藤井フミヤ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
藤井 フミヤ
出生名 藤井 郁弥(読み同じ)
出生 1962年7月11日(53歳)
出身地 日本の旗 日本 福岡県久留米市
学歴 久留米市立南筑高等学校卒業
ジャンル J-POP
ロック
職業 歌手
ミュージシャン
俳優
作詞家
作曲家
担当楽器 ボーカル
ギター ブルースハープ
活動期間 1983年 -
レーベル ポニー・キャニオンソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
事務所 株式会社FFM
共同作業者 藤井尚之
チェッカーズ
公式サイト Fumiya Fujii official web site
キャロル

藤井フミヤ(ふじいフミヤ、1962年7月11日 - )は、日本ミュージシャン俳優。元チェッカーズのリードボーカル。福岡県久留米市出身。本名および旧芸名は、藤井 郁弥(読み同じ)。弟は元チェッカーズサックスプレイヤーでミュージシャン藤井尚之

略歴[編集]

鳥栖駅長などを歴任した国鉄職員の父と美容師の母のもとに第1子として出生。中学生の頃、キャロルに出会い音楽を始める。

久留米市立南筑高等学校卒業後、日本国有鉄道門司鉄道管理局に就職し、鳥栖駅で半年間の見習期間の後、早岐駅輸送係として貨物列車の操車・入換業務に従事。労働組合は国鉄労働組合(国労)に所属した。

国鉄退職後の1983年チェッカーズのリードボーカルとしてデビュー、数多くのヒットを飛ばした。歌唱力のみならず外見や言動も注目され、彼の先進的なファッションを真似する若者が増加した。また、オリジナル作品をシングルとして発売した以降の殆どの作詞を担当し、楽曲製作の中心的存在となった。なお、チェッカーズがデビューした頃は国鉄分割民営化を控えた時期だっただけに、藤井の大活躍は当時金沢鉄道管理局の現役車掌だったシンガーソングライターの伊藤敏博の活躍と共に、国鉄マンにとっては希望の星であった。

1992年にチェッカーズは解散、翌1993年から「藤井 郁弥」を「藤井 フミヤ」に改め、ソロ活動を開始した。解散当初、仕事が激減し、当時ロサンゼルス在住の屋敷豪太の誘いで渡米。同じくロス在住の鈴木賢司に選んでもらい、ギブソンのギター「B-25」を購入。これを用いて最初に作曲された曲が『TRUE LOVE』である[1]。同年リリースしたこの曲が240万枚[2]1996年リリースした『Another Orion』が120万枚[2]を超えるセールスを記録した。

歌唱力を武器に歌手活動を行う傍ら、「FUMIYARTフミヤート)」名称で個展を開催したり、愛・地球博の名古屋市パビリオン『大地の塔』をプロデュース(世界最大の万華鏡としてギネスブック認定)したりと、幅広く活躍する。数多くのテレビドラマにも出演。

楽曲提供では、猿岩石への『白い雲のように』(作詞。作曲は弟の尚之)や、MISIAへの『星空の片隅で』(作詞・作曲)などがある。吉川ひなのの『ハート型の涙』を始めとする4曲では楽曲プロデュースも兼任している。

地域への協力も数多く、出身地の福岡県久留米市へ久留米市歌『ふるさとのささやき』の作曲、くるめ市民カードのデザイン提供、福岡放送のロゴマーク作成、母校久留米南筑高校の制服デザインなどがある。[3]また、地元福岡県のプロ野球球団福岡ソフトバンクホークスの応援歌『勝利の空へ』を生で歌うため、毎年開幕頃(スケジュールによる)は試合観戦に福岡 ヤフオク!ドームを訪れている。なお、敗戦の場合は観戦だけである。

1997年10月1日開局で鹿児島県初となったコミュニティFM鹿児島シティエフエムの愛称"FRIENDS FM 762"は、藤井フミヤにより名付けられた。藤井はジングルにも登場し「オレのFM、キミのFM、フレンズFM762(フレンズエフエム ななろくに)」とアナウンスしている。そして取締役にも就任している。

