 - なし / 美保純 / 上野優華(善導寺うずまき)
白鳥家のメイド。麗子の身の回りの世話をし、常に麗子のために行動する。婚約者がいる。
ママ 
演 - ? / 水野久美(白鳥花代)/ さとう珠緒(白鳥華子)
麗子の母。
パパ
演 - ? / 宝田明(白鳥正太郎)/ 春海四方(白鳥吉太郎)
麗子の父。下田にある建設会社「白鳥建設」経営者。大金持ちであるが態度が悪く、地元では悪評が立っている。

OVA[編集]

1990年に亜細亜堂制作でOVAが発売された。

スタッフ[編集]

テレビドラマ[編集]

1989年1993年(2期)、2016年の3度にわたりテレビドラマ化される。漫画は下ネタ満載の作品であるが、以下のテレビドラマおよび映画ではその描写は抑えられている。

TBS版[編集]

白鳥麗子でございます!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 1989年8月28日 - 31日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 TBS
演出 助田卓
原作 鈴木由美子
脚本 金春智子
出演者 鈴木保奈美
野々村真
森口博子
藤本正則
清水美子
エンディング 「恋をとめないで」
COMPLEX
テンプレートを表示

主演・白鳥麗子役は鈴木保奈美。京子は登場せず、里子が麗子の元同級生であり、現在は哲也と交際しているという設定になっている。バスケットボール部のエピソードは描かれていない。

他キャスト(TBS版)[編集]

スタッフ(TBS版)[編集]

  • 演出:助田卓
  • 脚本:金春智子
  • 技術:須田庫次
  • カメラ:山地好男
  • VE:根本雅彦
  • 照明:板垣賢三
  • 音声:高橋正勝
  • 編集:白水孝幸、香園稔
  • 選曲効果:岡田貴志
  • 制作補:佐々木アツシ
  • 演出補:土坂浩輝、足立悟
  • TK:小宮慰緒子
  • 技術協力:テイクシステムズ
  • プロデューサー:中曽根真弓(オフィス・トゥー・ワン)、内野建(TBS)、片島謙二(TBS)
  • 製作:オフィス・トゥー・ワン、TBS

サブタイトル(TBS版)[編集]

  1. 薔薇色デートは3人で
  2. お嬢さまはビンボーがお好き
  3. ファーストキスは涙色
  4. 愛は不死鳥

主題歌(TBS版)[編集]

COMPLEX「恋をとめないで」(作詞:吉川晃司、作曲・編曲:布袋寅泰

フジテレビ版[編集]

白鳥麗子でございます!
ジャンル テレビドラマ
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 重村一、堀口壽一
演出 鈴木雅之小椋久雄村上正典(第2期)ほか
原作 鈴木由美子
脚本 中園美保、鈴木由美子、岡田恵和、田辺満
プロデューサー 塩沢浩二・黒田哲也(第1期)、小椋久雄(第2期)ほか
出演者 松雪泰子
萩原聖人
松岡俊介(第2期)
小松千春
彦摩呂
田中律子(第2期)
美保純
水野久美
宝田明
風見章子
音声 ステレオ放送
白鳥麗子でございます! (第1シリーズ)
放送時間 木曜日 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1993年1月14日 - 2月11日(5回)
オープニング 帰れソレントへ
エンディング 負けないで
ZARD
白鳥麗子でございます! (第2シリーズ)
放送時間 土曜日 20:00 - 20:54(54分)
放送期間 1993年10月16日 - 11月20日(6回)
オープニング 同上
エンディング きっと忘れない
(ZARD)
テンプレートを表示

概要(フジテレビ版)[編集]

松雪泰子のゴールデンタイムの連続ドラマ初主演の連続ドラマ。第一シーズンの平均視聴率は16.7%で、最終回は20.8%の高視聴率を記録した。

再放送は、両シーズン共にフジテレビや関西テレビ、各地方局などでも何度か行われたが、テレビドラマ版のVHS化・DVD化はされていない。

他キャスト(フジテレビ版)[編集]

スタッフ(フジテレビ版)[編集]

サブタイトル(フジテレビ版)[編集]

第一弾
  1. ホーッホッホッ
  2. Hのしかた教えて
  3. 涙のバレンタイン
  4. 彼の実家に行く
  5. よくってよ、よくってよ
第二弾
  1. ほーほっほっほっほっほっほっほっほっ
  2. 涙の失恋記念日
  3. うわさ話に弱い
  4. 女同志の友情ね
  5. 怒ってる怒ってる
  6. きっと忘れない

主題歌(フジテレビ版)[編集]

2016年版[編集]

