タモリステーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ミュージックステーション > タモリステーション
報道ステーション > タモリステーション
タモリステーション
TAMORI STATION Logo.jpg
番組タイトルロゴ
別名 タモリSTATION
ジャンル 特別番組
教養番組
司会者 タモリ
ナレーター 中里雅子
大海吾郎
製作
製作総指揮 早河洋
若林邦彦(統括)
プロデューサー 樋口圭介(ゼネラルプロデューサー)
制作 テレビ朝日
放送
放送チャンネルテレビ朝日系列
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2022年1月28日 - 不定期
放送時間20:00 - 21:54
放送分114分
タモリステーション - テレビ朝日
番組年表
関連番組ミュージックステーション
報道ステーション
テンプレートを表示

タモリステーション』は、テレビ朝日系列で2022年から放送されている、タモリ司会の特別番組報道特別番組)、かつ教養番組である。タモリ司会の同系列の音楽番組『ミュージックステーション』及び同系列の平日の最終ニュース番組の『報道ステーション』から派生している[1]。番組タイトルロゴおよび番組上の表記は『タモリSTATION』。番組の略称は『タモステ[2]

概要[編集]

タモリは2021年10月、延べ34年間にわたって『ミュージックステーション』の総合司会を務め、長期間にわたる同一番組への司会によるギネス世界記録に2回目の認定を受けているが、今回のこの番組では、自らの持つ知的好奇心をフルに生かし、旬の話題に鋭く切り込むという内容で展開される[1]

放送内容[編集]

第1回「〜二刀流 大谷翔平の軌跡〜」[編集]

第2回「〜欧州とロシアの挟間で ウクライナ戦争の真実〜」[編集]

  • 2022年3月18日 20:00 - 21:54(JST) テレビ朝日系列全国ネット[10][11][12]。生放送[4]
  • 平均世帯視聴率13.5%、個人視聴率7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地方)[13]
  • 司会:タモリ
  • 解説:小泉悠東京大学先端科学技術研究センター専任講師)、兵頭慎治(防衛省防衛研究所[2]
  • 中継:大越健介(報道STATIONメインキャスター)
  • アシスタント:大下容子(テレビ朝日アナウンサー)、小木逸平(テレビ朝日アナウンサー)
  • 放送内容:ロシアのウクライナ侵攻の"真実"をテーマに、緊急生放送で放送[4]ウクライナの現状や、ロシアが軍事侵攻に踏み切った背景など、通常の報道番組では伝えきれていない当事者たちの人物像、両国の歴史を深く掘り下げた。また、第1回の放送でナビゲーターとして登場した大越健介も出演し、国境地帯での取材内容などを、ポーランドから生中継でレポートした。このほか、キエフワシントン北京の各地と生中継を結びながら、ロシアのウクライナ侵攻の最新情報を送った[4][14]。また、タモリは途中、1時間以上も無言を貫き、話題となった。タモリは最後に「こうしている間も大勢の人がウクライナで亡くなっている、というより殺されているわけですから…いろいろありますけど、一日も早く平和な日がウクライナに来ることを祈るだけですね」と述べた。東国原英夫Twitterで「タモリさんが何も喋らない。2時間生OAで、確か3カ所程で一言二言。ハシビロコウの様に動かず、ある意味遺影の様だった。しかし、その存在感は半端無く、『沈黙』が逆に『雄弁』を物語っていた。昔、TVタックルに覆面で出た立川談志師匠を彷彿させた」と投稿した[2]

第3回「〜タモリ、カーリングを勉強する。〜」[編集]

スタッフ[編集]

