トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
トリビアの泉
〜素晴らしきムダ知識〜
Wangan Studio.jpg
ジャンル 雑学番組 / バラエティ番組
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
演出 木村剛・塩谷亮(共にフジテレビ)
監修 唐沢俊一スーパーバイザー
プロデューサー 増谷秀行ザ・スピングラス /
坪井貴史CP、フジテレビ)
出演者 タモリ[1]
高橋克実
八嶋智人
ほか
出演者を参照)
ナレーター 中江真司(初代)
大友龍三郎(2代目)
窪田等(3代目)
音声 モノラル放送音声多重放送
影のナレーションを参照)
字幕 文字多重放送
オープニング テーマ曲合唱:たまりの
エンディング 音楽堂島孝平
Fred JorioRomance
外部リンク 公式サイト
深夜・関東ローカル枠【第1期】
放送時間 月曜日 25:40 - 26:10(30分)
放送期間 2002年10月7日 - 2003年3月17日(20回)
ゴールデン・全国ネット枠【第2期】
放送時間 水曜日 21:00 - 21:54(54分)
放送期間 2003年7月2日 - 2006年9月27日
復活特別番組
放送時間 土曜日 21:00 - 22:54(第1回)
土曜日 21:00 - 23:10(第2回)
水曜日 21:00 - 22:48(第3回)
土曜日 21:00 - 23:10(第4回)
水曜日 21:00 - 23:13(第5回)
日曜日 21:00 - 23:30(第6回)((回数順)114分、130分、108分、130分、133分、150分)
放送期間 2007年1月27日(第1回)
2007年5月12日(第2回)
2007年11月28日(第3回)
2010年2月27日(第4回)
2011年12月21日(第5回)
2012年1月1日(第6回)(合計6回)
トリビアの泉〜素晴らしきムダ知識〜
映画アマルフィ 女神の報酬」で
久しぶりに「へぇ」SP
放送時間 土曜日 13:30 - 14:25(55分)
放送期間 2009年7月18日(1回)
もう○日寝るとお正月&トリビアの泉10周年SP
放送時間 水曜日 0:45 - 0:55
木曜日 0:10 - 0:20
金曜日 0:40 - 0:50
土曜日 0:10 - 0:20(各10分)
放送期間 2011年12月28日 - 12月31日(4回)

特記事項:
上記のスタッフは、特別番組(2012年1月1日放送分)現在
テンプレートを表示

トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』(トリビアのいずみ すばらしきムダちしき)とは、フジテレビ系列2002年から2012年の10年間にかけて放送されていた、世の中における雑学を紹介するバラエティ番組である。2002年10月から2003年3月までは毎週火曜日1:40 - 2:10(月曜深夜)にレギュラー放送されて、以後はゴールデンタイムに昇格され、2003年7月から2006年9月までは毎週水曜日21:00 - 21:54にレギュラー放送された。2007年以降からは特別番組として不定期放送されているが、2013年以降は放送されていない。字幕放送[2]音声多重放送副音声解説)、2010年のスペシャル放送からはハイビジョン制作が実施されていた[3]

通称は「トリビア」「トリビアの泉」。新聞などの番組表では、1行あたりの文字数(10文字程度)の都合により「〜素晴らしきムダ知識〜」が省略され「トリビアの泉」とだけ掲載されることが多い。[要出典]

目次

概要[編集]

生きていく上で何の役にも立たない無駄な知識、しかし、つい人に教えたくなってしまうようなトリビア雑学・知識)」を視聴者からの一般公募により、当番組でトリビアプレゼンター(司会)を務める高橋克実八嶋智人VTRにて紹介し、品評会会長のタモリを筆頭にゲスト品評会員らが品評していく。英語にある「trivia(「トリビア」)」とは、日本語で「雑学・些末な」という意味である。

評価・品評するメインコーナー「トリビアの泉」をはじめ、実用性はないが「明日人に教えたくなる」ような話題の提供をコンセプトに放送する。番組タイトル名は“トリビア”と“トレビの泉”のかばん語である。

当番組の制作・企画・構成に関しては、番組スタッフが飲み会中、ある番組スタッフの薀蓄話に別のスタッフが「へぇ」と答えたことに始まっている。また、当番組スーパーバイザーとして、番組のヒントになった『トンデモ一行知識の世界』 と『トンデモ一行知識の逆襲』の著者である唐沢俊一監修し、当番組に参加している。

2002年10月7日に深夜番組月深枠)として始まり、2003年3月17日まで深夜枠で放送。視聴率5%越えという1時台の深夜番組としては高視聴率を獲得した。その後、2003年7月2日から毎週水曜日21:00 - 21:54からのゴールデンタイムでレギュラー放送された。3か月間ブランクがあったのは、遅れネット局に配慮したためである。尚、ゴールデンタイム時代のレギュラー放送の初回(2003年7月2日)は、21:30 - 22:39に30分遅れの15分拡大で放送された。

2006年1月11日の19:00 - 22:48には過去最長の3時間48分の拡大版を放送。また、これまで放送される事がなかった19時台・20時台に初めて放送された。尚、この日の放送では、「トリビアの泉」「トリビアの種」共に、新作は一切取り上げず、過去のトリビアの総集編が行われた。

2006年9月27日の番組改編で水曜日21時枠のレギュラー放送を終了。発表されたトリビアは、深夜時代を含めて999個であった。2007年1月27日に『土曜プレミアム』(土曜日21:00 - 23:10[4])枠で、レギュラー放送終了後初めての特番が放送された。当初は同枠で約2か月に1回の放送が予定されていたが、ナレーターを務める中江真司の体調不良に伴い、実際には不定期になった[5]。また、3回目の放送となる2007年11月28日放送分は「土曜プレミアム」でなく、ゴールデン時代と同じ水曜日21時台の放送であった。

この3回目の放送から約1年8か月後の2009年7月18日に、映画『アマルフィ 女神の報酬』の公開を記念して、特別編が放送された。内容は映画撮影秘話が中心で、倉庫の片隅のような場所でビビる大木一人だけで品評を行った。

そして、2010年2月27日に約2年3ヶ月ぶりの復活として『トリビアの泉 へぇへぇの種で大満開 久しぶりにやったらギネスまでとっちゃったよSP』が放送された。番組冒頭では特別企画としてテレビアニメONE PIECE』とのコラボレーション企画が行われ、『ONE PIECE』の第1期オープニングテーマ「ウィーアー!」(歌 - きただにひろし、第1話 - 第47話)の映像の登場キャラクターを品評会会長のタモリ・トリビアプレゼンター(司会)の高橋克実、八嶋智人の3名に置き換えて新たに制作されたものが流された。この映像では麦わらの一味[6] が登場したほか、『ONE PIECE』のオリジナル声優である田中真弓モンキー・D・ルフィ役)、大塚周夫ゴールド・ロジャー役)、大場真人(ナレーター)がアフレコに参加した。これは八嶋によると、「2年3か月ぶりの放送なので、当番組を知らない小さな子供達のために作った」という。また、オープニングでは「フジテレビ開局51周年に放送する番組」とテロップが表示されていた。これについては、パネラーのビビる大木から「中途半端だな。何で(開局50周年にあたる)去年やらなかったんだよ」と突っ込まれていた。視聴率はスペシャル番組としては最高となる20.1%を記録した。

2012年で深夜時代から数えて番組生誕10周年を迎えた。これを記念して、2011年12月21日は深夜時代と全国ネット(ゴールデン時代)も含めた総集編『トリビアの泉 10周年「へぇ」祭りはベストオブベストで!承知しましたSP』が放送され、2012年1月1日はオール新作放送の『トリビアの泉 10周年! あけましてムダ知識SP』が放送された。元日特番が放送されるのはゴールデン時代以来のことであるが、これ以降特番での放送は行われず、実質上番組は終了した。

番組構成[編集]

番組開始当初より2004年までは番組冒頭にSF作家アイザック・アシモフの発言とされる「この地球でトリビアを増やすことに喜びを感ずるのは人間のみである」や「人間は無用な知識が増えることで快感を覚えることができる唯一の動物である」を引用し、番組コンセプトと結びつけた。[要出典]

2005年1月以降レギュラー放送終了まではこれに代わり、同様の目的で哲学者アリストテレスの『形而上学』第一巻冒頭の文「全ての人間は生まれながらにして知ることを欲する」(980a) を引用した。

この番組に使われるBGMは、クラシック音楽やオペラ音楽、紹介する「トリビア」にちなんだものが多い。また、番組の趣旨が「知識の品評会」のため、パネラーたちは皆正装しなければならない。主として男性はスーツ、女性はドレスなどを着る。

画面左上には必ず赤字の明朝体で「明日使えるムダ知識をあなたに」とテロップが表記されている。

主なコーナー[編集]

ゴールデン枠でのレギュラー放送終了後、不定期のスペシャルでも継続して放送されているのは、『トリビアの泉』、『トリビアの種』と『おさらいトリビア』のみである。

トリビアの泉[編集]

当番組のメインコーナー。番組の視聴者から投稿された「知っていても人生の役に立たない、でも知っていたら楽しい」「明日人に教えたくなるような雑学・知識=情報を元に「トリビア」となりうる雑学を紹介し「確認VTR」を使って、「トリビアプレゼンター」(司会)の高橋克実、八嶋智人がユーモアを交えつつ紹介するコーナー。タモリを筆頭とする「トリビア品評会」の面々が品評していく。

スタジオでは「トリビア」を紹介する2人の司会者「トリビアプレゼンター」と「トリビア」を評価する「品評会会長」を始めとする5人のパネラー「トリビア品評会」が登場し、番組を盛り上げる。司会者は「補足トリビア」と称して「トリビア」に解説を加え、パネラーは「へぇボタン」を使って評価(番組内では「品評」と称す)する。1人につき「へぇボタン」を押すことが出来るのは最高20回。なお、へぇボタンの声は番組スタッフが出していたと言う。

