さんまのお笑い向上委員会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さんまのお笑い向上委員会
IMPROVEMENT COMMITTEE
Wangan Studio.jpg
ジャンル トーク番組 / バラエティ番組
放送時間 土曜日 23:10 - 23:40(30分)
放送期間 2015年4月18日 - 現在
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 鈴木善貴、池田哲也
監修 渡辺琢
プロデューサー 中嶋優一CP
出演者 明石家さんま
久代萌美フジテレビアナウンサー
ほか
ナレーター 鈴木省吾
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
外部リンク さんまのお笑い向上委員会

特記事項:
上記のスタッフは全てフジテレビ所属。
テンプレートを表示

さんまのお笑い向上委員会』(さんまのおわらいこうじょういいんかい、英称:IMPROVEMENT COMMITTEE)は、フジテレビ系列2015年4月18日から毎週土曜日 23:10 - 23:40(JST)に放送されているトークバラエティ番組である。司会を務める明石家さんま冠番組ステレオ放送文字多重放送を実施。

概要[編集]

司会の明石家さんまが「工場長」ならぬ「向上長」と称し、若手[1]お笑い向上委員会メンバーと共に、日本のお笑い界の傾向と対策を探り出す、というのが一応のテーマ。

委員会メンバーが、ゲスト向上芸人の欠点を指摘し、向上するためのアイディアを話し合うというのが進行の基本である。実際は、お笑い芸人同士のフリートークに近く、さんまの裁量のもと、委員会メンバーがアドリブを繰り出し合って進行される。

話が先に進まないためオープニングトークも長引く傾向があり、ゲスト向上芸人はなかなか呼び込んでもらえないままセット裏に待機させられ、時には登場が2週目に延びる事もある。

番組の大半を占めるのが先述のアドリブ合戦であり、中に入れず呆然と見ているだけのゲスト向上芸人を尻目に、主役がどんどん入れ替わっていく。番組ではこれを「誰が(芸人として)殺るか殺られるかのサスペンスドラマ」と称している。1週分をドラマ風に「第〇話」とカウントし(サブタイトルも付される)、1回の収録分で原則3話(第3週分)が費やされる。

セット内の司会中央部やゲスト席、ひな壇等の通常のカメラでは映らないセット外にある出演者がカメラ確認のためのモニター横で芸人が見学者として収録を見学している珍しい番組でもある。 時々さんまがネタを振りそれに応えて笑いを生んでいるが、見学者扱いであるためノーギャラである。 しかし笑いを取り続けたりオンエア率が高まると、同番組内でのひな壇(通称ドリームシート)へ格上げされ出演者扱いの委員会メンバーとなったり、愛のクレーマー芸人としてゲスト席へ出演したり、他の局や他の番組でも出演が増えたりなど芸人として売れるチャンスが高まるため、見学者扱いであっても必死にネタを披露したりオンエア競争率も激しく「モニター横芸人」として番組の要素の一つとなっている。

開始当初から出演者の発言になぞりテロップは使用されていない。開始当初はドラマ風の演出がなされ、番組冒頭に出演者によるミニドラマが挿入されていた[2]。番組内で使われる状況説明のテロップは第85話までタイプライターで打ち出されるような表示となっていた[3]が、第86話からはテロップにスタジオ意匠同様、海の家をイメージした、派手な演出がなされるようになっている。

構成[編集]

(2016年4月現在)

  • オープニング - 人物相関図のような図表を映して(ただし本編とはあまり関係はない)から、番組タイトルを表示。
  • 本編 - ほぼフリートークで進行。テーマはあるが無視して進められることがほとんど。
  • 「ドブ芸人」「ほんまはあかんねんで」などのような「団体芸」が披露されることもある。
  • クランクアップ - 1週分の収録ができたことを示す(通常のバラエティでいう『撮れ高OK』)。ドラマ仕立てで収録されているためこの用語を使う。
  • SURVIVAL TIME - 番組の締めくくりとして、岡田圭右のギャグをアレンジし、出演者が数人披露する。挙手により参加が決められ[4]、「閉店ガラガラ〜」からの自分の持ちギャグや寸劇などを披露する。「SURVIVAL TIME」の表示とともに参加者全員が芸を披露する映像が出るが、オンエアされない者はシャッターが降り放送されない。[5][6]
  • 次週予告 - ドラマ風に収録したカットを入れることがある。

