紅ゆずる

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
くれない ゆずる
紅 ゆずる
生年月日 8月17日
出身地 日本の旗 日本 大阪府大阪市
身長 173cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台
活動期間 2002年 -
活動内容 2002年:宝塚歌劇団入団、星組配属
2016年:星組トップスター就任
2019年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
事務所 松竹エンタテインメント
公式サイト 紅ゆずるオフィシャルサイト
主な作品
宝塚歌劇
オーム・シャンティ・オーム
THE SCARLET PIMPERNEL
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀
霧深きエルベのほとり
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

紅 ゆずる(くれない ゆずる、8月17日[1][2] - )は、日本女優。元宝塚歌劇団星組トップスター[1][3]

大阪府大阪市[2]東大谷高等学校出身[2]。身長173cm[1][2]。血液型A型[1]。愛称は「さゆみ」、「さゆちゃん」、「ゆずるん」、「べに子」[4]

所属事務所は松竹エンタテインメント[1]

来歴[編集]

2000年、宝塚音楽学校入学[1][5]

2002年、宝塚歌劇団に88期生として入団[1][5]。入団時の成績は47番[6]。星組公演「プラハの春LUCKY STAR!」で初舞台[5][2]。その後、星組に配属[2][1][7]

入団後は役のつかない時期が続いたが、2008年の「THE SCARLET PIMPERNEL」で新人公演初主演[5][2][8][7][9]。新人公演最終学年となる入団7年目のラストチャンスでの抜擢となった[2][7]

2011年の「メイちゃんの執事」(バウホール日本青年館公演)で、バウホール・東上公演初主演[8][7]

2012年の「ジャン・ルイ・ファージョン」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演主演[7]

2013年、第一回台湾公演「宝塚ジャポニズム/怪盗楚留香/Étoile de TAKARAZUKA」に、選抜メンバーとして出演[8]

2014年の「風と共に去りぬ」で、星組2番手として全国ツアー公演初主演[8][10]

2015年の「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」(赤坂ACTシアター・ドラマシティ公演)で、3度目の東上公演主演[8]

2016年11月21日付で星組トップスターに就任[11]綺咲愛里を相手役に迎え、翌年の「THE SCARLET PIMPERNEL」で大劇場トップコンビお披露目[11]。同公演は自身の新人公演主演作の再演ともなった[9]

2018年、第三回台湾公演「Thunderbolt Fantasy/Killer Rouge」に主演[12]。5年ぶり2度目となる台湾公演で、主演として凱旋を果たした[12]

2019年10月13日、「GOD OF STARS/エクレール ブリアン」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を綺咲と同時退団[1][13]。同年11月1日付で松竹エンタテインメント所属となり、芸能活動を再開[1][14]。トップスター出身のタレントとしては同社の第一号となった[14]

人物[編集]

出生時、身長51cm・体重3520gで、病院内で一番大きな赤ちゃんだった[15]。目の両端に赤い痣があったため、看護婦から「絶対花魁の生まれ変わり」と言われたという[15]

2歳下と7歳下の弟がいる。子どもの頃はやんちゃな悪ガキで、毎日なにかしらイタズラをしていた[15]

小学3〜4年の頃、ミュージカル「ピーターパン」を観劇してはまり、緑色の服を買ってもらい、1年ほど自分はピーターパンだと思い生活していた[15]

背が高かったため、近所の人から「宝塚に入れば?」とよく言われていたが、当時は興味がなかった[15]

小学5年の時、たまたまTVで放映されていた雪組公演「雪之丞変化サジタリウス」を観て宝塚にはまり、タカラジェンヌになると決意した[15]。宝塚初観劇は、雪組公演「仮面のロマネスクゴールデン・デイズ[15]