構成としては、まず投稿者と「トリビア」の概要のみがVTRで紹介され、パネラーはそこで1回「品評」を行う。その後、「トリビア」の具体的な内容が「確認VTR」で紹介され、スタジオではパネラーが再び「品評」、「補足トリビア」へと移る。

「トリビア」の投稿は郵送および「トリビアの泉」ホームページで行われる。また、同内容の場合の採用には先着順であったが、視聴率上昇に伴い投稿数が増え先着の判断が困難となってからは抽選となった。時折「あの人からのトリビア」と称し、有名人、芸能人、著名人から「トリビア」が送られることがある。「トリビア」の中には「っぽく見える」、「っぽく聴こえる」などシリーズ化したものがある。

番組終了の時期になると、他局のバラエティ番組で数カ月前に放送された情報が「トリビア」として紹介されたりもした。[要出典]

確認VTR[編集]

VTRの基本構成は詳細を知る人物(大学教授など専門家や当事者、関係者)へのインタビューや証拠となる書物の引用などの後、「実際にご覧下さい」「実際にやってみた」などのテロップを挟んで記録映像や実験映像、イラストなどで紹介するというもの。インタビューでは「はい、確かに…(英語ではYes, that's right...)」で始まるのが決まり文句になっている。また、解説が長いと本人が話している最中に「要するに」とフェードアウトされることがある。稀に取材に伺った専門家もその事実を知らず、検証してから後日インタビューし直す場合もあった。一見不可能に見えることも再現したり、実験したりしてみせるのが特徴(例えば「古代オリンピックでは、全裸で競技を行う」という「トリビア」の時には、実際に野外で全裸で一般競技を行った。さすがにこの時は股間に黒丸テロップを被せていた)。これにユーモアを交え、時には本題とあまり関係のない事柄もネタとして取り入れる。

VTRには、特に実験を必要をする場合などスタッフが出演することが多い(原則、白衣を着用)。また、番組がゴールデンタイムに移行した後は「トリビア」内容とは直接関係のない人物を起用することもあり、大物タレントを出演させたりプロ漫画家の描いたイラストを使用するなどして「トリビア」を紹介する無駄な豪華さも見どころとする。これに対し、パネラーの1人であるビビる大木がツッコミや解説を入れることもあった。

洋画の一瞬の映像を使う際にスロー再生や一時停止が許可されなかったため、「大人の事情により映像を一時停止することが出来ないのでお手数ですが目を凝らしてご覧ください」とし画面上のどの辺りかを説明して繰り返し再生したり、「ゴールデンタイム番組にふさわしくない映像(例:放送許諾の得られなかった他局の映像など)」を使う際にモザイクをかけたりといったVTRも放送した。

「トリビア」の内容によっては稀に確認VTRがないこともある(単なる言葉遊びなど)。

補足トリビア[編集]

確認VTRに含まれない詳細や関連事項などを「補足トリビア」として、トリビアプレゼンター(司会)の1人である八嶋智人が説明する。確認VTRに大物タレントやプロ漫画家などを起用した際にはその人物も紹介し、時には宣伝も行う。

最後にもう1人のトリビアプレゼンター(司会)の高橋克実がその「トリビア」から思いついた一言を言い、「トリビア」紹介を締める(自身の頭髪や過去にまつわる自虐的な内容や下ネタが多いが、時には八嶋を皮肉る。内容があまりに酷だと八嶋が突っ込みを入れる場合もある)。この一言は番組内容を収録した『トリビアの泉 へぇの本』で「高橋語録」と称している(ただし、実際に番組内で高橋克実がトリビアの最後に言った言葉と『へぇの本』の「高橋語録」での一言とが必ずしも一致するとは限らない)。稀にパネラーとのトークや「補足トリビア」で締めて高橋克実の一言が無かった事もあった。本題よりもこの「補足トリビア」で得点が入ることは多々ある。

品評[編集]

紹介された「トリビア」に対し、「品評会会長」のタモリを含む5人のパネリストからなる「トリビア品評会」が「トリビア」の驚き、意外性、また「確認VTR」の面白さなどを感銘度とし「へぇボタン」と称するボタンを押して評価する[7]。基本的には「確認VTR」を見ている最中に「へぇボタン」を押す事は出来ない(八嶋がパネリストに対して「まだ押さないで下さい」となだめた事がある)。パネリストは感銘度を「へぇ」という単位に換算し、「へぇボタン」を1回押すごとに「1へぇ」ずつ得点をつけることができる。しかし、実際にはいつでも押すことができるため「トリビア」にほとんど関係の無いトークの場面で押される場合も多々ある。1人につき「20へぇ」が与えられ、その合計値で「トリビア」の優劣をつける。「20へぇ」の評価で「満へぇ」となり、5人全員が「満へぇ」、つまり合計「100へぇ」で満点となる。賞金は1へぇごとに100円であり、満へぇは10倍の賞金10万円である。

ゴールデンタイム移行後は初回のみ紹介されたすべてのトリビアに、二回目以降は合計「80へぇ」以上の評価が出た場合、品評会会長から商品が授与されるがその「トリビア」にちなんだギャグによって会長が商品を決めるため、実用性が低いものが多い。「品評会会長」はタモリであり、ゴールデン移行後はその厳しい評価のため高得点が出にくい傾向にある[8]。「品評会会長」のタモリのみ「へぇボタン」の色が白色である。スペシャル版はパネリストが10人に増え(「満へぇ」は合計「200へぇ」になり、賞金は20万円である。)、「150へぇ」以上の評価で粗品がもらえることもある(『土曜プレミアム』の放送においては、「160へぇ」以上で粗品)。

品評会員ごとの「へぇ」の得点、および合計値はそれぞれスタジオの電光掲示板に表示される。品評員席の表示は通常は白、「満へぇ」になると赤になる。合計値の表示は深夜番組時代は白のみだったが、ゴールデン移行直後は値が増えるにつれて紫→青→水色→緑→黄色→オレンジ→赤(100へぇ)と変わっていく方式に。後に色の変化は不規則になる。「100へぇ」を達成すると電光掲示板の下にある噴水口から100円玉が100枚出るという仕掛けがある。「へぇボタン」はゴールデンでの名称だが、深夜番組時代は「へぇスイッチ」という名称だった。2006年1月18日放送分より誰か1人でも満へぇが出るとパネラー席後ろのランプが不規則に点滅するようになった。満へぇになってもへぇボタンを押すこともできるが(「へぇ」の音声は無く色が発光するのみ)、21へぇ以上は得点として加算されない。

すべての放送において、満へぇを獲得した作品は1つもなかった。歴代最高へぇは、深夜時代が99へぇ、ゴールデン通常放送が98へぇである(詳しくは後述)。

トリビアの種[編集]

視聴者から「調べてみることでトリビアになりそうな日常の疑問」を公募し、「世間ではバカバカしくてやっていないような素朴な疑問」を調査・実験など実際やったらどうなるかを当番組スタッフが検証し、明らかにする。その検証VTRに対して意外性、内容の充実度、検証の労力などを感銘度とし、品評会会長のタモリがレバーを引いて評価をする。番組がゴールデンタイムへ移行した2003年7月2日放送分から開始した。

感銘度は「一分咲き」から「九分咲き」および「満開」の10段階で表し、「満開」へ近づくほど感銘度が高いことを示す。2004年2月18日放送分までは「一分咲き」・「三分咲き」・「五分咲き」・「八分咲き」・「満開」の5段階評価だったが、タモリが八分咲きを連発したことで本人の意向により同年2月25日放送分からは「二分咲き」・「四分咲き」・「六分咲き」・「七分咲き」・「九分咲き」が加わり10段階に変更した。品評会会長のタモリが独断と偏見で「何分咲きの花になったか」を手元にあるレバーで評価し、レバーを引くとスタジオ後ろに控える多数のエキストラ[9] がそれぞれ手に掲げたパネルを裏返し、「○分咲き」および「満開」の花が描かれたイラストを作る。「満開」が出た時はさらにパネルが裏返り、「やったね!」の文字が現れる。パネルの動きが遅かったりパネルの向きが間違っていたりすると、八嶋による指摘を受けることがある。大抵の評価は「八分咲き」以上だが、まれに「五分咲き」や「七分咲き」が出たこともあった。尚「『へぇ』の本」では、「10段階になってから満開が出にくくなった」と記述されている。

視聴者から送られてきたはがきやメールなどは全部、トリビアプレゼンターの八嶋が読むが必ず読み始める冒頭は「タモリさん、高橋さん、八嶋さん、こんばんは」から始まる。「こんばんは」の後3人も「こんばんは」と答えるが、八嶋だけカメラ目線になっている。

当初は10分程度のコーナーだったが次第に放送時間が長くなり、ときには2本立て・3本立てで放送されることもあり、番組のメインであるトリビアの紹介よりも放送時間が長くなることがある。ゴールデン後期や単発特番の際の番組表の文章も、種の予告の分量が多いことがあった。2010年2月27日放送分のスペシャル放送では6本立てであり、トリビアの種が中心の番組内容であった。さらに、2012年1月1日放送分のスペシャル放送でも7本立てであった。

当コーナーが行われるのは番組後半が多いが、たまに、番組前半に行われることがある。また、2005年1月19日から「ガセビアの沼」が番組後半に行われるようになってからは、当コーナーは番組前半に行われている。

コーナー冒頭に司会の高橋が小説・映画・漫画・アニメ・歌などのセリフや歌詞の一節を言うことが恒例である。しかし、大抵の場合タモリと八嶋には無視される(一呼吸おいて八嶋が「はい、それではさっそくトリビアの種をご紹介しましょう」と言う)。また高橋が「私に品評してほしい」「いつになったら私に品評させてもらえるんでしょうか」と八嶋に頭を下げて誓願するも、八嶋が「顔を上げて下さい。駄目なものは駄目です」などと軽くあしらうというやり取りも恒例である。

また、トリビアの種の紹介の時、データを数値にするトリビアの種の場合は、〇〇(数値の部分)の事を八嶋が「アッー!」等を叫んだりする。

そして、実験によっては万全の安全対策で行わなければいけないものも少なくないため、八嶋がコーナーの最後に「皆さんは、絶対に真似しないで下さい」と注意をするが、タモリが(時には高橋も)「真似出来ない」とツッこむのも恒例となっている(時には、完全に無視することもある)。

