ジャンボ宝くじ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ジャンボ宝くじ(ジャンボたからくじ)とは、日本で販売されている宝くじの一種で、年に3回ある全国自治宝くじである。1979年よりスタート。

概説[編集]

これらの宝くじはすべて1枚の額面が300円であり総務大臣の指定を受けた当せん金設定の例外(詳しくは当せん金の上限参照)である。期待当せん金額は140 - 150円程度である。

1979年の第151回全国自治宝くじをサマージャンボとして発売。1枚200円で1等当せん金は2000万円だった。その年のジャンボ宝くじはそれだけだったが翌1980年より年3回の発売が恒例化すると同時に1枚300円、1等3000万円となる。その後、前後賞合わせて5000万円の当せん金となっていたが1985年に規制緩和により最高賞金額は販売額の20万倍までに拡大され1等当せん金は5000万円に大幅増、前後賞合わせて7000万円となる。1989年にはついに1等当せん金6000万円、前後賞4000万円となり連番購入で1億円の大台に突入し話題を集めた。

その後、1999年ドリームジャンボ宝くじは1等の当せん金が2億円、前後賞が各5000万円となり、その時期がしばらく続いた。

2012年の「サマージャンボ宝くじ」で1等4億円・前後賞計1億円合わせて5億円と過去最高額とする一方、「ドリームジャンボ宝くじ」では1等1億円・前後賞計1000万円に下げる代わりに1等本数を1ユニット7本と多く設定するなど趣向を持たせている。ただし2014年のドリームジャンボ宝くじは1等が2011年までの1ユニット1本となる代わりに最高が2012年の5倍となる5億5000万円に変更された。なお最高額は2012年年末に1等4億円・前後賞各1億円合わせて6億円、2013年年末に1等5億円・前後賞各1億円合わせて7億円、2015年年末には1等7億円・前後賞各1億5000万円合わせて10億円とついに大台を突破した。一方、2015年年末の1等の当選確率は、前年の半分となる2000万分の1[1]と過去最低を更新している。

ジャンボ宝くじの発売日(特に年末ジャンボ)には全国各地の大規模販売所や小規模ながら大当りがよく出る販売所などで宝くじを求める人々の大行列が起こり、風物詩となっている。

なお「バレンタインジャンボ宝くじ」(2017年まではグリーンジャンボ宝くじ)と「ハロウィンジャンボ宝くじ」(2016年まではオータムジャンボ宝くじ)も当せん金が高額であるため、ジャンボ宝くじと呼ばれているが、これらの宝くじは発行できる枚数が限られている(ユニット数に上限がある。売り切れ御免)全国通常宝くじであるので注意したい[2]。また2014年以降4月発売・5月抽せんの記念宝くじも全国通常宝くじでありジャンボ宝くじではない。故に正式なジャンボ宝くじとなるのは「ドリーム」「サマー」「年末」の3つである。これとは別に2016年からはスクラッチにおいても1枚300円のものが発売されている。

ジャンボ宝くじの一覧[編集]

  • ドリームジャンボ宝くじ - 抽せん日:毎年6月頃
  • サマージャンボ宝くじ - 抽せん日:毎年8月頃(過去は9月に抽せんが行われていた)
  • 年末ジャンボ宝くじ - 抽せん日:毎年12月31日

サマージャンボ宝くじは市町村振興を目的としているため、政令指定都市は発売主体とならない。正式なジャンボ宝くじに数えないグリーンジャンボ宝くじ、オータムジャンボ宝くじも同様である。

抽せん会場・放送[編集]

年末ジャンボ宝くじの抽せん会は、1等の最初の当せん番号が発表されるときに「当せんおめでとう」と書かれた電飾付きの看板が吊るされ、最後の当選番号発表後、天井からくす玉が割れて祝福していたが、近年はキャノン砲と呼ばれる機械クラッカーを使ったものに代わっている。

抽せん会は、NHKが生中継を行っている。2010年度まではBS2(2011年3月31日閉局)を中心に行っていた(年末ジャンボ宝くじは総合テレビ[3]ラジオ第1も同時放送)が、2011年度以降は総合テレビでの放送となっている(年末ジャンボ以外の時間帯は原則として12:38-12:45)。