出演者[編集]

司会(向上長)
アシスタント
主な向上委員会メンバー
ナレーション

放送リスト[編集]

エピソード[編集]

ゴールデンタイム・プライムタイム[編集]

スタッフ[編集]

  • 構成:松井洋介福原フトシ、金森直哉
  • ナレーション:鈴木省吾
  • TP:高瀬義美
  • SW:高田治
  • CAM:横山政照、遠藤俊洋
  • VE:山下義子、宮本学
  • AUD:森田篤、浮所哲也
  • 照明:川田敦史
  • 編集:井上真一、水野智史、吉田裕樹、星野裕也、小口夏樹、大島洋介、青木秀幸
  • MA:吉田肇
  • 音響効果:大久保吉久
  • TK:槇加奈子
  • 美術制作:三竹寛典
  • 美術進行:林勇
  • 美術デザイナー:邨山直也
  • 大道具:松本達也
  • アクリル装飾:斉藤祐介
  • 電飾:齋藤誠二
  • 装飾:門間誠
  • メイク:山田かつら
  • スタイリスト:波多野としこ
  • CGプロデューサー:久保田幸
  • CGディレクター:鈴木鉄平
  • CGデザイン:木本禎子
  • 技術協力:ニユーテレスfmtIMAGICA、マルチバックス
  • 広報:佐藤未郷
  • デスク:黒木智子
  • FD:三谷萌乃
  • AP:藤本大介
  • プロデューサー:神崎素子(2016年4月9日 - )、児玉芳郎(途中から)、大江菊臣、林田直子
  • ディレクター:板垣忠彦、神田洋昭、玉野鼓太郎
  • 演出:池田哲也、鈴木善貴
  • 監修:渡辺琢
  • チーフプロデューサー:中嶋優一(2016年4月9日 - )
  • 制作協力:吉本興業
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • アクリル装飾:相原加奈
  • デスク:関下由美子、川野友美
  • FD:登内翼斗
  • ディレクター:角山遼佑
  • チーフプロデューサー:亀高美智子(2015年4月18日 - 2016年3月19日)

ネット局[編集]

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 遅れ
関東広域圏 フジテレビ (CX) フジテレビ系列 土曜 23時10分 - 23時40分 制作局
北海道 北海道文化放送 (UHB) 同時ネット
岩手県 岩手めんこいテレビ (mit)
宮城県 仙台放送 (OX)
秋田県 秋田テレビ (AKT)
山形県 さくらんぼテレビ (SAY)
福島県 福島テレビ (FTV)
新潟県 新潟総合テレビ (NST)
長野県 長野放送 (NBS)
静岡県 テレビ静岡 (SUT)
富山県 富山テレビ (BBT)
石川県 石川テレビ (ITC)
福井県 福井テレビ (FTB)
中京広域圏 東海テレビ (THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ (TSK)
岡山県・香川県 岡山放送 (OHK)
広島県 テレビ新広島 (TSS)
愛媛県 テレビ愛媛 (EBC)
高知県 高知さんさんテレビ (KSS)
福岡県 テレビ西日本 (TNC)
佐賀県 サガテレビ (STS)
長崎県 テレビ長崎 (KTN)
熊本県 テレビ熊本 (TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ (KTS)
沖縄県 沖縄テレビ (OTV)
宮崎県 テレビ宮崎 (UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
同時刻だが
遅れネット
大分県 テレビ大分 (TOS) フジテレビ系列

日本テレビ系列

不定期放送[25] 遅れネット
山口県 テレビ山口 (tys) TBS系列 水曜 1時03分 - 1時33分[26]
(火曜 25時03分 - 25時33分)
青森県 青森テレビ (ATV) 木曜 0時33分 - 1時03分[27]
(水曜 24時33分 - 25時03分)