「トリビアの種」はシリーズ化する傾向が多く見られ、ベン・ジョンソンジェファーソン・ペレスが検証に参加する「スポーツシリーズ」、等身大ペッタン人形を高層タワーから落とし、タワーから離れる前までの距離を測る「ペッタン人形シリーズ」日本刀ピストルなどと勝負をする「対決シリーズ」、雑種の犬が血統種(特別な訓練された犬)の犬と同じことができるかを検証する「雑種犬シリーズ」などがある。「雑種犬シリーズ」は後にやらせがあったことが明らかになっている。

ガセビアの沼[編集]

「トリビアの泉」に投稿された情報のうち、全くの嘘やガセネタであったものを「ガセビア」として紹介する。誤解している人が相当数存在する当たり前の知識・急に広まった都市伝説の類を主に取り扱い、間違いを正す。タモリ、高橋、八嶋のトークを交え、通常の「トリビアの泉」と同様のVTRを使ってガセネタであることを示す。「トリビアの泉」「トリビアの種」とは対照的なコーナーでもある。放送期間は2005年1月19日放送分から、当番組(レギュラー放送)最終回の2006年9月27日放送分まで。

元々は2005年1月1日放送分『あけましてムダ知識スペシャル』から開始予定だったが、約2週間後の1月19日に延期される。当初は毎週放送されていたが、2006年に入ってからは休止されることがほとんどで、一時はコーナー自然消滅とも言われた(2006年8月9日放送分から復活)。コーナーの最初に、タモリが「ガセビア、それはトリビアとは似て非なる全くのデタラメ」と呟く。すかさず八嶋が「このコーナーは(orこの「ガセビアの沼」はorここは)二度とガセビアが使われることのないよう、永遠に葬り去る場です」と解説したあと、高橋が「深いです」と言うのが恒例となっている(ただし、本当に深いかは不明)。なお、初期にはその後でタモリも「怒ってます」と続いたことがあった。確認VTRのインタビューでは、トリビアでの「はい、確かに…」に対して「(いいえ、)それは全然違います」で始まるのが決まり文句となっている。中盤からは「…というのは間違っています」で終わる事が多くなっている。

確認VTRの最後には女優の緒川たまきが出演する東海テレビ制作の昼ドラ風のショートドラマが挿入される。ドラマは、「これ(ガセビア)を使うと…」というナレーションの後、銃で撃たれたように画面に穴があいて粉々に砕け、「ガセビア」とは全く関係のないシチュエーションで緒川が「ウソつき」と一言だけ発し、画面が暗転、「ウソつきになりますので、ご注意下さい」[10] というテロップとナレーションが出てくるという非常に短いものであった。本来の目的は「ガセビア」を使わないよう注意することであるが、タモリ・高橋・八嶋がこの「ウソつき」のセリフの言い方を大変気に入ったため「ガセビア」の内容そっちのけで「ウソつき」の前後のシーンで盛り上がることもしばしばで、回を追うごとにドラマのシーンが長くなっていった。最後には高橋の「ガセビアよ、さらば!」の合図とともにタモリがガセネタが書かれたハガキ(応募者はトリビアと思って投稿している)をスライム製の沼に沈めて終了。放送初回のみ緑に着色した水でブクブクしていた。スライムに変更したあともブクブクしているためスライムに穴がある。開始当初、ガセネタが完全に沈むまでにかかる時間は15秒前後であったが、司会者による「ウソつき」の妄想が長くなっていったため次第に短くされた(最終的には5~9秒)。BGMはダニエル・リカーリの『ふたりの天使〜ひとつの声のためのコンチェルト〜』だった。

最初は通常の「トリビアの泉」と同様に投稿者名を公表していたが、第2回目以降は投稿者名部分にモザイクをかけ、下段に「ガセビア投稿者の気持ちを考慮し 氏名は伏せさせていただきます」と注釈を入れている(「へぇの本」掲載時は第1回の投稿者名も「三重県出身・××さん」と伏せられた)。

このコーナーでは、「トリビアの泉」・「トリビアの種」とは対照的に、画面左上には紫字の明朝体で「明日使えないウソ知識に注意」とテロップが表記されている。

当番組でガセネタと取り上げたことも、他局では本当のネタとして取り上げられたことがある。「CDを冷やすと音質が良くなる」は当番組ではガセネタであったが、過去に日本テレビ系列「伊東家の食卓」が放送した裏ワザコーナーでは真の情報として、「『ぐっすり』はGood Sleepから来ている」もガセネタだったが、当時の放送日より1週間前にやはり日本テレビ系列教養・バラエティ番組「世界一受けたい授業」で本当のネタとして放送された。あるいは、一つの説として広く流布しているものの、学問の世界では殆ど支持されていない、あるいは一般的な学説に照らし合わせると矛盾が生じる、という理由でガセとして否定されたケースもある。[要出典]

おさらいトリビア[編集]

番組の最後(エンディング/ 当番組のスタッフエンドロール部分)に、各放送回に紹介した「トリビア」の概要を得点の低いものから順に放送する。また、確認VTRに登場した声優やナレーターがナレーションを務め、「トリビア」の内容を読み上げるといった「お遊び」の要素も。ゴールデン移行当初から放送し、後に不定期での放送となる。

BGMは通常 フレッド・ジョリオの『Romance』だが、一時期DJ Gert & M. Woodsの『Once Upon A Time In The West (DJ Gert vs DJ Conka Opera Mix)』が使用されていたこともあるほか、『まんが水戸黄門』のオープニング曲『ザ・チャンバラ』、反町隆史の『POISON』など、紹介したトリビアにちなんだ曲に変更されることもある。2005年頃は『ニャホニャホタマクロー(かつて『みんなのうた』(NHK) で放送された『ラジャ・マハラジャー』の替え歌)』がほぼ毎週使われていた。

2006年7月5日と7月26日にはClassの『夏の日の1993』がBGMにフルコーラス使われたが、放送回のおさらいトリビアの後、長いのでスタッフロールの上に前回のおさらいトリビアも流れた。その際はClassの2人が砂浜で歌い、小窓でおさらいトリビアが流れた。

はぁ〜のコーナー[編集]

「トリビアの泉」に投稿された情報のうち、「へぇ」とすら言えない通常の「トリビアの泉」で扱うに至らないものをピックアップして紹介する。タイトルの「はぁ〜」はためいきを表す。2002年10月からの深夜番組時代に番組最後に不定期に放送し、2003年3月、ゴールデンタイム移行までに終了(「一番むかつく「はぁ〜」は……」と言うトリビアも放送された)。

流れとして、タイトルコール後に高橋と八嶋がネタのハガキを見て「はぁ〜」とため息をつき、ハガキをテーブルに置いた後「はぁ〜」なネタに文句を言いながらカメラからフレームアウトし、その後ネタのハガキをカメラで映してどんな内容だったかが分かる(主に下ネタ系が多い)。

影のナレーション[編集]

2006年3月15日放送分より、メインのナレーションとは別に副音声付放送で並行して別の声優やタレントがナレーションを担当する『トリビアの影のナレーション(影ナレ)』が行われた。地上デジタル放送ではモノステレオ放送で実施されていた。

“影ナレ”はメインのナレーションをベースに、その担当者が過去に演じた有名なキャラクターなどを暗示させる演技や語尾などのアレンジを加える。完全に副音声のみではなく、そのキャラクターの関連BGMと共にシルエット(実在する人物についてはシルエットではない)を出す紹介コーナーが番組中に何度か挿入される。また、番組中に別の“影ナレ”と交代する場合があり、その際はキャラクター同士で何かしらのやり取りをする。

エンドロールには「影のナレーション:???」としかクレジットされず、キャラクター名や著作権者の明記や(C)のマークの表記はない。しかし、「トリビアの種」内では影ナレを担当した声優本人及び実名が出たことがあった。

地上アナログ放送の音声多重放送デジタルチューナーが二重音声に対応していないといった受信環境や、一部のネット局設備で副音声に対応していないといった送信側の事情がある場合、紹介コーナー以外聞くことができない。北海道文化放送では札幌地区以外は番組が放送終了するまでは音声多重放送を実施していなかった。また、テレビ山口では当初“影ナレ”に対応していなかったが、2006年4月放送分から対応した。特番時代からは不定期で音声多重放送に対応する形になった。

  • 以下に"影ナレ"として登場した声優を記述する。
放送日 声優 シルエットに隠されたキャラクター
2006年3月15日 肝付兼太 骨川スネ夫:『ドラえもん
2006年3月29日(2回目)
2006年4月19日(3回目)
2006年4月26日(4回目)
2006年9月27日(5回目)
2006年3月29日 杉山佳寿子 ハイジ:『アルプスの少女ハイジ
2006年5月17日(2回目)
2006年5月24日(3回目)
2006年5月31日(4回目)
2006年6月14日(5回目)
2006年8月16日 コロ助:『キテレツ大百科
2006年4月19日 納谷悟朗 銭形警部:『ルパン三世
2006年4月26日 井上和彦 山岡士郎:『美味しんぼ
2006年5月3日 神谷明 ケンシロウ:『北斗の拳
2006年5月10日 八奈見乗児 ボヤッキー:『ヤッターマン
2006年5月24日(2回目)
2006年8月16日(3回目)
2006年5月10日 神代知衣 御坊茶魔:『おぼっちゃまくん
2006年5月31日(2回目)
2006年6月7日(3回目)
2006年8月23日(4回目)
2006年9月27日(5回目)
2006年5月17日 中尾隆聖 フリーザ:『ドラゴンボールZ
2006年6月7日 野村道子 源静香:『ドラえもん』
2006年9月6日(2回目)
2006年6月14日 池田秀一 シャア・アズナブル:『機動戦士ガンダム
2006年6月21日(2回目)
2006年6月21日 平野文 ラム:『うる星やつら
2006年7月5日(2回目)
2006年7月12日 古谷徹 アムロ・レイ:『機動戦士ガンダム』
2006年7月19日(2回目)
2006年7月12日 緒方賢一 獅子丸:『忍者ハットリくん
2006年7月26日(2回目)
2006年8月9日(3回目)
2006年8月23日(4回目)
2006年8月9日 森山周一郎 ポルコ・ロッソ:『紅の豚
2006年8月30日 雨宮玖二子 ガチャピン
2006年8月30日 松田重治 ムック
2006年8月30日 千葉繁 ナレーション他:『北斗の拳』
2006年9月6日 緒方恵美 碇シンジ:『新世紀エヴァンゲリオン
2006年9月27日 島本須美 ナウシカ:『風の谷のナウシカ
2006年9月27日 あおい輝彦 矢吹丈:『あしたのジョー
2007年5月12日 田の中勇 目玉おやじ:『ゲゲゲの鬼太郎
2006年7月26日 石丸博也 ジャッキー・チェン
2007年5月12日 ミラクルひかる
2006年7月5日 笑福亭鶴光
2006年7月19日(2回目)
  • 同じ日の放送で複数の担当者がいる場合は、基本的に一人ずつ交代で影のナレーションを担当している(ガチャピンとムックのみ一緒に担当)。
  • 千葉繁の場合は、キャラクターのシルエットでは登場しなかったが、途中から影のナレーションに登場した。