ただし、あらかじめ収録放送番組の放送が決まって時間変更のできない時、特設ニュースなど番組編成上の都合で総合テレビでの放送ができないときはBSプレミアムで代替放送される(時間帯は原則として12:35-12:45)。まれに注目の高い全国通常宝くじの抽せん会の模様が放送されることもある(過去に阪神淡路大震災復興宝くじの抽せん会の模様が1995年に放送された)。

抽せんプレゼンター・抽せん会後のアトラクション[編集]

どのジャンボ宝くじにも抽せん会後にはアトラクションと称するイベントが開催される。

  • ドリームジャンボ宝くじ - プレゼンター:抽選日に同所にて公演を行なっている宝塚歌劇団の男役娘役トップ

アトラクション:プレゼンターが出演する宝塚歌劇公演

  • サマージャンボ宝くじ - プレゼンター:歌手、タレント1名

アトラクション:プレゼンターが出演するコンサート、ショー

  • 年末ジャンボ宝くじ - - プレゼンター:歌手、タレント1名~4名(登場しない場合もあり)

アトラクション:プレゼンターが出演するコンサート、ショー

発売実績[編集]

(いずれも2005年度)

  • 発売枚数 約15億4352万枚
  • 発売額 約4630億円

イメージキャラクター[編集]

2007年年末ジャンボでは、西田夢蔵と小林幸子がコラボレーションしたCM・ポスターが制作され、2009年年末ジャンボでは、西田夢蔵と柳原可奈子が共演した。2009年サマージャンボでは、西田夢蔵と上野由岐子、2010年サマージャンボでは新しい宝くじ「1000万サマー」同時発売に伴い、西田夢蔵とオードリーが出演。2010年ドリームジャンボでは、「3億夢の陣」として、宝勝豊と奥方(高島礼子)が出演。

2008年ドリームジャンボでは新しい宝くじ「ミリオンドリーム」同時発売に伴い、夢蔵に加えダチョウ倶楽部上島竜兵が扮する「西田小夢蔵」というキャラクターも登場する。

2012年グリーンジャンボでは新しいイメージキャラクター木村拓哉と仲里依紗が出演。同年春のグリーンジャンボ(復興支援くじ)では「ゴオクエンジャー」で登場。また、同年度最初のジャンボくじでもある5月のドリームジャンボでは複数の在日欧米人と「ウエスタン風」で共演。サマージャンボでは、木村拓哉とジミー大西が出演。[4]

2013年オータムジャンボでは木村拓哉と山田花子が出演。同年の年末ジャンボでは木村拓哉、渡哲也壇蜜クリス松村が出演しているが、人形での出演となる。

2014年はドラマ「奥さまは魔女」で夫婦を演じていた米倉涼子原田泰造が出演している。米倉は貴婦人役に扮するが、原田は車夫役に扮する。オータムジャンボでは米倉と原田と佐野岳が出演。年末ジャンボでは米倉と原田と大久保佳代子織田信成が出演。

2015年はドリームジャンボでは米倉と原田と武井壮が出演。サマージャンボでは米倉と原田と要潤が出演。オータムジャンボでは米倉と原田とYOUが出演。年末ジャンボでは米倉と原田と所ジョージと武井壮と要潤とYOUが出演。

2016年はグリーンジャンボでは米倉と原田と所ジョージが出演。

2016年ドリームジャンボからは新しいイメージキャラクター綾野剛(綾野団員)と所ジョージ(ジョージ博士)が出演。2016年年末ジャンボでは綾野と所と井川遥(井川大佐)が出演。

2017年ドリームジャンボからは役所広司と島崎遥香が出演。さらに宝塚歌劇団とタイアップし、星組トップスター紅ゆずるが出演。2017年サマージャンボでは役所と島崎と鈴木奈々が出演。2017年ハロウィンジャンボではオリジナル版を役所、島崎、オラキオ、長友光弘が出演。アイドルコスプレ版ではももいろクローバーZが出演。2017年年末ジャンボでは役所と島崎と平野ノラと筧美和子が出演。

ジャンボ宝くじと同時発売される低当せん金の宝くじ[編集]

