CHARA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
CHARA (Chara)
Chara-live-countdownjapan2011.jpg
基本情報
出生 1968年1月13日(46歳)
出身地 日本の旗 日本埼玉県川口市
ジャンル J-POPオルタナティブ・ロック
職業 シンガーソングライター女優
担当楽器 ボーカルギターピアノ
活動期間 1991年 -
レーベル エピックレコードジャパン(1991年 - 2003年)
ユニバーサルミュージック(2006年 - 2011年)
BounDEE by SSNW (2011年 - 2012年)
キューンレコード (2012年 - )
共同作業者 Chara+YUKIChara with THE 99 1/2
公式サイト CHARA Official site

ダイアナ・ロスプリンス

CHARACharaとも表記。ちゃら、1968年1月13日 – )は、日本ミュージシャン女優。本名非公開。

埼玉県川口市出身。キューンレコード所属。

来歴[編集]

デビューまで[編集]

父、母、妹の4人家族の長女として育つ。4歳からピアノを始め[1]、小学校の頃から作曲を始める。9歳の時にCHARAというニックネームがつく(由来は人物の項参照)。

中学時代に『アメリカン・グラフィティ』や『Ain't No Mountain High Enough』を歌うダイアナ・ロスなどに影響される[2]。高校入学後、『アメリカン・グラフィティ』に登場するローラースケート姿のウェイトレスへの憧れから、ローラースケートを始める[3]。高校卒業後、ピアノ調律専門学校に入学するが、持っていたイメージとの相違が原因で1年で退学[4]

その後キーボード担当としてバンドに参加。20歳の時に自作の歌を歌うためにボーカルに転身、新宿RUIDOで初ステージを踏み[5]、ローラースケートスタイルのウェイトレスのバイトをしながらライブ活動を続ける[6]

デビュー[編集]

デモテープがきっかけとなり、1991年9月シングル「Heaven」でエピックソニー(現・エピックレコードジャパン)よりデビュー[7]1992年、セカンドアルバム『SOUL KISS』で第34回日本レコード大賞ポップス・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞[8]1993年サントリーリザーブのシリーズCM「リザーブ友の会」、資生堂「PJラピス」のCMに出演。また、ファンクラブ「チャラクラ」もこの年に発足した[9]

1994年の春、岩井俊二監督の映画『PiCNiC』で共演した俳優浅野忠信と出会い、交際を始める。同年、日本武道館でのライブを2日後に控えた11月9日に妊娠が判明[10]1995年3月31日に入籍。婚姻届提出の後に渋谷の路上で指輪を交換したという[11]。同年に長女SUMIREを出産。以後、ベビーシッターを利用するなどして育児と芸能活動を両立していくこととなる[12]

1996年、同監督の映画『スワロウテイル』に主演。劇中に登場するバンド「YEN TOWN BAND」名義でのシングル「Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜」は初のオリコンシングルチャート1位を獲得。また、同作で日本アカデミー賞優秀主演女優賞を受賞。1997年、アルバム『Junior Sweet』がオリコン初登場1位を獲得し、ミリオンセラーを記録。同年11月には土屋公平のプロジェクトによる「CHARA with THE 99 1/2」名義でシングルを発表。

1999年YUKIと「CHARA+YUKI」を結成、シングルを発表。同年、長男を出産。2001年、「Mean Machine」にドラムとして参加し、シングル2枚とアルバム1枚を発表。

インディーズ活動期[編集]

2003年以降、エピックとの契約終了後はレコード会社には所属せず、インディーズでの活動となる。2005年にアルバム『something blue』を2000枚限定で発売したほか、ファンクラブ会員限定ライブ「チャラクラパーティー」を複数回開催。また、新居昭乃とのユニット、「cold sugar」(あきのちゃら)や「a quiet alertness」名義でのライブ活動も行う。

メジャー復帰[編集]

2006年よりユニバーサル・ミュージックに移籍し、メジャーでの音楽活動を再開。2007年2月、約4年ぶりのメジャーでのオリジナルアルバム『UNION』を発表、全国ツアーも開催した。

2008年2月、夫の浅野が主演を務めた映画「モンゴル」が第80回アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされ、授賞式が行われるロサンゼルスにて夫婦揃って会見を行い話題となった。同年4月より、音楽番組音楽ば〜か』のMCを担当。同年9月、映画『蛇にピアス』で映画の主題歌を担当、原作者の金原ひとみと主題歌「きえる」の詞を共作した[13]