長野オリンピック冬季大会のカウントダウンTシャツのデザインを手がける。1998年の大会当日までの残りの日数を刻んだTシャツで、フミヤは500 - 401日前までのデザインを担当。

2007年に第62回神宮式年遷宮の奉賛曲「鎮守の里」を作詞・作曲した。シングル「君になる」に収録されている。伊勢市に3日間滞在し宇治橋のそばの五十鈴川の河原で作曲した[4]

2008年の大晦日に行われた日本武道館でのカウントダウン・ライブで、チェッカーズ時代とF-BLOOD名義、そしてソロを含む通算公演回数が、矢沢永吉と歴代1位タイの102回になった。それを受け、「音楽を始めたきっかけがキャロルだったので、その矢沢さんと武道館のステージに立った回数が並んだ事はすごく光栄です」と語っている。

2011年10月15日に開催される『Setting Sun Sound Festival〜in Amami〜vol.2』に出演。

人物[編集]

  • 血液型A型身長164.9cm久留米市立南筑高等学校卒業。
  • 私生活では1990年6月29日、長年交際していた中学校の同級生である一般人女性と結婚、久留米水天宮で挙式し、一男一女を授かった。
  • 元不良で、当時のエピソードをよく話す。
  • 喫煙者。
  • デビュー当時は小柄だったが、現在は165cm近くまで伸びている、とのこと。
  • かなりの酒豪で、焼酎一升を飲み干した事もあるとテレビで語った。ギネスビールを好む事を公言したことから、過去にサッポロビールが公式グラスのデザインを依頼し、限定BOX330ml缶3本パックにノベルティ景品として配布されたことがある。
  • 前述のように郷土愛があり、福岡ソフトバンクホークスのファンで公式応援歌の提供を始め、地元のテレビ番組にもしばしば出演する。
  • 実弟・尚之と「F-BLOOD」を結成し、時折ライブ活動などをしている。
  • 2009年7月22日日食を見に行くため、屋久島へ行く。半年前から計画して万全の態勢で行ったものの、曇りで直接見ることは出来なかった。また、屋久島環境保全のための修繕費用として、売上げの一部が寄付される「屋久島Tシャツ」をデザインした。
  • アートについては、ラジオ番組で、パリの個展を実績をかたり自らの経験や知識を示し、第一線で活躍するコンテンポラリーアーティストであるダミアン・ハーストの「牛の親子を真っ二つにした作品(Mother and Child Divided)」を挙げて、番組のゲストであった土岐麻子にその印象、関心もしくは評価を尋ねるなど、関心の高さを伺わせている。同時に、「自分が他人に何で勝てるかと考えたときに、(フミヤートではなく)音楽しかないという結論に至った」としている。加えて、「アートに関心を持っても、その作品そのものが自宅に入り込むことは無いが、音楽であれば(たとえCDやラジオであっても)本物が生活に入ってくる。加えて、音楽は繰り返し鑑賞してもらえるから、アートより強く理解される」という、音楽優位の考えを述べている[5]
  • 落語家でタレントの桂小金治とは、藤井と同い年の小金治の次男と親交が深かったことで家族付き合いの関係があり、藤井は小金治を「東京の親父」と慕っていた。小金治も藤井のファンとなり、藤井の代表曲『TRUE LOVE』を草笛で演奏するほどだった。なお、小金治の告別式では藤井が弔辞を読んだ。
  • ナインティナインのオールナイトニッポン』のノベルティ「ナイナイバッジ」と「ステッカー」で使用されているデザインは藤井によるもの。当時、藤井が番組にゲスト出演した際、コンピューターグラフィックスでのデザイン制作に興味を持っているという話をし、ナイナイの二人が「作ってください」と頼んだどころ、実際に作ってきたので採用された。
  • 木梨憲武ヒロミとは20代前半からの付き合いで、家族ぐるみの付き合いをしている。
  • プライベートで付き合いのある博多華丸曰く「”港・港に好きな餃子がある”ほどの餃子好き」[6]

