光文社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社光文社
Kobunsha Co., Ltd.
Kobunsha (head office).jpg
光文社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
112-8011
東京都文京区音羽1丁目16番6号
設立 1945年10月1日
業種 情報・通信業
事業内容 書籍・雑誌の発行・発売
代表者 代表取締役社長 高橋基陽
資本金 1,800万円
売上高 233億円(2011年8月実績)
従業員数 257名(2011年8月25日現在)
主要株主 講談社 45.8%
(財)野間文化財団 40.3%
外部リンク http://www.kobunsha.com/
テンプレートを表示

株式会社光文社(こうぶんしゃ)は、日本出版社

概説[編集]

1945年10月1日創業。音羽グループに属する。

1954年に創刊され、数々のベストセラーを生み出したカッパ・ブックスの成功は、新書判ブームのきっかけを作った。

雑誌では、手塚治虫鉄腕アトムなどを連載した『少年』が、戦後月刊少年漫画誌の黄金時代を作った。また週刊誌『女性自身』は「OL」という言葉を定着させるなど一時代を築き、男性誌では『週刊宝石』(休刊)、ほかに写真週刊誌『FLASH』が人気を博した。

伝統的に女性誌に強く、『JJ』の創刊が、後年の女子大生向け月刊ファッション雑誌の隆盛に与えた影響は計り知れない。その後も同誌から派生した、20歳代OL向けの『CLASSY.』、30歳代既婚女性向けの『VERY』、40代女性向けの『STORY』など世代別にラインナップを充実させてきた。

また近年では山田真哉著『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』がミリオンセラーとなった光文社新書、亀山郁夫訳『カラマーゾフの兄弟』が異例のベストセラーとなった光文社古典新訳文庫なども注目を集めている。

講談社、および関連団体の野間文化財団が合計で85%以上の株式を保有しており、講談社の関連会社として名前が挙げられているが[1]一ツ橋グループが書店向け注文サイトを集約しているのに対し、光文社と講談社は別々であるなど、経営上の結び付きはかならずしも強くない面も見られる。

小学校教科書などを刊行している光文書院とは資本・人材など一切関連がない。

歴史[編集]

創業の経緯[編集]

1945年講談社は激震に見舞われていた。太平洋戦争が終わり、出版業界内部は戦争協力者への責任追及の声が激しくあがっていた。戦前から活発な活動をしていた講談社は、その最大の標的となったのである。当時の経営陣は、最悪の事態に備え、別働隊を組織した。それが光文社である。1945年11月のことであった。

しかし、責任追及の声は次第に弱まり、講談社はピンチを乗り切った。そのため光文社は、いわば梯子を外された状態になってしまったのである。といっても、光文社の株のほとんどを持っているのは講談社であり、実質的に光文社の経営権を握っているのは講談社である。

神吉晴夫の台頭[編集]

光文社が出版界の第一線に躍り出ることができたのは、その講談社から一足早く光文社に移っていた神吉晴夫の手によってである。神吉は「創作出版論」という独特の編集理論をもっていた。それによって、次々とベストセラーが出されていく。1951年の波多野勤子少年期』がその嚆矢で、1954年にはローゼンバーグ夫妻の『愛は死を越えて』の翻訳、1957年には田宮虎彦の妻千代の死への追悼文や往復書簡をまとめた『愛のかたみ』など、「カッパ旋風」を巻き起こした。1958年には朝日新聞に全五段の広告を打って松本清張点と線』『眼の壁』の2冊を同時発売、松本清張をベストセラー作家に押し上げた。

1954年に「カッパ・ブックス」を創刊。この新書シリーズは、その後の出版界を長く席巻する。

など。青春出版社KKベストセラーズ祥伝社などとともに、新書ブームの一翼を担った。

また、1959年には「カッパ・ノベルス」を創刊。『日本沈没』(小松左京)、『悪魔の飽食』(森村誠一)などが送り出されている。

雑誌においても、1958年創刊の『女性自身』で女性誌ブームを起こし、1965年には『宝石』も創刊された。

労働争議[編集]

順風満帆に見えた光文社だが、1970年になると、神吉の経営手法(今で言う成果主義抜擢人事)に労働組合が反旗を翻したことで、労働争議が勃発した。神吉は年内で社長を辞して経営からは身を退いたが、争議は収まらず、1977年にようやく沈静化した。

この泥沼争議を嫌い、多くの人材が光文社を去った。その中には、祥伝社や、ごま書房(現在のごま書房新社)や、かんき出版の設立に関わった者も含まれている。

その後[編集]

1980年代後半頃から、文庫ブームのあおりを受けて「カッパ・ブックス」の売れ行きが落ち始める。それに伴い、主力は『女性自身』に始まる一連の雑誌にシフトした。そして、「カッパ・ブックス」は新たに創刊された光文社新書と入れ替わる形で、新刊の発行を終了することになった。

現在の出版状況[編集]

女性誌[編集]

男性誌[編集]

週刊誌[編集]

文芸誌[編集]

書籍シリーズ[編集]

かつて発行していた雑誌[編集]

ベストセラー[編集]

関連団体[編集]

一般財団法人光文文化財団
Kobun Scheherazade Foundation
種類 一般財団法人
本社所在地 日本の旗 日本
171-0014
東京都豊島区池袋三丁目1番2号 光文社ビル1F
業種 サービス業
事業内容 ミステリー文学を中心とする作家および劇団等に対する助成、顕彰事業
ミステリー文学等に関する資料館の管理・運営事業
ミステリー文学等に関する講演会の開催
その他、上記の目的を達成するために必要な事業
代表者 理事長 高橋基陽
外部リンク http://www.kobunsha.com/company/scheherazade/
テンプレートを表示

補足[編集]

  • 「カッパ・ブックス」などの「カッパ」は、神吉の「いかなる権威にも屈せず、“何の、屁の河童”と自由な活動をしたい」という思いから名付けられた。
  • 作家の小林信彦は、光文社を受験して面接で落とされたことがある。
  • 著名な社員に青木宏行がいる。2010年まで「FLASH」の編集長を務め、退任後エンターテインメント分野の編集総責任者となったが、その過程でAKB48グループと親交を深め関連テレビ番組にゲスト出演する機会も増え、後にライバルの一ツ橋グループ系列雑誌[2]にまで取り上げられるほど。一応本人は“DD”(誰でも大好き)としているものの、グループのメンバーから小嶋真子渡辺美優紀に惚れ込んでいると暴露されている。特に小嶋については社内のデスク周りにポスターを貼っている事実が明らかにされている[3]

著名なOBOG[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 関連会社・施設”. 会社案内. 講談社. 2012年7月28日閲覧。
  2. ^ 集英社「週刊プレイボーイ」中の連載漫画『さしこ+』(作画:田辺洋一郎、2012年から2014年まで)。青木が主役の回は『あおき+』に改題された。
  3. ^ 青木が出演した日本テレビ『AKBINGO!』2014年2月12日・26日(11日・25日深夜)放送分より。この2回については青木と同じ“DD”の代表として漫画家の小林よしのりと評論家の宇野常寛も出演した。

外部リンク[編集]