東京オペラシティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
東京オペラシティ
Tokyo Opera City
Tokyo Opera City Tower.JPG
東京オペラシティの位置(東京都区部内)
東京オペラシティ
東京オペラシティ
施設情報
所在地 〒163-1490
東京都新宿区西新宿三丁目20番2号
座標 北緯35度40分59.0秒 東経139度41分12.7秒 / 北緯35.683056度 東経139.686861度 / 35.683056; 139.686861座標: 北緯35度40分59.0秒 東経139度41分12.7秒 / 北緯35.683056度 東経139.686861度 / 35.683056; 139.686861
状態 完成
着工 1992年平成4年)2月
竣工 1996年(平成8年)7月
開業 1996年(平成8年)8月8日
用途 事務所店舗劇場美術館駐車場
地上高
最頂部 234.37m
屋上 222.37m
各種諸元
階数 地上54階地下4階 塔屋2階
敷地面積 44,092
*オフィス棟 15,426
建築面積 33,338
*オフィス棟 13,795
延床面積 311,140
*オフィス棟 242,544
構造形式 鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造鉄筋コンクリート造
エレベーター数 施設全体45基(オーチス製13基、三菱製14基、日立製6基、東芝製12基)
駐車台数 867台
*オフィス棟 637台
関連企業
設計 NTTファシリティーズ都市計画設計研究所柳澤孝彦TAK建築
施工 竹中工務店大林組鹿島建設清水建設大成建設フジタ戸田建設京王建設小田急建設共立建設昭石エンジニアリングJV
デベロッパー 東京オペラシティ建設・運営協議会(京王電鉄小田急電鉄第一生命保険など)
管理運営 東京オペラシティビル株式会社
財団法人東京オペラシティ文化財団
東京オペラシティ
TOKYO OPERA CITY
店舗概要
開業日 1996年8月
商業施設面積 3,324 m²
店舗数 47店
最寄駅 京王新線初台駅
外部リンク 東京オペラシティ

東京オペラシティ(とうきょうオペラシティ)は、東京都新宿区西新宿三丁目にある複合文化施設。

新国立劇場および、民間の超高層ビル東京オペラシティビル」で構成される。この項では主に「東京オペラシティビル」について詳述する。新国立劇場については該当の項を参照のこと。

概要[編集]

当地にはもともと、電電公社(現・NTT)時代の淀橋電話局京王帝都バス新宿営業所小田急百貨店配送センター、東京工業試験所新国立劇場部分)などが存在した。

東京オペラシティは、1985年の国際建築設計競技による柳澤孝彦TAK建築・都市計画研究所設計の新国立劇場と、NTTファシリティーズ都市計画設計研究所・柳澤孝彦TAK建築・都市計画研究所の共同設計による民間の超高層複合施設「東京オペラシティビル」からなる街区の名称である。

単に「東京オペラシティ」という場合、しばしばこのうち新国立劇場を除く高層の民間建物部分「東京オペラシティビル」を指す。ビル内には文化施設とオフィスのほか、「シティ」の名の通り、飲食店・物販・サービスなど50を超える店舗がテナントとして入っている。

高層の「東京オペラシティビル」部分(新宿区西新宿に所在)と、隣接する低層の新国立劇場(渋谷区本町に所在)の部分は、「ガレリア」と呼ぶ高さ20m・長さ200m、3層の半外部空間で接続されており、ガレリアを境に新宿区と渋谷区に分かれている。

「東京オペラシティビル」部分は、東京オペラシティビル株式会社および、財団法人東京オペラシティ文化財団により管理・運営されている。

東京オペラシティビル株式会社の事業者には、もともと当地にゆかりの深かったNTT系のNTT都市開発京王電鉄など、複数の企業が名を連ねている[1]

空調設備などは、隣接するNTT東日本の本社ビルと共用の地域冷暖房プラントを持ち、山手通り下の地中でつながっている。また同ビルとの間は、2階にある屋根付きの横断橋で山手通りを渡って連絡している。

回転ドアは、2004年六本木ヒルズ森タワーで発生した事故を受け一時使用禁止となったが、一部を除いて現在でも使用されている。また、オフィスエントランスの大型回転ドアには安全センサーが追加され、自動扉を併設したうえで警備員を常時配置し、安全性を確保している。

歴史[編集]

主な施設[編集]

オフィスフロアに入居する主な企業[編集]

上述の通り、NTTグループ関連企業も多く入居している。

かつてはアップルジャパンも入居していたが、2013年5月に六本木ヒルズ森タワーへ移転した。

エイボン・プロダクツ本社も13階に入居していたが、2014年6月にみなとみらいビジネススクエアへ本社機能を移転した[2]。移転後も本店所在地は東京オペラシティに所在し、1階の直営ショップ「エイボン ビューティーセンター」は営業継続[2]

エレベーター[編集]

タワー棟のオフィスエレベーターは5バンク(A~Eバンク)あり、AバンクとEバンク(展望レストラン用)は三菱製、Bバンクは日立製、CバンクとDバンクは東芝製となっている。停止階は各バンクの行先階と乗継階で構成されている。

2014年4月から、オフィスエレベーターは順次リニューアル工事が実施される。リニューアル後は到着チャイムとアナウンスが最新のものになる。また、工事中は乗継階が通過となるバンクもあった。

  • Aバンク(三菱電機製、黄色
    2階・7階 - 18階
  • Bバンク(日立製、黄緑
    2階・7階・18階 - 28階
  • Cバンク(東芝製、水色
    2階・7階・18階・28階 - 38階
  • Dバンク(東芝製、
    2階・7階・18階・28階・38階 - 48階
  • Eバンク(三菱電機製、ピンク
    2階・7階・18階・28階・38階・48階 - 54階

東京オペラシティ文化財団[編集]

同ビル内にあるコンサートホールリサイタルホール、東京オペラシティアートギャラリーを運営している。

コンサートホール[編集]

正式名称は「東京オペラシティ コンサートホール:タケミツ メモリアル」であり、1992年から準備段階の東京オペラシティビルの芸術顧問であった作曲家武満徹の名前を冠している。

シューボックス型の平面、変形ピラミッド型の天井、2層のバルコニー席、天井に採光窓を持ち、ピラミッド状の音響反射板がステージ上部に浮かぶ。内装はホワイトオーク

リサイタルホール[編集]

平土間形式、舞台と客席は移動可能。

  • 座席数:286席

リハーサル室[編集]

東京フィルハーモニー交響楽団の練習場となっている。同オーケストラの事務所は、東京オペラシティ内にある。

アートギャラリー[編集]

東京オペラシティアートギャラリー

年4回程度企画展を開催、国内の若手作家を紹介する「Project N」も開催している。サンクンガーデンを取り囲むプラン。天井高6mのハイサイドライトを持つギャラリー1・2、4階の展示室ギャラリー3・4、コリドールから構成される。ミュージアムショップのギャラリー5が隣接。

交通アクセス[編集]

詳しくは「東京オペラシティ アクセス」を参照。

ロケが行われた主な作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 会社概要 施設案内 東京オペラシティ公式Webサイト
  2. ^ a b エイボン メンバーのみなさまへ 創業の地、横浜へオフィス移転のお知らせ (PDF) (エイボン・プロダクツ株式会社 2014年6月2日)

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]