小林美希

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 美希(こばやし みき、1975年 - )は、日本のジャーナリスト。専門分野は労働経済

茨城県生まれ。茨城県立水戸第一高等学校卒、1998年明治学院大学法学部より神戸大学法学部法律学科に3年次編入学として転学、2000年卒業、株式新聞社に入る。2001年毎日新聞社エコノミスト」編集部契約社員。2007年よりフリージャーナリスト[1]。若者の雇用、結婚、出産・育児と就業継続などの問題を中心に活動している[2]

授賞等[編集]

2013年、「子供を産ませない社会」の構造と「マタニティハラスメントに関する一連の報道」で貧困ジャーナリズム賞2013を授賞[3]

著書[編集]

  • 『ルポ正社員になりたい 娘・息子の悲惨な職場』影書房 2007
  • 『ルポ"正社員"の若者たち 就職氷河期世代を追う』岩波書店 2008
  • 『ルポ職場流産 雇用崩壊後の妊娠・出産・育児』岩波書店 2011
  • 『看護崩壊 病院から看護師が消えてゆく』2011 アスキー新書
  • 『ルポ産ませない社会』河出書房新社 2013
  • 『ルポ母子家庭』ちくま新書2015
  • 『ルポ保育崩壊』岩波新書 2015 岩波新書
  • 『夫に死んでほしい妻たち』朝日新書、2016 
  • 『ルポ 看護の質――患者の命は守られるのか』岩波新書 2016
  • 『ルポ 保育格差』岩波新書 2018

脚注[編集]

  1. ^ PR会社フリーマン:講師マネジメント 小林美希
  2. ^ 『ルポ母子家庭』著者紹介
  3. ^ http://antipoverty-network.org/award2013 {反貧困ネットワーク}

外部リンク[編集]