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1988年12月7日 Mother's Touch S10A-0224 チェッカーズ在籍時に発表したCMタイアップのソロシングルで藤井郁弥名義 ライフィックス胃腸薬、ライフィックス・エザックCMソング
2nd 1993年11月10日 TRUE LOVE PCDA-00507 フジテレビ月9ドラマ「あすなろ白書」主題歌。オリコン最高1位、登場回数20回
3rd 1994年4月1日 女神 (エロス) PCDA-00555 三貴カメリアダイヤモンドCMソング。オリコン最高3位、登場回数8回
4th 1994年5月20日 エンジェル PCDA-00592 トヨタ「スプリンターマリノ」CMソング。オリコン最高15位、登場回数5回
5th 1994年11月18日 DAYS PCDA-00682 '95 TBC CMソング。オリコン最高5位、登場回数10回
6th 1995年4月21日 タイムマシーン PCDA-00711 日立マクセルMD・CMソング。オリコン最高4位、登場回数9回
7th 1995年8月4日 ハートブレイク PCDA-00751 TBS系ドラマ「パパ・サヴァイバル」主題歌。オリコン最高9位、登場回数7回
8th 1995年11月17日 GET UP BOY PCDA-00795 ダイドーブレンドコーヒーCMソング。オリコン最高17位、登場回数6回
9th 1996年4月22日 GIRL FRIEND PCDA-00846 マクセルMDキャンペーンソング。オリコン最高7位、登場回数4回
10th 1996年8月7日 Another Orion PCDA-00885 TBS系ドラマ「硝子のかけらたち」主題歌。オリコン最高1位、登場回数22回
11th 1996年11月21日 Snow Crystal PCDA-00930 Apple Macintosh CMソング。オリコン最高16位、登場回数10回
12th 1997年5月7日 DO NOT PCDA-00960 フジテレビドラマ「ミセスシンデレラ」主題歌。オリコン最高7位、登場回数11回
13th 1997年7月18日 Go the Distance PCDW-00004 ディズニー映画「ヘラクレス」テーマソング。ディズニー映画のテーマソングを歌った初めての日本人。同作までがポニー・キャニオンからのリリース。オリコン最高15位、登場回数10回
14th 1998年8月1日 わらの犬 AIDT-5011 TBS系ドラマ「ラブとエロス」主題歌。オリコン最高8位、登場回数9回
15th 1999年5月12日 風の時代 AIDT-5032 テレビ朝日ドラマ「恋の奇跡」主題歌。オリコン最高13位、登場回数9回
16th 1999年11月20日 Moonlight Magic AICT-1157 日産自動車ステージア」CMソング。オリコン最高11位、登場回数5回
17th 2000年4月19日 Stay with me. AICT-1218 森永乳業「クリープ」TV-CFイメージソング。オリコン最高20位、登場回数4回
18th 2000年5月10日 INSIDE AICT-1219 日本テレビ系ドラマ「天使が消えた街」エンディングテーマ。オリコン最高10位、登場回数8回
19th 2001年5月23日 UPSIDE DOWN AICT-1310 オリコン最高18位、登場回数3回
20th 2001年7月18日 明日天気にしておくれ AICT-1318 劇場版ポケットモンスター セレビィ 時を超えた遭遇」主題歌。オリコン最高22位、登場回数3回
21st 2001年12月12日 ALL THIS LOVE AICL-1364 表題曲の『ALL THIS LOVE』はオリジナルアルバムに収録されていない。オリコン最高18位
22nd 2002年5月22日 SEVEN WONDERS AICL-1381 オリコン最高14位、登場回数3回
23rd 2003年5月21日 BOY'S HEART AICL-1419
AICL-1709
フジテレビ系列「アストロボーイ・鉄腕アトム」エンディングテーマ。オリコン最高12位、登場回数7回
24th 2004年4月21日 Thrill up AICL-1526
AICL-1719
あいおい損害保険(現:あいおいニッセイ同和損害保険)CMソング。オリコン最高22位、登場回数5回
25th 2004年11月10日 木漏れ日の風に吹かれ AICL-1598
AICL-1729
フジテレビ めざましテレビとのコラボレイト企画「Making of Love Song」から生まれた曲。オリコン最高9位、登場回数5回
26th 2005年4月27日 勝利の空へ AICL-1615 福岡ソフトバンクホークス公式球団歌。オリコン最高33位、登場回数5回
27th 2005年11月9日 君が僕を想う夜 AICL-1666 東海テレビ・フジテレビ系全国ネット連続ドラマ「緋の十字架」主題歌。オリコン最高12位、登場回数7回
28th 2006年7月12日 下北以上 原宿未満 AICL-1757 テレビ朝日ドラマ「下北サンデーズ」主題歌。オリコン最高23位、登場回数9回
29th 2007年3月28日 君になる AICL-1816:初回生産限定盤
AICL-1818:通常盤
オリコン最高13位、登場回数5回
30th 2010年9月22日 今、君に言っておこう AICL-2175:初回生産限定盤
AICL-2177:通常盤
映画「おにいちゃんのハナビ」主題歌。オリコン最高14位、登場回数4回
31st 2013年7月10日 青春 AICL-2548:初回生産限定盤A
AICL-2550:初回生産限定盤B
AICL-2552:初回生産限定盤C
AICL-2554:通常盤
南日本酪農協同スコール」CMソング。オリコン最高10位、登場回数13回

