松倉悦郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松倉 悦郎(まつくら えつろう、1946年1月24日 - )は、元フジテレビアナウンサー、現在は浄土真宗本願寺派僧侶。僧としての名は「結城思聞(ゆうき・しもん)」。義父は仏教学者結城令聞

来歴・人物[編集]

埼玉県出身。早稲田中学校・高等学校を経て早稲田大学第一文学部卒業。早大時代はハワイアンバンドの司会者を務め、当時同大モダンジャズ研究会で同じく司会者を務めていたタモリにアナウンスの指導を行ったとされる[1][2]

大学卒業後、1968年にフジテレビに入社。入社後はプロ野球バレーボールなどスポーツ中継を担当するかたわら、「3時のあなた」や「小川宏ショー」の司会を歴任した。明治神宮野球場横浜スタジアム読売ジャイアンツ戦のメイン実況アナウンサーだった。

2002年春に依願退職後、妻の実家である兵庫県姫路市の不動山善教寺浄土真宗本願寺派)の僧侶になった[3]

フジテレビ在籍時に同僚時代をおくった岩佐徹露木茂能村庸一は松倉の5年先輩で、永島信道浪久圭司盛山毅は4年先輩、大林宏野間脩平は2年先輩、須田哲夫は彼の3年後輩である。

同期入社は逸見政孝山川建夫竹下典子坂井義則など。文化放送出身の鳥居滋夫は大学の12年先輩。元福島テレビアナの原國雄および元毎日放送アナの板倉俊彦は松倉や逸見と同じくアナウンス研究会の同期。板倉は松倉とは生年月日も全く同じである。

フジテレビ退社後も僧侶のかたわら、アナウンサーとしての経験(ワイドショー司会、スポーツ実況)などから講演活動を行うことも多い。

同期入社の逸見政孝は早稲田大学時代の同期でもあり、友人である。松倉は逸見の臨終を看取ったことでも知られ、葬儀では弔辞を読んだ。

2004年3月には「値遇(ちぐう)~私を変えた仏縁・人縁~」(ソニー・マガジンズ刊)を出版。

過去の担当番組[編集]

ゲスト出演[編集]

スポーツ中継で実況を担当した試合[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 司会をやりはじめる - タモリ先生の午後2007(ほぼ日刊イトイ新聞)
  2. ^ 大タモリ年表#1 - MATOGROSSO
  3. ^ “フジTV松倉アナが退職して僧侶に”. ZAKZAK (夕刊フジ). (2002年1月25日). http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2002_01/g2002012505.html 2012年12月26日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]