パラサイト・シングル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

パラサイト・シングル(Parasite single)とは、「学卒後もなお親と同居し、基礎的生活条件を親に依存している未婚者」のことである。

用語[編集]

パラサイト・シングルという用語は、1997年山田昌弘(当時は東京学芸大学助教授)により提唱された造語である。親を宿主として寄生(パラサイト)する独身者(シングル)を意味する[1]。単に「パラサイト」と呼ばれることもあり、「パラサイトする」と動詞化して用いられることもある[2]。山田が1999年筑摩書房から『パラサイト・シングルの時代』を出版し、広く知られるようになった。

山田によれば、成人後は自立を求められる北西ヨーロッパ諸国やアメリカカナダオーストラリアなどの諸国では見られないという[1]。家事を親に任せて収入の大半を小遣いに充てられるため、時間的・経済的に豊かな生活を送ることができる[1]。そして結婚すると生活水準が下がるため結婚への動機付けが弱まり、未婚化の要因の1つになるとしている[1]

なお、学卒後は親に依存していなくても、学卒前までに親や祖父母等から過剰な贈与財産分与受けた場合(相続を除く、ただし親やきょうだいの配慮により法定相続分大きく越える金額を相続した場合は含む)もこれに含まれるとしている[3]

類義語[編集]

類義語に子供部屋おじさんパラサイト中年というインターネットスラングがある。また、近世武士階級においては部屋住みがあった。

パラサイト・シングルについては、両親の在宅介護などの事情がある場合もあり、また内閣府厚生労働省も使用するなど[4][5]、必ずしも侮辱語とはみなされない。一方で、子供部屋おじさんなどの類語は蔑称として使われる場合が多い。

各国の状況[編集]

日本
  • 福井商工会議所の調査によると、「とても満足」「やや満足」を合わせて73.8%のパラサイト・シングルが現状に満足しており、男性は「とても満足」(5.1%)と「やや満足」(56.4%)を合わせて61.5%、女性は「とても満足」が22.9%、「やや満足」(55.2%)を合わせて78.1%と、男性よりも女性の方が満足度が高くなっている[6]
  • 2000年総務省「国勢調査」によれば、親族と同居する20代・30代の未婚者は、男性が約651.2万人、女性が約568.6万人である。
  • 2016年の総務省統計局によると、親と同居の壮年未婚者数(35-44歳)は約288万人である[7]
アメリカ合衆国
イタリア
中国

書誌情報[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d パラサイト・シングル 知恵蔵コトバンク
  2. ^ 『パラサイト・シングルの時代』48ページ、173ページ、193ページ
  3. ^ 『パラサイト・シングルの時代』11ページ
  4. ^ 平成16年版 少子化社会白書”. 内閣府. 2022年5月17日閲覧。
  5. ^ 少子化要因に関する資料集”. 厚生労働省. 2022年5月17日閲覧。
  6. ^ 福井商工会議所 とっておきのデータ集
  7. ^ パラサイトシングルの意味と特徴・原因・抜け出す方法

関連項目[編集]