27時間チャレンジテレビ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
日本の長時間特別番組 > 27時間チャレンジテレビ
27時間チャレンジテレビ
Yokohama Arena 2013.jpg
1996年版の生放送が行われた横浜アリーナ
ジャンル 特別番組
バラエティ番組
出演者 ウッチャンナンチャン(総合司会)
ほか
製作
制作 テレビ朝日
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
熱血27時間 炎のチャレンジ宣言!!
プロデューサー木下享介(EP)ほか
放送期間1996年11月2日 - 11月3日
放送時間18:00 - 20:54
放送分1614分
回数第1
27時間ぶちぬきスペシャル
熱血チャレンジ宣言'97
27HOUR SPECIAL CHALLENGE 97
プロデューサー北村英一(EP)ほか
放送期間1997年11月8日 - 11月9日
放送時間18:00 - 20:54
放送分1614分
回数第2

特記事項:
小学生クラス対抗30人31脚』は、後に独立した企画となり、2009年まで毎年続いた。
テンプレートを表示
1997年の生放送が行われた代々木第一体育館

27時間チャレンジテレビ』(にじゅうななじかんチャレンジテレビ)は、1996年1997年の各11月に放送された、テレビ朝日大型特別番組の総称である(正式タイトルは後述)。

当時の人気番組『ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャーこれができたら100万円!!』をベースにし、「炎の-」のMCウッチャンナンチャンをメイン司会者に据えた。

テレビ朝日としては初めての本格的なテレソンである[1]

概要[編集]

1996年、岩手朝日テレビの開局によってテレビ朝日系ネットワークが26局(クロスネット局含む)になった[2]のに伴い、メイン会場の横浜アリーナより11月2日午後6:00 - 11月3日午後8:54(日本標準時間)、のべ2日間・約27時間にわたって生放送(24局ネット[3])された。

「チャレンジ」をコンセプト・テーマに、「30人31脚」をはじめとする挑戦企画、歌番組旅番組バラエティ番組などを放送した。3日の朝8時から午後1時45分までは『第28回全日本大学駅伝対校選手権大会』(名古屋テレビと共同制作)の生中継が組み込まれた。

すでに他局の長時間特別番組は、夏の恒例となっている老舗の『24時間テレビ』(日本テレビ)と、フジテレビの『FNS27時間テレビ』と年末に『報道30時間テレビ』(TBS)の3本があったが、『24時間テレビ』や『27時間テレビ』と重複するため、放送時期をずらした秋に放送された。

テレビ朝日は、翌年の1997年も11月8日 - 9日の2日にわたって放送。会場を前年の横浜アリーナから東京代々木第一体育館に移して生放送された。

本番組はわずか2回で終了となったが、『30人31脚』は独立した企画として2009年まで放送された。

番組タイトル[編集]

  • 1996年(第1回):『熱血27時間 炎のチャレンジ宣言!!
  • 1997年(第2回):『27時間ぶちぬきスペシャル 熱血チャレンジ宣言'97[4]

主な出演者[編集]