白鳥麗子でございます!
ジャンル テレビドラマ
放送時間 放送局により異なる(30分)
放送期間 2016年1月 - 3月(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 地方局7局による共同制作
企画 櫻井由紀、浅沼正人
監督 久万真路、松岡達矢、水波圭太
原作 鈴木由美子
脚本 大谷洋介
プロデューサー 鈴木伸明、木俣誠、福原直樹、植村真紀
出演者 河北麻友子
水野勝
尾高杏奈
辻本達規
上野優華
大西礼芳
さとう珠緒
春海四方
オープニング Wanna be!
BOYS AND MEN
エンディング 「ツクヨミ」
(同上)
外部リンク 2016「白鳥麗子でございます!」 公式サイト
テンプレートを表示

エスピーオー・キングレコード・フォーチュンエンターテイメント、および地方局の共同制作による実写ドラマ作品が、2016年1月から放送。白鳥麗子役は河北麻友子が務める[1][2]

制作には独立局三重テレビ放送[注 1]を除いた東名阪ネット6加盟5局)およびメ〜テレ九州朝日放送の合計7局が関わっているが、この7局共同制作のドラマは、前年2015年の『びったれ!!!』以来となる。

他キャスト(2016年度版)[編集]

  • 青木龍斗:田中俊介 - 哲也の大学バスケ部のチームメイト。ガテン系のアルバイトで生計を立てる苦学生。
  • 椎名健吾:吉原雅斗BOYS AND MEN) - 哲也の大学バスケ部のチームメイト。
  • 吉本龍之介:田村侑久(BOYS AND MEN) - 麗子の父が決めた、麗子の見合い相手の御曹司。麗子曰く「ニヤケキザ男」。
  • 善導寺わたる:坂田雅彦 - 白鳥家の執事。うずまきの父。
  • すず婆:松金よね子

スタッフ(2016年度版)[編集]

  • 監督:久万真路、松岡達矢、水波圭太
  • 脚本:大谷洋介
  • 主題歌:BOYS AND MEN「Wanna be![3]
  • エンディングテーマ:BOYS AND MEN「ツクヨミ」[3]
  • 音楽:ゲイリー芦屋
  • 監修・企画協力:講談社
  • 制作協力:メディアンド
  • 制作プロダクション:キュー・テック
  • プロデュース:鈴木伸明(エスピーオー)、木俣誠(キングレコード)、福原直樹(テレビ神奈川)、植村真紀(キュー・テック)
  • ラインプロデューサー:岩淵規(メディアンド)
  • 企画:櫻井由紀(エスピーオー)、浅沼正人(キングレコード)
  • 製作者:香月淑晴(エスピーオー)、重村博文(キングレコード)、谷口誠治(フォーチュンエンターテイメント)
  • 製作:2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会(エスピーオー、キングレコード、テレビ神奈川、千葉テレビ放送、テレビ埼玉、メ〜テレ、KBS京都、サンテレビ、九州朝日放送、フォーチュンエンターテイメント)

サブタイトル・放送日程(2016年度版)[編集]

放送日は最速局のテレビ神奈川・KBS京都の放送日とする。

各話 放送日 サブタイトル 監督
第1話 1月14日 登場!世界の白鳥麗子 久万真路
第2話 1月21日 お嬢様力なら負けませんわよ! 松岡達矢
第3話 1月28日 私のチョコをお食べあそばせ!
第4話 2月04日 これが私の愛の城! 水波圭太
第5話 2月11日 本当に愛されているのは誰? 久万真路
第6話 2月18日 麗子が透明人間⁉︎
第7話 2月25日 白鳥麗子でごじゃいまちゅ!
第8話 3月03日 愛、それは片想い 水波圭太
第9話 3月10日 麗子危うし!女子高生の甘い罠 久万真路
最終話 3月17日 さようなら哲也くん…

ネット局(2016年度版)[編集]