離婚、現在[編集]

2009年7月24日苗場スキー場にて開催のフジロックフェスティバルに出演(夫の浅野も別のステージでDJとして出演予定だったが雨天のため中止)[14]。翌25日、公式HPにて浅野と協議離婚したことを連名で発表[15]、14年余りの結婚生活にピリオドを打った。離婚届は代理人によって25日午前0時過ぎに都内の区役所に提出された[16]。浅野は仕事の都合で年間最高7割ほど家を空ける年もあったこと、数ヶ月前から急に離婚に向けての話し合いが進展し別居を経て離婚に至ったこと、長女長男共にCHARAが親権を持つこと、慰謝料は無いことなどを浅野の所属事務所が明かした[17][18]

音楽性[編集]

ウィスパーボイスストロングボイスといった発声法を用いている[19]。また、2007年のNHKホールでのコンサートで自身の声が年月と共に変化していることに触れ、「声って成長する」と語った[20]

作詞においては、「うつす」などの同訓異字平仮名で歌詞に取り入れることで、複数の意味(ダブルミーニング)を持たせる手法を用いる[21]。作詞前の曲をハナモゲラ語で歌い歌詞をつけていく方法も取る事があるという[19]

10代の頃に最も影響を受けたミュージシャンはプリンスであり、現在も共作を望んでいると語っている[22]

人物[編集]

  • CHARAというニックネームがついた9歳の頃の自分が「インナーチャイルド」として内に存在していて、そのおかげで音楽活動や愛する人達との生活ができると語っている[23]。また、CHARA自身を楽しませることのできるインナーチャイルドを「happy toyちゃん」(2007年)[24]、自分の中に存在する陽の部分を「キャロルちゃん」、陰の要素を持った女の子を「リリコちゃん」(2009年)と呼んでいる。キャロルとリリコは背中合わせで存在する同一人物で、顔がキャロルで心がリリコの時もあるとのこと。陰と陽のバランスを取ることが大事であると語っている[25]
  • ニックネームの由来は、当時発売された粗挽きソーセージの「あらびき」とcharaの旧姓の語感が似ていたために「粗挽き」と呼ばれるようになったことが始まりで、「チャラびき」に変化した後、学校の先生に「チャラ」と呼ばれそれが定着し今日に至っている[26]
  • 東京都渋谷区にあるセレクトショップdual」で取り扱っているアリス・マッコール (Alice McCALL) の製品がお気に入りで、その中でもワンピースが大好きであると語っている[27]
  • 背中に青い鳥、うなじにスミレの花の入れ墨を施している。青い鳥の入れ墨は、幼い頃から好きだった童話の青い鳥を基に、幸せや愛の象徴として彫ったとのこと[28]

他名義・参加ユニット[編集]

  • YEN TOWN BAND:1996年。主演映画「スワロウテイル」の劇中に登場するバンド。ボーカル担当。
  • CHARA with THE 99 1/2 :1996年。ボーカル担当。
  • CHARA+YUKI :1999年。「ちゃらゆき」と読む。YUKIとのユニット。ボーカル・作詞・作曲(共作)担当。
  • Mean Machine :2001年。ドラム担当。
  • Cold sugar :2005年〜。新居昭乃とのユニット。「あきのちゃら」から2006年に名称を変更。
  • a quiet alertness :2005年。
  • m-flo loves Chara :2007年。m-floとのユニット。『Love to Live By』

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

CHARA・Chara名義[編集]