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1994年4月6日 エンジェル PCCA-00554 オリコン最高1位、登場回数14回
2nd 1995年6月7日 R&R PCCA-00764 オリコン最高2位、登場回数8回
3rd 1996年9月20日 TEARS PCCAX-1 オリコン最高2位、登場回数11回
4th 1997年6月18日 PURE RED PCCA-01110 オリコン最高3位、登場回数9回
5th 1998年10月1日 ソラモヨウ AICT-1017 オリコン最高5位、登場回数5回
6th 1999年7月1日 2000-1 AICT-1081 オリコン最高9位、登場回数4回
7th 2000年7月5日 IN AND OUT AICT-1234 オリコン最高7位、登場回数3回
8th 2001年6月20日 CLUB F AICT-1317 オリコン最高11位、登場回数3回
9th 2002年6月19日 EQUAL AICL-1383 オリコン最高8位、登場回数3回
10th 2003年6月18日 RIGHT HERE! RIGHT NOW! AICL-1438 オリコン最高7位、登場回数6回
11th 2003年10月22日 LADY SISTER BABY AICL-1498 オリコン最高14位、登場回数5回
12th 2004年5月19日 Cloverfield AICL-1720 オリコン最高10位、登場回数5回
13th 2004年9月29日 POP★STAR AICL-1587
AICL-1728
オリコン最高16位、登場回数5回
14th 2005年6月29日 奇妙な果実 AICL-1625 オリコン最高15位、登場回数5回
15th 2006年9月20日 WITH THE RAWGUNS AICL-1768:初回生産限定盤
AICL-1770:通常盤
オリコン最高13位、登場回数4回
16th 2007年6月20日 Order Made AICL-1832:初回生産限定盤
AICL-1834:通常盤
オリコン最高8位、登場回数4回
17th 2008年10月8日 F's KITCHEN AICL-1958:初回生産限定盤
AICL-1960:通常盤
オリコン最高8位、登場回数4回
18th 2009年9月30日 F's シネマ AICL-2046:初回生産限定盤
AICL-2048:通常盤
オリコン最高14位、登場回数5回
19th 2012年7月11日 Life is Beautiful AICL-2397:初回生産限定盤
AICL-2400:期間生産限定盤
AICL-2399:通常盤
オリコン最高6位、登場回数9回
20th 2012年10月31日 Winter String AICL-2448:初回生産限定盤
AICL-2450:通常盤
オリコン最高8位、登場回数5回
21st 2014年9月24日 Symphonic Concert AICL-2737、2738、2739:初回生産限定盤(3枚組)
AICL-2740:通常盤

