宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
NHKスペシャル
宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎
ジャンル ドキュメンタリー / 特別番組
出演者 タモリ
久保田祐佳(NHKアナウンサー
東野幸治
大沢あかね
渡部潤一国立天文台教授・副台長)
鎌倉千秋(NHKアナウンサー)
放送
放送局 NHK
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2013年12月4日
放送時間 19:30 - 20:43
放送分 73分
回数 1
公式サイト
テンプレートを表示

NHKスペシャル 宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎』(エヌエイチケイスペシャル うちゅうなまちゅうけい すいせいばくはつ たいようけいのなぞ)とは、NHK総合テレビにて2013年12月4日の19:30 - 20:43(JST)に生放送されたドキュメンタリー特別番組である。

概要[編集]

巨大彗星になることが期待されていたアイソン彗星の真相について迫るドキュメンタリー特別番組[1]

番組放送前の当初は「遭遇!巨大彗星アイソン」の番組タイトル名で、国際宇宙ステーションに滞在中の若田光一宇宙飛行士が超高感度4Kカメラを使ってアイソン彗星を撮影し、宇宙から生中継する予定だったが[2]2013年11月29日未明に太陽に最接近したアイソン彗星の大部分が崩壊したため[3]、番組タイトル名と放送内容を大幅に変更し「宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎」として放送されることになった[2]

番組内では、国際宇宙ステーションの若田光一宇宙飛行士と衛星中継を結び、宇宙の様子なども生報告した。

出演者[編集]

司会[編集]

ゲスト[編集]

解説[編集]

リポーター[編集]

関連作品[編集]

  • 『NHKスペシャル「宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎」オリジナル・サウンドトラック』(2014年4月27日)[4]

脚注[編集]

  1. ^ NHKスペシャル「宇宙生中継 彗 (すい) 星爆発 太陽系の謎」”. NHK番組表. NHK. 2013年12月6日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年2月20日閲覧。
  2. ^ a b NHKスペシャル:「アイソン彗星」崩壊で放送内容変更”. 毎日新聞デジタル. MANTANWEB (2013年11月29日). 2016年2月11日閲覧。
  3. ^ アイソン彗星の核が太陽最接近でほぼ消滅”. AstroArts (2013年11月29日). 2016年2月11日閲覧。
  4. ^ 光田康典、NHKスペシャル「宇宙生中継 彗星爆発 太陽系の謎」サントラ盤発売決定”. プレスリリースゼロ (2014年4月7日). 2016年2月12日閲覧。

関連項目[編集]

当番組の司会者タモリ・久保田アナウンサーが司会を努めていた、同局のバラエティ番組

外部リンク[編集]