分類 タイトル 発売日 備考
01 オリジナル Sweet
1991年11月1日 全10曲。
02 オリジナル SOUL KISS
1992年9月1日 全11曲。
03 オリジナル Violet Blue
1993年9月9日 全10曲。
04 オリジナル Happy Toy
1994年10月10日 全10曲。
05 ベスト CHARA THE BEST BABY BABY BABY xxx
1995年10月10日 全14曲。
06 オリジナル Junior Sweet
1997年9月21日 大沢伸一のプロデュース。アートディレクターは平野文子
ミリオンセラーを記録。初回盤のみスリーブ仕様。全12曲。
07 オリジナル Strange Fruits
1999年3月17日 初回限定盤はスリーブケース+カラーケース仕様。全11曲。
08 ライブ LIVE 97-99 MOOD
2000年3月8日 初回限定盤は紙ジャケット仕様。二枚組みのライブアルバム。全19曲。CD-EXTRA仕様で、様々な特典映像をパソコンで再生可能。
09 ベスト Caramel Milk-The Best of Chara-
2000年11月1日 初回限定盤は三方背ボックス仕様。YEN TOWN BAND名義の曲も収録。全14曲。
10 オリジナル マドリガル
2001年7月18日 初回限定盤はカラーケース仕様。ジャケットのイラストはエドツワキ。全13曲。
11 オリジナル 夜明けまえ
2003年3月19日 全12曲。
12 カバー A Scenery Like Me
2004年2月18日 初回限定盤は紙ジャケット仕様。初期のナンバーを中心にしたセルフカバー曲と新曲を収録。全10曲。
13 オリジナル something blue
2005年 インディーズ盤。セルフプロデュースで、録音は自宅で行われた。
ウェブサイト、ライブ会場でのみ2000枚限定生産(完売)で発売。全8曲。収録曲の内、数曲はiTunesでも配信されている。
14 オリジナル UNION
2007年2月28日 ユニバーサルシグマ・A&Mレコード移籍後初のアルバム。
「虹をわたる平和がきた」はシネカノン配給映画「フリージア」主題歌。
アートディレクターは平野文子。初回限定盤は3曲PV収録のDVD付き。全10曲。
15 ベスト Sugar Hunter〜THE BEST LOVE SONGS OF CHARA〜
2007年9月5日 初回生産限定盤は18曲PV収録のDVD付き。DISC1に13曲、DIS2に12曲の全25曲。
16 オリジナル honey
2008年6月25日 「青いかけら」はNHK教育制作テレビアニメ「テレパシー少女 蘭」オープニング・テーマ。
「call me」は日本テレビ系「NEWS ZERO」テーマ・ソング。
初回限定盤は「Cherry Cherry」「ボクのことを知って」「TROPHY」「ラブラドール」のMusic Videoを収録したDVD付。全13曲。
17 オリジナルミニ Kiss
2008年9月24日 「Tomorrow」はアステラス製薬 企業CMソング。
「きえる」は映画「蛇にピアス」主題歌。「kiss」と「きえる」は同曲異詞の楽曲。全5曲。
18 オリジナル CAROL
2009年12月9日 「I miss you」はオルビス「アクアフォース エキストラローション」CMソング。
初回限定盤はオフショット映像+インタビューを収録したDVD付。全12曲。英語詞のサポート以外全てが自作曲。
19 ベスト Very Special
2011年1月26日 未発表音源として新曲1曲+2010年9月に行われたBillboard Live Tokyoでのライブ音源2曲を収録。
初回限定盤はユニバーサルミュージック移籍後の楽曲のPVを収録したDVD付。全18曲。
20 オリジナル Dark Candy
2011年4月13日 初回限定盤はDVD付。
「Toy Soldier」は関西テレビ・フジテレビ系「グータンヌーボ」エンディング・テーマ。
本作は3月30日に発売予定であったが、東日本大震災の影響で4月13日に変更となった。
21 オリジナルミニ うたかた
2011年11月2日
22 オリジナル Cocoon
2012年11月30日 キューンレコード移籍後初のアルバム。
初回限定盤は「蝶々結び」のPVとメイキング映像DVD付。
23 ライブ MTV Unplugged Chara
2013年2月27日 DVD版、Blu-ray版も同時発売。
24 セルフ・カバー JEWEL
2013年11月13日

CHARA・Chara名義 (アナログ盤)[編集]

分類 タイトル 発売日 備考
01 オリジナル Junior Sweet
1997年10月22日 CD版と同内容。A面に1 - 6曲目、B面に7 - 12曲目を収録。全12曲。
02 ライブ LIVE 97-99 MOOD
2000年3月8日 CD版と同内容。
Disc 1:A面に1 - 5曲目、B面に6 - 10曲目を収録。Disc 2:A面に1 - 5曲目、B面に6 - 9曲目を収録。2枚組で、全19曲。
CD版と同時発売。ジャケットはCD版とは異なり、CDパッケージ内部に使われていたイラストがジャケットとなっている。
03 オリジナル マドリガル
2001年7月27日 CD版より曲数は少なく、CD版には未収録の楽曲2曲が含まれている。全9曲。
CD版未収録曲「LULU」はシングル『ボクにうつして』、「あいしたいの」はシングル『スカート』に、それぞれカップリング曲として収録された。
ジャケットはCD版と異なり、題字がエンボス加工されているだけの白いジャケットである。