ベスト・アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1996年12月16日 STANDARD PCCA-01057 オリコン最高2位、登場回数11回
2nd 1998年11月18日 SINGLES PCCA-01250 オリコン最高7位、登場回数8回
3rd 2002年10月9日 Re Take AICL-1394 オリコン最高6位、登場回数11回
4th 2008年5月21日 FUMIYA FUJII ANNIVERSARY BEST "15/25" AICL-1923:初回生産限定盤
AICL-1926:通常盤
オリコン最高8位、登場回数7回

映像作品[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 備考
1st 1994年12月07日
2014年06月18日
FUMIYA FUJII CONCERT TOUR "FFF" budokan PCLP-00536:LD
PCVP-51554:VHS
PCBP-52282:DVD
オリコン最高107位
2nd 1996年04月22日
2014年06月18日
FUMIYA FUJII 2095 WINTER TOUR in BUDOKAN PCLP-00601:LD
PCVP-51857:VHS
PCBP-52283:DVD
オリコン最高109位
3rd 1997年03月21日
2014年06月18日
FMIYA FUJII CONCERT TOUR 1996 PCLP-00634:LD
PCVP-52069:VHS
PCBP-52284:DVD
オリコン最高105位
1997年10月01日 フミヤ・フジイ・クリップス PCLP-00655:LD
4th 1997年10月01日 フミヤ・フジイ・クリップス1 PCVP-52204:VHS
5th 1997年10月01日 フミヤ・フジイ・クリップス2 PCVP-52205:VHS
6th 1998年03月04日
2014年06月18日
VERSION UP PCLP-00670:LD
PCVP-52326:VHS
PCBP-52285:DVD
オリコン最高106位
7th 2000年02月19日
00000004月01日
COUNT DOWN LIVE 1999to2000 in BUDOKAN SRVM-5678:VHS
SRBL-1045:DVD
オリコン圏外
8th 2000年02月19日 CONCERT TOUR1999~タイム・オブ・ザ・ウインド SRVM-5679:VHS
SRBL-1046:DVD
オリコン圏外
9th 2001年05月23日 Century Count Down Live in Budokan AIBT-9009 オリコン最高45位
10th 2002年05月22日 FUMIYA FUJII ARENA TOUR 238 COUNTDOWN VERSION in BUDOKAN AIBL-9053:DVD オリコン最高30位
11th 2002年12月18日 Fumiya Fujii TOUR 2002 THE PARTY AIBL-9056 オリコン最高79位
12th 2003年05月21日 FUMIYA FUJII ARENA TOUR 2002 SPARK COUNTDOWN VERSION AIBL-9067 オリコン最高43位
13th 2003年07月02日 FUMIYA IN HIBIYA MY CAROL 2003.4.19 AIBL-9069 オリコン最高76位
14th 2003年12月10日 THE PARTY 03 IN SHIBUYA AIBL-9078 オリコン最高221位
15th 2004年03月24日 LIVE DVD BOX AIBL-9081 オリコン最高67位
16th 2004年04月21日 DIGITAL MYSTERY TOUR with GOTA COUNTDOWN Ver. AIBL-9092 オリコン最高68位
17th 2004年12月15日 FUMIYA FUJII TOUR 2004 JAILHOUSE PARTY AIBL-9103 オリコン最高87位
18th 2005年05月25日 FUMIYA FUJII DIGITAL POPSTAR FFTV COUNTDOWN Channel AIBL-9107 オリコン最高51位
19th 2005年08月17日 さまよう果実 -The Short Film 【完全版】 AIBL-9124 オリコン最高67位
20th 2006年02月22日 Fumiya Fujii Concert Tour 2005 "Love Songs" AIBL-9135 オリコン最高60位
21st 2006年04月19日 FUMIYA FUJI ONE NIGHT SPECIAL ROCK'N ORCHESTRA AIBL-9138 オリコン最高58位
22nd 2007年03月28日 LIVE DVD BOX 2006"PREMIUM DELIGHT" -WITH THE RAWGUNS- AIBL-9150 オリコン最高43位
23rd 2007年12月12日 FUMIYA FUJII CONCERT TOUR 2007 "ART ROCK" -PLATINUM- AIBL-9161 オリコン最高49位
24th 2008年04月23日 COUNTDOWN LIVE 2007-2008 BONEN & SHINNEN in BUDOKAN AIBL-9167 オリコン最高74位
25th 2008年05月21日 Fumiya Fujii Anniviersary Clips PCBG-51000 オリコン最高118位
26th 2009年01月28日 15/25 ANNIVERSARY WITH THANKS-LIVE DVD BOX 2008 AIBL-9172 オリコン最高33位
27th 2009年04月22日 LAST COUNTDOWN -10 YEARS OF BUDOKAN 1999-2008 MEMORIAL DVD BOX- AIBL-9191 オリコン最高38位
28th 2010年07月21日 F's CINEMA + Spring Fever AIBL-9195 オリコン最高32位
29th 2011年05月25日 SWEET GROOVE AIBL-9215 オリコン最高24位
30th 2013年04月24日 Fumiya Fujii Live 2012 ~Life is Beautiful & Winter String~ AIBL-9268:DVD
AIXL-25:BD
オリコン最高40位
31st 2014年09月17日 藤井フミヤの山に登りたい 北八ヶ岳編 PCBE-12116 オリコン最高51位

