烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スーパー戦隊シリーズ > 烈車戦隊トッキュウジャー > 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS
烈車戦隊トッキュウジャー
THE MOVIE
ギャラクシーラインSOS
監督 竹本昇
脚本 小林靖子
原作 八手三郎
出演者 志尊淳
平牧仁
梨里杏
横浜流星
森高愛
長濱慎
大口兼悟
福原遥
関根勤
音楽 羽岡佳
撮影 松村文雄
配給 東映
公開 日本の旗2014年7月19日
上映時間 30分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊
劇場版 獣電戦隊キョウリュウジャー ガブリンチョ・オブ・ミュージック(シリーズ前作)
次作 烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE
手裏剣戦隊ニンニンジャー THE MOVIE 恐竜殿さまアッパレ忍法帖!(シリーズ次作)
テンプレートを表示

烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS』(れ っしゃせんたいトッキュウジャー ザ・ムービー ギャラクシーラインエスオーエス)は、2014年7月19日より東映系で公開された特撮テレビドラマシリーズの『烈車戦隊トッキュウジャー』の劇場版作品。 『劇場版 仮面ライダー鎧武 サッカー大決戦!黄金の果実争奪杯!』と同時上映。

概要[編集]

『烈車戦隊トッキュウジャー』の初の単独劇場版作品。例年よりも早い7月に公開された[1]

本作品オリジナルメカとしてサファリレッシャー/サファリガオーが登場し、またトッキュウジャーの本作品限定形態としてトッキュウジャーサファリも登場する。ミニチュアCGを併用した特撮を見所としている[2]。従来の夏季劇場版は特撮シーンはテレビシリーズでの第2次特撮と同時に撮影されていたが、本作品では公開時期がずれたためにスケジュールが合わず、特撮班ではなく本編班が特撮シーンの撮影も担当した[1]。そのため本編での特撮撮影を得意とする竹本昇が監督に起用された[1]。撮影はテレビシリーズ第15話・第16話と並行して行われた[3]

ゲストヒロイン・レディ役として『クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!』で知られる福原遥[4]、敵怪人ナイル伯爵の声として音楽家のヒャダインが出演[5][6]。レディの相棒パス子の声役には『海賊戦隊ゴーカイジャー』でルカ・ミルフィ/ゴーカイイエロー役を演じた市道真央がM・A・O名義で出演した[7][6]。福原は監督の竹本からの指名で起用され、M・A・Oは『アイ!マイ!まいん!』で福原と共演していたことからキャスティングされた[8]

企画はサファリレッシャーが登場することが最初に決まっており、そこからゲストキャラクターや設定などが発想された[9]。ストーリーはライト/トッキュウ1号とゲストヒロイン・レディの関わりが中心となっており、スーパー戦隊シリーズの劇場版で定番とされている「レッドとヒロインのラブストーリー」に近いものとなっているが恋愛要素はない[8]

長濱慎が演じる虹野明/トッキュウ6号は、本作品の撮影がテレビシリーズよりも先に行われた[10][8]。明が初登場するテレビシリーズ第17話・第18話の脚本が本作品の撮影途中に完成したため、それに合わせた明の描写が追加で撮影された[1]。本作品での明の衣裳は仮のものであったがテレビシリーズでもそのまま採用された[1]。「ここが俺の死に場所だ」という決め台詞は本作品の脚本で最初に書かれ、意味合いについてはその後のテレビシリーズの脚本執筆時に考えられた[11][注釈 1]

車掌役の関根勤は、本作品で初めて屋外ロケに参加した[12][8]

あらすじ[編集]

宇宙空間には地球のレインボーラインと同じ様にイマジネーションによって生まれた路線ギャラクシーラインが存在した。そのギャラクシーラインでは5編成の烈車サファリレッシャーが宇宙中を走行しており、25年に1度は地球の近くを通りかかるといわれている。

そして2014年。地球に接近する時期を迎えたある日、宇宙で暗躍するシャドーラインの幹部ナイル伯爵がサファリレッシャーを襲撃。サファリレッシャーは4編成が切り離され、残った1編成も地球に不時着してしまう。不時着した車両に乗っていたギャラクシーラインの車掌レディはレインボーラインの烈車に救難信号を送る。