他名義・参加ユニット[編集]

バンド名 タイトル 発売日 備考
01 YEN TOWN BAND MONTAGE
1996年9月16日 初回限定盤は三方背ボックス仕様。全8曲。
02 Mean Machine CREAM
2001年11月14日 全14曲。

シングル[編集]

CHARA・Chara名義[編集]

タイトル 曲目 発売日 備考
01 Heaven
1.Heaven
2.X'mas
1991年9月21日
02 Sweet
1.Sweet
2.うそつくのに慣れないで
1992年1月22日
03 No Toy(Re-mix)
1.No Toy(Peter Lorimer Re-mix)
2.Rainbow Gossip(Collage into Montage)
3.No Toy(Extended Mix)
1992年4月22日 全てオリジナルアルバムとは別バージョン。3曲目は1曲目のロングバージョン。
04 大きな地震がきたって
1.大きな地震がきたって
2.No Promise
1992年7月1日
05 愛の自爆装置
1.愛の自爆装置
2.愛のかたち
1992年11月1日 コーラスをローリー寺西が担当。
06 無人島に私をもっていって・・・
1.無人島に私をもっていって・・・
2.・・・してちょうだい
1993年3月21日
07 シャーロットの贈り物
1.シャーロットの贈り物
2.PRIVATE BEACH
1993年5月21日
08 恋をした
1.恋をした
2.Ice Cream
1993年9月9日
09 Gifted Child
1.Gifted Child
2.青い鳥
1993年11月21日
10 罪深く愛してよ
1.罪深く愛してよ
2.ま ば た き
1994年5月1日
11 あたしなんで抱きしめたいんだろう?
1.あたしなんで抱きしめたいんだろう?
2.右手を私の右手の上に重ねて (Re-mix)
1994年9月7日 表題曲はトヨタ自動車「スターレット・ジーンズ」CMソング
12 Tiny Tiny Tiny
1.Tiny Tiny Tiny
2.のうみそGoodハッピー
1995年7月21日
13 THE SINGLES RE-MIXED
1.シャーロットの贈り物 (IN THE MIX)
2.あれはね (IN THE MIX)
3.愛の自爆装置 (IN THE MIX)
1995年9月21日 3曲のリミックスバージョン。
14 やさしい気持ち
1.やさしい気持ち
2.Junior Sweet
1997年4月23日 両曲共に資生堂「ティセラJ」CMソング
15 タイムマシーン
1.タイムマシーン
2.私はかわいい人といわれたい (MURPHY'S JAZZ LOUNGE MIX)
1997年7月21日
16 ミルク
1.ミルク
2.ミルク(Acoustic Version)
1997年11月6日
17 DUCA
1.DUCA
2.DUCA (Acoustic Version)
1998年7月18日 初回生産分のみメタルペーパー仕様。
18 光と私
1.光と私
2.タイムマシーン (Acoustic Version)
1998年10月21日
19 70%—夕暮れのうた
1.70%—夕暮れのうた
2.小さな手のひら(1998.10.22)
1999年2月17日 2はNHKホールでのライブ音源
20 月と甘い涙
1.月と甘い涙
2.KANA (Acoustic Version)
3.月と甘い涙 (Instrumental Version)
2000年8月23日 1はよみうりテレビ制作・日本テレビ系連続ドラマ『リミット もしもわが子が…』主題歌
21 大切をきずくもの
1.大切をきずくもの
2.月と甘い涙 (Remix Version)
3.大切をきずくもの (Instrumental Version)
2000年10月12日 1はキリンビバレッジ「午後の紅茶」CMソング。ジャケットイラストとPV監督を当時夫であった浅野が担当[29]
22 レモンキャンディ
1.レモンキャンディ
2.悲しみと美
2001年4月25日
23 スカート
1.スカート
2.あいしたいの
2001年7月4日 1は大塚製薬「ポカリスエット」CMソング
