近江友里恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おうみ ゆりえ
近江 友里恵
プロフィール
愛称 近江ちゃん・ドジっ子
出身地 日本の旗 日本 高知県
(生育地:東京都
生年月日 (1988-07-27) 1988年7月27日(29歳)
最終学歴 早稲田大学政治経済学部政治学科
勤務局 NHK放送センター
部署 東京アナウンス室
職歴 熊本(2012.6 - 2014.3)→福岡(2014.4 - 2016.3)→東京アナウンス室(2016.4 - )
活動期間 2012年 -
ジャンル 報道・情報・バラエティー 
公式サイト NHK
出演番組・活動
現在 おはよう日本
ブラタモリ
過去 ロクいち!福岡

近江 友里恵(おうみ ゆりえ、1988年7月27日[1][2] - )は、NHKアナウンサー

人物[編集]

高知県生まれの東京育ち[3]。夏生まれ[4]昭和女子大学附属昭和小学校昭和女子大学附属昭和中学校・高等学校を経て早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、2012年入局。 

挿話[編集]

小学生の頃には、両親の実家がある高知へ帰省した際、肌が真っ黒に日焼けするまで遊んでいた[3]。また小学5年生から高校2年生まで、読売新聞の「ジュニア記者」としても活動しており、1度目の引退直後の伊達公子へのインタビューや、シベリア抑留に関する記事執筆の経験がある[5][6]

「もともと人前で話す事が苦手、というか嫌い」だったが、中学校時代に放送部で司会を担当するうちに、アナウンサーという職業を意識するようになる[6]

2005年、高等学校在学中、第52回NHK杯全国高校放送コンテスト(2005年度)に出場し、アナウンス部門で入選を果たしている[7]

早稲田大学時代にはテレビ朝日アスクに通い[8]朝日ニュースターニュース解説 眼にアシスタントとして出演している。また、2年生の時に学内の機関誌早稲田ウィークリーの読者モニターをしていた[9]。さらに4年次には、大学生対象のリーダー養成事業SIFE(現 Enactus)に参加していた[10][11]。政経学部教授の縣公一郎による「公共政策研究ゼミナール」(通称 縣ゼミ、PPRS)では副幹事長を務め、「スポーツとまちづくり」をテーマに研究していた[12]

しかし、アナウンススクールにいる他の受講者は「キラキラした人たちばっかりで『自分とは違う世界の人だ』」と感じており、アナウンサーという仕事に限定するのではなく、幅広い業種に視野を広げて就職活動することにした。唯一、NHKのアナウンサーについては「取材をして制作をして編集をして、そして最後に自分の言葉で伝えることができる。その姿は、これまで私が充実感を覚え、楽しいと思えたジュニア記者時代の体験と放送部時代の体験に通じるものを感じた」ため、アナウンサー試験はNHKのみ、もしダメだったらアナウンサーの道はあきらめて違う道に進もう、という気持ちで受験し合格[6]2012年、アナウンサーとして入局[13]。研修後、熊本放送局に配属。

2014年、春の人事異動で、熊本放送局から福岡放送局へ異動(転勤)になることを自ら公表した[14]。2015年から担当した「ロクいち!福岡」を一緒に担当した井上二郎チーフアナウンサーから、放送に臨む姿勢を教わる[6]

2016年、春の人事異動で、福岡放送局から東京アナウンス室へ異動(転勤)。桑子真帆の後任として『ブラタモリ』を担当[15]、4月30日放送回より出演。

趣味・特技[編集]

好きな食べ物は、グミ水あめ

特技は、書道電子オルガン[3]料理、街歩き[13]。片えくぼができることを自慢している[3]。また、1人で美術館に赴き、岡本太郎作品を鑑賞したり、ボディビルコンテストを見に行くこともあるという[5]。九州での勤務の間に趣味になったものもいくつかあり、幼少期に「ひとりでできるもん!」(NHK教育)が大好きだったとはいえ、学生時代には料理を作ることには全く無縁だったものの、熊本局、福岡局勤務の間に仕事で陶器市や窯元を訪れる度に自宅に陶磁器が増え、「眺めているだけじゃもったいない」と一念発起、そのうち料理にのめり込み、現在では「仕事帰りにほぼ毎日、スーパーに寄って食材を選ぶのが楽しい」「今では食べるよりも作る方が好きなぐらい」とのこと。また温泉好きになったのも、多様な泉質の掛け流しの温泉に低価格で入る事が出来る九州での経験が大きかったという[6]

