トーハン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社トーハン
TOHAN Corporation
TOHAN (head office 1).jpg
本社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
162-8710
東京都新宿区東五軒町6-24
設立 1949年昭和24年)9月19日
(東京出版販売株式会社)
業種 卸売業
事業内容 出版取次
代表者 藤井武彦(代表取締役社長
資本金 45億円
売上高 連結5,085億200万円、単体4,925億5700万円(2014年3月期)
営業利益 連結38億7,000万円、単体60億2,200万円(2014年3月期)
純利益 連結19億1,000万円、単体22億1100万円(2014年3月期)
純資産 連結1,044億3,000万円(2014年3月期)
総資産 連結3,373億1,100万円(2014年3月期)
従業員数 連結2,526名
主要株主 講談社小学館文藝春秋集英社学習研究社新潮社旺文社三菱東京UFJ銀行
主要子会社 ブックファースト
ティー・アンド・ジー
明屋書店
台湾東販
関係する人物 鈴木敏文取締役
外部リンク http://www.tohan.jp/
テンプレートを表示

株式会社トーハン: TOHAN Corporation)は、東京都新宿区に本社を置く、出版物専門商社

概要[編集]

1949年日本出版配給株式会社を前身に東京出版販売として創業。以後出版物流通・取次の分野ではコンピュータシステム・オンラインシステムの導入など、革新的なシステムを真っ先に取り入れるなど業界の最先端を進んでおり、出版物取次においては日本出版販売(日販)と共に2大大手として知られている。1992年CIを導入し現社名となった。

セブン&アイ・ホールディングスとの関わりが深く(セブン&アイ・ホールディングスのCEOを務めた鈴木敏文はトーハン出身者で2015年現在トーハンの役員でもある)、セブンイレブンで扱われる雑誌・書籍はトーハンから配送されるものである。また、イー・ショッピング・ブックス(現・セブンネットショッピング)に関しては出資者の一つであるとともに、物流・在庫を一手に取り仕切っている。

出版流通改革を目指す「桶川計画」を発表、2005年には埼玉県桶川市に世界最大級の書籍物流施設、「トーハン桶川SCMセンター」を開設した。

独自の中小書店支援の取り組みとして、注文した商品を書店の店頭で受け取れるオンライン書店のe-honや、客注商品の速配サービスであるブックライナーを運営している。また、2009年3月よりe-hon連携サイトとしてMedical e-hon医療従事者向け電子書籍サイト)を開始した。

いくつかの出版社が分野別に「図書目録刊行会」を結成して分野別図書目録を発行しているが、その事務所はトーハン内にある。

フランスで毎年行われているJapan Expoのオフィシャルパートナーであり、日本企業の出展窓口を務め、また会場の設営・管理に当たっている。

沿革[編集]

トーハン桶川SCMセンター
  • 1949年9月 - 日本出版配給株式会社を前身に東京出版販売として創業。
  • 1992年1月 - CI導入により、「東京出版販売株式会社」から「株式会社トーハン」へ社名変更。
  • 1996年2月 - 出版情報を提供するウェブサイト「本の探検隊」をオープン。
  • 2000年11月 - 「本の探検隊」を大幅にバージョンアップさせたオンライン書店、全国書店ネットワーク「e-hon」オープン。
  • 2012年12月 - ブックファースト阪急電鉄より購入
  • 2014年12月 - KADOKAWAとオンライン書店、電子書店、リアル書店の3チャネルで連携を開始
  • 2015年1月 - アマゾンジャパンに定期雑誌(増刊・別冊を含む)、ムック、コミックスの新刊の供給を開始

大株主の状況[編集]

2014年3月31日現在

子会社[編集]

その他[編集]

  • 2008年12月、トーハンが書籍『セブン-イレブンの正体』(週刊金曜日取材班と古川琢也の共著)[1]の配本を取りやめたと週刊金曜日などが主張した。関係筋によれば、「セブン-イレブンの盟主である鈴木敏文がトーハンの取締役副会長を務めており、その告発本を扱うわけにはいかないと週刊金曜日側に通告してきた」という[2]。しかしトーハンが当該出版物を配本・販売していることが確認できる[3]
  • 2017年5月中旬、週刊新潮が掲示する車内広告の内容がトーハンを通じて週刊文春に事前に漏れていたとする記事が週刊新潮に掲載される。週刊新潮側はスクープ記事を週刊文春に潰されたと批判し、週刊文春側は情報の不正・不法入手や記事盗用などを否定したものの、トーハンは記事を貸し渡した事実について認め謝罪している[4][5]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]