24 ボクにうつして
1.ボクにうつして
2.LULU
3.イエローバルーン
2001年10月11日 3はCX系アニメ「パラッパラッパー」エンディング・テーマ
25 初恋
1.初恋
2.心の水
3.ボクのスター
2002年10月9日 2は日立ホーム&ライフソリューション「クリーンボール」「白くまくん」
3は同「白い約束」「新鮮生活」CMソング
26 みえるわ
1.みえるわ
2.sunlight
2003年2月8日
27 世界
1.世界
2.甘い鳥
3.あなた
2006年9月13日 1は日本電気「FOMA N702iS」CMソング。
3は小坂明子のカバー。
28 Crazy for you
1.Crazy for you
2.恋はみずいろ
2006年11月15日 2はヴィッキーのカバー。
29 FANTASY
1.FANTASY
2.YES-NO
3.FANTASY (Instrumental)
2007年1月17日 1はカネボウ化粧品「T’ESTIMO」CMソング。
2はオフコースのカバー。
30 Cherry Cherry
1.Cherry Cherry
2.ぼくのともだち
3.そして僕は途方に暮れる
4.Cherry Cherry (Instrumental)
2007年8月29日 1はベネッセコーポレーション「こどもちゃれんじ」CMソング
2はワイズポリシー配給映画「チャーリーとパパの飛行機」イメージ・ソング
3は大沢誉志幸のカバー
31 ボクのことを知って
1.ボクのことを知って
2.X'mas Spirit!
3.きよしこのよる
2007年11月14日 3は賛美歌のカバー。
初回限定盤は「X'mas Spirit!」のPVを収録したDVD付。
32 TROPHY
1.TROPHY
2.星のラブレター
3.TROPHY (Instrumental)
2008年1月16日 1はトヨタ自動車「bB」CMソング
2はTHE BOOMのカバー
33 breaking hearts
1.breaking hearts
2.守ってあげたい
3.breaking hearts (Instrumental)
2009年7月29日 2は松任谷由実のカバー。
初回限定盤は「breaking hearts」のPVを収録したDVD付。
34 片想い
1.片想い
2.元気をだして
3.片想い (Instrumental)
2009年11月18日 1は日本テレビ系アニメ「君に届け」主題歌エンディングテーマ。
2は竹内まりやのカバー。
初回限定盤Aは「片想い」のPVを収録したDVD付。
初回限定盤Bは「君に届け」アニメーション書き下ろしジャケット仕様+「君に届け」アニメキャラクター・ステッカー封入。「君に届け」DVD Vol.1の告知映像を収録したDVD付。
35 オルタナ・ガールフレンド
1.オルタナ・ガールフレンド
2.大切をきずくもの (2012年2月17日 東京文化会館 小ホール)
2012年6月6日
36 プラネット
1.プラネット
2.しましまのバンビ (2012年4月21日 キューン20 イヤーズ&デイズ at 恵比寿LIQUIDROOM)
2012年8月1日 1はソニー「BRAVIA」CMソング。初回限定盤は、「オルタナ・ガールフレンド」のPVとメイキングを収録したDVD付。
37 蝶々結び
1.蝶々結び
2.Tiny Tiny Tiny (2012年4月21日 キューン20 イヤーズ&デイズ at 恵比寿LIQUIDROOM)
2012年10月17日 初回限定盤は、「プラネット」のPVとメイキングを収録したDVD付。
東京テアトル配給映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」の主題歌。
38 hug
1.hug
2.永遠
3.永遠 (1st demo ver.)
2013年6月5日 1はNHK BSプレミアム プレミアムドラマ真夜中のパン屋さん」の主題歌。
39 恋文
1.恋文
2.恋文 (Shinichi Osawa Remix)
3.恋文 (movie ver.)
2013年12月11日 松竹配給映画「武士の献立」の主題歌。