レインボ一発、あのトリビアは今[編集]

2005年11月16日、同局の報道番組FNNレインボー発』をもじった「レインボ・一発」(れいんぼ・いっぱつ)を放送した。

以前放送した「トリビア」が紹介され、その後の展開を紹介した。

Stardust Memory 〜言葉では伝えきれない映像〜[編集]

正式コーナータイトル名は「高橋克実のスペシャルコーナー Stardust Memory 〜言葉では伝えきれない映像〜」。

トリビアプレゼンター(司会)である高橋克実の持ち込み企画であり『土曜プレミアム』枠のスペシャル放送から登場。高橋が日常であまり見ることのない「言葉にできない」映像、また誰かに伝えたいけれども、上手く伝えられない「トリビア」を小田和正の「言葉にできない」に合わせて紹介(ことわざ「ヘビににらまれたカエル」を実際に行う、ガチャピンがアルバイトや地味な仕事をするなど)。コーナーの背景は銀河系をモチーフとしたCGをブルーバックで合成している。VTR後は品評会会長であるタモリ・トリビアプレゼンター(司会)である八嶋があきれて去った後に取り残された高橋が[ブラックホールに吸い込まれるという演出。なお、VTRのナレーションは通常ナレーションを行う中江ではなく、田中秀幸が担当している。

なお、2007年1月27日・5月12日のスペシャルのみで以後のスペシャルでは放送しなかった。

小さい“へぇ”見つけた[編集]

2007年11月28日の特別番組時に放送。

コーナー名の元ネタは唱歌「ちいさい秋みつけた」。少しなら、確実に「へぇ」と言える小さな雑学を紹介するコーナー。「トリビア」紹介は通常形式だが小さい「へぇ」であるので、品評は品評会会長のタモリだけが行い、「へぇ」数はボタンに付いた小さなパネルで表示された。

お年玉トリビア[編集]

「生さんま」のノボリを裏から見ると「生ちん毛」っぽく見える

2012年1月1日の特別番組時に放送。テレビで見せる程の「トリビア」では無い為、一部だけを紹介し、後は当番組専用ホームページにて24時間限定で紹介された。

禁断のトリビア[編集]

かりんとうを水に張った洗面器に一晩つけておくと朝ウンコっぽくなる

番組放送開始10周年目でテレビで言えなかった「禁断のトリビア」を2012年1月1日の特別番組時の放送内にて分けて紹介。全てのキーワードをつなげると「禁断のトリビア」が完成する仕組みとなっていたが、番組内では最後まで放送されず、最後の部分は当番組専用ホームページにて24時間限定で紹介された。

投稿者特典[編集]

投稿採用者には獲得した「へぇ」の数に応じた賞金が贈られる。通常は1へぇにつき100円(例として70へぇの場合、賞金は70へぇ×100円=7,000円)で、「満へぇ」(100へぇ)の場合は10万円となる。ただし、今までの最高は「99へぇ」で、「満へぇ」の出た「トリビア」は1つもなかった(10人の時は「198へぇ」)。ちなみに今までの最低は「12へぇ」である(ただし、「小さい"へぇ"見つけた」のコーナーを除く)。深夜時代のある「トリビア」で「99へぇ」まで行った時、最後の「1へぇ」を残したパネラーが「そこ(司会者が読んでいる紙)にない情報を教えてくれたら押す」などと言い結局押さなかったことがある。スペシャル放送(一部を除く)および『土曜プレミアム』枠での放送では審査員が10人に増やされ、最高は200へぇとなり、賞金は20万円である。

また、以下のトリビア投稿者にはそれに応じた景品も贈られる。

各放送回で最も多くの「へぇ」を獲得したトリビア(今週のベストオブトリビア)
脳をかたどった金色の「金の脳」が贈られる。「金の脳」は脳の部分が開閉できるようになっており、その中にメロンパンを収納できるメロンパン入れにもなっている。メロンパンである理由は単に「脳みそがメロンパンにも見える」からというだけのもので、深い意味はないと八嶋がコメント。2005年に「金の脳2005年モデル」にリニューアルされ、開き方が観音開きタイプからガルウィングドア(ランボドアともいう)タイプになり、2006年には「金の脳2006年モデル」にリニューアルされ、台座にアナログ時計が付いたものになる。2007年に、金の脳の蓋がついた茶碗になった(白子入れになっている)。ただし、「本日の金の脳」紹介時にテロップの背景に映される「金の脳」は旧タイプのまま。
例外として、最も高いへぇを獲得したトリビアであるにもかかわらず金の脳ではなく銀の脳が贈られたことがある。
高橋が個人的に最も気に入ったトリビア(マイフェイバリットトリビア、通称MFT)
脳をかたどった銀色のオブジェ「銀の脳」が贈られる。サイズは「金の脳」よりも小さい。高橋が個人の独断で選んだ「トリビア」に採用される為、「銀の脳」とはいうものの、2番目に「へぇ」を多く獲得した「トリビア」が選ばれるとは限らない(放送回で一番低いへぇだった「トリビア」が選ばれたこともある[11])。5個集めると金の脳と交換できるという、チョコボールのおもちゃの缶詰プレゼントに似たシステムになっている。2005年に「銀の脳2005年モデル」にリニューアルされ、ネックストラップがついたものになる。ストラップにはフジテレビのコールサイン「JOCX」の文字が書かれており、本来はフジテレビ関係者が使用する入構証ケースに付属して配布されるもの。また、2006年には「銀の脳2006年モデル」にリニューアルされ、台座にアナログ時計が付いたものになる。2007年には銀の脳の指輪(シルバーアクセサリー)になった。
また、インターネットオークションに獲得者が「銀の脳」を出品したこともあったが、いたずらの入札が絶えずこのオークションは取り消しとなった。
80へぇ以上を獲得したトリビア(一部) *満200へぇの場合は 150へぇ以上
タモリが選ぶ「粗品」が贈られる。トリビアにちなんだものやその「トリビア」から思いついた駄洒落から選ばれる。1回目の放送では80へぇ未満でも粗品が贈られていたが、2回目からは80へぇ以上で贈られるようになった。2004年からは駄洒落で粗品を選ぶことが多い。粗品は比較的安価なものが多く見受けられるが、以前にはカーナビフカヒレ自転車万年筆が贈られたこともあった。また、2003年10月22日に「桃太郎」に関するトリビアが放送され72へぇを獲得したが、なぜか80へぇを越えてないのに粗品が送られることもあった(この粗品が何かは不明)。なお、途中からへぇの数を表示する画面に小さく「粗品をお送りします」という文字が出るだけで、タモリが粗品を選ぶ場面が一切放送されないようになった。
トリビアの種採用者
純金製の小さな「金の種」が送られる。なお、換金はできない。

出演者[編集]

品評会会長(会長)[編集]

  • タモリ
    古今東西様々な「トリビア」に触れてきたパネリストの第1人者。タモリが品評会会長就任前の深夜放送時代に、タモリに関するトリビア[12]が放送されたことがある。採点には厳しく満点を一度も出したことがない。

トリビア プレゼンター(司会)[編集]

品評会会員(レギュラーパネラー)[編集]

ゴールデンタイム時代[編集]

  • ビビる大木
  • ベッキー
  • MEGUMI
  • 荒俣宏
  • 筒井康隆 (ゴールデン移行当初で荒俣宏の代役として)
  • 糸井重里 (ゴールデン移行当初)
  • はしのえみ (ゴールデン移行当初)
    タモリ・大木以外の品評員は不定期出演である。また、2010年2月27日放送分のスペシャル版では大木のポジションが2枠ではなく4枠であった。
主な席順
5枠
荒俣宏
糸井重里
または
男性ゲスト
4枠
ベッキー
MEGUMI
もしくは
女性ゲスト
3枠
ゲスト
2枠
ビビる大木
1枠
(会長席)

タモリ

深夜放送時代[編集]

主な席順
5枠
荒俣宏
または
小川仁志
4枠
はしのえみ
または
ベッキー
3枠
永井大
または
金子昇
2枠
MEGUMI
または
女性ゲスト
1枠
ビビる大木
第1回放送時は席順が反対であった。

ナレーター[編集]

初代

  • 中江真司(2002年10月7日 - 2007年1月27日、深夜・レギュラー放送)

2代目

3代目

  • 窪田等(2007年11月28日・2010年2月27日・2011年12月21日・2012年1月1日、特別番組 - )
    当番組の初代ナレーターは、中江真司だったが、静養のため2007年5月12日放送分では大友龍三郎が表のナレーションを担当した。その後、中江は2007年6月に亡くなり、2007年11月28日・2010年2月27日・2011年12月21日・2012年1月1日放送分の特別番組では窪田等[13] がナレーションを担当した。

