お笑い第二世代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

お笑い第二世代(おわらいだいにせだい)は、1970年代デビューしたお笑い芸人の俗称。

概要[編集]

1980年代前半、『花王名人劇場』、『THE MANZAI』(ともに関西テレビ制作・フジテレビ系列)などの番組から、B&Bを筆頭に漫才ブームと呼ばれる漫才コンビの一大ムーヴメントが起き、それまでの萩本欽一ザ・ドリフターズに代わって新世代の芸人達がテレビの主役となった。

1980年代からは『オレたちひょうきん族』、『笑ってる場合ですよ!』、『笑っていいとも!』などの番組を中心に、新たな笑いの時代が到来。吉本興業松竹芸能などの関西のプロダクションも、大阪限定の活動ではなく、東京中心に次第にシフトしていった。

なお、「漫才ブーム」とは1980年代前半のごくごく短期間に起きたブームであり、この「お笑い第二世代」とは別物であるとも言える。漫才ブームはあくまで漫才のブームであり、第二世代ではコントグループやピン芸人などが台頭している。

この「第二世代」というネーミングは、1990年代末期から2000年代前半にかけて、メディア雑誌等で「お笑い第三世代」(1990年代前半に台頭した芸人)を定義付けた後、それを中心に世代別区分化が進められた際の造語レトロニム)であり、当時実際にメディア上で「第二世代」と呼ばれていた訳ではない。

代表的なタレント[編集]

結成・入門・もしくはデビュー順(所属事務所・所属協会は当時)

1970年
1971年
1972年
1973年
1974年
1975年
1976年
1977年
1978年
1979年
1980年

※ とんねるずは、師匠がいない(お笑い第二世代の定義の一部に該当しない)ため、お笑い第三世代に当たるが、売れ始めた時期が80年代(漫才ブーム)で、お笑い第二世代の芸人と重なるため、また、デビュー年が山田邦子と小柳トムと同じであるため、お笑い第三世代ではなく、お笑い第二世代に含まれることもある。

第二世代芸人が活躍したテレビ番組[編集]

関連人物[編集]

関連項目[編集]