放送地域 放送局 系列 放送期間 放送日時 備考
神奈川県 テレビ神奈川 独立局 2016年1月14日 - 3月17日 木曜 23:00 - 23:30 共同制作局
京都府 KBS京都
埼玉県 テレビ埼玉 2016年1月16日 - 3月19日 土曜 0:30 - 1:00(金曜深夜)
千葉県 千葉テレビ 土曜 23:30 - 24:00
兵庫県 サンテレビ 2016年1月18日 - 3月21日 月曜 23:00 - 23:30
中京広域圏 メ〜テレ テレビ朝日系列 2016年1月19日 - 3月29日 火曜 0:20 - 0:50(月曜深夜)
福岡県 九州朝日放送 2016年1月19日 - 3月22日 火曜 1:50 - 2:20(月曜深夜)
栃木県 とちぎテレビ 独立局 2016年1月20日 - 3月23日 水曜 20:00 - 20:30
熊本県 熊本放送 TBS系列 2016年1月26日 - 3月29日 火曜 1:23 - 1:53(月曜深夜)
石川県 北陸朝日放送 テレビ朝日系列 2016年3月2日 - 5月4日 当初は火曜 2:05 - 2:35(月曜深夜)
最終話時点での放送時間は水曜 2:00 - 2:30(火曜深夜)
広島県 中国放送 TBS系列 2016年3月28日 - 4月12日 月曜 - 木曜 10:30 - 11:00
長崎県 長崎放送 2016年4月4日 - 4月15日 月曜 - 金曜 14:52 - 15:22
岩手県 岩手めんこいテレビ フジテレビ系列 2016年4月9日 - 6月11日 土曜 2:05 - 2:35(金曜深夜)
静岡県 静岡放送 TBS系列 2016年4月13日 - 6月15日 水曜 0:57 - 1:27(火曜深夜)
宮城県 東北放送 水曜 1:30 - 2:00(火曜深夜)
富山県 チューリップテレビ 2016年4月22日 - 6月24日 金曜 1:07 - 1:37(木曜深夜)
沖縄県 琉球朝日放送 テレビ朝日系列 2016年6月18日 - 9月24日 土曜 2:00 - 2:30(金曜深夜)
高知県 テレビ高知 TBS系列 2016年6月22日 - 8月25日 水曜 23:55 - 翌0:25

※日時表記は暦日表記で記載しており、提出された出典内容や公式サイトで表示されている内容とは異なる箇所が一部にある。

映画[編集]

1995年版[編集]

白鳥麗子でございます!
監督 小椋久雄
脚本 両沢和幸
原作 鈴木由美子
製作 村上光一周防郁雄
製作総指揮 松下千秋、中山和記
出演者 松雪泰子
萩原聖人
美保純
小松千春
彦摩呂
水野久美
宝田明
主題歌 サヨナラは今もこの胸に居ます
ZARD
製作会社 フジテレビ
配給 東映
公開 1995年8月19日
上映時間 71分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ぼくたちの映画シリーズ」の作品の一つとして1995年8月19日に公開された。ストーリーはテレビドラマの続編になっており、原作にはない映画オリジナルのエピソードである。1995年12月21日にVHSが、2001年9月19日にDVDが発売されている。同時上映は『花より男子』(主演:内田有紀、監督:楠田泰之)。

ストーリー(1995年版映画)[編集]

同棲生活を続けている麗子と哲也。京子に高田と婚約したと知らされた麗子は、結婚に興味がない素振りをしながらも、内心ではさらに哲也との結婚を望むようになる。哲也は麗子の本心を見抜けず、「俺たちがもっと大人になって自分たちの力で生活できるようになるまで、結婚なんて考えるべきじゃない」と答える。そんな中、麗子の父・正太郎が癌に侵され、余命半年であるという連絡が入る。「生きているうちに麗子の花嫁姿を見たかった」という父の願いを叶えるため、麗子は哲也に結婚を申し入れ、哲也は迷いながらもそれを受け入れる。しかし正太郎の主治医から癌は誤診だったと知らされる。麗子はそれに安堵する一方で、哲也との結婚を取りやめたくないため、周囲にその事実を知らせないまま結婚式の準備を進める。

他キャスト(1995年版映画)[編集]

スタッフ(1995年版映画)[編集]

主題歌(1995年版映画)[編集]

2016年版映画[編集]

白鳥麗子でございます! THE MOVIE
監督 久万真路
脚本 大谷洋介、久万真路
原作 鈴木由美子
出演者 河北麻友子
水野勝
小林豊
上野優華
尾高杏奈
辻本達規
さとう珠緒
春海四方
音楽 ゲイリー芦屋、永田太郎
主題歌 Forever and Always
BOYS AND MEN
制作会社 キュー・テック
製作会社 2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会
配給 エスピーオー
公開 2016年6月11日
上映時間 92分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2016年版のドラマの続編として、2016年6月11日に公開[1][4]。2016年版のドラマのキャスト陣に加えて、BOYS AND MENからは小林豊も出演する[5]

他キャスト(2016年版映画)[編集]

  • 桐生希一:小林豊
  • 吉本龍之介:田村侑久
  • 桝田留美:久松郁実
  • 青木龍斗:田中俊介
  • 椎名健吾:吉原雅斗
  • 善導寺わたる:坂田雅彦
  • すず婆:松金よね子

スタッフ(2016年版映画)[編集]

