高橋哲哉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
高橋 哲哉
生誕 (1956-03-28) 1956年3月28日(60歳)
日本の旗 日本・福島県
時代 20世紀の哲
21世紀の哲学
地域 日本哲学
学派 大陸哲学
デリダ派
研究分野 現象学
言語哲学
倫理学政治哲学
戦争責任、追悼、犠牲、平和主義
テンプレートを表示

高橋 哲哉(たかはし てつや、1956年3月28日 - )は、日本哲学者東京大学大学院総合文化研究科・教養学部教授

略歴[編集]

哲学者としての出発点[編集]

福島県生まれ。福島県立福島高等学校を経て、1978年東京大学教養学部教養学科フランス分科卒業。1983年、東京大学大学院博士課程満期退学。1983年南山大学講師。1986年、東京大学教養学部専任講師。1987年、総合文化研究科助教授。2003年、教授(超域文化科学・表象文化論)。

大学院時代は坂部恵の指導を受けた。当初はフッサールメルロー=ポンティなどオーソドックスな現象学研究からスタートしたが、フランス哲学者であるジャック・デリダに関心を寄せ、その現象学批判にとどまらず、政治・社会哲学にまつわる側面の紹介や解説を積極的に行っている。同時に表象文化論のコンテクストから、戦争やジェノサイドホロコーストなど)に関する歴史・記憶・責任等に関する表象と言説を研究対象ともしている。近年では、政治的な軸足を置いた知識人との対話や講演、執筆、市民活動にも力をいれている。

現代社会への問題提起[編集]

歴史修正主義歴史認識論争、戦後責任論における左派の論者の一人である。1990年代半ばに中道派である加藤典洋『敗戦後論』を痛烈に批判して論争を繰り広げ、論壇においても有名になった。以降、自由主義史観研究会などへの批判を展開している。中国北朝鮮による日本の歴史観に対する批判にも「歴史修正主義への批判」として条件付の賛意を示している。大小を問わずさまざまなメディアで投稿やインタビューに応じている。

高橋自身によると、学生時代はノンポリであり、実際に1990年代前半まで目立った政治的活動はほとんどしていない。論壇で名をなしてからは社会的活動も積極的に行い、辻元清美らが主宰するピースボートの水先案内人などを務める。2004年には、徐京植らとNPO「前夜」及び季刊の思想雑誌『前夜』を立ち上げたが、2007年に理事を辞任した。

「九条の会・さいたま」呼びかけ人を務めている[1]。世界に先駆けて、日本が韓国や北朝鮮に謝罪と賠償をし、植民地支配を反省する世界的な流れをグローバルスタンダードにしようと呼びかけ[2]日韓併合条約は当初より不法無効であると主張する「『韓国併合』100年日韓知識人共同声明」に署名している[3]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『逆光のロゴス――現代哲学のコンテクスト』、未來社、1992年。
  • 『記憶のエチカ――戦争・哲学・アウシュビッツ』、岩波書店、1995年、2012年改版。
  • 『アウシュヴィッツと私たち――死者の希望を消さないために』、グリーンピース出版会、1996年。
  • 『デリダ――脱構築』、講談社、1998年、2003年改版。
  • 『戦後責任論』、講談社、1999年、のち講談社学術文庫、2005年。
  • 『歴史/修正主義』、岩波書店、2001年。
  • 『「心」と戦争』、晶文社、2003年。
  • 『証言のポリティクス』、未來社、2004年。
  • 『「物語」の廃墟から――高橋哲哉対話・時評集:1995-2004』、影書房、2004年。
  • 『反・哲学入門』、白澤社、2004年。
  • 『教育と国家』、講談社現代新書、2004年。
  • 『靖国問題』、ちくま新書、2005年。
[仏訳] Tetsuya Takahashi, Morts pour l’empereur : La question du Yasukuni, traduit par Arnaud Nanta, Paris, Les Belles Lettres, 2012.
  • 『国家と犠牲』、NHKブックス、2005年。
  • 『この国で〈精神の自由〉を求めて――哲学は抵抗たりうるか?』、NPO前夜、2006年。
  • 『状況への発言――靖国そして教育』、青土社、2007年。
  • 『犠牲のシステム――福島・沖縄』、集英社新書、2012年。
  • 『原発の「犠牲」を誰が決めるのか』、わが子からはじまるクレヨンハウス・ブックレット、2012年。
  • 『デリダ――脱構築と正義』、講談社、2015年。
  • 『沖縄の米軍基地――「県外移設」を考える』、集英社新書、2015年。

