水曜劇場 (TBS)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水曜劇場』(すいようげきじょう)は、TBS系列で、水曜日の21:00 - 21:54(JST)に放送されていたテレビドラマ枠である。1961年昭和36年)7月から1982年(昭和57年)4月まで放送されたのち休止され、2009年平成21年)4月に27年ぶりに復活、2010年平成22年)9月まで放送された。

なお、水曜劇場のタイトルの下で放映された最初の作品は、1969年10月15日スタートの『甘柿しぶ柿つるし柿』とされている[1]が、本項ではこれ以前の作品についても紹介する。

略歴・概要[編集]

第1期(1961年 - 1982年)[編集]

1961年(昭和36年)に開始した当初は、文芸調を帯びたテーマで新劇の俳優を用いたドラマや、社会派記者もの、あるいは時代劇、と路線を模索していたが、1969年(昭和44年)あたりからほのぼのとしてポップな「ホームドラマ」という活路を見出す。『東芝日曜劇場』や『木曜8時枠ドラマ』、『近鉄金曜劇場』や『金曜8時枠ドラマ』と共に“ドラマのTBS”の代名詞ともいわれる放送枠であった。 1970年代初頭に始まる久世光彦の演出・プロデュースによる『時間ですよ』でいわゆる「久世ドラマ」がブレイク、1974年 - 1975年の『寺内貫太郎一家』、『ムー』(1977年)および『ムー一族』(1978年 - 1979年)の爛熟期を経て、1979年(昭和54年)の『家路〜ママ・ドント・クライ〜』へと向かっていく。

1979年(昭和54年)、本枠のヒットドラマで演出からプロデュース、主演俳優(郷ひろみ沢田研二)の楽曲の作詞まで手がけていた久世光彦がTBSから独立。1982年(昭和57年)1月~3月の『橋田ドラマ・結婚』をもって本ドラマ枠は一時消滅する。

1974年(昭和49年)10月からは直前の20:00大映テレビ刑事ドラマ路線、直後の22:00毎日放送制作(ただし開始半年はTBS制作)のドラマがそれぞれ編成され、3連続で1時間ドラマが編成、その後1978年(昭和53年)10月より19:30にも東宝制作の30分青春ドラマが編成、4本・3時間半ドラマに拡大された。そしてこの間の1980年(昭和55年)4月から1981年(昭和56年)9月までは、19:00にも30分ドラマ『ウルトラマン80』→『刑事犬カールⅡ』が編成されたため、TBSの水曜ゴールデン・プライム両タイムは全てドラマで占められていた。

第2期(2009年 - 2010年)[編集]

2000年代中期より、低調状態が続くTBS水曜ゴールデンプライムタイムテコ入れの一環として、『渡る世間は鬼ばかり』シリーズを除く木曜21時に放送されていたドラマ枠を事実上移行させる形で、27年ぶりに本枠を復活させる事となる。第一期同様、ホームドラマが主流となっているが、2009年10月期と2010年1月期ではサスペンスにも挑戦している。

2009年4月期は2007年4月 - 6月に木曜21時枠で放送したホームドラマ夫婦道』の第2シリーズ。2009年7月期は橋田壽賀子の脚本で1976年にNHKで放送された『となりの芝生』のリメイク版。2009年10月期の『浅見光彦〜最終章〜』と2010年1月期の『赤かぶ検事京都篇』は2時間サスペンス出身の作品であり水曜劇場初のサスペンスドラマである。

2010年4月期からは初の韓国ドラマを放送することになり、日本秋田県も舞台の1つとなっているサスペンス『アイリス』が放送されることになった。FIFAワールドカップを含む特番などでの休止を含めて9月までの2クールとなった[2]

2010年10月改編で木曜21時枠の連続ドラマが1年半ぶりの復活に伴い、『アイリス』を最後にこのドラマ枠は終了する。11月よりMBS制作のバラエティ番組『くらべるくらべらー』がスタートされ、これにより水曜10時枠と並んで、TBS系水曜21~22時枠はMBS制作番組が2時間連続で放送されることになる。なお『くらべるくらべらー』の開始までの2ヶ月間は単発特番でつなげる。

休止期間中にも水曜ゴールデンタイムにドラマ枠が存在していた時期があった。詳細は本稿の備考を参照。

主な作品リスト[編集]

Category:水曜劇場 (TBS)も参照。

第1期[編集]

1960年代[編集]

純愛シリーズ
こちら社会部
エスピオナージ かくれた戦士
  • 放送期間:1964年1月15日 - 5月20日
  • 海外作品。
父子鷹
  • 放送期間:1964年5月27日 - 1964年9月2日
  • 主な出演者:中村竹弥
夕日と拳銃
  • 放送期間:1964年9月9日 - 1964年12月2日
  • 主な出演者:工藤堅太郎
アジアの曙
国際事件記者

※1965年8月4日-9月1日までは歌のオンパレード編成のため中断

楡家の人びと
ああ!夫婦(第1部)
  • 放送期間:1965年11月3日 - 1966年3月2日
半七捕物帳(第1部)
ああ!夫婦(第2部)
  • 放送期間:1966年7月27日 - 1967年3月8日
競作女優シリーズ1 悲しみよこんにちわ
競作女優シリーズ2 レモンのような女
競作女優シリーズ3 ママの貯金
競作女優シリーズ4 世界中で一番好きな人
競作女優シリーズ5 暢気眼鏡
半七捕物帖(第2部)
クラクラ日記
色はにおえど
追跡
きんきらきん
奇妙な仲
待ってますワ
甘柿しぶ柿つるし柿

1970年代[編集]