  • 監督:久万真路
  • 脚本:大谷洋介、久万真路
  • 音楽:ゲイリー芦屋、永田太郎
  • 主題歌:BOYS AND MEN「Forever and Always」
  • 挿入歌:BOYS AND MEN「With…
  • 制作プロダクション:キュー・テック
  • 制作協力:メディアンド
  • 製作:2016「白鳥麗子でございます!」製作委員会(エスピーオー、キングレコード、テレビ神奈川、千葉テレビ放送、テレビ埼玉、メ〜テレ、KBS京都、サンテレビ、九州朝日放送、フォーチュンエンターテイメント、GYAO
  • 配給:エスピーオー

書籍[編集]

講談社コミックスミミより発売。

文庫

講談社漫画文庫より発売。

コンビニコミック

2016年講談社プラチナコミックスより発売。

読切り[編集]

  • 白鳥麗子の極楽ハワイでございますっ!(1997年04月9日)ISBN 978-4063300369
  • 白鳥麗子でございます! 特別編「Wanna be!」(Kiss・2016年4月号、2016年2月25日)[6]
    • 2016年版テレビドラマの放送と映画化を記念して製作。アラフォーになった白鳥麗子が登場する。

関連作品[編集]

ソフト[編集]

  • 白鳥麗子でございます!(1995年12月21日〈VHS〉・2001年9月19日〈DVD〉、キングレコード) - 1995年版映画の映像ソフト。
  • 白鳥麗子でございます!DVD-BOX(2016年4月27日、エスピーオー) - 2016年版ドラマの映像ソフト。

サウンドトラック[編集]

  • 「白鳥麗子でございます!」オリジナル・サウンドトラック(1990年4月21日、アポロン) - 黒石ひとみによるOVA版サウンドトラック。立花理佐が歌唱するトラックも含まれている。[7]
  • 「白鳥麗子でございます!」オリジナル・サウンドトラック〜よくってよ!ホーッホホホホ!(1993年4月25日、ファンハウス) - フジテレビ版テレビドラマのサウンドトラック。[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 三重テレビ放送では放送自体もないが、三重県はメ〜テレの放送対象地域(中京広域圏)であるため、視聴自体は可能。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e 「白鳥麗子でございます!」が新たにドラマ&映画化、河北麻友子が3代目白鳥麗子に”. 映画ナタリー (2015年11月30日). 2015年11月30日閲覧。
  2. ^ a b “「白鳥麗子でございます!」が20年ぶりに映像化決定 白鳥麗子を河北麻友子が演じる”. ねとらぼ (アイティメディア株式会社). (2015年11月30日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1511/30/news057.html 2015年11月30日閲覧。 
  3. ^ a b 出演も決定!BOYS AND MEN、ドラマ&映画化「白鳥麗子」のテーマ歌う”. 音楽ナタリー (2015年11月30日). 2015年11月30日閲覧。
  4. ^ 劇場版「白鳥麗子でございます!」6月公開、ポスターに小林豊演じる恋敵の姿”. 映画ナタリー (2016年2月24日). 2016年2月25日閲覧。
  5. ^ “河北麻友子主演「白鳥麗子でございます!」2種類のドラマ版ビジュアル到着 -”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年12月11日). http://natalie.mu/eiga/news/168931 2015年12月11日閲覧。 
  6. ^ アラフォー白鳥麗子とアラサーのだめがKissに登場!新作読み切り掲載”. コミックナタリー (2016年2月25日). 2016年2月25日閲覧。
  7. ^ 「白鳥麗子でございます!」オリジナル・サウンドトラック / 黒石ひとみ”. CD Journal. 2016年1月27日閲覧。
  8. ^ 「白鳥麗子でございます!」オリジナル・サウンドトラック〜よくってよ!ホーッホホホホ!”. CD Journal. 2016年1月27日閲覧。

関連項目[編集]

  • 白鳥沢レイ子 - 本作の主人公をオマージュして創作されたコミックス作品『ツルモク独身寮』(作:窪之内英策)のキャラクター。容姿は美形ではないが、その他の設定(性格、富裕度など)は近い。
  • リハウスガール - 三井不動産リアルティのリハウス事業「三井のリハウス」CMに出演している一家の娘役(主人公)の名前が、本作と同じ「白鳥麗子」(初代役は宮沢りえ)。TV放映スタートは、本作より前の1987年。

外部リンク[編集]

TBS ドラマ23枠内
前番組 番組名 次番組
白鳥麗子でございます!
(鈴木保奈美版)
フジテレビ ボクたちのドラマシリーズ枠内
白鳥麗子でございます!
(松雪泰子版・第1期)
フジテレビ 土曜20:00枠
白鳥麗子でございます!
(松雪泰子版・第2期)
フジテレビ系 ボクたちのドラマシリーズ(第2シーズン)
(なし)
白鳥麗子でございます!
(松雪泰子版・第2期)
お願いデーモン!
メ〜テレ 火曜 0:20 - 0:50枠(月曜深夜)
白鳥麗子でございます!
(河北麻友子版)