共著[編集]

  • 『現代哲学の冒険(3)差別』、菅野盾樹、種山恭子、阿部泰郎、大庭健、山口節郎共著、岩波書店、1990年。
  • 『哲学――原典資料集』、山本巍宮本久雄門脇俊介今井知正藤本隆志野矢茂樹共著、東京大学出版会、1993年。
  • 『理論戦線49――自由主義再検討の時代』、荒岱介共著、実践社、1996年。
  • 『断絶の世紀 証言の時代――戦争の記憶をめぐる対話』、徐京植共著、岩波書店、2000年。
  • 『私たちはどのような時代に生きているのか』、辺見庸共著、角川書店、2000年。
  • 『断絶の世紀証言の時代――戦争の記憶をめぐる対話』、徐京植共著、岩波書店、2000年。
  • 『グローバリゼーションと戦争責任』、金子勝山口二郎共著、岩波書店、2001年。
  • 『「語りえぬもの」からの問いかけ――東大駒場〈哲学・宗教・芸術〉連続講義』、宮本久雄岡部雄三共編、宮本久雄、甚野尚志三浦篤野矢茂樹沼野充義杉田英明、岡部雄三、今橋映子門脇俊介竹内信夫共著、講談社、2002年。
  • 『新 私たちはどのような時代に生きているのか――1999から2003へ』、辺見庸共著、岩波書店、2002年。
  • 『思考をひらく――分断される世界のなかで』、姜尚中齋藤純一杉田敦共著、岩波書店、2002年。
  • 『〈コンパッション〉は可能か?――歴史認識と教科書問題を考える』、『〈コンパッション〉は可能か?』対話集会実行委員会編、中西新太郎、徐京植、須永陽子、三宅晶子、目取真俊共著、影書房、2002年。
  • 『研究する意味』、小森陽一編、金子勝竹村和子岡真理吉見俊哉藤原帰一大澤真幸共著、東京図書、2003年。
  • 『平和と平等をあきらめない』、斎藤貴男共著、晶文社、2004年。
  • 『とめよう! 戦争への教育――教育基本法「改正」と教科書問題』、子どもと教科書全国ネット21編、石山久男、俵義文、村田智子共著、学習の友社、2005年。
  • 『教育基本法「改正」を問う――愛国心・格差社会・憲法』、大内裕和共著、白澤社、2006年。
  • 『戦争で得たものは憲法だけだ――憲法行脚の思想』、香山リカ姜尚中斎藤貴男辛淑玉城山三郎森永卓郎共著、七つ森書館、2006年。
  • 『この国に思想・良心・信教の自由はあるのですか』、思想良心信教の自由研究会編、鈴木正三飯島信池明観大津健一共著、いのちのことば社、2006年。
  • 『ちょっとヤバイんじゃない? ナショナリズム』、恵泉女学園大学大学院国際シンポジウム実行委員会編、姜尚中内海愛子村井吉敬辛淑玉李省展共著、解放出版社、2006年。
  • 『「靖国」という問題』、田中伸尚共著、金曜日、2006年。
  • 『念仏者と平和――改憲・教育基本法「改正」問題と私たち』、小川一乗高史明共著、真宗大谷派東本願寺出版部、2007年。
  • 『人間の安全保障』、山影進共編、東京大学出版会、2008年。
  • 『殉教と殉国と信仰と――死者をたたえるのは誰のためか』、菱木政晴森一弘共著、白澤社、2010年。
  • 『いのちと責任――対談 高史明・高橋哲哉』、李孝徳編、高史明共著、大月書店、2012年。
  • 『3・11以降とキリスト教』、荒井献本田哲郎共著、ぷねうま舎、2013年。
  • 『憲法が変わっても戦争にならない?』、斎藤貴男共著、筑摩書房ちくま文庫、2013年。
  • 『犠牲の死を問う――日本・韓国・インドネシア』、村井吉敬李泳采内海愛子共著、梨の木舎、2013年。
  • 『フクシマ以後の思想をもとめて――日韓の原発・基地・歴史を歩く』、徐京植韓洪九李昤京金英丸趙真慧共著(李昤京、金英丸、趙真慧は翻訳も)、平凡社、2014年。
  • 『奪われた野にも春は来るか』、徐京植共著、鄭周河写真、高文研、2015年。
  • 『ポストフクシマの哲学――原発のない世界のために』、村上勝三、東洋大学国際哲学研究センター編、明石書店、2015年。
  • 『流砂のなかで』、辺見庸共著、河出書房新社、2015年。
  • 『憲法のポリティカ――哲学者と政治学者の対話』、岡野八代共著、白澤社、2015年。