その他[編集]

  1. THE PARTY REMIX(“EQUAL”よりリミックス)(2002年7月31日)
  2. MY CAROL(キャロルトリビュートアルバム)(2003年3月26日)
  3. 終わらないでクリスマスイブ(配信限定シングル)(2010年12月15日)

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
井上哲央 「君が僕を想う夜」
江湖広二 「着メロ」
Takaaki Ohkawa 「Thrill up」
大根仁 「INSIDE」
川村ケンスケ 青春」「嵐の海」
国本雅広 「今、君に言っておこう (Movie Ver.)」
鈴木則彦 & 真賀里文子 「下北以上 原宿未満」
高野聡 「DO NOT」
辻川幸一郎 「SEVEN WONDERS」
high grass 「彼女のタンバリン」
冨士川祐輔 「風の時代」
Manjot Bedi 「大切な人へ」
不明 「Another Orion」「BOY'S HEART」「DAYS」「GET UP BOY」「GIRL FRIEND」「Go the Distance」「Life is Beautiful」「Moonlight magic」「Snow Crystal」「TRUE LOVE」「TRUE LOVE(NEW Ver.)」「UPSIDE DOWN」「さまよう果実」「わらの犬」「エンジェル」「タイムマシーン」「ハートブレイク」「君になる」「彼女は彼のもの」「明日天気にしておくれ」「木漏れ日の風に吹かれ」

楽曲提供[編集]