総合司会

ほか

インフォメーションアナウンサー

1997年の主な司会者

企画名 主司会者
1 小学生クラス対抗30人31脚 ウッチャンナンチャン
データ担当:長島三奈
出演:羽田恵理香鈴木紗理奈定岡正二松尾伴内
ゲスト:宮本和知長嶋一茂
レース実況:松井康真
2 幸運のサポーター 内村光良、南原清隆
進行:大熊英司野村華苗丸川珠代国吉伸洋(土曜日のみ)
ナレーター:伊津野亮
原田ひとみ海津晶子、堀ナナ、夏目敦子(メディアガールズ)
3 Challenge Song Special Live 司会:河村隆一&下平さやか
MAXV6ウルフルズシャ乱Q岡本真夜華原朋美Every Little Thing
4 イルカが海に帰る日 〜ユキよ、自由の海を泳げ〜 東京側(総合司会):渡辺宜嗣&高橋真紀子
沖縄側:一色紗英&三上智恵
スペシャルゲスト:ジャック・マイヨール
5 MUSIC POWER CHALLENGE LIVE 司会:下平さやか
相川七瀬&SPEED
6 インフォメーションコーナー 司会:萩野志保子&坪井直樹
7 鉄棒ぶら下がり耐久レース 実況:田畑祐一/アシスタント:川北桃子
応援ゲスト:鈴木紗理奈
8 夢ザウルス 司会・下平さやか&角澤照治
9 ロンブー・PUFFY/完徹!!バック・トウ・ザ・80s,
〜へのつっぱりはいらんですよスペシャル〜
司会:ロンドンブーツ1号2号&PUFFY・下平さやか
出演:鈴木紗理奈、河相我聞山本太郎
ゲスト:カブキロックス
10 今夜結成!ブリーフ4 夜の東京チャレンジツアー 司会:高橋真紀子&ガダルカナル・タカ(途中から)
出演:ブリーフ4今田耕司東野幸治笑福亭鶴瓶北野武
11 ニュースチャレンジステーション メインキャスター:雛形あきこ&高井正憲
ゲストキャスター:鈴木紗理奈、佐藤藍子

主な企画[編集]

ウルトラ電流イライラ棒完全攻略できたら100万円・27時間テレビSPECIAL
27時間を通じて、随時各企画の合間に挿入する形で、事前に収録されたチャレンジを数コーナーに分けて放送した。『イライラ棒一族の三男坊、今再び蘇る[5]』が、2日間を通してのオープニングでのナレーターのセリフであった。

挑戦者(1996年11月3日・出演時間順)

小学生クラス対抗30人31脚
各地の出場校から中継、決勝は会場から生放送。
チャレンジソングスペシャルライブ
ミュージックステーション』のチャレンジテレビ版。司会:タモリ、河村隆一、下平さやかほか。
ニュースチャレンジステーション
ANNニュース』の27時間チャレンジテレビ特別版。キャスター:雛形あきこ高井正憲(以上1996年、1997年ともに担当)、佐藤藍子鈴木紗理奈(以上1997年のみ)。土曜深夜[11]、日曜朝[12][13]、夕方[14]の計4回放送された。
内村桃子の天気予報
内村光良が女性お天気キャスター「内村桃子」に扮して、天気予報を伝える。
チャレンジカラオケバトル
ナイナイナ生スペシャル
出演:ナインティナイン他。
ブリーフ4
出演:ビートたけし笑福亭鶴瓶今田耕司東野幸治
前出の4人がブリーフ1枚で夜の町を徘徊する。
和歌山県太地町から沖縄県座間味村まで・1500 km/18時間 超大輸送作戦
日曜日の朝の時間帯[いつ?]に放送した『イルカが海に帰る日 〜ユキよ、自由の海を泳げ〜』。その史上最大のメインイベントが激闘・死闘・熱闘どの言葉を取っても相応しい[独自研究?]1500km・18時間に及ぶイルカのユキの大輸送作戦。コースは下の通り。
行き方 輸送手段 協力会社
1 和歌山県太地町大阪国際空港(伊丹空港) トラック(1回目) 日本通運
2 大阪国際空港→那覇空港 空路(この第2ラウンドが最も危険なゾーン) 全日空
3 那覇空港→泊港 トラック(2回目) 日本通運
4 泊港→座間味村特設ステージ ヤンマー

1996年[編集]

ペットボトルクジラの形を作る夢クジラ
1996年のみ。中居正広&草彅剛ほか。
タモリ倶楽部生放送 空耳アワースペシャル
1996年のみ。
全日本大学駅伝対校選手権大会
1996年のみ。
グラグラブロック飛んで積んで100万円
1996年のみ。レギュラー枠でのチャレンジの27時間テレビ編として11月3日に実施。当チャレンジをクリアした有名人はいなかった。

挑戦者

1997年[編集]

