この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

仮面ライダーシリーズ > 平成仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダージオウ > 劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer
劇場版 仮面ライダージオウ
Over Quartzer
監督 田﨑竜太
脚本 下山健人
原作 石ノ森章太郎
出演者 奥野壮
押田岳
大幡しえり
渡邊圭祐
稲葉友
クリス・ペプラー
ISSADA PUMP
YORI(DA PUMP)
TOMO(DA PUMP)
KIMI(DA PUMP)
U-YEAH(DA PUMP)
KENZO(DA PUMP)
DAICHI(DA PUMP)
前野朋哉
若林時英
蒼葉える
斉藤秀翼
パパイヤ鈴木
小山力也(声の出演)
生瀬勝久
音楽 佐橋俊彦
主題歌 DA PUMP
「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」
製作会社 劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会
配給 東映
公開 日本の旗 2019年7月26日
上映時間 66分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズ FOREVER
次作 仮面ライダー 令和 ザ・ファースト・ジェネレーション
テンプレートを表示

劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer 』(げきじょうばん かめんライダージオウ オーヴァークォーツァー[1])は、2019年7月26日より東映系で公開の日本の映画作品[2]。同時上映作品は『騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』。

キャッチコピーは「平成仮面ライダー、最終章。」「時代を壊せ、未来を変えろ。」。

概要

特撮テレビドラマ仮面ライダーシリーズの『仮面ライダージオウ』の単独映画作品にしてテレビシリーズとは異なる真の最終回として位置づけられている[3][4]

レジェンドライダーからは、『仮面ライダードライブ』の詩島剛 / 仮面ライダーマッハとクリム・スタインベルトが登場し、ドライブライドウォッチをめぐる物語が展開される[5]

本作品において、劇場版限定の仮面ライダー(バールクス・ザモナス・ゾンジス)や劇場版限定のフォーム(オーマフォーム)も登場するほか、『ジオウ』の次作である『仮面ライダーゼロワン』の仮面ライダーゼロワンがテレビ本編に先駆けて登場。また仮面ライダーブレン仮面ライダーG仮面戦隊ゴライダー仮面ライダー斬月 カチドキアームズ・漫画『仮面ライダークウガ』の仮面ライダークウガといったテレビシリーズ以外のメディア媒体に登場した仮面ライダーもゲスト登場[6]

さらに、フジテレビ系列のテレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげです』にて放送された『仮面ライダーシリーズ』非公認のパロディドラマだった『仮面ノリダー』から木梨猛が登場する[6]

2019年7月26日から28日までの興行収入は3億3000万円、動員数は26万人を突破している[7]

ストーリー

何者かが、過去へ遡りクリム・スタインベルトの祖先を抹殺し、仮面ライダードライブの存在と歴史を無かったことにしようと暗躍を始める。それを止めるため、常磐ソウゴ / 仮面ライダージオウたちは1575年へ赴く。

ソウゴたちは、織田信長と出会い、彼と行動することになる。そんな中、「歴史の管理者」を名乗る謎の集団、クォーツァーと対面、さらにウォズ / 仮面ライダーウォズが彼らの味方として立ち塞がり、ソウゴたちと敵対する。

本作品オリジナルの登場人物

クォーツァー

「歴史の管理者」を名乗る謎の集団[8]。SOUGOを除き、メンバーはウォズと同じ服装をしている。手下としてカッシーンやダイマジーンも操る[8]

常磐 SOUGOときわ そうご[8] / 仮面ライダーバールクス
赤い衣装を着たクォーツァーのリーダー[9]。ウォズが本来の魔王として擁立しようとしていた男でもある[8]
常磐SOUGOを演じたISSAは、役作りとして死神博士を意識している[4]
カゲン / 仮面ライダーゾンジス
忍者軍団を率いてクララの命を狙う[8]
カゲンを演じたパパイヤは、役作りとして本郷猛をイメージしている[10]
ジョウゲン / 仮面ライダーザモナス
1575年にて長篠の戦いの武田軍の先鋒として加勢し、クララの命を狙う[8]
最初に登場した際の衣装は、『アマゾンズ』の鷹山仁をイメージしている[11]

