上田佳範

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上田 佳範
横浜DeNAベイスターズ コーチ #75
Ueda yoshinori.jpg
中日コーチ時代(2012年8月28日、こまちスタジアムにて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 長野県松本市
生年月日 (1973-11-18) 1973年11月18日(44歳)
身長
体重
188 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 1991年 ドラフト1位
初出場 1995年4月1日
最終出場 2008年9月27日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
コーチ歴

上田 佳範(うえだ よしのり、1973年11月18日 - )は、長野県松本市出身の元プロ野球選手外野手)。

現役時代は、(北海道)日本ハムファイターズおよび中日ドラゴンズでプレー。日本ハムへの入団1年目までは投手だったが、2年目の1993年から外野手へ転向。

2008年に中日で現役を引退した後も、2015年まで同球団でコーチを歴任。2016年からは、横浜DeNAベイスターズの一軍外野守備走塁コーチを務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

松商学園高校時代はエース投手として甲子園に2度(1991年第63回選抜大会第73回全国選手権大会)出場。前者は準優勝、同学年である愛工大名電高校鈴木一朗を無安打に抑えた。天理高校大阪桐蔭高校国士舘高校と2回戦〜準決勝まで3連続完封勝利を挙げ、35イニング連続無失点と抜群の安定感を見せる。後者はベスト8まで進んだが、対四日市工業高校戦において延長16回に死球を受け、サヨナラゲームで勝利を掴んでいる(相手投手は井手元健一朗)。

国民体育大会で優勝経験がある。打撃力もありハワイ選抜では4番に座った。その後、1991年のプロ野球ドラフト会議日本ハムファイターズから1位指名を受けた。[1]

日本ハム時代[編集]

地元・長野の二軍戦にて初勝利を挙げるが一軍登板はなく、肩の故障をきっかけに1993年より外野手へ転向。1995年に初めて一軍に昇格し、106試合に出場、49安打を記録した。投手出身ゆえの強肩と好守が持ち味で、1997年には移籍してきた落合博満の指導を受けた甲斐もあり、規定打席にも到達し打率3割をマークしたが、その後は不振とケガで伸び悩んだ。

2005年シーズンオフに日本ハムから戦力外通告を受け、12球団合同トライアウトに参加した。その後、かつて日本ハムで共にプレーした落合博満が監督を務める中日ドラゴンズの秋季キャンプでテストを受け、同年11月11日に合格した。

中日時代[編集]

中日移籍後は、2006年の序盤こそ先発出場が多かったものの、以降は一軍と二軍を行ったり来たりとなり、2007年2008年は二軍暮らしが主となった。

2006年10月10日、対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム[2]で通算1000試合出場、同月12日の対阪神タイガース戦(阪神甲子園球場)に開催された日本ハム時代の同期入団で同僚・片岡篤史引退試合で先発出場を果たし、試合後の胴上げに参加した。2007年のアジアシリーズ決勝戦では、9回に左翼手として守備に就きウイニングボールを掴んだが、同年シーズンは終盤まで一軍昇格できず、昇格後の出番も怪我で離脱した英智の代役としての守備固めが多かった。

中日選手時代の上田
(2008年6月26日 阪神鳴尾浜球場にて)

2008年は二軍暮らしが続き、二軍でも代打での出場が多かった。9月26日に引退を表明、翌9月27日に一軍に昇格し、引退試合となったその日の対横浜ベイスターズ戦に6番・右翼手で先発出場。1回裏に回ってきた最終打席はマイク・ウッドの投じた初球を叩き投手ゴロに終わったが、スタンドからは上田コールが起こった。11月28日任意引退公示。

引退後[編集]

引退後も2015年まで、コーチとして中日に残留。2008年には、シーズン終了直後のフェニックスリーグで一塁ベースコーチを務めると、10月28日に二軍外野守備走塁コーチへ就任することが球団から正式に発表された。

2010年には、二軍打撃コーチを兼任するとともに、三塁ベースコーチを務めていた。

2011年には、シーズン序盤から途中まで一軍を担当。一塁ベースコーチを務めていたが、8月16日に、石嶺和彦打撃コーチと入れ替わる格好で二軍担当に回った。

2012年のシーズン序盤は、二軍で外野守備走塁コーチを務めていた。5月19日に、役職を平野謙と入れ替える格好で一軍へ復帰。復帰直後は平野から一塁ベースコーチを引き継いでいたが、同月27日の福岡ソフトバンクホークスとの試合中に、三塁ベースコーチの渡邉博幸と交代。後に平野が一軍へ復帰してからも、そのまま三塁ベースコーチを務めた。

2013年からは、一軍外野守備走塁コーチとして、三塁ベースコーチを正式に担当。2014年から2年契約を結んでいたが、契約期間の満了を機に、2015年10月13日付で中日を退団した[3]

2015年10月22日に、横浜DeNAベイスターズが、コーチとして上田と契約したことを発表した[4]。同球団では、2016年度から一軍外野守備走塁コーチを務める[5]

