小酒部さやか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
おさかべ さやか
小酒部 さやか
生誕 1977年5月29日
日本の旗 神奈川県川崎市
出身校 多摩美術大学
職業 経営者

小酒部 さやか(おさかべ さやか、1977年5月29日 - )は、日本の起業家経営者。日本のNPO法人マタハラNet~マタニティハラスメント対策ネットワーク~創設者、元代表理事。株式会社natural rights代表取締役。 株式会社natural rights HP

来歴[ソースを編集]

  • 1996年3月 - 私立桐蔭学園高校卒業。
  • 1999年3月 - 明治学院大学法学部法律学科中退。4月、すいどーばた美術学院予備校(奨学金生採用)。
  • 2001年4月 - 多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科入学。
  • 2005年
    • 3月 - 多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン科卒業。
    • 4月 - アサツー ディ・ケイクリエイティブ職アートディレクターとして採用。商品開発、平面広告、パッケージデザイン、CF制作に従事。その後、転職した会社で、契約社員として雑誌の編集業務に従事する中、マタニティハラスメントの被害に遭う。
  • 2014年7月 - マタハラNet~マタニティハラスメント対策ネットワーク~設立。他の被害者女性や会の趣旨に賛同してくれるメンバーとともに立ち上げ、代表を務める。マタハラ被害者の情報を収集し、マタハラの実態について調査・分析を行う他、マタハラの理解を促進するために企業のトップ層や人事、管理職の他、キャリア形成に悩む女性を対象に講演活動を行う。
  • 2015年 - アメリカの外交問題評議会(CFR)が発行する外交・国際政治専門の隔月発行政治雑誌「フォーリン・アフェアーズ(Foreign Affairs)」に活動が掲載される[1]。国際平和や社会正義、倫理問題を研究する機関「カーネギー・カウンシル」の研究員に取材を受けるなど、世界的に注目を浴びる。
  • 2015年6月 - 「2015 ACCJウィメン・イン・ビジネス・サミット」にて安倍晋三首相とともに登壇[2][3]
  • 2016年12月 - 株式会社natural rights設立、代表取締役に就任。

著書[ソースを編集]

メディア出演[ソースを編集]

受賞歴[ソースを編集]

  • 2015年 米国務省「世界の勇気ある女性賞」(女性の地位向上などへの貢献をたたえる)[4]

出典[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]