登場人物[編集]

ギャラクシーライン[編集]

レディ
サファリレッシャーの女性車掌。時間に関しては非常に厳しく、懐中時計で常に確認する。
脚本を担当した小林靖子は、新たな烈車が登場することからその車掌を想定し、華やかさを考慮して少女に設定した[9]
パス子
レディが右腕に填めている、レディ自身をあしらったようなパペット。コック帽を被っているが理由は明らかになっていない[13]
パス子は脚本では存在せず、車掌に対するチケットのような存在として急遽創作された[8]

シャドーライン[編集]

デザインはすべて篠原保が担当した[14]

ナイル伯爵
宇宙方面を担当するシャドーラインの幹部。性格は傲慢かつ冷酷でトッキュウジャーとの戦いを狩りとして愉しみ、ゼットに対しても不遜な態度を崩さない。猟銃着剣系ライフルが武器[15]。トッキュウジャーを圧倒する力を持っており、一度はハウンドシャドーと共に4人を変身解除に追い込んだ。
脚本を担当した小林靖子は、サファリレッシャーに敵対することからハンターに設定した[9]。デザインは他のシャドーライン幹部と違和感が出ないようネロ男爵との親和性が意識されている[14]。衣裳は狐狩りのコスチュームをイメージしている[14]
ハウンドシャドー
ナイル伯爵直属のシャドー怪人。ナイル伯爵への忠誠心は強く、常に命を捧げる覚悟を持つ。戦闘力は高く、ナイル伯爵と共にトッキュウジャーを圧倒した。
デザインはトラバサミをモチーフとしている[14]。プロット段階では猟犬のイメージであった[14]
巨大ナイルハウンダー[15]
ナイル伯爵とハウンドシャドーが合体した姿。
上半身はスーツ、下半身はCGで表現された[14]

トッキュウジャーサファリ[編集]

トッキュウジャーが各サファリレッシャーを用いて乗り換えた姿[16][注釈 2]。それぞれモチーフとなった動物の特性を持ち、野性的な攻撃を得意とする[16]。乗り換えチェンジの際、自ら名乗りを上げている。

トッキュウ1号ライオン
トッキュウ1号がサファリレッシャー(ライオン)で乗り換えチェンジした姿。両手にライオン系クローを装備し[16]、敵を切り裂く。
トッキュウ2号イーグル
トッキュウ2号がサファリレッシャー(イーグル)で乗り換えチェンジした姿。両腕にイーグル系ウイングを装備し[16]、これを広げて飛翔が可能である。
トッキュウ3号ワイルドキャット
トッキュウ3号がサファリレッシャー(ワイルドキャット)で乗り換えチェンジした姿。両手にワイルドキャット系ネイルを装備し[16]、素早いスピードで敵を引っ掻いて攻撃する。
トッキュウ4号アリゲーター
トッキュウ4号がサファリレッシャー(アリゲーター)で乗り換えチェンジした姿。両腕にワニの両顎を模したアリゲーター系ファングを装備し[16]、これを組み合わせて攻撃する他、臀部にワニの尻尾を出現させての叩き付け攻撃も可能。
トッキュウ5号パンダ
トッキュウ5号がサファリレッシャー(パンダ)で乗り換えチェンジした姿。なりきりイマジネーションが暴走しており[16]、頭部以外の体全体がパンダの姿になっているため、他の4人のように両腕や手に武器は装備していない。
「モフモフ」という台詞は、スーツアクターの野川瑞穂がアドリブで演じたものがアフレコでも採用された[17]

設定・用語[編集]

ギャラクシーライン
宇宙空間に敷設されたイマジネーションの路線。人類の宇宙進出と同時にレインボーラインが宇宙に進出したもの。

戦力[編集]

トッキュウレッシャー[編集]