ペットボトル恐竜の形を作る夢ザウルス
1997年のみ。ジャニーズJr.、下平さやか、角澤照治アナ。
27時間耐久 鉄棒ぶら下がり選手権
1997年のみ。
夢チャレンジャー 〜頑張れ!世界の日本人〜
1997年放送。世界各地で活躍し大きな夢を持つ日本人チャレンジャー達の活躍ぶりを酒井法子ナレーションで紹介する。★印は、ろうきん提供による夢チャレンジャー。
出演者
放送日 紹介人数 紹介時間帯 紹介国 一般の主役
(当時年齢)
備考
土曜日 1 1人目 幸運のサポーター 土曜日大会開幕前 ボリビア 男性(60歳) 夢の学校を創るのが夢と言う日本人神父。全チャレンジャーの中で史上最年長。
2★ 2人目 チャレンジソングスペシャルライブ 第1部開始前 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 男性(38歳) 世界一のレーサーを目指す生死を賭けたレースに挑む日本人。
3 3人目 チャレンジソングスペシャルライブ 第2部開始前 フィリピンの旗 フィリピン 女性(33歳) 夢の映画を創りたい挑戦者。「シンシア・ラスター」名義で活動するアクション女優
日曜日 4 4人目 ニュースチャレンジステーション 日曜日最初前 オーストラリアの旗 オーストラリア 男性(24歳) 本場の頂点に立ちたい日本人ラガーマン
5★ 5人目 今夜結成!ブリーフ4 〜夜の東京チャレンジツアー〜 Final前 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 女性(34歳) 夢の個展開催を夢見るガラスアーティスト
6 6人目 鉄棒ぶら下がり耐久レース 開始前 フランスの旗 フランス 男性(39歳) 本物を日本に伝えたい世界一のワインカービスト。
7 7人目 30人31脚全国大会 準決勝開始前 ロシアの旗 ロシア 男性(44歳) ラーメンの味を伝えたい挑戦者。
8★ 8人目 イルカが海に帰る日 〜ユキよ、自由の海を泳げ〜・開始前[15] メキシコの旗 メキシコ 女性(29歳) プロデビューを夢見る日本人女性ボクサー
9 9人目 久米&鶴瓶のチャレンジ京都2人旅 出発前 オーストラリアの旗 オーストラリア 男性(19歳) 最年少チャレンジャー。馬の実力・世界一の国で早く初勝利したいと夢見る日本人新米競馬騎手
10★ 10人目 幸運のサポーター 日曜日大会前 スペインの旗 スペイン 女性(30歳) 本場の宝と踊ることを夢見る日本人女性フラメンコダンサー
11 11人目 幸運のサポーター 日曜日大会内 タイ王国の旗 タイ 女性(29歳) 子供たちに夢を与えたい日本人女性の本屋。
12★ 12人目 30人31脚全国大会 代々木ファイナル・決勝戦[16] スペインの旗 スペイン 男性(27歳) 半身不随の日本人闘牛士
チャレンジ宣言97
1997年の『チャレンジ宣言97』で番組キャラクターの「モアイ君」が様々な種目に挑戦した。
モアイ君の表示 企画
1 4人5脚 小学生クラス対抗30人31脚
2 100万円のコイン石 幸運のサポーター(100万円企画)
3 恐竜の口に捕まれる ジャニーズJr.とみんなで作ろう!!夢ザウルス
4 海に入って上をイルカが飛ぶ イルカが海に帰る日 〜ユキよ・自由の海を泳げ〜
5 4人5脚 海外版 30人31脚ワールドカップ
6 ミュージシャン チャレンジソング&MUSIC POWER CHALLENGE LIVE
7 鉄棒で赤くなる 鉄棒ぶら下がり耐久レース
8 テレビを見て驚く ロンブー・PUFFY完徹!!バック・トウ・ザ80s
9 ブリーフ 今夜結成!!ブリーフ4 夜の東京チャレンジツアー
10 居眠りモアイ 夜明け前のインフォメーション
幸運のサポーター
1997年放送。括弧内は当時の所属番組もしくは所属球団名。

タイムテーブル(1997年)[編集]