その他の登場人物

クララ・スタインベルト
オランダ商人の父がいる少女[8]。クリムの遠い祖先でもある[8]
織田信長
自身を「第六天魔王」と名乗っていた戦国時代の武将。後世に伝わっていた信長とはイメージが異なり、ゲイツを影武者に仕立て上げ、クララの元へ会いに行く[8]
仮面ライダー×仮面ライダー オーズ&ダブル feat.スカル MOVIE大戦CORE』や『仮面ライダー×仮面ライダー 鎧武&ウィザード 天下分け目の戦国MOVIE大合戦』にて織田信長をモチーフとしたキャラクターが登場したが、織田信長本人が登場したのは本作品が初である[8]
牛三
信長に仕える家臣の忍者[12][8]。信長にまつわる伝記[注釈 1]を作っていたが、ゲイツに惚れ込み、タイムマジーンに潜入し現代にやってきてゲイツたちに協力する[8]
ピエトロ
カトリック系のキリスト教徒[8]。クララが探していた[8]

本作品オリジナルの仮面ライダー

本作品に登場するクォーツァーのメンバーが変身する仮面ライダーは、ジオウやゲイツ同様、専用のライドウォッチをジクウドライバーに装填することで変身し、複眼には共通して「ライダー」の文字がある。

平成に制作されたものの、平成仮面ライダーシリーズにカウントされなかった仮面ライダーがモチーフ、および名前の由来となっている[9][13]

ジオウ、ゲイツ、ウォズの差別化として、ゴールドのスケルトン、懐中時計、革ベルトを取り込んでスタイリングされている[13]

仮面ライダージオウ オーマフォーム

常磐ソウゴがジクウドライバーにオーマジオウライドウォッチを装填して変身する、オーマジオウの力を宿したジオウの強化形態[9]

変身音声は「キングタイム!仮面ライダージオウ!オーマ!」。

その姿はオーマジオウとは共通する部分はあるものの、大きく異なるが[8]、手から衝撃波を放ったり、時間を停止するなどオーマジオウと同等の能力を行使できる。

グランドジオウと同じように平成ライダー19人を召喚できるが、基本形態を召喚できるグランドジオウに対し、オーマフォームは平成ライダー19人の最強形態を召喚できる点で異なる[14]

必殺技
キングタイムブレーク
オーマジオウライドウォッチの天面の起動スイッチを押すことで発動する。最強フォームとなった全ての平成ライダーと共に飛び蹴りを叩き込む。劇中でジオウは「平成ライダーキック[15]と呼称している。
キングギリギリスラッシュ
サイキョージカンギレードの必殺技。刀身から伸びる光に「ジオウサイキョウー」の文字が浮かび、光の剣を出現させて相手を両断する。
アラウンド・ザ・クロック
時計型の魔法陣を発生させ、周囲を爆発させる。

仮面ライダーバールクス

常磐SOUGOがジクウドライバーにバールクスライドウォッチを装填して変身する仮面ライダー[9]

変身音声は「仮面ライダーバールクス!」。

ジクウドライバーから取り出すリボルケインに似た長剣を武器とし、平成ライダーの力を無効化する能力を持つ[9][13]。劇中ではバイオライダーとJのライドウォッチを併用して自身を巨大化させた[8]

  • 変身ポーズは、仮面ライダーBLACK RXの変身ポーズが元になっている[4]
  • 名前は「BLACK RX」のアナグラム(「BARLCKX」)から来ており、所持するライドウォッチもBLACK RX・ロボライダー・バイオライダーのものとなっている[13]
必殺技
バールクスタイムブレーク
エネルギーを纏わせた脚で回し蹴りを放つ。

仮面ライダーゾンジス

カゲンがジクウドライバーにゾンジスライドウォッチを装填して変身する仮面ライダー[9]

変身音声は「仮面ライダーゾンジス!」。

武器は使用せず肉弾戦で戦う。劇中ではロボライダーライドウォッチを使用して胸部からミサイルを発射した。

  • 名前は「シン(SIN)」「ZO」「J」のアナグラム(「ZONJIS」)から来ており、所持するライドウォッチもシン・ZO・Jのものとなっている[13]
  • 変身ポーズは、仮面ライダーJの変身ポーズが元になっている[10]
  • マントは表地はクロコダイル調、裏地はスエードタッチの薄布の二重構造になっている[13]