瞳の中のGalaxy」 作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:CHOKKAKU
Under the sky」 作詞:藤井フミヤ・ISSA、作曲:藤井フミヤ、編曲:山内薫
「Love」 作詞・作曲:Yoo Youngjin、日本語詞:藤井フミヤ、編曲:Yoo Youngjin
「野ばらの夢」 作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:島健
  • KANIKAPILA
「イッちゃえ! I LOVE YOU!」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:大島賢治
「卒業白書」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之・木村篤史、編曲:木村篤史
「キスの下手な男」 作詞:藤井郁弥、作曲:かまやつひろし、編曲:今剛
「片方のつばさ」 作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:有賀啓雄
「あなたと…」 作詞:藤井郁弥、作曲:藤井尚之、編曲:亀田誠治
「PURE」 作詞:藤井フミヤ、作曲:増本直樹、編曲:土方隆行
白い雲のように」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:松浦晃久
「雨粒のBirthday」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:増本直樹
Daydreamer」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:増本直樹
「やわらかい時間」 作詞:大小原ユウキ、作曲:藤井フミヤ
「危ない女 懲りない男」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:Peace Rug Productions
「LOVE Tear Drops」 作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:上杉洋史
GENERATION GAP」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:上野圭市
翼の設計図」 作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:鶴田海生
「天使のゆびきり」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:有賀啓雄
「FUN^3」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:有賀啓雄
  • 藤井尚之
「TO TOWN」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:藤井尚之・Kenji Jammer
「Dream of REVOLVER」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:藤井尚之・Kenji Jammer
「蜂蜜の蜘蛛の巣」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:朝本浩文・藤井尚之
「Question.」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:佐橋佳幸
「ゼロ」 作詞:藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:佐橋佳幸
  • BLOW LIP
「キレそうなの」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:大島俊一
「退屈な日曜日」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:大島俊一
「ハート型の涙」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:朝本浩文
「ルルル片想い!」 作詞:藤井フミヤ・HINANO、作曲・編曲:朝本浩文
「ウサギちゃんSAY GOOD BYE」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:朝本浩文
「知ってるよ」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:朝本浩文
  • MAKOTO(真箏)
「MINE」 作詞:MAKOTO・藤井フミヤ、作曲:藤井尚之、編曲:坂本竜太
星空の片隅で」 作詞・作曲:藤井フミヤ、編曲:鈴木健治
  • REI
「東京ナイト」 作詞:藤井フミヤ、作曲・編曲:村山晋一郎
「恋」 作詞:藤井フミヤ・REI、作曲:岡村聡士、編曲:増本直樹

ライブ[編集]