CHARA・Chara名義 (アナログ盤)[編集]

タイトル 曲目 発売日 備考
01 Junior Sweet
A1.Junior Sweet (Original Version)
A2.Junior Sweet (Instrumental Version)
B1.Junior Sweet (SAKURAGARIAN DUB MIX)
B2.Junior Sweet (MURPHY'S HIP HOP MIX)
1997年4月23日 A1以外は全て未CD化ヴァージョン。
Junior Sweetをカップリングに収録したCDシングル「やさしい気持ち」と同時発売。
02 70%―夕暮れのうた
A1.70%―夕暮れのうた (Original Version)
A2.70%―夕暮れのうた (instrumental)
A3.70%―夕暮れのうた (DJ Hasebe re-mix)
B1.あふれている
B2.つたわって (Ambience re-mix)
B3.つたわって (Dub mix)
1999年3月17日 A1以外は全て未CD化ヴァージョン。
B1は楽曲自体が未CD化。当時の夫、浅野とのデュエット。浅野単独の詞・曲。
アルバム「Strange Fruits」と同時発売。

他名義・参加ユニット[編集]

バンド名 タイトル 曲目 発売日 備考
01 YEN TOWN BAND Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜
1.Swallowtail Butterfly 〜あいのうた〜
2.Mama’s alright
1996年7月22日 1は日本ヘラルド映画配給「スワロウテイル」主題歌
02 Chara with THE 99 1/2 チャラのブギー・シューズ
1.チャラのブギー・シューズ
2.EYELINE
1996年11月21日
03 CHARA+YUKI 愛の火 3つ オレンジ
1.愛の火 3つ オレンジ
2.愛の火 3つ オレンジ(RE-MIX)
3.愛の火 3つ オレンジ(instrumental)
1999年11月26日 1はサッポロビール「冬物語」CMソング
04 SATOSHI TOMIIE Feat.CHARA ATARI
1.ATARI(SINGLE-PATH)
2.ATARI(MAIN-PATH)
3.ATARI(UNDER-PATH)
4.ATARI(MAINPATH/INSTRUMENTAL)
5.ATARI(ACAPPELLA)
2000年11月29日 マツダ「TRIBUTE」CMソング。
05 Mean Machine スーハー
1.スーハー
2.愛の手
2001年10月24日 1はANB系「2001年4大ロードレース」テーマ・ソング。
06 Mean Machine Knock On You
1.Knock On You
2.そばにいれば(dub shower)
3.ラッキー☆スター
2001年12月12日 初回限定盤はDVD付

配信限定楽曲[編集]

  • 光の庭2005年7月6日)映画『皇帝ペンギン』日本版イメージソング。デジタル配信。
    • 詞・曲:Chara
  • Toy Soldier2010年)関西テレビ・フジテレビ系『グータンヌーボ』エンディングテーマ。着うた配信。(『Dark Candy』発売前の先行配信)
    • 詞:Chara 曲:mabanua プロデュースはOvallのドラマー、mabanuaが担当。
  • 伝言2011年8月3日)
    • 詞・曲:Chara

非売品CD[編集]

  • Sound Catalog Chara Special Violet Blue(1993年)
資生堂の非売品カタログ。Charaのトークと未発売曲「Pretty In Pink」(作曲:大沢誉志幸)他全4曲収録。
  • おたんじょうびのうた
こどもちゃれんじ』の「おたんじょうび記念号」に付属するCD(2008年度)。

映像作品[編集]

  1. KiSS1993年7月21日) - VHS,LD
    • ライブビデオ。
  2. CHARA'S CLIPS 1991-19971997年9月21日) - VHS
    • ビデオクリップ集第1弾。
  3. 1997.11.1 CHARA1998年3月1日) - VHS
    • ライブビデオ。
  4. CHARA'S CLIPS 1997-20012001年10月11日) - VHS,DVD
    • ビデオクリップ集第2弾。
  5. スカート -short film-(2001年10月11日) - DVD
    • 「スカート」を主としたショートフィルム。
  6. LIVE LIFE Chara's UNION Live House Tour 20072007年8月29日(2008年11月12日に再発)) - DVD
    • ライブビデオ。
  7. LIVE LIFE 22009年7月29日) - DVD
  8. Live Tour 2011 “Very Special”2012年6月6日) - DVD,BD
  9. MTV Unplugged Chara2013年2月27日) - DVD,BD

参加楽曲[編集]

  • 岡村靖幸「パラシュート★ガール」- 1992年。ゲストボーカル。
  • チチ松村「世界一陽気な男と世界一陰気な女」「Everytime We Say Good-bye」- 1993年。ゲストボーカル。
  • oh! penelope「I WANT YOU」-コーラス。
  • GREAT3「CALiGULA」- 1998年。コーラス・作詞(共作)。
  • 浅野忠信「12月」- 1999年。コーラス。bloodthirsty butchersのトリビュートアルバムに収録。
  • Towa Tei feat.Chara「Let Me Know」- 1999年。ボーカル。
  • SATOSHI TOMIIE feat.CHARA「ATARI」- 2000年。ボーカル。
  • atami「MICA」- 2001年。ボーカル。
  • N.M.L.ZERO LANDMINE」 - 2001年。ボーカル。
  • Kyoto Jazz Massiveカバー集『RE KJM』COSMIC VILLAGE feat.CHARA「MIND EXPANSIONS」- 2004年。ゲストボーカル。
  • 山下久美子『Duets』「やさしさに包まれたなら」- 2005年。ゲストボーカル。
  • 東京スカパラダイスオーケストラサファイアの星」- 2006年。ゲストボーカル。スカパラがゲストボーカルを招く「歌モノ・3部作」の第2弾。
  • 松田聖子トリビュートアルバム『Jewel Songs〜Seiko Matsuda Tribute & Covers〜』「瞳はダイアモンド」- 2006年。ボーカル。
  • m-floCOSMICOLOR』m-flo loves Chara「Love to Live By」- 2007年。ゲストボーカル。
  • 菅野よう子CMようこ』菅野よう子&CHARA「MAGICSWEETS」「MAGICSWEETS -Masao Nisugi Remix-」- 2007年。ゲストボーカル。2002年資生堂ピエヌCMソング。