オープニング
  • 「今年もやります!打ち抜き27時間熱血チャレンジ宣言97!」とタイトルコールした後にシルバーテープが打ち上がった。
  • 各コーナー予告。
  • Every Little Thingがテーマソングの『Face the change』を歌唱。
小学生クラス対抗30人31脚全国大会 第1回戦/前半戦
  • 1996年同様に、全国24校をA・B・Cの3つのトーナメントブロックに分けて実施。
  • ここでは第1試合(Aブロック第1試合) - 第6試合(Bブロック第2試合)の前半6試合を放送。
イルカが海に帰る日 前夜祭
幸運のサポーター 土曜日大会
  • 1996年の『幸運のサイコロ 最後まで当てたら100万円』の後継企画。様々な対決を行い、観客は、どちらが勝利するかを当てるゲーム。
  • 1996年と違う所は、前回は1ゲーム毎に人数を減らしたのに対して、今回は何番勝負で規定勝利数に行くまで試合を続ける所だった[17]
  • 宮崎からの幸運のサポーター・唯一の中継では、この年のプロ野球・日本シリーズの対戦カード・ヤクルトスワローズVS西武ライオンズを再現。試合終了後には宮本和知がトークで参加[18]
  • 電磁戦隊メガレンジャービーロボカブタックの2大ヒーローが応援ゲストとして登場。
  • 第1回戦の絵当て対決で風間と共にチームを組んでいた佐藤が私、絵を描くのが駄目と1問目に行く際に強引に解答者席に座ろうとして丸川に絵描き席に回された。そして3問目に行く所で佐藤は自らガッツポーズをしていた。
ブリーフ4・Part1/I 夜の東京チャレンジツアー 出発!
東野&鶴瓶VS今田&北野の対戦形式。進行役は高橋真紀子。
小学生クラス対抗30人31脚全国大会 第1回戦/後半戦
第1回戦の残り6試合(第7試合・Bブロック第3試合 - 第12試合・Cブロック第4試合)を放送。
ブリーフ4・Part2/II 広尾・カフェ編
内村桃子の天気予報(1)
1996年の好評[誰の?]に応えて2年連続で内村が「内村桃子」に扮して、天気予報に挑戦。1発目は代々木・夢ザウルス前。
チャレンジソングスペシャルライブ1997 第1部
  • 前年(1996年)に引き続き、3時間・2部構成の音楽ライブ。
  • ミュージックステーション』のスタッフ制作で、司会は河村隆一が初挑戦。アシスタントに下平さやかを迎えて3時間生放送。
  • 「チャレンジソング No.1」を、第1部では100位→41位までの60曲を発表。ランクインした曲や新曲が生ライブで披露された。
ニュースチャレンジステーション(1)
前年(1996年)同コーナーに参加した雛形に加え、今年[いつ?]は佐藤藍子と鈴木紗理奈も参加。高井正憲と共にニュース番組に挑んだ。
内村桃子の天気予報(2)
スポーツステーション
イチローとの「南原VSイチロー スペシャルトーク対決」企画を実施。
内村桃子の天気予報(3)
土曜日最後は源さん[19] 宅から。
ブリーフ4・Part3/III 都内・寿司屋編
都内の寿司屋で英気を養うはずが、この辺りから鶴瓶が極悪の酒酔い状態に。
チャレンジソングスペシャルライブ1997 第2部
40位→1位までの全40曲を発表。
ブリーフ4・Part4/IV 都内・ゲームセンター編
4人がプリント倶楽部[要追加記述]
タモリとチャレンジ
タモリが行きつけの、深夜でほぼ閉店後の寿司屋に出向きお寿司を食べる。
ブリーフ4・Part5/V 都内・大物俳優宅編
この回からタカが特別参加として加わった。
ナイナイナ生スペシャル
ブリーフ4・Part6/VI 御色気企画
この回、鶴瓶に代わりタカが参加した。
ロンブー・PUFFY/完徹!!バック・トウ・ザ・80s, 〜へのつっぱりはいらんですよスペシャル〜
ロンドンブーツ1号2号の田村淳&田村亮とPUFFYの大貫亜美&吉村由美が仲間たちと共に80年代を振り返った。
ニュースチャレンジステーション(2)
内村桃子の天気予報(4)
ブリーフ4 夜の東京チャレンジツアー/ファイナル&完結編(Part7/VII)
内村桃子の天気予報(5)
鉄棒ぶら下がり耐久レース スタート
時間無制限1本勝負。
小学生クラス対抗30人31脚全国大会 第2回戦
1回戦を勝ち抜いた12チームが準々決勝進出(代々木王手枠)を目指し激突。
イルカが海に帰る日 直前祭
ジャニーズJr.とみんなで作ろう!夢ザウルス 製作開始
内村桃子の天気予報(6)
『ニュースステーション』のセットをバックに天気予報[20]
小学生クラス対抗30人31脚全国大会 準決勝
6校中3校が決勝進出。
イルカが海に帰る日 〜ユキよ、自由の海の泳げ〜
座間味村の特設ステージから生放送。ゲスト:三好博之&ジャック・マイヨール。
宮本和知のサンデースポーツ
宮本和知がスポーツキャスターに初挑戦。
サンデースポーツPresents 新たなる出発!宮本和知引退記念試合in東京ドーム
北野武率いる芸能界選抜「たけし軍27」と宮本和知率いる巨人軍選抜「M.s Bravo!」の真剣勝負。
ニュースチャレンジステーション(3)
高井正憲・雛形あきこキャスター。
久米宏&笑福亭鶴瓶のチャレンジ京都2人旅
30人31脚ワールドカップ
「30人31脚・世界戦」のエキシビジョンマッチ香港バンコクシドニーの3都市を衛星回線で結ぶ初代・世界一決定戦。香港は香港スタジアム、バンコクはアユタヤスタジアム(en:Ayutthaya Stadium)そしてシドニーはダドリーページパークから三元衛星生中継。
内村桃子の天気予報(7)
六本木で最後の天気予報は、画面下に各地の天気を表示しながらの天気コーナー。
MUSIC POWER CHALLENGE LIVE
内村桃子の天気予報(8)
代々木で2回目の天気予報は、夢ザウルスと子供達をバックに。
幸運のサポーター
土曜日版は3試合制2勝先勝で争ったが、今回の日曜日版は5試合制3勝先勝に変更。
内村桃子・最後の天気予報
ニュースチャレンジステーションファイナル
  • 雛形あきこ&高井正憲ペアの97年版ニュースコーナー。
夢ザウルス 途中経過
午後5時頃の中継では下平さやかが復帰。
鉄棒ぶら下がり耐久レース 途中経過
代々木から続々と応援団が登場。
小学生クラス対抗30人31脚全国大会 決勝戦&表彰式
ジャニーズJr.とみんなで作ろう!夢ザウルス 遂に完成!
角澤照治と対戦。
夢ザウルスをバックにスーパーグランドフィナーレ
Every Little Thing が、もう一つの番組テーマソング「Never stop!」を歌唱。

