尾崎世界観

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
尾崎 世界観
別名 尾崎 祐介
生誕 (1984-11-09) 1984年11月9日(38歳)
出身地 日本の旗 日本東京都葛飾区
ジャンル ロック
オルタナティヴ・ロック
インディー・ロック
職業 ミュージシャン
シンガーソングライター
小説家
担当楽器 ボーカル
ギター
活動期間 2001年-
レーベル Getting Better
2012年 - 2014年
UNIVERSAL SIGMA
(2014年 - )
共同作業者 クリープハイプ
公式サイト クリープハイプ Official web site

尾崎 世界観(おざき せかいかん、1984年11月9日 - )は、日本ミュージシャン小説家クリープハイプボーカルギター担当。本名は尾崎 祐介(おざき ゆうすけ)。東京都葛飾区出身[1]。血液型O型。身長168cm[2]

概要[編集]

2012年、クリープハイプとしてメジャー・デビュー

2016年、半自伝的な小説『祐介』(文藝春秋)で小説家としてもデビューした[1]

2020年、『母影』が第164回芥川龍之介賞の候補となる[3]

人物[編集]

名前の「世界観」は、初期メンバー時代の2005年から。「世界観が良い」という評価に不満を持ち、名前にすれば言われなくなると考え世界観を名乗るようになった[4]。以前は本名で活動していた[5]

小説家としての作品『祐介』は「“半”自伝小説」であり、「『尾崎祐介』が『尾崎世界観』になるまで。たったひとりのあなたを救う物語。」と紹介されている[要出典]

実家の飼い犬「まるこ」は弟が拾ってきた。アルバム『吹き零れる程のI、哀、愛』収録曲『マルコ』には、実際のまるこの鳴き声が録音されている[要出典]

プロ野球・東京ヤクルトスワローズのファン[6]

音楽を始めたきっかけはゆず、バンドを始めるきっかけはBUMP OF CHICKEN

書籍[編集]

著書[編集]

  • 『祐介』(文藝春秋、2016年6月30日)[7]
    • 『祐介・字慰』(文春文庫、2019年5月10日、上記『祐介』に加えて書き下ろしの短編『字慰』を収録し文庫化)
  • 『苦汁100%』(文藝春秋、2017年5月24日)
    • 『苦汁100% 濃縮還元』(文春文庫、2020年5月8日、上記『苦汁100%』に 新型コロナウイルスに揺れる2020年2月、50ページ以上の書きおろし最新日記「あとが記」を追加収録、後に文庫化)
  • 『苦汁200%』(文藝春秋、2018年3月16日)
  • 『泣きたくなるほど嬉しい日々に』(KADOKAWA、2019年7月26日)[8]
  • 『身のある話と、歯に詰まるワタシ』(朝日新聞出版、2020年6月19日)※対談本
  • 『母影(おもかげ)』(新潮社、2021年1月)
  • 『私語と』(河出書房新社、2022年1月)※歌詞詩集

連載[編集]

  • 文藝春秋「本の話 WEB『1分書評』」(尾崎世界観、2015年7月30日 - 、毎月第2木曜日)[9]
  • BARFOUT!「ツバメ・ダイアリー」(尾崎世界観、2016年1月号 - )
  • MUSICA「東京世界観」(尾崎世界観、2016年2月号 - )
  • 日本経済新聞夕刊「プロムナード」(2021年1月6日 - 6月30日、毎週水曜日掲載)
  • スピン/spin 連載小説『すべる愛』(河出書房新社、2022年9月27日 - )
  • 読売新聞(2023年) - 読書委員[10]

出演[編集]

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

映画[編集]

MV[編集]

CM[編集]

楽曲提供[編集]

