タモリのジャポニカロゴス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
タモリのジャポニカロゴス
JAPONICA LOGOS
ジャンル 教養番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
リーライダーす
演出 李闘士男(総合演出)
監修 金田一秀穂町田健
プロデューサー 濱野貴敏(フジテレビ)
小池竜二(リーライダーす) /
石井浩二(フジテレビ、CP
出演者 タモリ
福井謙二(フジテレビアナウンサー
内田恭子フリーアナウンサー
関根勤
松嶋尚美オセロ
町田健
ほか
ナレーター 坂上みき(ボイスガイド)
音声 モノラル放送
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
パイロット放送(第1弾)
放送時間 23:30 - 0:50(80分)
放送期間 2005年1月3日(1回)
パイロット放送(第2弾)
放送時間 19:00 - 20:54(114分)
放送期間 2005年4月3日(2回)
パイロット放送(第3弾)
放送時間 19:00 - 21:09(129分)
放送期間 2005年9月21日(3回)
レギュラー放送
放送時間 火曜日 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 2005年10月11日 - 2008年9月9日(全134回)
テンプレートを表示

タモリのジャポニカロゴス』(英称:JAPONICA LOGOS)は、フジテレビ系列2005年10月11日から2008年9月9日まで毎週火曜日の23:00 - 23:30(JST、火曜日バラパラ枠内)に放送されていた日本語を取り扱う教養バラエティ番組メインを務めたタモリ冠番組モノラル放送字幕放送ハイビジョン制作が実施されていた。

2005年1月3日4月3日9月21日には特別番組パイロット放送)が放送されており、2005年10月11日よりレギュラー放送に昇格した。

概要[編集]

『清く正しい日本語で行こう!』をコンセプトとし、何気なく使用している日本語について、現代人に必要な日本語知識をクイズ形式で学び、日本語の不思議さ奥深さを楽しく理解していく番組。

タモリが主宰する『日本語アカデミー(スタジオは『日本語アカデミー講義室』という設定)』に、関根勤松嶋尚美オセロ)をレギュラー受講生として、毎回ゲスト2〜3人を加えた5人程度の受講生らが毎回1つのテーマ・くくりを軸に出題される問題に挑戦する。正誤判定は番組監修である金田一秀穂杏林大学教授)・町田健名古屋大学教授)ら「客員教授」が行う。ボイスガイド(ナレーション)は主に坂上みきが担当。

初期ではその回の全問正解者のみご褒美として高級食材を獲得。また、講義終了時にはタモリ主宰がその日の講義で一番不出来だと思った人を指名(タモリ自身を指名する場合もある)。指名された人と内田がエンディングで居残り、補習授業(その日のテーマの復習)を受けた。また、補習の代わりにタモリ主宰がその日のテーマに関する一言で締めることもあった。

中期からは日本各地の珍しい物「ジャポイチ」や、日本各地の高級食材・料理の「産直ジャポイチ」を賭けたルールに変更。最終成績が良かった場合「ジャポイチ」の場合はその実物が見れたり持って帰ることができ、「産直ジャポイチ」の場合は食べることができる。

  • 団体戦の場合はタモリ主宰を含む全員の最終正解率が一定基準以上でクリア。
  • チーム戦の場合は勝利チーム全員が獲得。
  • 個人戦の場合優勝者もしくは最下位以外が獲得。優勝者予想がある場合は予想的中者も獲得。

放送内容は特に漢字ことわざ熟語回文熟語俳句会話変換敬語方言オノマトペなどのメジャーなものから、たいこめ言葉、ギャル文字、判じ絵、料理言葉、言いまつがいなどマニアックなものまで多岐にわたる事を学んだ。

VTRに登場する番組マスコットキャラクターとして「じゃ〜ぽくん」がいる。声を当てているのはボイスガイドの坂上みき。また、「じゃ〜ぽ君」には「ポニカちゃん」というガールフレンドがおり度々、登場するケースがある。

番組タイトルの意味[編集]

言葉に題材を得た番組であるにもかかわらず、「ジャポニカロゴス」という番組名は『文法上の性の不一致』という初歩的な誤りを犯している。また、「ロゴス」とはギリシャ語で『言葉や論理・心理』などを意味し、まとめると『神のことば』を意味する。番組のロゴでは、「ポ」の半濁点がい毛筆体で書かれている。

新聞などの番組表では、1行あたりの文字数(10文字程度)の都合により「ジャポニカ」と「タモリの - ロゴス」がなく掲載される事が多い。番組レギュラー開始当初の新聞などの番組表では「タモリのジャポニカ」と掲載されていた。

放送状況[編集]

これまで単発特別番組(パイロット放送)の特別番組として2005年1月3日 23:30 - 0:50(JST)の深夜放送とゴールデンタイム放送では2005年4月3日 19:00 - 20:54(JST)、2005年9月21日 19:00 - 21:09(JST)の合計3回放送されており、高視聴率視聴者からの評判・好評により毎週火曜日 23:00 - 23:30(JST、バラパラ)枠内でレギュラー放送化された。

