晒し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

晒しまたはさらしとは住所携帯電話番号・顔写真など個人を特定する情報を本人に無断で電子掲示板などのネット上に公開することを通じて対象者を攻撃する行為[1]。本人と対峙することなく被害を与えようとする間接的なネットいじめの一形態に当たる[1]。悪事を犯したと目される人物を正義感をもって私刑しようとする衝動的な行為の場合もある(ネット自警団とも呼ばれる)[2]ドクシング (doxing, doxxing)とも[3][4]

さらしはプライバシー侵害や肖像権侵害に当たる場合がある[5]。日本では個人によって行われたプライバシー侵害を罰する法律がなく、民法上の不法行為として損害賠償請求をしても訴訟費用に見合う賠償が得られることが少ない[5]

2011年に行われた日本人のWebアンケート調査によれば、17.5%が個人情報晒しの不安を感じており、特に2ちゃんねるYahoo!掲示板Facebookの利用者で比率が高かった[6]

GLOCOM鈴木謙介は個人情報の晒しは友達およびより緩やかな知り合いの関係で構成されるケータイ文化がネット上に侵食しつつあることの現れではないかと2007年に指摘した[7]

出典[編集]

  1. ^ a b 原清治、山内乾史、大多和直樹、浅田瞳「ネットいじめの実態とその抑止策に関する実証的研究」2012年度
  2. ^ 「ネットで叩く」側の論理 誰が「私刑」を執行するのか」『AERA』2013年8月26日号、朝日新聞出版、2013年。
  3. ^ 町山智浩『アメリカは今日も「炎上」中』 / 週刊文春2015年6月25日号
  4. ^ 大学教授、白人至上主義者だと誤って名指しされ シャーロッツビル衝突 2017年8月16日
  5. ^ a b 佐藤佳弘『インターネットと人権侵害』41-48
  6. ^ 山本 太郎, 千葉 直子, 植田 広樹, 高橋 克巳, 平田 真一, 小笠原 盛浩, 関谷 直也, 中村 功, 橋元 良明 テキスト系CGM利用時の不安に関する自由記述を中心とした調査結果について 日本社会情報学会 第26回全国大会P 475-480
  7. ^ 鈴木謙介 第23回: ケータイが侵食するインターネット~異なる文化の邂逅によって生じるトラブルへの対処を~ 2007年1月

関連項目[編集]