音楽学校受験のためにバレエを習いたいと親に頼むも、それまで剣道や柔道を習い始めても2回と続かず、道具ごと弟におしつけていたため相手にされなかった[2]。そのため録画した宝塚歌劇のビデオを観て、自己練習とイメージトレーニングを繰り返していた[15]。その姿にようやく両親が折れ、受験前の半年弱だけバレエと声楽を習うことを許された[15]。2次試験の面接では特技の俳句を披露し[15]、1度目の受験で合格した[2]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

星組時代[編集]

星組トップスター時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2008年12月、タカラヅカスペシャル2008『La Festa!』
  • 2009年12月、タカラヅカスペシャル2009『WAY TO GLORY』
  • 2011年4月、『ノバ・ボサ・ノバ』前夜祭
  • 2011年12月、タカラヅカスペシャル2011『明日に架ける夢』
  • 2012年12月、タカラヅカスペシャル2012『ザ・スターズ!〜プレ・プレ・センテニアル〜』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2015年3月、柚希礼音ディナーショー『The REON!!』
  • 2015年12月、タカラヅカスペシャル2015『New Century,Next Dream』
  • 2016年1 - 2月、紅ゆずるディナーショー『STELLA ROSSA〜フリーダムに ランダムに〜』 主演[16]
  • 2016年7月、『宝塚巴里祭2016』 主演[17]
  • 2016年12月、タカラヅカスペシャル2016『Music Succession to Next』
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2018年12月、タカラヅカスペシャル2018『Say! Hey! Show Up!!』
  • 2019年8月、紅ゆずるディナーショー『Berry Berry BENNY!!』 主演[18]

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

ドラマ[編集]

TV出演[編集]

受賞歴[編集]

  • 2008年、『阪急すみれ会パンジー賞』 - 新人賞
  • 2011年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2010年度努力賞
  • 2013年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2012年度努力賞
  • 2016年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2015年度努力賞
  • 2019年、『宝塚歌劇団年度賞』 - 2018年度特別賞

