牧原俊幸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
まきはら としゆき
牧原 俊幸
プロフィール
愛称 マッキー
出身地 日本の旗 日本 北海道江別市
生年月日 (1958-07-26) 1958年7月26日(60歳)
血液型 B型
最終学歴 早稲田大学第一文学部
職歴フジテレビアナウンサー〈1983年 - 2018年〉、アナウンス室デスク担当部長→アナウンス室部長(2008年6月27日付人事異動)→専任局次長(2010年6月29日付人事異動)→アナウンス室長(2012年6月28日付人事異動)→アナウンス室専任局長(2014年6月27日付人事異動)
活動期間 1983年 -
ジャンル 報道・バラエティ
配偶者 あり
出演番組・活動
過去

とんねるずのみなさんのおかげでした』『FNN NEWSCOM
カノッサの屈辱
クイズ!ヘキサゴンII』(出題)

など

牧原 俊幸(まきはら としゆき、1958年7月26日 - )はフリーアナウンサー。元フジテレビアナウンサー。愛称は『マッキー』。

来歴・人物[編集]

北海道江別市出身。北海道札幌北高等学校を経て早稲田大学第一文学部卒業後、1983年入社。同期に松尾紀子がいた。早大ではアナウンス研究会に所属。一女一男の父である。

バラエティにも多く出演し、『マッキー』のニックネームで親しまれている。大学時代には「早稲田大学寄席演芸研究会」に所属していたこともあり、マジックを得意としており、地元江別での祭りに参加して披露したこともある。

このため、落語研究会出身者を対象にアナウンサー募集をしていた讀賣テレビ放送も就職活動時に受験したが、森武史も受験しており、最終的には森が採用された。

若手時代は『プロ野球ニュース』で、当日のプロ野球の試合を解説者と一緒に伝えていたこともある。入社5年目あたりからバラエティ番組中心に活動するようになったが、その一方でニュース番組のキャスターも務めている。

2012年6月28日付で福井謙二の後任として、編成制作局アナウンス室長に就任しFNS27時間テレビではフィナーレ恒例のフジテレビ新人アナ披露の8代目立会人にも襲名。

2018年7月26日に60歳を迎えたため、当月(7月31日)を以てフジテレビを定年退職。フリーアナウンサーへ転身した[1]。フリー転向後は「マッキー牧原」の芸名で寄席での色物としてマジックやトークを披露することもあり、同年8月の浅草演芸ホールで行われた落語芸術協会下席・昼の部に初めて寄席に出演している[2]

現在の出演番組[編集]

過去の出演番組[編集]

同期[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ “牧原アナ、今月末で定年退職 ダウンタウンと共演「最後にいい記念になりました」”. サンケイスポーツ. 産業経済新聞社. (2018年7月6日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180706/geo18070605020009-n1.html 2018年7月6日閲覧。 
  2. ^ この席の主任(トリ)であった桂竹丸が入門前に駒澤大学の落語研究会で活動していて、かねてから牧原と親交があったことから実現したもの。“元フジ牧原アナ、寄席芸人に転身!? 定年退職後の初仕事は寄席でのマジックだった”. スポーツ報知. 報知新聞社. (2018年8月24日). https://www.hochi.co.jp/entertainment/column/20180823-OHT1T50251.html 2018年8月24日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]