その他

コーナー出演者[編集]

  • 緒川たまき
    レギュラー放送でのコーナー『ガセビアの沼』のVTRに2005年1月19日より出演。ただし、出演者・スタッフのエンドロールに出ていない。朝日新聞で読者から照会がありこの役について取材を申し込んだところ、「お答えできないんです。ごめんなさい」と断られたそうである。[要出典]
  • 牧原俊幸宮瀬茉祐子(共にフジテレビアナウンサー
    レギュラー放送でのコーナー「トリビアニュース」のニュースキャスターとして両名が担当
  • 田中圭
    2006年1月25日から、トリビア紹介の冒頭の映像や確認VTRにおいて何の脈絡もなく微笑みかける謎の青年として1 - 3回登場していた。
  • 山中秀樹(当時フジテレビアナウンサー、現在はフリーアナウンサー)
    番組中の訂正文や謝罪文などの読み上げ担当。この読み上げをネタとして使う場合も山中が行う。一般には翌週以降に行われるが、「訓読みの『訓』は音読み」というトリビアの時にはトリビア紹介後すぐに「わかりにくくて恐縮ですが」と補足説明のために登場した。

放送リスト[編集]

トリビアの泉[編集]

トリビアの種[編集]

ガセビアの沼[編集]

金の脳・銀の脳獲得作品[編集]

ネット局と放送時間[編集]

月深時代[編集]

『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 放送日遅れ
関東広域圏 フジテレビ(CX)
『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』製作局
フジテレビ系列 月曜日
25:40 - 26:10
北海道 北海道文化放送(UHB) 土曜日
13:30 - 14:00
20日遅れ
広島県 テレビ新広島(TSS) 月曜日
15:30 - 16:00
28日遅れ
新潟県 新潟総合テレビ(NST) 不明 フジテレビと同時ネット → 2003年1月から7日遅れ
中京広域圏 東海テレビ(THK) 24日遅れ
近畿広域圏 関西テレビ(KTV) [17] 83日遅れ
岡山県・香川県 岡山放送(OHK) 不明 22日遅れ
高知県 高知さんさんテレビ(KSS) 10日遅れ
福岡県 テレビ西日本(TNC) 9日遅れ
長崎県 テレビ長崎(KTN) 22日遅れ
熊本県 テレビくまもと(TKU) 24日遅れ
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) 56日遅れ
沖縄県 沖縄テレビ(OTV) 32日遅れ
補足
  • 1 2002年10月7日 - 2003年3月17日 毎週月曜日 25:40 - 26:10(JST)放送。
  • 2 フジテレビでの視聴率が高かったことから、初めは放送を検討していなかった関西テレビなどでも遅れて放送されるようになった。
  • 3 以上、フジテレビ及び遅れが6カ月以内(フジで放送があった期間内)の局のみ記載(単発放送局を除く)。
  • 4 2003年1月4日 15:15 - には初のスペシャルを放送した。このスペシャルは高知さんさんテレビ及び当時ネットしていなかった長野放送で放送され、当時ネットしていた各局でも遅れて放送された。
  • 5 また、当番組が後にゴールデンに進出し人気が上昇していくのを見て、テレビ静岡でもゴールデンの放送と並んで深夜に過去の深夜放送分を放送していた時期がある。
  • 6 これ以外にも一時期フジテレビのチャンネルα枠にて月深時代の『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』を再放送していた。

ゴールデンタイム・全国ネット時代[編集]

『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』ネット局と放送時間
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX)
『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜』製作局
フジテレビ系列 水曜日
21:00 - 21:54
同時ネット
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビくまもと(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
時差ネット
青森県 青森放送(RAB) 日本テレビ系列
山梨県 山梨放送(YBS)
徳島県 四国放送(JRT)
山口県 テレビ山口(tys) TBS系列
補足
  • 1 2003年7月2日 - 2006年9月27日 毎週水曜日 21:00 - 21:54(JST)放送。
  • 2 テレビ大分を除くFNS系列全局で同時ネットされた。
  • 3 大分県では番組開始当初から2005年3月まで、フジテレビ系列(ただし日本テレビ系列とのクロスネットでもある)のテレビ大分ではなくTBS系列の大分放送で放送されていた。ただし、2004年・2005年の元日特別放送回については、テレビ大分で同時ネット放送している(この特別番組がテレビ大分のフジテレビ同時ネット時間帯で組まれた関係)。その後、2005年3月26日を以って大分放送は本番組の放送を終了、同年4月からは本来の系列局であるテレビ大分で遅れて放送していた。そして、2006年9月レギュラー放送が終わると、特番として『土曜プレミアム』枠で放送していた(第3回目の放送は水曜日だった)。その当時、本来ならばフジテレビ系列のテレビ大分で同時ネットするのが筋だが、同年10月から現在土曜21時枠以降は日本テレビの番組に切り替わり、今後の特番は休日に遅れ放送している。
  • 4 宮崎県ではゴールデンタイム移行後、フジテレビ系列のテレビ宮崎でクロスネット局では唯一、他のフジ系列局と同時刻に放送している。これは水曜21時枠で「トリビアの泉」を放送する以前の水曜劇場を放送していた頃からの流れ。また、レギュラー放送が終了して、特番でも土曜プレミアム枠で同時ネットした。なお、第3回目の放送では、本来の放送日である水曜日にあたったため、この場合も同時ネットした。
  • 5 山口県では、以前に数回山口放送で放送されていた事がある。
  • 6時差ネットとなったフジテレビ系列局のない青森県山梨県山口県徳島県でもフジテレビ系列の放送を受信できる地域があったため本来の時間帯でも視聴することができた(青森県では北海道文化放送など、山梨県ではフジテレビなど、山口県ではテレビ西日本など、徳島県では関西テレビなど)。

上記系列外局でスペシャルを放送した系列局[編集]

  • 青森放送日本テレビ系列
    FNSで2007年1月27日放送分が7週遅れの3月17日に、同年5月12日放送分は5週遅れの6月16日に放送された。さらに11月28日放送分が約3カ月半遅れの2008年3月15日14時から放送された。また、2009年7月18日の映画『アマルフィ 女神の報酬』の公開記念特別編は、2週遅れの8月1日16時から放送された。

スペシャル放送日(拡大版)[編集]

レギュラー放送時代[編集]

放送日時は日本標準時(JST)

レギュラー放送時代には、毎年正月にスペシャルが放送されていた。

放送回 放送日 放送時間 備考 視聴率
深夜時代
1 2003年1月4日
土曜日
15:15 - 16:15(60分)
  • 当番組初の土曜日の放送。
  • 当番組初のの時間帯に放送。
13.3%
ゴールデンタイム時代
2 2003年7月2日
水曜日
21:30 - 22:39(69分)
  • ゴールデンタイム時代の初回放送。
  • 通常枠より30分遅れで放送。
20.5%
3 2003年9月24日
水曜日
21:00 - 22:15(75分) 26.1%
4 2004年1月1日
木曜日
21:15 - 22:45(90分) 20.7%
5 2005年1月1日
(土曜日)
21:15 - 22:30(75分) 19.8%
6 2006年1月11日
(水曜日)
19:00 - 22:48(228分)
  • 当番組過去最長の放送時間。
17.0%
7 2006年9月27日
(水曜日)
21:00 - 23:18(138分)
  • レギュラー放送の最終回。
12.0%

不定期放送時代(復活スペシャル)[編集]

放送日時は日本標準時(JST)。番組タイトル名はそれぞれ、『踊る大捜査線』、『ジョジョの奇妙な冒険』のディオ・ブランドーのセリフ、『世界で一番君が好き!』、『家政婦のミタ』の三田灯のセリフが元ネタ。

放送回 番組タイトル 放送日 放送時間 備考 視聴率
1 トリビアの泉 復活SP
踊る大へぇへぇ祭り
2007年1月27日
(土曜日)
21:00 - 22:54(114分)
  • レギュラー放送終了以来の約4ヶ月ぶりの放送。
17.7%
2 トリビアの泉
〜無駄無駄無駄無駄ァ! ムダ知識大放出SP〜
2007年5月12日
(土曜日)
21:00 - 23:10(130分)
  • 約4ヶ月ぶりの放送。
15.4%
3 トリビアの泉
世界で一番“へぇ”が好きSP
2007年11月28日
(水曜日)
21:00 - 22:48(108分)
  • 約半年ぶりの放送。
17.1%
4 トリビアの泉 へぇへぇの種で大満開
久しぶりにやったらギネスまでとっちゃったよSP
2010年2月27日
(土曜日)
21:00 - 23:10(130分)
  • 約2年3ヶ月ぶりの放送。
20.1%
5 トリビアの泉 10周年「へぇ」祭りは
ベストオブベストで! 承知しましたSP
2011年12月21日
(水曜日)
21:00 - 23:13(133分)
  • 約1年10ヶ月ぶりの放送。
  • 2012年の『トリビアの泉』生誕10周年を前に深夜時代も含めた総集編。
  • 毎回、『トリビア』の合間に八嶋と高橋のショートドラマがあった。
8.0%[18]
6 トリビアの泉 祝10周年!
あけましてムダ知識SP
2012年1月1日
日曜日
21:00 - 23:30(150分)
  • 番組生誕10周年記念のスペシャルで新作を放送。
  • スペシャルでは放送時間が最長の放送。
  • 当番組初の日曜日の放送。
  • 元日放送は2005年以来の7年ぶり。
10.3%

ミニスペシャル[編集]

放送日時は日本標準時(JST)。2012年1月1日 21:00 - 23:30(JST)(番組生誕10周年)の『トリビアの泉 10周年! あけましてムダ知識SP』の放送前に4夜連続で「深夜にニヤっとできるトリビア」を各10分間放送した。