チャレンジソング[編集]

全国約1万人のアンケートからランク付けした。

チャレンジソング順位
1996年 1997年 曲名 歌手名
1 4 がんばりましょう SMAP
2 1 ガッツだぜ!! ウルフルズ
3 2 TOMORROW 岡本真夜
4 3 負けないで ZARD
5 7 どんなときも。 槇原敬之
6 17 上を向いて歩こう 坂本九
7 9 愛は勝つ KAN
8 27 元気を出して 竹内まりや
9 71 田園 玉置浩二
10 76 Runner 爆風スランプ
11 93 My Revolution 渡辺美里
12 - Don't wanna cry 安室奈美恵
13 29 LOVE LOVE LOVE DREAMS COME TRUE
14 11 三百六十五歩のマーチ 水前寺清子
15 22 それが大事 大事MANブラザーズバンド
16 33 GONNA FLY NOW-ロッキーのテーマ-(en:Gonna Fly Now ビル・コンティ[21]
17 13 川の流れのように 美空ひばり
18 25 夢をあきらめないで 岡村孝子
19 19 昴-すばる- 谷村新司
20 - 旅人よ 〜The Longest Journey 爆風スランプ
21 58 YAH YAH YAH CHAGE&ASKA
22 37 ff (フォルティシモ) HOUND DOG
23 - ら・ら・ら 大黒摩季
24 35 バンザイ 〜好きでよかった〜 ウルフルズ
25 - 花 -Mémento-Mori- Mr.Children
26 82 マイ・ウェイ フランク・シナトラ
27 75 晴れたらいいね DREAMS COME TRUE
28 34 I'm proud 華原朋美
29 - Chase the Chance 安室奈美恵
30 45 チェリー スピッツ
31 89 人生いろいろ 島倉千代子
32 - 風になりたい THE BOOM
33 30 YOUNG MAN (Y.M.C.A.) 西城秀樹
34 65 乾杯 長渕剛
35 73 innocent world Mr.Children
36 42 いい日旅立ち 山口百恵
37 60 決戦は金曜日 DREAMS COME TRUE
38 - WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント H Jungle with t
39 - 時代 中島みゆき
40 - You're my sunshine 安室奈美恵
41 88 浪漫飛行 米米CLUB
42 62 翼をください 赤い鳥
43 - ララ サンシャイン 森高千里
44 - いつでも夢を 橋幸夫
45 - ファイト! 中島みゆき
46 50 リンダリンダ THE BLUE HEARTS
47 - 美空ひばり
48 51 空も飛べるはず スピッツ
49 55 青い山脈 藤山一郎
50 92 熱くなれ 大黒摩季
51 86 贈る言葉 海援隊
52 - 俺たちに明日はある SMAP
53 - HELLO 福山雅治
54 - 青春時代 森田公一とトップギャラン
55 61 名もなき詩 Mr.Children
56 63 うれしい!たのしい!大好き! DREAMS COME TRUE
57 69 チャンピオン アリス
58 - Hello, Again 〜昔からある場所〜 MY LITTLE LOVER
59 - 見上げてごらん夜の星を 坂本九
60 100 君がいるだけで 米米CLUB
61 - アジアの純真 PUFFY
62 80 そばかす JUDY AND MARY
63 - TRUE LOVE 藤井フミヤ
64 - リンゴの唄 並木路子
65 - 王将 村田英雄
66 98 ロビンソン スピッツ
67 - SAY YES CHAGE&ASKA
68 - 気分爽快 森高千里
69 53 愛燦燦 美空ひばり
70 - I BELIEVE 華原朋美
71 - 空を見なよ シャ乱Q
72 - 時の流れに身をまかせ テレサ・テン