編著[編集]

  • 『「歴史認識」論争』、作品社、2002年。
  • 『靖国問題入門』、河出書房新社、2006年。

共編著[編集]

  • 『『ショアー』の衝撃』、鵜飼哲共編、未来社、1995年。
  • 『ナショナル・ヒストリーを超えて』、小森陽一共編、東京大学出版会、1998年。
  • 『石原都知事「三国人」発言の何が問題なのか』、内海愛子徐京植共編、影書房、2000年。
  • 『教育基本法「改正」に抗して――緊急報告・全国各地からの声』、大内裕和三宅晶子、小森陽一共編、岩波書店、2004年。
  • 『私の「不服従」―東京都の「命令」教育に抗して』、「君が代強制反対訴訟」編集委員会共編、かもがわ出版、2005年。
  • 『憲法が変わっても戦争にならないと思っている人のための本』、斎藤貴男共編、日本評論社、2006年。
  • 『法と暴力の記憶――東アジアの歴史経験』、北川東子中島隆博共編、東京大学出版会、2007年。
  • 『人間の安全保障』、山影進共編、東京大学出版会、2008年。

訳書[編集]

  • ヘンリー・ステーテン著、『ウィトゲンシュタインとデリダ』、産業図書、1987年。
  • アラン・ジュランヴィル著、『ラカンと哲学』、産業図書、1991年。
  • ジャック・デリダ著、『他の岬――ヨーロッパと民主主義』、鵜飼哲共訳、みすず書房、1993年、新装版、2016年。
  • ロニー・ブローマン、エイアル・シヴァン共著、『不服従を讃えて――「スペシャリスト」アイヒマンと現代』、堀潤之共訳、産業図書、2000年。
  • カトリーヌ・マラブー編、『デリダと肯定の思考』、増田一夫高桑和巳共訳、未來社、2001年。
  • ジャック・デリダ著、『有限責任会社』、増田一夫宮崎裕助共訳、法政大学出版局、2002年。
  • フランク・パヴロフ、ヴィンセント・ギャロ共著、『茶色の朝』、藤本一勇共訳、大月書店、2003年。
  • ジャック・デリダ著、『ならず者たち』、鵜飼哲共訳、みすず書房、2009年。
  • ヤーコプ・タウベス著、『パウロの政治神学』、清水一浩共訳、岩波書店、2010年。

関連人物[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ cf. ブログテーマ 九条の会・さいたま 呼びかけ人 九条の会・さいたま
  2. ^ cf. 「講演会:韓国併合100年 高橋・東大大学院教授、富山で」(『毎日新聞』2010年12月4日付、富山地方版)
  3. ^ cf. 「韓国併合」100年日韓知識人共同声明

外部リンク[編集]