レギュラー放送化後もの改編時期を中心に、土曜日日曜日 19:00 - 20:54(JST)のゴールデンタイム枠で2時間拡大特別番組(スペシャル)として放送された。

前番組の『火9』、『火10』が15分拡大の放送の場合には、放送時間が23:15 or 23:20からの放送開始となる場合があった。

出演者[編集]

主宰者[編集]

司会者ではなく受講生達と共に解答者の1人として参加。

進行[編集]

受講生[編集]

レギュラー[編集]

※ レギュラー出演である関根・松嶋の2人以外のゲストは順不同の座席順である。
1席
関根
2席
若手芸人
及び
男性タレント
3席
若手芸人
及び
女性タレント
4席
若手女優
5席
松嶋

準レギュラー[編集]

関根・松嶋以外はいずれも不定期出演である。受講生の構成としては、ほぼ毎週登場する関根、松嶋の他、お笑い芸人が毎週1組、そして女性ゲストが1人というのが基本の構成である。

ほか

ボイスガイド(ナレーション)[編集]

客員教授[編集]

※ 客員教授はいずれも不定期出演である。以下の2人は番組の監修も担当。

隔週で交替している時期もあったが現在では金田一はほとんど出演していない。この2人はスタジオに肖像画が飾られている。専門的なテーマの場合はそれに長けた上記の2人以外の人が担当する。

アシスタント[編集]

※ ジャポイチなどの物出しが主な仕事。

  • 香山碧(スペースクラフト・ミルヴィサージュ・アジャンス)

特別番組[編集]

放送年 放送日・曜日 放送時間 番組タイトル
2005年 1月3日月曜日 23:30 - 0:50 タモリのジャポニカロゴス 〜スペシャル〜
4月3日日曜日 19:00 - 20:54 タモリのジャポニカロゴス 〜スペシャル〜
9月21日水曜日 19:00 - 21:09 ※2 タモリのジャポニカロゴス 〜秋の一斉検問スペシャル〜
2006年 4月15日土曜日 19:00 - 20:54 ※2 タモリのジャポニカロゴス 〜漢字横綱決定戦スペシャル〜
9月16日(土曜日) 19:00 - 20:54 ※2 タモリのジャポニカロゴス 〜漢字横綱決定戦スペシャル2〜
2007年 3月27日火曜日 22:00 - 23:24 ※1 タモリのジャポニカロゴス ナヌッ!日本語のゆかいな間違いスペシャル
5月12日(土曜日) 19:00 - 20:54 ※2,※3 タモリのジャポニカロゴス 〜おもしろ漢字横綱決定戦!3〜
9月22日(土曜日) 19:00 - 20:54 ※2 タモリのジャポニカロゴス おもしろ漢字横綱決定戦!4
〜秋巡業にはご用心〜
2008年 6月24日火曜日 22:00 - 23:24 タモリのジャポニカロゴス 年の差バトルスペシャル
あなたの日本語年齢はいくつ?
※1 このスペシャルでは、普段遅れネットで放送しているテレビ大分も同時ネットになる。
※2 上記と同様に、普段遅れネットのテレビ宮崎も同時ネット。
※3 『タモリの雑学の祭典!』の第1部内より放送。
※ 放送時間はJST

ネット局と放送時間[編集]

『タモリのジャポニカロゴス』 ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX)
『タモリのジャポニカロゴス』製作局
フジテレビ系列 火曜
23:00 - 23:30
同時ネット
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
鳥取県
島根県
山陰中央テレビ(TSK)
岡山県
香川県
岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS)
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列 / 日本テレビ系列 金曜
9:55 - 10:25
24日遅れ

時差ネット[編集]

スタッフ[編集]

[1]

  • CP

石井浩二(フジテレビ バラエティ制作センター)

  • プロデューサー

浜野貴敏(フジテレビ バラエティ制作センター) 小池竜二(リーライダーす)

  • 総合演出

李闘士男(リーライダーす)

  • 演出

山下美紀子(リーライダーす)

  • 構成

堀田延 ほか

  • 監修

町田健

  • 制作

フジテレビ、リーライダーす

関連書籍[編集]

  • タモリのジャポニカロゴス国語辞典編集部編『タモリのジャポニカロゴス国語辞典第一版』
発行:フジテレビ出版 発売:扶桑社 発行年:2006年 ISBN 4594054935
  • タモリのジャポニカロゴス国語辞典編集部編『タモリのジャポニカロゴス国語辞典第二版』
発売:扶桑社 発行年:2007年 ISBN 459405174X

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ #外部リンクの番組ページ掲載のもの(2014年10月25日閲覧)

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 火曜23時台(バラパラ火曜日)
前番組 番組名 次番組
はねるのトびら
(2004年1月6日 - 2005年9月20日)
【※水曜20時台へ移動】
タモリのジャポニカロゴス
(2005年10月11日 - 2008年9月9日)
ペケ×ポン
(2008年10月7日 - )
【※金曜19時台へ移動】