ライオンレッシャーをギャラクシーラインに戻そうと尽力してくれたことに感謝したレディからライトに託された。

本作品のみに登場したトッキュウレッシャー一覧
レッシャー名 乗り換えチェンジ 使用用途
サファリレッシャー(ライオン)[16] ライオン 烈車・サファリレッシャー(ライオン)を呼び出す。
サファリレッシャー(イーグル)[16] イーグル 烈車・サファリレッシャー(イーグル)を呼び出す。
サファリレッシャー(ワイルドキャット)[16] ワイルドキャット 烈車・サファリレッシャー(ワイルドキャット)を呼び出す。
サファリレッシャー(アリゲーター)[16] アリゲーター 烈車・サファリレッシャー(アリゲーター)を呼び出す。
サファリレッシャー(パンダ)[16] パンダ 烈車・サファリレッシャー(パンダ)を呼び出す。

烈車[編集]

サファリレッシャー
ギャラクシーラインを走る烈車。ライオンを先頭にイーグル・ワイルドキャット・アリゲーター・パンダの5編成から成る。
サファリレッシャー(ライオン)[2][16]
レッドレッシャーと同型の蒸気機関車型烈車。正面はライオンの顔を模している。また後方には、サファリレッシャーのタテガミ・前足の爪・腰になるパーツが着いている。
サファリレッシャー(イーグル)[2][16]
ブルーレッシャーと同型の新幹線型烈車。正面はワシの顔を模している。
サファリレッシャー(ワイルドキャット)[2][16]
イエローレッシャーと同型の通勤電車型烈車。正面はヤマネコの顔を模している。
サファリレッシャー(アリゲーター)[2][16]
グリーンレッシャーと同型の新幹線型烈車。正面はワニの顔を模している。
サファリレッシャー(パンダ)[2][16]
ピンクレッシャーと同型の通勤電車型烈車。正面はジャイアントパンダの顔を模している。

登場ロボ[編集]

超トッキュウオーポリスシールド
超トッキュウオーがポリス、シールドレッシャーを烈車武装したポリス・シールド系烈車ロボ。超トッキュウオーポリス同様イエローレッシャーの先頭車両をポリスレッシャーの先頭車両、ピンクレッシャーの先頭車両をシールドレッシャーと交換することで完成する。
サファリガオー[注釈 3]
5編成のサファリレッシャーが合体したライオン型巨大烈車ロボでライトが命名した。前足の爪が主な武器。
動物型への合体は、玩具「DXトッキュウオー」の試作時に玩具デザインを担当するプレックスの若手社員が発想し、東映側にも好評を得たことから採用された[18]
サファリガオー ロボモード
必殺技を放つ際にサファリガオーが人型に変型した姿。変型後は尻尾が分離した剣を武器として使えるが劇中未使用。必殺技はトッキュウオーとともにレールに乗って繰り出すトッキュウサファリダブルキック
ロボモードもスーツではなくCGで表現された[19]。当初はロボモードを登場させる予定はなかったが、監督の竹本の要望により登場することとなった[20]。竹本はスーツがあればテレビシリーズにも登場させることができたと述べている[1]
伯爵専用クライナー[21]
ナイル伯爵が使用している赤いクライナー。色以外は一般のクライナーと同様の形状をしている。クライナーロボへの変形機能はない。

キャスト[編集]

声の出演[編集]

アクション[編集]

  • 押川善文
  • 高田将司
  • 五味涼子
  • トッキュウ4号[25] - 竹内康博
  • トッキュウ5号[17] - 野川瑞穂
  • トッキュウ6号[10] - 浅井宏輔
  • 清家利一
  • 蜂須賀祐一
  • 岡元次郎
  • 日下秀昭
  • 矢部敬三
  • 田中宏幸
  • 神尾直子
  • 青木哲也
  • 村岡弘之
  • 渡邉昌宏
  • 本多剛幸
  • 蔦宗正人
  • 寺本翔悟
  • 中田裕士
  • 井口尚哉
  • 石井靖見
  • 神前元
  • 小玉百夏
  • 松岡千尋
  • 松本拓巳
  • 松村凌太郎
  • 柏木佑太
  • 田中領
  • 東慶介
  • 榮男樹
  • 小田原徹
  • 勝呂学
  • 及川雄也
  • 藤田洋平
  • 湯浅雅恭
  • 浦家賢士
  • 佐々木俊宜
  • 白井雅士
  • 関谷健利
  • 松本直也

スタッフ[編集]

音楽[編集]