仮面ライダーザモナス

ジョウゲンがジクウドライバーにザモナスライドウォッチを装填して変身する仮面ライダー[9][13]

変身音声は「仮面ライダーザモナス!」。

ボウガンを武器とし[9][13]、野性的かつ俊敏な動きで戦う[8]

  • 名前は「AMAZONS」のアナグラム(「ZAMONAS」)から来ており、所持するライドウォッチもアマゾンオメガ・アルファ・ネオのものとなっている[13]
  • 頭部はアマゾンオメガ、左半身はアマゾンアルファ、右半身はネオ、全身のディテールはシグマといったデザインモチーフが引用されている[13]

関連用語・アイテム

長篠合戦図屏風(徳川美術館蔵)
オーマジオウライドウォッチ
オーマジオウの力を持つウォッチデバイスで、ジオウをオーマフォームに変身させる。
バールクスライドウォッチ、RXライドウォッチ、ロボライダーライドウォッチ、バイオライダーライドウォッチ
バールクスが所持しているライドウォッチ。バールクスライドウォッチでバールクスに変身する。RXライドウォッチは劇中未使用。ロボライダーライドウォッチはゾンジスが使用。バイオライダーライドウォッチはバールクスがJライドウォッチと併用した[8]
ゾンジスライドウォッチ、シンライドウォッチ、ZOライドウォッチ、Jライドウォッチ
ゾンジスが所持しているライドウォッチ。ゾンジスライドウォッチでゾンジスに変身する。シンライドウォッチ、ZOライドウォッチは劇中未使用。Jライドウォッチはバールクスがバイオライダーライドウォッチと併用した[8]
ザモナスライドウォッチ、アマゾンオメガライドウォッチ、アマゾンアルファライドウォッチ、アマゾンネオライドウォッチ
ザモナスが所持しているライドウォッチ。ザモナスライドウォッチでザモナスに変身する。アマゾンオメガライドウォッチ、アマゾンアルファライドウォッチ、アマゾンネオライドウォッチは劇中未使用。
マッハライドウォッチ
仮面ライダーマッハの力を持つライドウォッチ。常磐ソウゴを認めた詩島剛がドライブライドウォッチとともに手渡した。
長篠合戦図屏風
長篠の戦いを描いた屏風絵。この中に仮面ライダーゲイツとタイムマジーン(ゲイツ機)らしき姿が突然現れたのがテレビでニュースとして流れたため、敵のいる時代が判明する。
実在の美術品であり、所蔵美術館である徳川美術館(愛知県名古屋市)が撮影に協力した[16][8]

キャスト

過去の平成仮面ライダーシリーズと同じ役柄で出演した役者は、二重鉤括弧で出演した作品名を示す。

声の出演

スーツアクター

出典元はジャパンアクションエンタープライズ公式ホームページより[20]

スタッフ

音楽

主題歌「P.A.R.T.Y. 〜ユニバース・フェスティバル〜」
作詞 - shungo / 作曲 - MASAT、Drew Ryan Scott / 編曲 - MASAT / 歌 - DA PUMP[18][22]
2019年8月9日には同局の『ミュージックステーション』にDA PUMPが出演し、この歌を披露。番組には仮面ライダージオウと電王、鎧武も出演した[23]

脚注

[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 信長公記にあたる。
  2. ^ 公開前の報道では名前は伏せられていた[18]