時間ですよ(第1部)
こけこっこー!
みかんきんかん夏みかん
時間ですよ(第2部)
はーいただいま
おはよう[3]
かっこうわるつ
時間ですよ(第3部)
娘はむすめ[4]
寺内貫太郎一家
時間ですよ 昭和元年[5]
寺内貫太郎一家2
花吹雪はしご一家
さくらの唄
ふたりでひとり
乱塾時代子育て合戦
ムー
せい子宙太郎
ムー一族
熱愛一家・LOVE
家路〜ママ・ドント・クライ
家路PART2 (「家路」第2部)

1980年代[編集]

なぜか初恋・南風
橋田ドラマ 見合い結婚
しあわせ戦争
二百三高地 愛は死にますか
拳骨にくちづけ
娘が家出した夏 家庭ってなァに?
ここまでは他人
茜さんのお弁当
橋田ドラマ 結婚

第2期[編集]

制作プロダクション名のないものはTBSの局制作、これよりハイビジョン制作

2009年[編集]

夫婦道(第2シリーズ)
橋田壽賀子ドラマ となりの芝生
浅見光彦〜最終章〜

2010年[編集]

赤かぶ検事京都篇
IRIS 〜アイリス〜

備考[編集]

  • 山口県では、テレビ山口(TYS)がTBS系列局として開局した後も、編成やスポンサーの関係等の諸事情から作品によって山口放送(KRY・日本テレビ系列)が引き続き放送する場合があったが(『時間ですよ』などTYSで放送された作品もあった)、1978年10月から1979年4月にかけてテレビ朝日系列番組の相当数がKRYに移動した際、本来の系列局であるTYSに一本化されたが、TYSは開局時から第1期末期までは、フジテレビ制作の『水曜ドラマシリーズ』 → 『平岩弓枝ドラマシリーズ』を同時ネットで放送していたため、特に第1期の末期の頃は遅れネットで対応していた。なお、TYSは第2期は同時ネットで放送されるようになった。
  • 『しあわせ戦争』から『結婚』を放送中の1980年10月 - 1982年3月の間は、日本テレビ系列の水曜20時ドラマ枠も『水曜劇場』と名乗っていたため、2局で同名のドラマ枠が存在していた。なお第1期終了後は『水曜劇場』の枠名は日本テレビのみとなるが、これも半年で廃枠となった。
  • 本枠終了から5年半後の1987年10月 - 1989年9月にかけては同じ水曜21時台に『水曜ドラマ』を設けていた。これは平日の22時台に報道番組JNNニュース22プライムタイム』を新設したことに伴い、金曜22時に放送されていた『金曜ドラマ』を移行させたものである。(その後、1989年10月に再び金曜ドラマに戻る)
  • その後は水曜ロードショー→報道情報番組枠→バラエティ枠→ドキュメント枠となり、2009年3月まで『水曜ノンフィクション』を放送していた。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1969年10月15日 毎日新聞テレビ欄(11面)による『甘柿しぶ柿つるし柿』の紹介記事より。
  2. ^ YOMIURI ONLINE:ゴールデンタイムに韓流ドラマ…TBSテレビが4月放映
  3. ^ 放送途中の10月より、終了時刻が22:26から22:25へ変更(『お天気メモ』拡大のため)。
  4. ^ 放送途中の10月3日、放送時間が21:30-22:25から21:00-21:55と30分繰り上がった。
  5. ^ 関西地区ではこの作品まで朝日放送(ABC)にネットされていたが、放送途中の1975年3月31日に腸捻転の影響による東京-大阪間のネットチェンジで、最後の2話のみ毎日放送(MBS)にネット。以降の作品はすべてMBSにネットされた。

外部リンク[編集]

TBS系列 水曜21:15 - 22:00枠
前番組 番組名 次番組
劇場中継
(22:00 - 22:30)
山本周五郎アワー
(22:30 - 23:00)
水曜劇場(第1期)
(1961.7 - 9)
水曜劇場(第1期)
(21:30 - 22:00)
※15分縮小
TBS系 水曜21時台後半枠
水曜劇場(第1期)
(21:15 - 22:00)
水曜劇場(第1期)
(1961.10 - 1963.9.25)
水曜劇場(第1期)
(21:30 - 22:25)
※25分拡大
TBS系 水曜21:30 - 22:26枠
水曜劇場(第1期)
(21:30 - 22:00)
紅の館
(22:00 - 22:30)
水曜劇場(第1期)
(1963.10.12 - 1965.7.28)
TBS系 水曜21:30 - 22時台前半枠
歌のオンパレード
水曜劇場(第1期)
(1965.9.8 - 1973.9.26)
水曜劇場(第1期)
(21:00 - 21:55)
※30分繰り上げ
各局別ミニ番組
(TBSではお天気メモ
(21:55 - 22:00)
※30分繰り上げ
木下恵介アワー
(22:00 - 22:30)
TBS 水曜22:25 - 22:26枠
歌のオンパレード
(21:30 - 22:26)
水曜劇場(第1期)
(1965.9.8 - 1972.9)
※1分縮小
お天気メモ
(22:25 - 22:30)
※1分拡大
TBS系 水曜21時枠
みんなで歌おう'73
(21:00 - 21:30)
※水曜19:30へ移動
水曜劇場(第1期)
(21:30 - 22:25)
水曜劇場(第1期)
(1973.10.3 - 1982.4.14)
TBS系 水曜21時枠
水曜ノンフィクション
※水曜19:55 - 20:54に『水曜ノンフィクション
関口宏モトをたどれば』と改題の上、枠移動
水曜劇場(第2期)
(2009.4.15 - 2010.9.1)
※ここまでTBS制作枠
単発特番

くらべるくらべらー
※ここからMBS制作枠