第2回はスタッフロールを表示せず。
  • ナレーション:中里雅子大海吾郎
  • 構成:小野晋、小杉四駆郎、市川篤(市川→第3回)
  • TM:高田格
  • TD/SW:石井豪(第3回)
  • カメラ:宮内大翼
  • 照明:岡本勝彦(第3回)
  • 音声:猪俣晃(第3回)
  • VE:山本夏実(第3回)
  • 美術:小山晃弘
  • デザイン:森みどり
  • 美術進行:渡邊眞太郎、十時健太(十時→第3回)
  • 大道具:竹内俊彰
  • 小道具:中嶋誠宗(第3回)
  • 電飾:竹原詩音
  • アブスト:梶野明弘
  • モニター:三浦恵太
  • トラス(第3回):齋藤政利(第3回)
  • 装飾(第3回):宇都宮沙織(第3回)
  • メイク:飛田真知子(第3回)
  • 技術協力:テイクシステムズ、MJ、東京オフラインセンター、ロッコウ・プロモーション、共立ライティング、ピースリー本舗、miruca(共立・ピースリー・miru→第3回)
  • 美術協力:/tv asahi create、株式会社パティネレジャー(パティネレジャー→第3回)
  • CG・デザイン:清野啓太、青木崇、藤岡美栄子(青木→第3回)
  • バーチャルCG:加藤喬、時津魅羅、菊間俊介、小杉純子、寺門竜輔、辻聖太(時津以降→第3回)
  • EED:北澤孝司
  • MA:樋口奈巳(第3回)
  • 音効:矢部公英
  • TK:高橋由佳
  • 編成:柳井寛史、小宮立千
  • 宣伝:村上理絵(第3回)
  • ホームページ:櫻井健介
  • デスク:薮田早加
  • 制作協力:テレビ朝日映像文化工房u-com(u-com→第3回)
  • リサーチ・コーディネート:小谷野だいあ、大徳道行 Wonder Tours Inc.(共に第3回)
  • 協力:ジーワン、常呂カーリング倶楽部、常呂漁業協同組合、松平斉之、斉藤正美、SC軽井沢クラブ、HTB北海道テレビ(共に第3回)
  • 制作スタッフ:立花龍介、楠田康平、西本圭希、弘中葵、松本航和、山本翼、木村剛、甲斐小百合、平野達也、福田涼太、鈴木琢也(弘中・山本・木村・甲斐・平野・鈴木→第3回、平野→第1回はディレクター)
  • アシスタントプロデューサー:加藤卓也、堀切夕香子、鈴木園子、梶原亜季、河井丈郎(加藤・鈴木・梶原・河井→第3回)
  • ディレクター:菅原悠平、山田俊介、佐藤剛、大岩タカユキ、山本結城、芳賀善之、石永遊、今泰之、萩原正雄、片山陽、庄司金之助、岡田大輔、小泉貴子、今泉真由、笹森大玄(芳賀・石永・庄司・小泉・今泉→第3回)
  • チーフディレクター:長田誠(第3回)
  • プロデューサー:大沢解都、加藤暁史、齋藤隆平、木下智貴、陣代適、名古屋陵(木下・名古屋→第3回)
  • ゼネラルプロデューサー:樋口圭介
  • 統括:若林邦彦(第3回、第1回はプロデューサー・総合演出)
  • 制作協力:田辺エージェンシー
  • 総合演出:久保信広(第3回、第1回はチーフディレクター)、酒井秀行(第3回)
  • 制作総指揮:早河洋
  • 制作著作:テレビ朝日

過去のスタッフ[編集]