出典

  1. ^ 劇場版『仮面ライダージオウ/騎士竜戦隊リュウソウジャー』公開記念!出演キャストが撮影秘話や裏話を語る豪華トークショーが和歌山マリーナシティ&東映太秦映画村で開催!”. 電撃ホビーウェブ (2019年6月28日). 2019年7月2日閲覧。
  2. ^ “映画『仮面ライダージオウ』究極の「オーマフォーム」公開、『リュウソウジャー』には黒と金の騎士竜が登場”. マイナビニュース. (2019年6月7日). https://news.mynavi.jp/article/20190607-839079/ 2019年7月2日閲覧。 
  3. ^ “追跡、撲滅、いずれもマッハ!劇場版「仮面ライダージオウ」稲葉友演じる剛の新映像”. 映画ナタリー. (2019年6月30日). https://natalie.mu/eiga/news/337724 2019年7月4日閲覧。 
  4. ^ a b c 生き方は「ライダーから学んだ」=DA PUMPのISSAが語る仮面ライダー愛”. 時事ドットコム. 時事通信社 (2019年7月30日). 2019年8月8日閲覧。
  5. ^ “追跡、撲滅、いずれもマッハ!稲葉友が“仮面ライダーマッハ”に変身『劇場版 仮面ライダージオウ』新映像”. 映画ランドNEWS. https://eigaland.com/topics/?p=104171 2019年7月4日閲覧。 
  6. ^ a b c ネタバレ注意!本日公開「劇場版 仮面ライダージオウ」に意外なゲスト”. 映画ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年7月26日). 2019年7月26日閲覧。
  7. ^ 仮面ライダー/スーパー戦隊:令和初の夏映画が好スタート 公開3日で興収3億3000万円突破 昨年比110%”. MANTAN WEB. MANTAN (2019年7月29日). 2018年8月8日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t パンフレット 2019
  9. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s 宇宙船165 2019, pp. 30-33, 「劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer」
  10. ^ a b パンフレット 2019, 「仮面ライダージオウINTERVIEW “瞬間(いま)”を駆けて明日へ― パパイヤ鈴木」
  11. ^ パンフレット 2019, 「仮面ライダージオウINTERVIEW “瞬間(いま)”を駆けて明日へ― 斉藤秀翼」.
  12. ^ a b c “劇場版「仮面ライダージオウ」前野朋哉が出演「まさかの!?織田信長役」、若林時英も”. 映画ナタリー. (2019年6月2日). https://natalie.mu/eiga/news/333846 2019年7月4日閲覧。 
  13. ^ a b c d e f g h i j 宇宙船165 2019, pp. 12-29, 「ディテール・オブ・ヒーローズ 特別編 第46回」
  14. ^ フィギュア王No.258 2019, p. 38, 「仮面ライダージオウ オーマフォーム」
  15. ^ パンフレット 2019, 「平成仮面ライダー監督鼎談 田竜太×佛田洋×宮崎剛」.
  16. ^ tokubi_nagoyaのツイート(1145129010357100544)
  17. ^ a b “劇場版「ジオウ」に稲葉友&クリス・ペプラー出演「ひとっ走りお付き合いください」”. 映画ナタリー. (2019年6月9日). https://natalie.mu/eiga/news/334753 2019年7月3日閲覧。 
  18. ^ a b c d e 劇場版「ジオウ」にDA PUMP、「リュウソウジャー」に佐野史郎と北原里英が出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年5月22日). 2019年7月3日閲覧。
  19. ^ a b 劇場版「ジオウ」キョウリュウジャー斉藤秀翼とパパイヤ鈴木が出演、新ライダーに変身”. 映画ナタリー. ナターシャ (2019年5月26日). 2019年7月3日閲覧。
  20. ^ a b 出演情報(映画) - ジャパンアクションエンタープライズ
  21. ^ パンフレット 2019, 「仮面ライダージオウINTERVIEW “瞬間(いま)”を駆けて明日へ― 稲葉友」.
  22. ^ DA PUMP、16年9ヵ月ぶりの日本武道館公演で“バイーン”ダンスを初披露”. M-ON!Press. M-ON! (2019年6月14日). 2019年7月3日閲覧。
  23. ^ “仮面ライダーが『Mステ』でバイーンダンス DA PUMPと共演”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月9日). https://www.oricon.co.jp/news/2141986/ 2019年8月13日閲覧。 

参考文献

  • 雑誌
    • 宇宙船ホビージャパン
      • 『宇宙船』vol.165(SUMMER 2019.夏)、ホビージャパン、2019年7月1日、 ISBN 978-4-7986-1968-2
  • 劇場パンフレット
    • 『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer / 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ! 恐竜パニック!!』パンフレット 2019年7月26日発行 / 構成・文:用田邦憲 / 発行所:東映 事業推進部

外部リンク