ちくま新書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ちくま新書(ちくま しんしょ、CHIKUMA SHINSHO)は、筑摩書房が発行している新書シリーズ。1994年9月に創刊された。装丁は間村俊一。姉妹レーベルにちくまプリマー新書がある。印刷は、精興社と三松堂印刷による。第1号は今村仁司の『貨幣とは何だろうか』[1]21世紀に入って、格差社会高齢化社会教育問題に対し問題提起を行う著作を、経済学ルポルタージュ社会科学教育社会学の形などで、ほぼ毎月刊行している。2007年、業界初をうたった、他社(光文社発行の光文社新書)との新書合同フェアを催した。2009年9月、創刊15周年を記念して、新聞各紙に掲載された書評を収録した冊子「ちくま新書書評セレクション」が作成され、フェア開催書店の店頭で配布された[2]

ベストセラー・代表書籍[ソースを編集]

関連項目[ソースを編集]

出典[ソースを編集]

  1. ^ 貨幣とは何だろうか
  2. ^ 筑摩書房からのお知らせ / INFORMATION&TOPICS
  3. ^ トーハン調べ 1999年年間ベストセラー 新書・ノンフィクション部門8位
  4. ^ トーハン調べ 2003年年間ベストセラー 新書・ノンフィクション部門6位
  5. ^ トーハン調べ 2004年年間ベストセラー 新書・ノンフィクション部門8位
  6. ^ トーハン調べ 2005年年間ベストセラー 新書・ノンフィクション部門5位
  7. ^ トーハン調べ 2006年年間ベストセラー 新書・ノンフィクション部門8位

外部リンク[ソースを編集]