山口美江

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山口 美江
(やまぐち みえ)
生誕 山口 美江(やまぐち みえ)
1960年9月20日
日本の旗 神奈川県横浜市
死没 2012年3月7日(満51歳没)
日本の旗 神奈川県横浜市
国籍 日本の旗 日本
民族 大和民族
教育 上智大学外国語学部卒業
職業 テレビキャスター
タレント実業家
活動期間 1987年1996年
代表経歴 CNNヘッドラインキャスター
たけしのここだけの話司会
世界まるごと2001年』司会
公式サイト
http://www.saltearth.com/

山口 美江(やまぐち みえ、1960年9月20日 - 2012年3月7日)は、日本テレビキャスタータレント実業家

概要[編集]

横浜市中区出身。上智大学外国語学部比較文化学科(現国際教養学部)を卒業した。社長秘書などを経て『CNNヘッドライン』でテレビキャスターを務めた。その後はタレントとして活動する。一時芸能活動を離れ、実業家としての活動を本格化させた。2006年からソルトアースに所属。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

祖父ドイツ人。小学校から高校まで横浜のサンモール・インターナショナル・スクールに学んだ。上智大学在学中の1980年10月31日にズームイン!!朝!のワンポイント英会話に偶然出演(2009年8月7日の『おもいッきりDON!』にて映像が流れた)。大学卒業後は、外資系化粧品メーカーのエスティローダー(美容メーカー)でマーケティングを担当したり、ワーナー・ブラザーズで社長秘書を務めた後、通訳として働く。

芸能活動[編集]

1987年、テレビ朝日『CNNヘッドライン』のニュースキャスターとしてタレントデビュー。その後フジッコ・漬物百選のCMにおける「しば漬け食べたい」の名ゼリフで一躍脚光を浴び[1]フジテレビFNN NEWSCOM』、毎日放送世界まるごと2001年』、関西テレビたけしのここだけの話』などの情報、バラエティ番組の司会やテレビドラマにも多く出演していた。インターナショナル・スクールに学んだため英語が堪能で、元祖バイリンギャル[2]と呼ばれた。

実業活動[編集]

1996年に芸能界を一時引退。横浜中華街にある輸入雑貨店「グリーンハウス」を運営(2011年5月26日閉店)。芸能界の一時引退は父親が深刻なアルツハイマー病にかかったことが理由であり、壮絶な介護生活を送っていたことを『ザ!情報ツウ』(日本テレビ)のインタビューで明かした(母親は山口が16歳のときに亡くなっている)。その父親は2006年9月に亡くなった。晩年は介護を通し学んだ経験をもとに講演会・トークショーを行っていた。

2012年3月8日、連絡が取れなくなったことを不審に思った親族が、自宅にて息を引き取っているのを見つけた[3]。死因ははっきりせず心不全とのみ報道された[4]。前日の7日には近所の住民が犬の散歩をしている姿を目撃していたという[5]。 51歳没。生涯独身であった。

人物[編集]

潔癖症
自他共に認める潔癖症
たけし・所のドラキュラが狙ってる』にゲストとして出演した際、「ドラキュラ裁判」のコーナーでウソ発見器にかけられた。最終兵器として、毎日使用していたリップクリームが登場。実は山口の目を盗んで、高田純次の治療に使っていたことをビートたけしから聞かされるや号泣。たけしが冷やかすたびに顔を歪めながら「もう止めてー!」と絶叫していた。その後特番でたけしがウソ発見器にかけられた際には質問者として登場し、復讐とばかりにたけしに対して、女性問題を中心とした質問を次々に浴びせて笑みを浮かべていた。
趣味・嗜好
納豆が苦手。そのため、自身が司会を務めていた『鉄腕!DASH!!』(1996年1月放送)の中で、TOKIOが山口美江に気に入ってもらえるよう、コーヒー豆など大豆以外のさまざまな豆を利用した納豆作りを行う企画を行ったことがあるが、苦手克服には至らなかった[6]。中でも、モヤシを使った「もやし納豆」が臭いが強烈なため『鉄腕!DASH!!』の番組名物ともなった。
芸能活動
女優としての仕事もこなしているが、演技の勉強をしたことがないため「苦手」としている。「しば漬け」のCMに出演し、一躍有名になった山口に、フジテレビのプロデューサー三宅恵介が、明石家さんまが主演するコメディードラマ「心はロンリー気持ちは「…」VII」のマドンナとして出演して欲しいとオファーを出し続けた。山口は「演技はまったくの素人ですが、それでもよろしいですか」と念を押しての出演快諾となった。
多くの番組で共演したビートたけしは、山口の芸能活動について「頭も良くて見た目も良い人が、お笑いをやったのが衝撃的で凄いなと思った」[7]と述懐しており、山口を「間を読むのがうまい人」[7]と評したうえで「橋渡しがうまいというか、勘がいいのかな」[7]と語っている。死の直前、ペットにパグとポメラニアンを飼っていた。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

ドラマ

映画[編集]

CM[編集]

著書[編集]

作詞[編集]

その他[編集]

  • C-C-B アルバム『僕たちNo-No-No』 - 収録曲「ラストステップ」の間奏で、フランス語で囁く女性の声を担当。報酬はカツ丼のみという条件だったにもかかわらず快く引き受けたという。
  • 岡村靖幸 シングル「だいすき」のPVに、妖艶な美女役で、チョコレートを食べながら出演。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]