主題歌
烈車戦隊トッキュウジャー
作詞:渡部紫緒 / 作曲・編曲:坂部剛 / 歌:伊勢大貴
挿入歌
「烈車戦隊トッキュウジャーサファリ」
作詞:藤林聖子 / 作曲:岩崎貴文 / 編曲:中畑丈治 / 歌:串田アキラ堀江美都子

映像ソフト化[編集]

  • 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS メイキングイマジネーション☆(DVD1枚組、2014年7月18日発売)
    • 本作のメイキングDVD。
    • 映像特典
      • トッキュウ体操
  • 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS 通常版(1枚組、2014年12月5日発売、Blu-ray / DVDでリリース)
    • 映像特典
      • 特報
      • 劇場予告編
      • TVスポット集
      • ノンスーパーOP&ED
  • 烈車戦隊トッキュウジャー THE MOVIE ギャラクシーラインSOS コレクターズパック(2枚組、2014年12月5日発売、Blu-ray / DVDでリリース)
    • ディスク1:本編ディスク(通常版と共通)
    • ディスク2:特典ディスク(Blu-ray版はBlu-ray、DVD版はDVDで収録)
      • レインボートーク -MOVIE EDITION-
      • 完成披露記者会見
      • 完成披露プレミア上映会舞台挨拶
      • 公開2日目舞台挨拶 上映前
      • 公開2日目舞台挨拶 上映後
      • 夏映画スペシャルイベント
      • PR集
      • トッキュウミュージアム
      • ポスターギャラリー
    • 初回限定特典
      • スペシャルブックレット(12P)

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 脚本を担当した小林靖子はギャグのつもりであったと述べている[11]
  2. ^ パンフレットのキャスト・スタッフインタビューではサファリバージョンという名称が用いられている[8]
  3. ^ パンフレットでは、名称をサファリガオー ライオンモードと記述している[2]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 公式完全読本 2015, pp. 69-71, 「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_02 竹本昇」
  2. ^ a b c d e f g パンフレット 2014.
  3. ^ 公式完全読本 2015, p. 73, 「TOQGER MAIN STAFF INTERVIEW_03 渡辺勝也」.
  4. ^ パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 福原遥」.
  5. ^ パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! ヒャダイン」.
  6. ^ a b 公式完全読本 2015, p. 64, 文・浮間舟人「トッキュウジャーの旅路 in 劇場版 & TVスペシャル」
  7. ^ パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! M・A・O」.
  8. ^ a b c d e f パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 竹本昇」
  9. ^ a b c パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 小林靖子」
  10. ^ a b パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 長濱慎」
  11. ^ a b 公式完全読本 2015, pp. 8-11, 取材・構成 大黒秀一「TOQGER Memorial Cross Talk 宇都宮孝明×小林靖子」
  12. ^ パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 関根勤」.
  13. ^ パンフレット 2014, 「パス子」.
  14. ^ a b c d e f 公式完全読本 2015, p. 118, 質問・構成 サマンサ五郎「『烈車戦隊トッキュウジャー』クリーチャーデザインの世界」
  15. ^ a b 超全集 2015, p. 77
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 超全集 2015, pp. 54-55, 「トッキュウジャーサファリ」
  17. ^ a b パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 森高愛」
  18. ^ 公式完全読本 2015, p. 101, 取材・構成 鳥本真也「『烈車戦隊トッキュウジャー』キャラクター/メカニックデザインの世界 中野拓×阿部統」.
  19. ^ 公式完全読本 2015, pp. 69、89.
  20. ^ 公式完全読本 2015, p. 89, 取材・構成 鴬谷五郎「TOQGER VFX TALK_01 佛田洋」.
  21. ^ 超全集 2015, pp. 78-79.
  22. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q 第20駅『笑顔は危険』”. 烈車戦隊トッキュウジャー|東映. 2014年7月5日閲覧。
  23. ^ 烈車戦隊トッキュウジャー東映公式サイト、出版情報”. 東映 (2014年6月1日). 2014年6月1日閲覧。
  24. ^ ハイパーホビー』2014年7月号、徳間書店、2014年5月31日
  25. ^ パンフレット 2014, 「烈車戦隊トッキュウジャー インタビュー イマジネーション無限大! 横浜流星」.

参考文献[編集]

外部リンク[編集]