2008年のドリームジャンボ発売時に、ジャンボ宝くじ30周年を記念して、1等当せん金を100万円とした「ミリオンドリーム」が発売された。

2010年にはサマージャンボ発売時に1等当せん金を1000万円とした「1000万サマー」が発売された。

2012年からは1等を10万円とした「ドリーム10(テン)」が発売された。

ドリームジャンボと同時発売[編集]

  • 2008年~2010年:「ミリオンドリーム」 1等100万円(1等の抽せん数字は下4桁1本)
  • 2011年は同時発売ではないが、ドリームジャンボ発売前の期間で「ミリオン」(1等100万円)が発売された。
  • 2012年~2013年:「ドリーム10」 1等10万円(1等の抽せん数字は下3桁1本)
  • 2014年:「ドリームジャンボミニ」 1等5000万円(1等の抽せん数字は組下1桁1本)
  • 2015年~2016年:「ドリームジャンボミニ」 1等7000万円(1等の抽せん数字は組下1桁1本)
  • 2017年:「ドリームジャンボミニ」 1等1億円(1等の抽せん数字は3本)

サマージャンボと同時発売[編集]

これらもサマージャンボと同様に市町村振興が目的のため、政令指定都市は発売元とならない。

  • 2010年:「1000万サマー」 1等1000万円(1等の抽せん数字は各組共通1本)
  • 2011年~2013年:「2000万サマー」 1等2000万円(1等の抽せん数字は組下1桁5本、前後賞10万円つき)
  • 2014年:「サマージャンボミニ」 1等6000万円(1等の抽せん数字は組下1桁1本)
  • 2015年~2016年:「サマージャンボミニ」 1等7000万円(1等の抽せん数字は組下1桁1本)
  • 2017年:「サマージャンボミニ」 1等1億円(1等の抽せん数字は5本)
  • 2017年:「サマージャンボプチ」 1等100万円(1等の抽選数字は1000本)

ハロウィンジャンボと同時発売[編集]

  • 2017年:「ハロウィンジャンボミニ」 1等5000万円

年末ジャンボと同時発売[編集]

  • 2013年~2015年:「年末ジャンボミニ」 1等7000万円(1等の抽せん数字は組下1桁1本)[5]
  • 2016年:「年末ジャンボミニ」 1等1億円(1等の抽せん数字は7本)
  • 2016年:「年末ジャンボプチ」 1等1000万円(1等の抽せん数字は各組共通1本)[6]

グリーン→バレンタインジャンボと同時発売[編集]

こちらも全国通常宝くじのため発行できる枚数が限られている(ユニット数に上限がある。売り切れ御免)。

  • 2017年:「グリーンジャンボミニ」 1等5000万円(1等の抽せん数字は組下1桁1本)

ジャンボ宝くじに関する事故[編集]

  • 1976年(昭和51年)12月21日に1等1000万円の年末ジャンボ宝くじ発売の際に、全国各地の売場に群集が殺到。冬場に早朝まで長時間並んだことによる疲労も加わり、松本市福岡市で各1名が死亡し、40名以上が負傷した[7]。この事故を受けて、1995年まで発売は往復はがきによる予約制に変更された。(1989年の年末ジャンボ宝くじのcmの最後に「追加予約受付中」というテロップが入っている。)

脚注[編集]

  1. ^ 1ユニットの構成枚数が1000万枚(100組×10万枚)から2000万枚(200組×10万枚)に変更になったことによる。1ユニットが2000万枚になったのもジャンボ宝くじ史上初のことである。
  2. ^ 宝くじの種類と発売元等 - 日本宝くじ協会
  3. ^ かつては『ひるのプレゼント』→『スタジオパークからこんにちは』内で放送していたが、2005年以降は単独番組となっている。
  4. ^ 「5円置くんじゃないんだよ。5億円」は元々トミーズ雅のギャグだが、みずほ銀行はオリジナルと主張し雅にギャグ使用の許可を得ず吉本興業にギャグ使用料を支払っていない。(MBSせやねん!」今週の気になるお金より)
  5. ^ 宝くじ当選番号速報 - ジャンボ・ロト7・ロト6の抽選結果案内(キャッシュサイト)
  6. ^ 同時発売が2種類になるのは2016年年末ジャンボが初となる
  7. ^ 宝くじ 戦後開いた社会の天窓読売新聞2008年11月4日。松本市での死者の死因は脳溢血である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]