  • 構成:小野寺雅之(第1回)
  • TD/SW:時田将光(第1回)
  • 照明:舟越利紗(第1回)
  • 音声:細川美枝(第1回)
  • VE:齋藤弘幸(第1回)
  • デザイン:佐藤朝美(第1回)
  • 美術進行:寺岡悠介(第1回)
  • 小道具:高橋吉彦(第1回)
  • メイク:川口カツラ店(第1回)
  • 水墨画・題字:西元祐貴(第1回)
  • CG・デザイン:冨田良磨(第1回)
  • MA:寺田朋美(第1回)
  • 宣伝:岸田慎介(第1回)
  • リサーチ・コーディネート:岡本佳文、深作真紀(共に第1回)
  • 制作スタッフ:長嶺由一郎、石田涼子(共に第1回)
  • アシスタントプロデューサー:上田航平、小嶋悠介(共に第1回)
  • ディレクター:竹嶋正明、谷地俊太郎、青山賢治、岡田直也、渡邊崇、大野瑠哉、野呂優太、谷口治、比嘉孝之、本田健一、小畑祐紀(共に第1回)
  • プロデューサー:山下達也、窪田大吾、中丸徹(共に第1回)
  • 統括:秦聖浩、奥川晃弘、菰田勇男(共に第1回)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 大谷が北海道日本ハムファイターズ時代に監督を務めていた。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g タモリMCの大型スポーツ特番『タモリステーション』始動!大谷翔平、二刀流の軌跡に迫る, テレ朝POST, (2021-12-14), https://post.tv-asahi.co.jp/post-172382/ 2022年1月31日閲覧。 
  2. ^ a b c タモリ“無言”がメッセージだった? 「タモステ」の“聞く姿勢”に称賛の声 東国原英夫「沈黙が雄弁に」 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年3月24日閲覧。
  3. ^ 「タモリステーション」 平均世帯視聴率15・9% 大谷翔平の二刀流の軌跡に迫る - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年3月24日閲覧。
  4. ^ a b c d “「タモリステーション」第2弾で大越健介キャスターが緊迫の国境地帯を取材”. WEBザ・テレビジョン. (2022年3月14日). https://thetv.jp/news/detail/1075830/ 2022年3月18日閲覧。 
  5. ^ タモリ×大谷翔平! 怪物二刀流の軌跡&秘密に迫る 『タモリステーション』2022年1月放送(テレビライフ)
  6. ^ タモリ、憧れの王貞治氏と初共演で大興奮!「芸能界に入ってよかった」, テレ朝POST, (2022-1-21), https://post.tv-asahi.co.jp/post-175967/ 2022年1月31日閲覧。 
  7. ^ タモリも仰天!大谷翔平×ベーブ・ルース、100年の時空を超えた“意外な共通点”, テレ朝POST, (2022-1-24), https://post.tv-asahi.co.jp/post-176159/ 2022年1月31日閲覧。 
  8. ^ 大谷翔平、ドラフト舞台裏!タモリも感動した日本ハム球団渾身の“プレゼン資料”, テレ朝POST, (2022-1-28), https://post.tv-asahi.co.jp/post-176674/ 2022年1月31日閲覧。 
  9. ^ 表彰番組・事績 2022年日本民間放送連盟賞 日本民間放送連盟、2022年9月15日配信・閲覧
  10. ^ “「タモリステーション」第2弾は「〜欧州とロシアの挟間で ウクライナ戦争の真実〜」18日放送”. nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. (2022年3月10日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202203100000589.html 2022年3月11日閲覧。 
  11. ^ “「タモリステーション」第2弾を緊急生放送 ウクライナ侵攻の〝真実〟を特集”. SANSPO.COM. 産経デジタル. (2022年3月10日). https://www.sanspo.com/article/20220310-XENPXXCOCZNJBP66VD4BDK2HUA/ 2022年3月11日閲覧。 
  12. ^ “『タモリステーション』第2弾 タモリ、ロシアのウクライナ侵攻を生放送で読み解く”. ORICON NEWS. オリコン. (2022年3月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2227436/full/ 2022年3月11日閲覧。 
  13. ^ 司会タモリが無言貫き話題「タモリステーション」世帯平均13・5%の高視聴率 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年3月24日閲覧。
  14. ^ 『タモリステーション』第2弾、緊急生放送決定 ウクライナ情勢に迫る, テレ朝POST, (2022-3-10), https://post.tv-asahi.co.jp/post-180144/ 2022年3月18日閲覧。 
  15. ^ a b c d “タモリ、ロコ・ソラーレの故郷でメンバーと初ロケ!「彼女たちの強さの秘密がわかった」”. テレ朝POST. (2022年6月9日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-187525/ 2022年7月3日閲覧。 
  16. ^ a b c “タモリ×ロコ・ソラーレのスペシャル対談!知られざるチーム誕生秘話にメンバーも涙”. テレ朝POST. (2022年6月27日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-189158/ 2022年7月3日閲覧。 
  17. ^ a b c d e f “『タモリステーション』スタジオに巨大カーリングリンク出現!タモリ「これはスゴイ」”. テレ朝POST. (2022年6月22日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-188731/ 2022年7月3日閲覧。 
  18. ^ “タモリ、カーリング初体験で奇跡のスーパーショット!「明日は筋肉痛確定です」”. テレ朝POST. (2022年7月1日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-189621/ 2022年7月3日閲覧。 

外部リンク[編集]