選手としての特徴・人物[編集]

走攻守3拍子揃った選手で、日本ハムで外野手へ転向してからは、スタメン以外にも代打代走守備固めなどで幅広く重用された。

星稜高校の選手として松商学園時代の上田と対戦した松井秀喜は、メジャーリーガーとなった後の2007年に当時を振り返り、著書で「野球人生で初めて壁を感じて大きな影響を受けたのがこの上田さんとの対戦だった」と述べ、苦戦した経験を記している(1990年秋の北信越大会と3年時の第73回選手権大会で対戦している)。[6]また、リトルリーグ時代に、全国大会で後にチームメイトとなった小笠原道大の所属するチームと対戦した。

漫画家矢沢あいは、高校時代の上田に影響されて『うすべにの嵐』と続編の『空を仰ぐ花』を描いた。単行本に掲載されている矢沢本人の手書きメッセージ欄にも「松商学園の上田君に女学生のようにときめいてしまった」「ドラフトで上田君が日ハムに入団することが決まったとき、『今日から日ハムのファンになる!』と決めたが、ファンらしいことは何もしていない」と書いている。

自身と同じ松本市出身の柳沢裕一とは、松本シニア・松商学園のチームメイト。プロ入り後は2006年のみ、中日に一緒に在籍していた。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1995 日本ハム 106 236 217 27 49 10 0 4 71 16 3 3 3 1 13 0 2 69 5 .226 .275 .327 .602
1996 126 376 319 34 64 9 1 7 96 35 8 3 15 2 35 2 5 71 5 .201 .288 .301 .589
1997 130 424 360 41 108 23 0 6 149 39 7 2 8 4 48 2 3 83 9 .300 .383 .414 .797
1998 120 288 248 32 60 17 1 2 85 15 4 2 4 2 32 1 2 58 7 .242 .331 .343 .674
1999 109 146 134 10 30 9 1 2 47 6 5 0 3 0 9 0 0 39 3 .224 .273 .351 .623
2000 103 213 187 22 45 11 1 6 76 29 4 0 2 2 19 0 3 31 3 .241 .318 .406 .724
2001 77 172 155 13 34 3 1 6 57 17 2 0 2 0 13 0 2 35 4 .219 .288 .368 .656
2002 25 31 28 2 1 0 0 0 1 0 0 0 1 0 2 0 0 8 1 .036 .100 .036 .136
2003 81 203 177 21 44 9 0 4 65 17 2 3 2 0 22 1 2 50 4 .249 .338 .367 .706
2004 56 124 112 14 26 3 0 0 29 8 1 1 1 0 9 1 2 26 4 .232 .301 .259 .560
2005 11 14 12 0 1 0 0 0 1 1 0 0 1 0 1 0 0 3 0 .083 .154 .083 .237
2006 中日 59 89 81 8 18 6 0 0 24 8 0 0 2 1 3 0 2 16 1 .222 .264 .296 .561
2007 23 32 27 2 6 0 1 0 8 1 0 0 1 0 2 0 2 5 0 .222 .323 .296 .619
2008 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
NPB:14年 1027 2349 2058 226 486 100 6 37 709 192 36 14 45 12 208 7 25 494 46 .236 .312 .345 .657

年度別守備成績[編集]


外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
1995 101 120 12 3 4 .978
1996 121 203 9 1 1 .995
1997 128 223 8 0 2 1.000
1998 114 147 6 5 1 .968
1999 85 77 2 1 0 .988
2000 81 91 1 1 1 .989
2001 61 52 5 0 2 1.000
2002 19 18 1 1 0 .950
2003 52 78 1 1 1 .988
2004 40 48 1 0 0 1.000
2005 3 2 0 0 0 1.000
2006 38 36 1 2 0 .949
2007 15 16 0 0 0 1.000
通算 858 1111 47 15 12 .987

記録[編集]

初記録
節目の記録

背番号[編集]

  • 12 (1992年)
  • 44 (1993年 - 2005年)
  • 35 (2006年 - 2008年)
  • 87 (2009年 - 2015年)
  • 75 (2016年 - )

関連情報[編集]

CM出演[編集]

脚注[編集]

  1. ^ オリックス・ブルーウェーブに指名された田口壮の「外れ1位」。
  2. ^ 中日が2年ぶりのリーグ優勝を決定した試合。
  3. ^ 中日 達川コーチ退団 “ポスト・谷繁”育成できず「責任感じた」(『スポーツニッポン』2015年10月13日付記事)
  4. ^ 2016年度 コーチ契約について(横浜DeNAベイスターズ公式サイト2015年10月22日付ニュース)
  5. ^ 2016年度 横浜DeNAベイスターズコーチングスタッフ決定(横浜DeNAベイスターズ公式サイト2015年10月30日付ニュース)
  6. ^ 日本経済新聞』2007年9月17日付記事

関連項目[編集]

外部リンク[編集]