ひいき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

贔屓(ひいき)とは、自分の気に入った者に対して肩入れし、優遇することである。贔屓をしてくれる人のことを贔屓筋(ひいきすじ)などと呼んだ。語源は中国の伝説上の生物である贔屓

江戸期から明治期にかけて町人文化が花開いた時期には、富裕な町人などが、気に入った相撲取り歌舞伎役者などのパトロン(後援者)になり、物心共に支援する慣行が見られた。いわゆるタニマチ文化であり、形を変えながら現代も生き残っている。相撲のタニマチの場合は、力士や年寄個人に限らず相撲部屋に対するひいき・後援者も存在する。スケールは大きく違うが、いわゆるファンと呼ばれる人々も似たような心性を持っている場合がある。

肩入れしている理由が不透明で、公平でないと判断される場合は、依怙贔屓(えこひいき)などと呼ばれる。日常用語としてはこの意味で使われることも多い。

そのほか、「ごひいきに」という表現もある。

関連項目[編集]