リフレッシュ術として、髪を切ってもらう、カラオケで熱唱することをあげている[3]

愛車は四輪駆動車である[16]

現在の担当番組[編集]

過去の担当番組[編集]

熊本放送局時代
福岡放送局時代
  • NHKニュースおはよう日本
平日5:00〜6:25(2014年9月1日 - 5日、2015年1月5日 - 9日、1月13日 - 16日)
(いずれも鈴木奈穂子の休暇に伴い、寺門亜衣子が6:30〜7:45時間枠の代理を務めたことによる代理キャスター)
土曜日6:00〜7:30【全国版】、7:30〜8:00【関東甲信越】(2015年1月17日)
和久田麻由子阪神・淡路大震災20周年報道で神戸市から中継を務めたことによる代理キャスター)
12時15分〜12時20分の福岡ローカル枠(井上二郎と交互に出演)
東京アナウンス室時代
  • 2016年4月熊本地震発生直後、勤務経験のある熊本局に応援で派遣され、災害情報を中心にローカルニュースを担当した。
  • ニュースウォッチ9 (フィールドリポーター) (田中泉夏期休暇に伴う代理リポーター) (2016年7月12日~7月22日) 
  • ひよっこ1週間/5分でひよっこ」(ナレーター:2017年4月9日 - 2017年10月1日)
  • NHKニュースおはよう日本 (キャスター) (和久田麻由子夏期休暇に伴う代理キャスター) (2017年9月19日~9月29日・土日祝除く)
    • まちかど情報室(新井秀和と隔週交代・2016年4月11日 - 2017年3月31日) 
  • 第48回衆議院議員総選挙開票速報 比例代表担当(2017年10月22日)

同期のアナウンサー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「ブラタモリ 10 富士の樹海 富士山麓 大阪 大坂城 知床」, 角川書店, (2017) (2017-09-15発行), p. 57, ISBN 978-4-04-105810-7 
  2. ^ ブラタモリ富士樹海編?7/27にタモリさんが富士吉田で撮影ロケ
  3. ^ a b c d e 近江友里恵 NHK ONLINEアナウンスルーム
  4. ^ 近江友里恵|ロクいち!福岡ブログ:NHK
  5. ^ a b “ブラタモリ「近江友里恵アナ」ドジっ子の秘密はボディビル”. Smart FLASH (光文社). (2016年7月23日). https://smart-flash.jp/showbiz/joshiana/10076 2017年9月10日閲覧。 
  6. ^ a b c d e アナウンサー仕事の流儀 インタビュー 近江 友里恵 他人事に聞こえてしまわないように、信頼あるアナウンサーに”. NHK. 2017年9月11日閲覧。
  7. ^ 第52回NHK杯全国高校放送コンテスト 岩手県高等学校文化連盟放送専門部資料
  8. ^ 2012年内定者 テレビ朝日アスク
  9. ^ 初めてのラグビー生観戦!ラグビーの魅力に迫る!初めてのラグビー生観戦!ラグビーの魅力に迫る!(続編) 早稲田ウィークリー バックナンバー
  10. ^ SIFE World Cup 2011 報告書
  11. ^ Enactus Waseda 2011年度のメンバー紹介
  12. ^ PPRS Members 公共政策研究ゼミナール PPRS のホームページ
  13. ^ a b 近江 友里恵(おうみ ゆりえ) NHK福岡放送局 アナウンサー・キャスター
  14. ^ NHK熊本放送局アナウンサー・キャスター 近江友里恵 NHK熊本放送局アナウンサーページ【Web魚拓による保存措置】
  15. ^ 「ブラタモリ」桑子アナ、NHK報道の顔に!4・4新番組に抜てき サンケイスポーツ
  16. ^ 熊本放送局HP アナウンサー・キャスター 近江友里恵 2014年1月1日更新分
  17. ^ 新人アナウンサーは最初に必ずこの番組に出演することが慣例となっている。
  18. ^ 旅:行ってみたい! 「恵みあふれる 湧水(ゆうすい)の村」(熊本県・産山村) ゆうどきネットワーク 2012年9月25日
  19. ^ ガレッジセールのスゴ旅 熊本編 きん☆すた

外部リンク[編集]

先代:
-
ロクいち!福岡
女性キャスター
近江友里恵
2015年4月 - 2016年3月
次代:
林田理沙
先代:
桑子真帆
ブラタモリ
3代目アシスタント
近江友里恵
2016年4月 -
次代:
-