放送回 番組名 放送日 放送時間
1 もう5日寝るとお正月&トリビアの泉10周年SP 2011年12月27日 24:45 - 24:55
2 もう4日寝るとお正月&トリビアの泉10周年SP 2011年12月28日 24:10 - 24:20
3 もう3日寝るとお正月&トリビアの泉10周年SP 2011年12月29日 24:40 - 24:50
4 もう2日寝るとお正月&トリビアの泉10周年SP 2011年12月30日 24:10 - 24:20

視聴率[編集]

深夜時代から高視聴率を獲得し続けた結果、2003年7月2日に水曜日21時代台のゴールデンタイムに昇格。ゴールデンタイムの第1回の放送で20.5%の高視聴率を記録する好スタートを切った。その後も25%前後の高視聴率を獲得し続けて、時間帯のトップに躍り出た。

番組自体も社会現象になるほどのブームとなり、2004年に突入しても衰えることなく視聴率ランキングの常連に入っていたが、2005年になってしばらくした頃から視聴率は徐々に下がっていった。それでも2006年9月時点で平均2桁は維持していたもののレギュラー番組でやっていく上での改善が困難となりレギュラー放送を終了、その後は不定期の特番として放送されている。ゴールデンタイムでのレギュラー放送の平均視聴率17.8%は2003年以降に放送を開始したバラエティ番組では1位であり、2001年以降に放送を開始したバラエティ番組のレギュラー放送で最高視聴率が25%を超えたのはこの番組と『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系列)のみである。

以下のデータはいずれもビデオリサーチ調べ。

深夜時代[編集]

ゴールデンタイム[編集]

  • 初回視聴率:20.5%(2003年7月2日放送)
  • 最高視聴率:27.7%(2003年8月20日放送)
  • 最低視聴率:10.1%(2006年8月9日放送)
    • 特別編を含むと2006年8月2日放送の6.4%が最低視聴率
  • 最終回視聴率:12.0%(2006年9月27日放送)
  • 平均視聴率:17.8%
    • 2003年:23.5%
    • 2004年:19.6%
    • 2005年:15.7%
    • 2006年:14.0%

特別放送枠[編集]

  • 2007年1月27日放送回 視聴率:17.7%
  • 2007年5月12日放送回 視聴率:15.4%
  • 2007年11月28日放送回 視聴率:17.1%
  • 2010年2月27日放送回 視聴率:20.1%
  • 2011年12月21日放送回 視聴率:8.0%
  • 2012年1月1日放送回 視聴率:10.3%

パロディ番組・企画[編集]

様々な放送番組が本番組をパロディにしたことがあった。

  • FNS27時間テレビ めちゃ²オキてるッ! 楽しくなければテレビじゃないじゃ〜ん!!』(フジテレビ系列)
    • 番組内で行われたFNS全国一斉期末テストの各局代表者発表において、本番組のへぇボタンのシステムが使われた。この27時間テレビで使われたボタンは押すと「べぇ」と鳴るため、通称は「べぇボタン」。これはこのコーナーに出演していた笑福亭鶴瓶に因んでいる。
    • 2局ずつ代表者を発表していき、その代表者についてのムダ知識を発表する。その2局のうち、べぇの数が多い局のテストの点数にそのべぇの数が点数として加算される。
  • FNS ALLSTARS あっつい25時間テレビ やっぱ楽しくなければテレビじゃないもん!』(フジテレビ系列)
    • FNSの日』内で放送された「テレビヤの種」、「トリビアの温泉」(2005年7月23日 - 24日放送)
    • 「テレビヤの種」はフジテレビスタッフの様々な企画を実現するコーナー。「トリビアの種」同様、タモリが5段階で評価し、「〜分咲き」および「満開」は通常の花に代わってフジテレビのマークで表された。大半の出演はタモリと八嶋だけで、高橋はコーナーの最後にのみ出演した。
    • 「トリビアの温泉」はFNS全28局がそれぞれの地方の話題を「あっついご当地トリビア」として紹介するコーナー。感銘度を表す単位は「へぇ」に代わり「あっつい」が使われ、ボタン(ボタンは丸形のピンク色)を押した際の声も「あっつい」に。この声とVTRのナレーションは藤岡弘、が担当。司会西山喜久恵(フジテレビアナウンサー)と八嶋の2人で、高橋は23日のみ出演。品評会は「トリビアの泉」では見られない豪華出演者10名で構成された。(実質)品評会会長として島田紳助が特別参加した。トリビアの温泉では視聴者投票も実施する等とこの年のFNS局対抗戦の名に相応しい激闘が展開された。
      • なお、本番組では満へぇは一切出なかったが、当パロディでは満あっつい(200あっつい)を獲得したネタが登場した。
  • ズームイン!!サタデー』(日本テレビ系列)
    • 「サタビアの温泉」ボタンを押すと「ふぅ〜」
  • ハロー!モーニング。』 (テレビ東京)
    • トリビアの河童」コント「ミニモニ河童の花道」より。ボタンを押すと「河童」と声が出る。
  • ワンナイR&R』(フジテレビ系列)
    • 沖縄テレビシュリビアの泉」ボタンを押すと「あげぇ(沖縄の方言で驚いたときに使われる言葉)」と声が出る。
    • ナレーションは当番組と同じ中江真司が担当した。
  • リンカーン』(TBS系列)
  • HAMASHO』(日本テレビ系列)
    • トレビア〜ンの泉
  • ロンブー龍』(日本テレビ系列)
    • トレビアンの泉
  • とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系列)
    • ノリビアの泉」- ボタンを押すと「まじぃ」
    • とんねるずが司会者二人に扮するパロディコーナー。木梨憲武が八嶋智人似のキャラクター、石橋貴明が高橋克実似のキャラクターに、それぞれ扮していた。
  • リチャードホール』(フジテレビ系列)
    • ゲスビアの泉」・「ゲスビアの種」 ともに本家で出演のビビる大木がリチャードホールレギュラー出演
  • めちゃ×2イケてるッ! 』 (フジテレビ系列)
    • 人気コーナーだった『単位上等!爆走数取団』 ]
    • 数取ビアの泉」2003年8月30日に八嶋がゲスト(兄貴)として登場。それに伴い数取団メンバー達のムダ知識として一人ずつ披露した。
  • FNN踊る大選挙戦』(フジテレビ系列)(2003年11月9日、第43回衆議院議員総選挙
  • 韓国KBS第2テレビで放映されている『スポンジ』は、内容が全て「トリビアの泉」の盗作であるとの批判を受けた。
  • 伊集院光深夜の馬鹿力』(TBSラジオ
    • 「ウソチクの泉」
  • タモリ倶楽部』(テレビ朝日系列)
    • エロビアの泉」ボタンを押すと「あへぇ〜」と声が出る。
  • 熱闘甲子園』(朝日放送系列)
    • 熱トリビアの泉」高校野球にまつわるトリビアが日替わりで放送された。
  • アサデス。KBC』(九州朝日放送
    • 福岡トリビア
  • ひみつの嵐ちゃん!』(TBS系列)
    • 「知らない方が幸せだった真実」
  • 『トリビアの泉 映画「アマルフィ 女神の報酬」で久しぶりに「へぇ」SP』
    • 映画アマルフィ 女神の報酬』のPR番組として2009年にフジテレビで放送。映画ロケでのこぼれ話をもとに構成。司会は高橋と八嶋が担当したが、パネラーはビビる大木のみであったため最大は20へぇであった。
  • SUPER SURPRISE』(日本テレビ系列)
    • 金曜日のコーナー「爆笑ルポルタージュー!
    • 「へぇ」の代わりに「びっくりポイント」を採点、ボタンを押すと「びっくり」と言う。
  • ヤッターマン(リメイク版)』(日本テレビ系列)
    • 第1話 - 第35話に、トリビアを紹介するコーナー「ドクちゃんの豆知識」があった。また、回によっては本家によく似たセットで、ドロンジョ・ボヤッキー・トンズラーが「へぇボタン」の代わりにボヤッキーの声が入った「ポチッとなボタン」を押して品評することがあった。
  • 田村ゆかりのいたずら黒うさぎ』(文化放送
    • トリビアのゆかり。
  • 有吉AKB共和国』(TBS系列)
    • トレビア〜ンな泉」- ボタンを押すと「ほぉ〜」と言う。
    • 番組内の「有吉AKBラジオ局」内で行われている。
  • 『エゾビアの泉』(北海道文化放送
    • 同局の2003年秋改編特番として『えき☆スタLIVE@noon』の放送枠で放送され、北海道にまつわるトリビアが紹介された。
    • 本家で出演のビビる大木がゲスト出演した。

備考[編集]

エピソード[編集]