アーティスト名 楽曲タイトル クレジット 発売日 備考
SMAP ハロー 作詞・作曲 2013年12月18日 シングル「シャレオツ/ハロー」に収録。
私立恵比寿中学 蛍の光(Demo) 作詞・作曲・編曲 2015年1月28日 アルバム「金八」「中辛」に収録。2018年「泣きたくなるほど嬉しい日々に」にセルフカバーを収録。
相坂優歌 ひかり、ひかり 作詞・作曲 2017年11月8日 シングル「ひかり、ひかり」、アルバム「屋上の真ん中で君の心は青く香るまま」に収録。
YUKI 百日紅 作曲 2019年2月6日 アルバム「forme」に収録。
P丸様。 ならばおさらば 作詞・作曲 2021年3月17日 アルバム「Sunny!!」に収録。
ano 普変 作詞・作曲 2022年10月12日 シングル「普変」(配信リリース)に収録。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b 柴那典; Yahoo!ニュース編集部 / 文藝春秋 (2016年7月11日). “音楽から小説へ 尾崎世界観が向き合う「苛立ち」の原点と今”. Yahoo!ニュース. 2023年1月8日閲覧。
  2. ^ 9/5(日)27:30〜 文化放送にて、尾崎世界観が「悩み合う」をテーマにお届けする特別番組『尾崎世界観の悩みの羽』放送!”. クリープハイプ オフィシャルサイト (2021年8月17日). 2021年8月17日閲覧。
  3. ^ “尾崎世界観の小説「母影」が芥川賞候補に”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2020年12月18日). https://natalie.mu/music/news/409282 2020年12月18日閲覧。 
  4. ^ プロフィール - クリープハイプ オフィシャルサイト
  5. ^ インディーズアルバム『When I was young, I'd listen to the radio』クレジットより
  6. ^ クリープハイプ尾崎世界観が強すぎるヤクルト愛を告白! 注目の若手は?”. ニッポン放送 NEWS ONLINE (2019年2月9日). 2020年11月19日閲覧。
  7. ^ “クリープハイプ尾崎世界観、初小説は本名冠した半自伝的作品”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年6月1日). http://natalie.mu/music/news/189285 2023年1月8日閲覧。 
  8. ^ “尾崎世界観、エッセイ執筆で原点回帰「歌にしきれていなかった事もあった」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月5日). https://www.oricon.co.jp/news/2141535/full/ 2023年1月8日閲覧。 
  9. ^ “クリープハイプ尾崎世界観、本の話WEB「1分書評」で月イチ連載開始”. rockinon.com(ロッキング・オン ドットコム). (2015年7月31日). https://rockinon.com/news/detail/128369 2023年1月8日閲覧。 
  10. ^ “尾崎世界観、読売新聞の読書委員に就任”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2023年1月8日). https://natalie.mu/music/news/508142 2023年1月8日閲覧。 
  11. ^ “「アフロの変」が復活!90分SPにベッド・イン、尾崎世界観ら登場”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年6月21日). http://natalie.mu/music/news/191649 2023年1月8日閲覧。 
  12. ^ “ポンコツ人工知能が最新トレンドを紹介する番組がスタート!”. とれたてフジテレビ. (2016年4月19日). http://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/pub_2016/160419-s021.html 2016年4月20日閲覧。 
  13. ^ 尾崎世界観が『情熱大陸』に出演 芥川賞発表の瞬間や新曲制作の現場に密着”. CINRA.NET (2021年3月5日). 2021年3月8日閲覧。
  14. ^ “尾崎世界観、声優としてアニメ『ハイパーポジティブよごれモン』6・27初登場”. ORICON NEWS (oricon ME). (2021年6月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2195733/full/ 2023年1月8日閲覧。 
  15. ^ “石崎ひゅーい「花瓶の花」MVに尾崎世界観が友情出演”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2016年5月4日). http://natalie.mu/music/news/186028 2023年1月8日閲覧。 
  16. ^ “クリープハイプ×谷口鮪コラボが石原さとみの“東京探し”新CM彩る”. 音楽ナタリー (ナターシャ). (2017年1月6日). http://natalie.mu/music/news/215833 2017年1月6日閲覧。 

外部リンク[編集]