提供楽曲[編集]

映画・テレビ・出版物・CM[編集]

映画[編集]

  • PiCNiC - 1994年製作、1996年公開。岩井俊二監督。浅野忠信と主演を務めた。
  • スワロウテイル - 1996年公開。主演。岩井俊二監督、小林武史音楽。

テレビ[編集]

ラジオ[編集]

  • ミューズノートNHK-FM) - 2013年4月から2014年3月までパーソナリティを務める。

著書[編集]

  • のうみそGOODハッピー - 1995年、ソニー・マガジンズ刊。ファッション情報誌『PeeWee』での連載エッセイ「CHARAったら!」や写真等を収録。
  • のうみそGOODハッピー2 - 2000年、ソニー・マガジンズ刊。第2弾。
  • breaking hearts - 2010年、祥伝社刊。日記と詩、写真からなるCHARA初のパーソナルブック。「Chara breaking hearts tour 2010」の間に書かれたもの。

写真集[編集]

  • CHARA ONE OCTAVE - 1998年、スイッチ・パブリッシング刊。 藤代冥砂撮影のライブ写真集。

CM出演[編集]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ “Chara-バイオグラフィー”. BARKS. http://www.barks.jp/artist/?id=52002009&m=bio 
  2. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P37 参考。
  3. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P47 参考。
  4. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P67 P208 参考。
  5. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P92 参考。
  6. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P94 参考。
  7. ^ VIBE=NET.COM CHARA情報参考。
  8. ^ charaweb about参考。
  9. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』角川文庫 P97 参考。
  10. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P152 参考。
  11. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P164 参考。
  12. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P215 参考。
  13. ^ ハリウッドチャンネル|スウィートボイスのCharaが、映画「蛇にピアス」の世界観を歌う参考。
  14. ^ イザ!「chara新曲に意味深歌詞…離婚原因は浅野が浮気?」参考。
  15. ^ charaweb お知らせ参考。
  16. ^ 毎日jp chara:浅野とすれ違い離婚参考。
  17. ^ デイリースポーツonline Charaが子供引き取る…浅野忠信と離婚参考。
  18. ^ スポーツ報知 浅野忠信とcharaが離婚…仲良し夫婦14年でピリオド参考。
  19. ^ a b Yahoo!ミュージック - ミュージックマガジン - スカパラ×Chara対談&映像
  20. ^ charaweb>>Blog Archive>>購入者特典当選者ライブレポート第四弾参考。
  21. ^ クローズアップ『Chara(チャラ)』|エキサイトミュージック参考。
  22. ^ chara select:子どもたちに聴かせたい、伝えたい10曲 (MUSICSHELF)(インタビュー&プレイリスト)参考。
  23. ^ OZmail 映画『チャーリーとパパの飛行機』&インタビュー参考。
  24. ^ @ぴあ/インタビュー Chara参考。インタビュー/文:佐々木美夏
  25. ^ ディスクガレージコンサートマガジン「DI:GA」2009年12月号VOL.170参考。インタビュー/永堀アツオ
  26. ^ CHARA『のうみそGOODハッピー』 角川文庫 P204 参考。
  27. ^ charaweb Q+A「どのファッションブランドが今、お気に入りですか?」参考。
  28. ^ エキサイトミュージック クローズアップ『Chara』参考。
  29. ^ VIBE-NET>COM CHARA シングルのジャケ写&PVを夫浅野忠信が手掛ける参考。
  30. ^ キリンビバレッジニュースリリース参考。
  31. ^ テスティモ新イメージキャラクター・新アーティスト発表会 カネボウ化粧品参考。