営業妨害

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

営業妨害(えいぎょうぼうがい)とは、営業活動を行っている者のその活動等の妨げになる行為をいう。故意に企図されたもの、故意によらずして行われるものを含む。

概要[編集]

法的な概念ではないため、確たる定義は存在しない。

民法の定める不法行為などに該当する場合は、差止請求や損害賠償請求の対象となる。

また、例えば威力業務妨害罪に該当したり、不正競争防止法に違反する行為であれば犯罪とみなされ、刑事罰の対象となる。

しかし現状では、「それらに該当する行為のみを指す用語なのか」は定かでない。

種類[編集]

  • 虚偽風説流布業務妨害
  • 偽計業務妨害
  • 威力業務妨害
  • 電子計算機損壊等業務妨害

関連項目[編集]