  • 1994年ツアー FFF
  • 1994年6月5日 The Big Eve SHUKUTEN1200/平安神宮サウンドスペクタクル藤井フミヤ・スーパーライブ
  • 1995年夏ツアー 2095
  • 1995年冬ツアー 2095 WINTER TOUR
  • 1996年ツアー ORION
  • 1997年夏ツアー PURE WHITE
  • 1997年冬ツアー PURE WHITE“Virsion Up”
  • 1998年ツアー ARK
  • 1999年夏ツアー Time of the Wind
  • 1999年冬ツアー Power
  • 2000年夏ツアー OUTSIDE
  • 2000年冬ツアー OVER
  • 2001年夏ツアー CLUB F
  • 2001年冬ツアー 238
  • 2002年夏ツアー THE PARTY
  • 2002年冬ツアー SPARK
  • 2003年3月26日 - 4月19日 CAROL
  • 2003年夏ツアー THE PARTY 2003
  • 2003年冬ツアー DIGITAL MYSTERY TOUR with GOTA
  • 2004年夏ツアー JAILHOUSE PARTY
  • 2004年冬ツアー DIGITAL POP★STAR FF TV
  • 2005年7月22-24日 平安神宮
  • 2005年ツアー Love Songs
  • 2005年12月3 - 17日 Zepp Tour 「CORE」※Zepp Sapporo公演以外はFC会員限定ライブ
  • 2005年12月30日 ONE NIGHT SPECIAL ROCK'N ORCHESTRA
  • 2005年12月31日 LIVE 2005 in BUDOKAN
  • 2006年4月22 - 23日 平安神宮
  • 2006年8月17日 - 11月19日 3WEY DELIGHT
  • 2006年12月23日ONE NIGHT SPECIAL ロックオーケストラ2 クリスマス
  • 2006年12月30日ONE NIGHT SPECIAL ロックオーケストラ2 ラストショー
  • 2006年12月31日COUNT DOWN LIVE 2006-2007 WITH THE RAWGUNS
  • 2007年ツアー ART ROCK
  • 2007年8月25 - 26日 第六十二回神宮式年遷宮奉賛コンサート「藤井フミヤ in 橿原神宮」(内庭)
  • 2007年12月13 - 14日 BONENKAI in FES
  • 2007年12月30日 クラブ★フジイTOKYO feat.F-BLOOD
  • 2007年12月31日 COUNTDOWN LIVE 2007-2008 BONEN&SHINNEN in BUDOKAN
  • 2008年7月11日 - 9月14日 Anniversary Tour "15/25"
  • 2008年9月21日 FUMIYA & NAOYUKI FUJII 25TH ANNIVERSARY SPECIAL LIVE "THANKS"
  • 2008年10月4 - 11月9日 F's KITCHEN
  • 2008年12月30日 FUMIYA FUJII LIVE 2008 POP ROCK
  • 2008年12月31日 FUMIYA FUJII LIVE 2008 LAST COUNTDOWN
  • 2009年6月14日‐7月10日「COREⅡ」※FC会員限定ライブ
  • 2009年冬ツアー F's CINEMA
  • 2009年12月31日 BS☆フジイ SPECIAL LIVE
  • 2010年春ツアー Spring Fever
  • 2010年6月11日- 7月11日「COREⅢ」※FC会員限定ライブ
  • 2010年冬ツアー Sweet Groove
  • 2011年11月23日- 12月27日「COREⅣ」※FC会員限定ライブ
  • 2012年9月9日- 12月7日 Life is Beautiful
  • 2012年9月26日 「第六十二回伊勢神宮式年遷宮奉祝『鎮守の里』コンサート」(明治神宮 拝殿前)
  • 2012年12月15日- 12月30日 Winter String
  • 2013年8月7日 「第六十二回伊勢神宮式年遷宮奉祝『鎮守の里』コンサート」(伊勢神宮 内宮参集殿)

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ(声優)[編集]

テレビバラエティーなど(レギュラー)[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 藤井フミヤの山に登りたい(BSジャパン・2013年6月8日)
  • 藤井フミヤの山に登りたい2(BSジャパン・2014年6月8日)
  • 藤井フミヤ 絶景トレック! ニュージーランド 世界で一番美しい散歩道(BSジャパン・2015年4月19日)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手
1993年(平成5年)/第44回 TRUE LOVE 20/26 工藤静香
1994年(平成6年)/第45回 2 DAYS 03/25 中山美穂
1995年(平成7年)/第46回 3 GET UP BOY 07/25 森口博子
1996年(平成8年)/第47回 4 Another Orion 12/25 華原朋美
1997年(平成9年)/第48回 5 Go the Distance 08/25 伍代夏子
注意点
  • 出演順は「出演順/出場者数」で表す。

ラジオ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

その他[編集]

関連項目[編集]

  • 河村"カースケ"智康 - 1999年のツアー「Time of the Wind」などで参加したドラマー。
  • 浅井健一 -「マリア」「白いアルペジオ」を楽曲提供し、エレキギターでも参加。
  • 博多華丸・大吉 - 2人が出した博多弁の著書を絶賛した。

脚注[編集]

  1. ^ 日本経済新聞2013年8月23日「見よう見まねで作曲 大ヒット」
  2. ^ a b Music Museum』2000年7月5日放送・ゲスト:藤井フミヤ
  3. ^ INLIFE 男の履歴書 藤井フミヤ
  4. ^ 伊勢志摩経済新聞 2007年4月18日 式年遷宮奉賛曲「鎮守の里」収録CDを発売-藤井フミヤさん
  5. ^ Francfranc Scenario F、2010年1月3日
  6. ^ 「ごはん迷う芸人、博多華丸の大決断! 食べずに終われんばい!」(ヨシモトブックス)P83

外部リンク[編集]