  • 帝京大学教授時代の棚橋正博が近代文学関係の検証を行っていた。以前は本人が出演することが多かったが、回を重ねるごとに裏方に回ることが多くなった。
  • 番組では放送されたにもかかわらず、番組で紹介した「トリビア」をまとめた『トリビアの泉 へぇの本』には掲載されなかった「トリビアの泉」・「トリビアの種」・「ガセビアの沼」がいくつか存在する。これは、「事実と違っていた(放送後にお詫びなどを放送した)」、「『営業妨害』につながる」、「みんな知っている」、「極度な下ネタである」、「残酷な内容が含まれていて不快」、「青少年の家出を助長している」、「『個人情報漏洩(個人情報保護法違反の抵触)』につながる」、「『他人への嫌がらせ』につながる」、「動画音声でないと分かりづらい」などの理由や複雑な権利絡み(特に映画)などのため、掲載が難しいためである。ただし、放送においては再放送されることも少なくなく、本への収録自体も重版・重刷などにより増減する場合がある。
  • 番組の公式番組サイトのアドレスwww.fujitv.co.jp/trivia/だったが、現在(2012年1月時点)はwww.fujitv.co.jp/b_hp/trivia/へのリダイレクトとなっている。2003年8月 - 9月の間は、www.trivianoizumi.com だった。公式サイトの更新は2007年1月の「復活スペシャル」より行われていなかったが、2011年10月の時点でも「トリビア」の募集ページなどサイトの内容は残されていた。
  • 2002年10月28日の放送では、「『笑点』のテーマには歌詞がある」という内容を放送し、他局のため放送部分はモザイク加工したが、確認VTRの際には日本テレビ本社(現:麹町局舎)のマイスタジオ前で日本テレビのステーションキャラクター“なんだろう”が登場し、コーラス隊がその前で『笑点』のテーマ曲を歌った。その最中にMEGUMIが「“他局じゃん”」と言っていた。さらに、この時の放送では、「日テレブランド? 秋祭り」と日テレのステーションキャッチコピーが映っていた[19]
  • 2003年7月23日の放送では、「『十時十分』の『十分』の読みは『じゅっぷん』ではなく『じっぷん』である」という「トリビア」が紹介され、常用漢字表に「じゅっ」という読み方がないことを説明した。だが、2010年に内閣告示された改定常用漢字表では、備考欄に〈「ジュッ」とも。〉と注記された。
  • 2004年5月5日の放送では、「2009年は秋(9月)にもゴールデンウィークシルバーウィーク)がある」との「トリビア」が紹介された。この時、八嶋が「補足トリビア」として「5年先のことのため、それまでに祝日法が改正されたり地球の動きが変化し「秋分の日」がずれた場合暦は変わるが、今まで計算が狂ったことは1度もないので、祝日法が改正されなければ、2009年9月にはゴールデンウィークがくる」と説明した後、高橋は「2009年のゴールデンウィーク、もうこの『トリビアの泉』は放送してないでしょうけど皆さん、少しは私のことを思い出してください」と言った。その後、2006年9月で本番組はレギュラー放送を終了し、2009年9月には実際に大型連休が実施され、高橋・八嶋の言葉通りの結果となっている。また、この時の確認VTRで「2009年春のゴールデンウィークは4連休しかなかった」と紹介したが、祝日法改正(4月29日が昭和の日になり、みどりの日が5月4日に移動。これにより5月6日が振替休日となった)のため、実際は春のゴールデンウィークも5連休となった。
  • 2004年9月15日の放送では、No.552「天然のウナギ人類史上未だ発見されたことがない」という「トリビア」は放送当時は確かに発見されていないものであったが、その5年後2009年5月に日本の調査隊が実際に人類史上初めて発見に成功した。なお、場所はマリアナ諸島近辺の水深約160メートル付近であった。
  • 2007年1月27日の放送では、『トリビアの泉復活SP 踊る大へぇへぇ祭り』では、テレビドラマ・映画でもある「『踊る大捜査線』シリーズのようなスピンオフ物はどこまで製作可能か?」との問いに、同シリーズ製作総指揮の亀山千広が「台詞さえあればどんな些細なキャラクターからでも製作可能」と答えたのを受けて、同作で高橋が演じていたチョイ役を主人公に本家スタッフにより正式な「踊るレジェンド」シリーズとしてショートドラマ『警護官 内田晋三』が製作され、番組中で公開された。荒俣宏も大臣役で出演している。
  • 2006年3月31日放送のNHKNHKニュース10』最終回のエンディングでは、メインキャスターの今井環(NHK職員)が「古代ギリシャのアリストテレスはこう言いました。『人間は生まれながらに知ることを欲する』」と本番組で使用される台詞を使って挨拶した。
  • 2007年9月20日放送のテレビ朝日系列報道ステーション』では、「さよなら 5・6月編」(追悼特集)を放送したが、本番組ナレーションを担当した中江真司(6月28日逝去)がいたため、2003年2月17日放送[20] の一部(中江のナレーション部分)が放送された。なお、この放送では中江本人の生前の姿も放送された。
  • 過去にクイズダービーで出題された問題がトリビアの投稿者と同じ内容になっていた場合、採用せずオンエアされないことになっている。
  • 品評会パネラーのビビる大木の司会番組であるNHK総合テレビ『土曜スタジオパーク』(2008年1月19日放送分)に、トリビアプレゼンター(司会)の高橋克実が自身主演の同じNHKのドラマ『フルスイング』の番組宣伝で出演した際、高橋がドラマにちなんでバットの素振りの正しいやり方を大木と視聴者に指導する演出があり、最後に高橋が「明日使えるものばかりでしたね」と本番組エンディングで高橋が披露する台詞を言い、大木は「どこかで聞いたことありますね」と返した。
  • 2010年2月27日の放送では、『トリビアの種』でアメリカ合衆国ロサンゼルスボディーガード宮城県塩竈市小学生ドッジボールチームの対決が放送。その翌日、ロケ現場となった塩竈市ではチリ地震による大津波警報が発表された[21]
  • 2012年1月1日の放送では、特番の番組予告宣伝CMで「もし、お父さんが犬になったら」という「トリビアの種」の予告が放送されたが、番組内では放送されなかった。フジテレビはこれについて、ホームページ上で「内容が盛り沢山すぎて入り切らなかった」と発表している。
  • 深夜時代から出演しているビビる大木は本来ならゴールデン昇格後は降板予定だったが、若手スタッフの熱い希望で残留した。それを知った大木はこの子(若手スタッフ)達のためにも絶対番組を成功させようとより力を入れたという[22]
  • 初回収録時、高橋と八島の衣装はいずれも白基調であった。視聴者として観ていた戸田恵子がダメ出しをし、2回目から高橋の方には色を入れ、八島の方は黒基調のベストを着るようになった[23]

番組の評価[編集]

  • アジア太平洋放送連合(ABU)・第41回総会でABU賞(テレビエンターテインメント部門)を受賞した。番組では「ムダ知識」とは言いながらもこれまで一般に知られていなかったことや意外に役に立つ雑学が紹介されたこともあり(後になるとネタ切れのためそのような「トリビア」は減った)、日本PTA全国協議会の「子供に見せたい番組」の調査でランクインしたこともある。トリビアプレゼンター(司会)の八嶋の説明する「補足トリビア」がためになると評価されたこともある。

流行語大賞[編集]

  • 「へぇ」の言葉は放送を重ねるごとに世間に広まり、2003年には「ユーキャン流行語大賞」のトップテンに選出された(登録上は「へぇ〜」)。「へぇボタン」は丸形の青色ボタンで、設置された透明ケースから取り外すことができる。司会の八嶋が第1回放送時から取り外せるようになっていると語った(2005年5月18日)。品評会会長席の「へぇボタン」は他のパネリスト席のものとは形状が異なる(当初は丸形の黄緑色ボタンだった)。

ギネス記録[編集]

番組の影響[編集]

  • 番組がゴールデンタイムに放送され始めた2003年からおよそ2年後の2005年から2006年にかけて、この番組を模した「トリビアの泉の実験」というチェーンメールが流行した。内容は「一人から複数の知り合いへメールを送り、それを繰り返してどこまでメールが広がるか」という物であった。番組とは一切関係は無く、フジテレビは番組内や公式ホームページのトップで注意を促した。
  • 2003年、バンダイが「へぇボタン」の形状、効果音を再現した「1/1へぇボタン」を商品化し、ヒット商品となった。また、ガシャポンでも「へぇボタン」によく似たボタン型キーホルダーも登場した。同時期にMSX用自作BASICプログラム、PSPゲームボーイアドバンスPDAなどでも「へぇボタン」のソフトが開発されている。ちなみに実際の「へぇボタン」は100円ショップで売られている手元ライトを美術スタッフが改造したものである。
  • アポロに搭載されていたコンピューターの性能はファミコン以下」というトリビアが話題となり、その少し後にスポンサーとして任天堂が参入した。2004年の中期頃には同業他社であるソニー・コンピュータエンタテインメントも参入したが(前時間に放送していた同局のバラエティ番組『クイズ!ヘキサゴン』から移行)、こちらは後にスポンサーから離脱した。
  • 比内鶏を食べると逮捕される」という「トリビア」が放送されて以降、それまでメディアで「比内鶏」としていたもの(食用鶏)は全て「比内地鶏」と掲載されるようになった。
  • 敵味方804枚のを使用する史上最大級の将棋大局将棋」の公式な対局は、この番組の企画として行われたものが史上初である。

スタッフ[編集]

特別番組(2012年1月1日放送分)現在[編集]

  • ナレーション窪田等(3代目)
  • 構成:酒井健作、田中到、興津豪乃、なかじまはじめ、矢野了平、安部裕之
  • ブレーン:三木聡
  • スーパーバイザー唐沢俊一
  • リサーチ:加藤正人、海野至、乾友子
  • 音楽:堂島孝平
  • SW(スイッチャー):小川利行
  • カメラ:宮崎健司
  • VE(ビデオエンジニア):高木稔
  • 照明:小林敦洋
  • 音声:片山勇
  • TK(タイムキーパー):星美香
  • 編集:清野和敬・吉川豪(IMAGICA
  • MA(マルチオーディオ):足達健太郎(IMAGICA)
  • 音響効果:田中寿一・斉藤信之(J-WORKS
  • 美術制作:井上明裕(フジテレビ)
  • デザイン:棈木陽次(フジテレビ)
  • 美術進行:内山高太郎
  • 大道具:豊田哲夫
  • 装飾:佐藤翔平
  • アクリル装飾:斎藤祐介
  • 視覚効果:中溝雅彦
  • 電飾:林将大
  • 特殊美術:青木紀和
  • 特殊装置:阿部和仁
  • 衣裳:山田斉
  • メイク:山田かつら
  • CG:松本幸也(orb)
  • 編成:安喜昌史(フジテレビ)
  • 広報:島谷真理(フジテレビ)
  • デスク:佐熊礼子
  • 制作プロデューサー:鈴木寿一(コラボレーション)、岡庭幸代(日本テレワーク → NEXTEP)、伊藤和美・麻野とも子(コラボレーション)
  • ディレクター:石川陽(NEXTEP)、木伏智也、石武士、小田切大輔、牛嶋創一、菊池泰子、池田浩士、内田雅行、宮内透、伊藤嘉彦、中嶋亮介、西方健保、植田弘樹、白川誠、稲村隆、増田真也、大山雄太郎、金孝義
  • AP(アシスタントプロデューサー):倉科知美、小野謙吾、内海雅
  • プロデューサー:増谷秀行(ザ・スピングラス
  • 演出:木村剛塩谷亮(共にフジテレビ)
  • チーフプロデューサー:坪井貴史(フジテレビ、3代目)
  • 撮影協力:湘南藤沢フィルムコミッション、IchiGeki、日進ワールドデリカテッセン、宮崎県測量設計業協会 高千穂支部、高千穂町役場、日本医療栄養センター、(株)インテグラル、(株)日本電色工業、(株)イマダ、(株)データ・デザイン、JAPAN AIRLINES、日本軽金属株式会社、船橋ケイバ、水喜、RIENT HOUSE
  • 映像・資料協力:アメリカ航空宇宙局アフロ、レオ・プランニング、ITNソース、ロイター・ANI、BBC Motion Gallery、ロイター産経新聞社日刊現代社、新華社講談社毎日新聞社読売新聞社朝日新聞社、グレートインターナショナル、SHAKE、クエスト、ゲッティ
  • 衣裳協力:TADASHI SHOJI、FAIRFAX
  • 海外コーディネーター:Cosmo Space of America Co.,Ltd.、Sean Takahashi、株式会社ナンバーワンズ
  • スタッフ協力:アルファ・グリッドアズバーズウイッシュカンパニーエスピーボーンネクステップ[24]
  • 技術協力:ニユーテレスFLTマルチバックス株式会社ビジュアルコミュニケーションズIMAGICAZetaコスモ・スペース、SDTエンタープライズ、J-Crew
  • 制作協力:田辺エージェンシーNEXTEPCOLLABORATION
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