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 若手といってもさんまより若いという意味で、リーダー格の今田耕司は放送開始時点で49歳。
  2. ^ 第8話より。主に番組出演に対する焦燥や、出演者同士の遺恨を表現するような内容。当然架空のものである。
  3. ^ 『お笑い向上委員会議事録』と表記。
  4. ^ 当初は「モニター横芸人」の一発芸コーナーだったが、その後自由参加方式に転換。
  5. ^ 篠宮いわく「シャッターが降りた時はギロチンで首を切られた気分になる」。
  6. ^ 2016年12月3日放送分よりオンエアされた芸人のオンエア率が表示されるようになった。
  7. ^ 第十三話~第十五話はゲスト向上芸人として出演。
  8. ^ 太田本人は出演を強く希望するも、所属事務所がギャラに満足しなかった影響 (第十話にてさんま談)で第十話以降、約10ヶ月不出演だった。所属事務所はそんな事実はないと否定している。第49話でゲスト向上芸人として復帰。
  9. ^ 「閉店ガラガラ」ではユニットを組むことが多く、今田とは「バーミヤンズ」、蛍原とは「新横浜H&H」なる名称でコントを披露している。
  10. ^ 向上委員会メンバーで唯一、全話に出演。
  11. ^ 第一話から第十二話までは正規メンバーとしてではなく、見学者としてノーギャラでモニター横に待機していた。しかし第四話以降は、番組進行のワンポイントとして振られるスーパーサブとして参加することが多くなり、ついに第十三話からは正規メンバーとして番組に出演。もっとも、第四十二話において、「モニター横・見学芸人としては岩井ジョニ男が一番似合う」との声が大きかったとの明石家さんま向上長の提案により一時的に復帰。
  12. ^ a b c 明石家さんま向上長側一段目からの着席順
  13. ^ ただし、番組には参加せず。
  14. ^ 第四話から第六話の向上委員会に出演予定だったが、収録直前に体調不良を起こしドタキャン。謝罪のため出演。
  15. ^ 深夜番組のレギュラー仲間(山里亮太)の様子を見学ついでに乱入。
  16. ^ 今田と岡田は「オールスター感謝祭」に出演のため不参加。
  17. ^ 茨城県での営業のため遅刻
  18. ^ 「モニター横・見学芸人としては岩井ジョニ男が一番似合う」との声が大きかった、との明石家さんま向上長の提案により一時的に復帰。
  19. ^ 第45話で、かねきよ勝則新宿カウボーイ)、篠宮暁オジンオズボーン)、ハロー植田サンシャイン池崎ら4名を指して通称「ファンタスティック・フォー」と命名。第40話で今田耕司が「最強の4人」と評価したためとも。
  20. ^ 他局での生放送があるためコーナー開始から30分後に退席。
  21. ^ 「ひょうきん夢列島」で使われた『出っ歯マーク』がシンボルマークとして番組ロゴやスタジオ意匠に流用されている。当初は3種類の出っ歯マークシールで芸人を評価するシステムがあったが、1回で自然消滅した。
  22. ^ 平日の同時間帯では月曜の『キスマイブサイク』、火曜の『有吉弘行のダレトク』、水曜の『TOKIOカケル』、木曜の『アウト×デラックス』も同様
  23. ^ 一部地域(カンテレ他)は19:57 - 21:49までの短縮放送。
  24. ^ トップスター集結でお笑いバトル勃発! とれたてフジテレビ 2017年4月2日発行・閲覧。
  25. ^ 1か月に2~4回のペースで放送されていて、放送時間も平日深夜や週末午後or夕方など不定であるが、全ての回が放送されている。
  26. ^ 2015年9月23日から放送開始
  27. ^ 2016年1月7日から放送開始

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 土曜23:10 - 23:40枠
前番組 番組名 次番組
ミレニアムズ
※23:10 - 23:55
(火曜0:55 - 1:25枠に移動)
さんまのお笑い向上委員会
-