73 66 サンキュ. DREAMS COME TRUE
74 - 勇気100% 光GENJI
75 - シーソーゲーム 〜勇敢な恋の歌〜 Mr.Children
76 - ANNIVERSARY〜無限にCALLING YOU 松任谷由実
77 - 涙くんさよなら (作詞・作曲:浜口庫之助
78 - Diamonds プリンセス・プリンセス
79 - 君といつまでも 加山雄三
80 - TRY ME 〜私を信じて〜 安室奈美恵withSUPER MONKEY'S
81 - en:HERO マライア・キャリー
82 91 いとしのエリー サザンオールスターズ
83 47 グロリアス GLAY
84 - PRIDE CHAGE&ASUKA
85 - SOMEDAY 佐野元春
86 - 春一番 キャンディーズ
87 - LOVE PHANTOM B'z
88 39 LET IT BE ビートルズ
89 - いいわけ シャ乱Q
90 - TOP OF THE WORLD カーペンターズ
91 - LA・LA・LA LOVE SONG 久保田利伸
92 21 Tomorrow never knows Mr.Children
93 - FOREVER 岡本真夜
94 - DEPARTURES globe
95 - いっぽんどっこの唄 水前寺清子
96 - BOY MEETS GIRL trf
97 - BREAK OUT! 相川七瀬
98 - オリジナル スマイル SMAP
99 - 卒業 尾崎豊
100 97 PIECE OF MY WISH 今井美樹
- 5 HOWEVER GLAY
- 6 WAになっておどろう V6
- 8 CAN YOU CELEBRATE? 安室奈美恵
- 10 硝子の少年 KinKi Kids
- 12 セロリ SMAP
- 14 PRIDE 今井美樹
- 15 ゲンキダシテ 大黒摩季
- 16 BELOVED GLAY
- 18 たのしくたのしくやさしくね 華原朋美
- 20 ひだまりの詩 Le Couple
- 23 BEAT 河村隆一
- 24 やさしい気持ち CHARA
- 26 愛なんだ V6
- 28 Wake Me Up! SPEED
- 31 HIGH PRESSURE T.M.Revolution
- 32 出逢った頃のように Every Little Thing
- 36 抱きしめたい Mr.Children
- 38 永遠 ZARD
- 40 Forever 反町隆史
- 41 口唇 GLAY
- 43 パワーソング シャ乱Q
- 44 SHAKE SMAP
- 46 LOVE IS ALL MUSIC 華原朋美
- 48 STEADY SPEED
- 49 ダイナマイト SMAP
- 52 本気がいっぱい V6
- 54 生きてく強さ GLAY
- 56 大丈夫 古内東子
- 57 Melty Love SHAZNA
- 59 HELP! ビートルズ
- 64 BURN THE YELLOW MONKEY
- 67 高校三年生 舟木一夫
- 68 Over Drive JUDY AND MARY
- 70 JAM THE YELLOW MONKEY
- 72 これが私の生きる道 PUFFY
- 74 GENERATION GAP V6
- 77 上・京・物・語 シャ乱Q
- 78 Shapes Of Love Every Little Thing
- 79 神田川 かぐや姫
- 81 渚にまつわるエトセトラ PUFFY
- 83 Give me a Shake MAX
- 84 I LOVE YOU 尾崎豊
- 85 Calling B'z
- 87 今宵の月のように エレファントカシマシ
- 90 Hate tell a lie 華原朋美
- 94 かわいいひと ウルフルズ
- 95 Alone 岡本真夜
- 96 Peace! SMAP
- 99 六甲おろし 阪神タイガース球団歌