過去のスタッフ[編集]

  • ナレーション:中江真司(初代)、大友龍三郎(2代目)、その他有名声優
  • 影のナレーター:???(2006年3月15日 - 7月26日、8月9日 - 9月27日、2007年5月12日)
  • テーマ曲歌唱:たまりの
  • 制作:吉田正樹(CP → 制作に昇格、フジテレビ → 吉田正樹事務所)
  • 監修:小松純也(フジテレビ)
  • 構成:北本かつら(2006年度降板)、オークラ(2006年度降板)、坂田康子(映画アマルフィ」SP放送時に復帰)、田村孝裕
  • リサーチ:高橋純一(J Associates)、小島美佳(ジーワン)、永野たかひろ浅井企画)、嶋田幸代、遠藤正也、鹿山智美、株式会社ワイズプロジェクト、丸山直樹、坂田康子、島田京代、加藤正人、工藤幸、佐川光嗣、vispoSTEELOニューズクリエイト、P.Aライターズ、メガバックス、中川ゆーすけ、大竹将義、デーブ八坂
  • SW(スイッチャー):島本健司
  • VE(ビデオエンジニア):斉藤雄一
  • TK(タイムキーパー):竹野幸子
  • 編集:浜野元久・水野智史・榎本祐紀・岩崎秀徳(IMAGICA
  • 美術制作:小須田和彦
  • 大道具:松本達也
  • 装飾:乾川太志、羽染香樹
  • アクリル装飾:和田好恵
  • メイク:薮西智美
  • CG:アイウリックスタジオ
  • web master:鬼熊陽一郎
  • 編成:荒井昭博・中野利幸・立松嗣章・濱潤(フジテレビ)
  • 広報:北野あすか・河嶋由梨子・宇佐見順子(フジテレビ)
  • デスク:佐々木千代
  • 制作プロデューサー:古賀憲一(2003年7月2日 - 2007年1月27日、日本テレワーク → NEXTEP)、佐々木貴幸・鈴木寿一・浜田弘(コラボレーション)
  • ディレクター:後藤隆一郎、渡辺徳子、升田智晴、村上俊教、岩田徹、五十嵐久也、菊地康子、太田茂、内海昇、小曽根雅紀、小林智武、夫馬教行、武田誠司、大森亮平、伊藤史峻、横山健一、鈴木浩晃、藤本達也、上崎純太、岡田直也、渡辺徳子、安納隆仁
  • AP(アシスタントプロデューサー):坪井貴史(プロデューサーに昇格、フジテレビ)
  • チーフプロデューサー:吉田正樹(初代、フジテレビ → 吉田正樹事務所)、宮道治朗(2代目、フジテレビ)
  • 技術協力:J-crew
  • 制作協力:日本テレワーク(2003年7月2日 - 2007年5月12日)、オハラ調査事務所IVSテレビ制作、J Associates

関連商品[編集]

文献(書籍)[編集]

  • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本』 第1巻から第19巻 - 講談社 / フジテレビ 〜トリビア普及委員会〜
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 1』(ISBN 4-06-352702-6) 2003年6月25日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 2』(ISBN 4-06-352703-4) 2003年6月25日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 3』(ISBN 4-06-352704-2) 2003年9月3日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 4』(ISBN 4-06-352710-7) 2004年3月24日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 5』(ISBN 4-06-352717-4) 2004年7月17日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 6』(ISBN 4-06-352702-6) 2003年6月25日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 7』(ISBN 4-06-352706-9) 2003年11月7日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 8』(ISBN 4-06-352718-2) 2004年8月8日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 9』(ISBN 4-06-352729-8) 2004年12月15日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 10』(ISBN 4-06-352728-X) 2004年12月15日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 11』(ISBN 4-06-352733-6) 2005年4月27日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 12』(ISBN 4-06-352734-4) 2005年4月27日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 13』(ISBN 4-06-352738-7) 2005年11月9日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 14』(ISBN 4-06-352739-5) 2005年11月9日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 15』(ISBN 4-06-352743-3) 2006年4月19日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 16』(ISBN 4-06-352744-1) 2006年4月19日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 17』(ISBN 4-06-352745-X) 2006年9月27日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 18』(ISBN 4-06-352746-8) 2006年9月27日発行
    • 『トリビアの泉 〜素晴らしきムダ知識〜 へぇの本 19』(ISBN 978-4-06-352747-6) 2007年1月25日発行
  • 『金のへぇトリビアの泉 金の脳だけセレクション〜』 - 講談社 (ISBN 9784063527483
  • 『トンデモ一行知識の世界』 - 唐沢俊一ISBN 4479390634/ISBN 4480037241
  • 『トンデモ一行知識の逆襲』 - 唐沢俊一 (ISBN 4479390804/ISBN 4480039171

関連商品[編集]

  • 『1/1へぇボタン』 - バンダイが「へぇボタン」の形状、効果音を再現した

関連番組[編集]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ ゴールデン・全国ネット時代以降から品評会会長として出演。
  2. ^ ちなみに、品評会会長のタモリ黄色、「へぇ」ボタンの声は緑色で表示される。[要出典]
  3. ^ 正確には、復活特番に含まれない『トリビアの泉 映画アマルフィ 女神の報酬」で久しぶりに「へぇ」SP』からの実施。[要出典]
  4. ^ 2007年3月までは22:54まで。
  5. ^ 2007年3月10日にも放送が予定されていたが、前述した中江真司の体調不良の関係で中止となった。その2ヶ月後の同年5月12日に2回目の特番を放送。この回のみナレーターは大友龍三郎が担当。その後、中江は2007年6月に亡くなり、2007年11月28日放送分のスペシャル以降は窪田等が担当した。
  6. ^ ルフィは劇場版第10作『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』(2009年12月12日公開)の衣装を着用。
  7. ^ 深夜放送初期は現在と形状が異なり、赤く平べったかった
  8. ^ 実際、タモリが「満へぇ」の評価を下したことは1度もなく(最高で「18へぇ」)、「確認VTR」の前では「0へぇ」であることも珍しくない。
  9. ^ 全員サングラスをかけており、その理由はスタッフによれば「タモリの脳内を具象化しているから」。
  10. ^ 第2回の放送だけ「ウソつき」の文字が「ウソツキ」になっていた。
  11. ^ トリビア No.476 「『役不足』は誉め言葉」(20へぇ)がその例。
  12. ^ 内容は、当時お昼のライバルのタモリとみのもんた誕生日は同じ。みのはタモリより1歳年上である
  13. ^ かつて中江が担当していた『Wii』や『ニンテンドーDS』のCMナレーションの後任も担当。
  14. ^ a b 歴代最高へぇ数。
  15. ^ a b スペシャル版における最高へぇ数。
  16. ^ a b ゴールデン移行後のスペシャル版を除いた最高へぇ数。
  17. ^ 関西テレビでは月深時代、2003年1 - 3月は日曜日の朝9:00から放送されていた。2003年4月に土曜日の朝10:00から放送(日曜枠が『ASTRO BOY 鉄腕アトム』の先行ネットに充てられたため)。関西テレビの場合は丁度月深時代の放送ストックを使い切ると同時にゴールデン版が始まった形になる。
  18. ^ 裏番組にはテレビドラマ家政婦のミタ』最終回(日本テレビ系列、視聴率40.0%)があった。ちなみに、サブタイトルに使われた「承知しました」は『家政婦のミタ』の主人公・三田灯(松嶋菜々子)が劇中で使用する台詞である。
  19. ^ 時差放送の青森放送では系列キー局
  20. ^ クリオネ”の「トリビア」を取り上げた回・トリビアNo.121
  21. ^ また1年後の2011年3月11日でも東北地方太平洋沖地震東日本大震災)による大津波警報が発表された。
  22. ^ テレビ朝日『ブラマヨとゆかいな仲間たち アツアツっ!』2012年4月7日放送分にて大木談。特にVTRに突っ込んだりするガヤ行為はその後の大木の芸風に大きな影響を与えた。
  23. ^ ウチくる!?』2012年10月14日放映分にて高橋・戸田談。
  24. ^ エンドロールでのクレジット表記なし

注釈[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ 月曜25:40 - 26:10枠
前番組 番組名 次番組
NEW GENERATION
※ 24:58 - 25:58
トリビアの泉
〜素晴らしきムダ知識〜
(2002年10月 - 2003年3月)
SDM発!
※ 25:28 -
フジテレビ系列 水曜21時台
トリビアの泉
〜素晴らしきムダ知識〜
(2003年7月 - 2006年9月)
【ここからバラエティ枠】