当たり屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

当たり屋(あたりや)とは、損害賠償を取得する目的において、故意に交通事故を起こし、当該目的を実現しようとする者のこと。

概要[編集]

当たり屋は故意に交通事故を起こし、人身事故における治療費や慰謝料、物損事故における修理費、またはこれらの事故の示談金や保険金などを請求するものである。事故による精神的動揺に漬け込んで行われる犯罪である[1]

犯人と共謀した者が第三者を装って出現し示談を勧誘する事例もある[1]

保険金を目的とする場合は保険金詐欺に該当するが、交通事故を起こした原因が過失であるか故意であるかの証明は、場合によっては非常に困難になるため、警察による保険金詐欺の捜査や、保険会社の調査部門による保険調査も、非常に慎重に行われるのが通例である。

事例[編集]

物損事故に見せかけるもの[編集]

車や人体に当たって、眼鏡スマートフォンなどの持ち物を落として破損したなどと、物品の弁償を迫る。また、駐車場などで軽く車を接触させ、修理代を要求するものもある。

イタリア北部などではドアやサイドミラーへの接触事故を装った当たり屋の事例が報告されている[1]

人身事故に見せかけるもの[編集]

ミラーやドアなどに故意に接触し、軽微なケガを負う場合もあれば、大がかりな場合はわざと車にはねられて入院し、治療費や損害賠償の支払いを迫る。このようなかたちで運転者はその場限りと思って警察に届け出ずに支払いに応ずると、その後ケガが悪化したとか仕事に支障が出たなどと言い出し、さらに金品を要求され、それを延々と繰り返される悪循環に陥る。

対策[編集]

警察等への連絡[編集]

交通事故が発生した際には、事故の大小、怪我の有無に関わらず速やかに警察に届け出るとともに、自身の加入している保険会社の担当者にも連絡をとる必要がある[1]

警察機関に対しては、事故現場、事故状況、負傷者の有無などを正確に伝える[1]。なお、日本では警察官への報告義務違反は、3か月以下の懲役又は五万円以下の罰金(道路交通法119条10号)となる。

保険会社の担当者への事故の届出は事故に関する損害賠償や自身の補償のための自動車保険を適用する際の必須事項である。怠れば、保険を適用できない場合がある。保険会社の保険調査により、保険金の請求者が「当たり屋」であると判断した場合は、保険会社は一切の交渉から手を引く場合がある。警察の捜査が入る場合もある。

ドライブレコーダー等の設置[編集]

ドライブレコーダー等の客観的証拠により、故意に事故を起こしている事が明らかに証明できるようにする。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 北イタリア治安情勢通報”. 在ミラノ日本国総領事館. 2017年8月31日閲覧。

関連項目[編集]