スタッフ[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ テレビ朝日としては、1987年夏に『カリブソン』というテレソン番組を制作・放送しているが、ニュース以外の別番組(レギュラー番組など)中断も挟むなど連続した番組ではなかった。
  2. ^ 番組のオープニングでは、ネットワークシンボルマークが発表された。
  3. ^ クロスネット局の福井放送日本テレビ系にも加盟)とテレビ宮崎(日本テレビ系・フジテレビ系にも加盟)では未放送。
  4. ^ ただし番宣時では『今年もやります!ぶちぬき27時間!! 熱血チャレンジ宣言'97』という呼称で、番組タイトルロゴも放送時とは異なっていた。
  5. ^ 「今再び蘇る」の部分はカムバックと叫んでいた。
  6. ^ 記録が伸びなかったため、ヒロミだけに2度目の挑戦権が与えられ、「ナンチャンプレス」途中まで記録を伸ばした。
  7. ^ たけしは裏番組と被らない時間帯に出演。
  8. ^ いっ平は当時2代目三平には襲名しておらず、裏番組に出演する以前である。
  9. ^ 福嶋は、裏のゴルフトーナメントと重複出演となった。
  10. ^ 伊東勤が番組終盤で59秒で攻略し、100万円を獲得した。
  11. ^ 1996年は『サタデージャングル』の代替、1997年は『ザ・スクープ』の代替
  12. ^ ANNニュースフレッシュ』の代替
  13. ^ お昼のANNニュース』の代替
  14. ^ 1996年は『ステーションEYE』の代替、1997年は『ANNスーパーJチャンネル』の代替
  15. ^ この回のみ坪井直樹の合図でスタート。
  16. ^ このコーナーでインフォメーション担当の坪井直樹アナは最後。
  17. ^ 前回は1戦ずつ予想していたが今回は試合開始前に勝利予想する形を取った。
  18. ^ 宮本は丸山のマイクを借りる形で喋った。
  19. ^ 当時の『スーパーJチャンネル』天気コーナーのキャラクター。途中からは源さんの娘である「なたねちゃん」も登場した。
  20. ^ ウッチャンがフライングしてしまう。
  21. ^ 番組内ではアーティスト名の表記なし。

関連項目[編集]

テレビ朝日の長時間特別編成番組

各局の超大型特別番組[編集]