マタニティハラスメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マタニティハラスメント和製英語: maternity harassment)とは、職場において妊娠出産者に対して行われる嫌がらせ(被害者が不快感や精神的苦痛を感じるすべての行為)を指す言葉。俗称は、マタハラ。英語で妊娠に対する差別に関しては「Pregnancy discrimination」が使用されるが、日本における状況を報道する際に英文メディアでは「maternity harassment」が使われた[1]

概要[編集]

妊娠・出産に伴う労働制限・就業制限・産前産後休業育児休業によって業務上支障をきたすという理由で、精神的・肉体的な嫌がらせを行う行為のことを指す。妊娠中に嫌がらせによる流産の危険性もあり、男女雇用機会均等法育児介護休業法労働基準法に違反する場合も多々見受けられる[2]2012年日本労働組合総連合会が行った調査では、「セクシャルハラスメントされた経験」(17.0%)を大きく上回る25.6%が被害を受けたとの結果が出た[3][4]

2014年10月23日最高裁判所第三小法廷は、妊娠を理由に降格を行ったことについて、業務上の必要性など特段の事情がある場合以外は、原則として男女雇用機会均等法違反(マタニティハラスメント)に当たるとの初判断を示した[5]

2014年新語・流行語大賞の候補50語に「マタハラ」が選出された[6]

2015年、マタニティハラスメントに悩む女性の支援活動に取り組んでいる小酒部さやかが「世界の勇気ある女性賞」を受賞した[7]

脚注[編集]

関連文献[編集]

参考リンク[編集]