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s “紅ゆずるプロフィール”. 松竹エンタテインメント. (2019年11月1日). https://www.shochiku-enta.co.jp/actress/kurenai 2019年11月1日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 努力を信じ、大舞台に臨む/紅ゆずる”. nikkansports.com. プレシャス! 宝塚. 日刊スポーツ新聞社 (2008年7月7日). 2021年9月10日閲覧。
  3. ^ a b 元宝塚星組トップの紅ゆずるがドラマデビュー「一生忘れられない思い出に」”. SANSPO.COM (2020年6月22日). 2020年6月29日閲覧。
  4. ^ 『宝塚おとめ 2019年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2019年、100頁。ISBN 978-4-86649-089-2
  5. ^ a b c d e f g “紅ゆずる、女優に転身!11月から松竹エンタテインメント入り、バラエティーにも意欲”. サンスポ. (2019年10月30日). https://www.sanspo.com/article/20191030-WY2F64QETVNGDOY6N4EQQ6V33M/3/ 2019年10月30日閲覧。 
  6. ^ 100年史(人物), p. 114.
  7. ^ a b c d e f g h i 香り立つ色男/紅ゆずる”. nikkansports.com. プレシャス!宝塚. 日刊スポーツ新聞社 (2012年8月30日). 2021年9月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j 変幻自在の天才詐欺師 早変わりに臨む/紅ゆずる”. 日刊スポーツ. プレシャス!宝塚. 日刊スポーツ新聞社 (2015年6月18日). 2021年9月10日閲覧。
  9. ^ a b c “魅・宝塚、たゆまぬ挑戦:咲き誇る「勇気」の花 「スカーレット・ピンパーネル」で大劇場お披露目 星組トップ・紅ゆずる”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年4月10日). https://mainichi.jp/articles/20170410/ddf/012/200/028000c 2021年9月10日閲覧。 
  10. ^ a b “紅ゆずる 再び休演…病名は発表されず”. デイリースポーツ online (株式会社デイリースポーツ). (2014年12月20日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2014/12/20/0007599325.shtml 2021年9月10日閲覧。 
  11. ^ a b c “フランス調部屋でくつろぐコテコテ大阪人/紅ゆずる”. プレシャス!宝塚 (日刊スポーツ新聞社). (2017年1月5日). https://www.nikkansports.com/entertainment/column/takarazuka/news/1761121.html 2021年9月10日閲覧。 
  12. ^ a b c 台湾を紅色に 5年ぶり挑戦はセンターで/紅ゆずる”. 日刊スポーツ. 宝塚 ~ 朗らかに. 日刊スポーツ新聞社 (2018年9月27日). 2021年9月10日閲覧。
  13. ^ a b “【星組】紅ゆずる、17年間の宝塚人生に別れ”. サンスポ (産経デジタル). (2019年10月13日). https://www.sanspo.com/article/20191013-4JPIQBJNU5P2HJHDNBJJ6AWLUY/ 2021年9月10日閲覧。 
  14. ^ a b “紅ゆずる、女優に転身!11月から松竹エンタテインメント入り、バラエティーにも意欲”. サンスポ. (2019年10月30日). https://www.sanspo.com/article/20191030-WY2F64QETVNGDOY6N4EQQ6V33M/ 2019年10月30日閲覧。 
  15. ^ a b c d e f g h i j ますっく 著、北野靖・浜田聖子 編 『波瀾爆笑!?我が人生II』宝塚歌劇団理事長 小川友次(監修・著作権者)(初版)、株式会社宝塚クリエイティブアーツ〈タカラヅカMOOK〉、2016年3月8日、100-102頁。ISBN 978-4-908135-65-1 
  16. ^ 紅ゆずるディナーショー「STELLA ROSSA 〜フリーダムに ランダムに〜」('16年・第一ホテル東京) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  17. ^ 宝塚巴里祭2016('16年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  18. ^ 紅ゆずるディナーショー「Berry Berry BENNY!!」('19年・ホテル阪急インターナショナル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  19. ^ 紅ゆずる&横山由依が喜劇に全力投球!熱海五郎一座『Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー』フォトコール&会見レポート[リンク切れ] エンタステージ。
  20. ^ “紅ゆずると横山由依が喜劇の笑いをジャズにのせて~熱海五郎一座の新橋演舞場公演『Jazzyなさくらは裏切りのハーモニー』取材会&フォトコールレポート”. SPICE (株式会社イープラス). (2021年5月31日). https://spice.eplus.jp/articles/287861 2021年9月10日閲覧。 
  21. ^ “紅ゆずる主演でトニー賞3部門獲得のミュージカル・コメディ『エニシング・ゴーズ』が上演決定”. SPICE (株式会社イープラス). (2020年10月2日). https://spice.eplus.jp/articles/276448 2021年9月10日閲覧。 
  22. ^ “東京公演中に23人が陽性 舞台「エニシング・ゴーズ」大阪公演も全日程中止 名古屋公演に続き”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年9月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/09/10/kiji/20210910s00041000448000c.html 2021年9月10日閲覧。 
  23. ^ 元宝塚歌劇団トップスター紅ゆずる主演『アンタッチャブル・ビューティー〜浪花探偵狂騒曲〜』上演決定 メディアスパイス。
  24. ^ 元宝塚・紅ゆずる、退団後初ドラマ 『女子グルメバーガー部』共演者15人解禁”. ORICON NEWS (2020年6月22日). 2020年6月27日閲覧。
  25. ^ ドラマ25 女子グルメバーガー部 第2話”. テレビ大阪. 2020年7月11日閲覧。
  26. ^ 【TV】よんチャンTV 金曜不定期レギュラー決定!|紅ゆずるオフィシャルファンクラブ『紅カントリー』” (日本語). 紅ゆずるオフィシャルファンクラブ『紅カントリー』. 2022年3月21日閲覧。
  27. ^ 出演者 - よんチャンTV | MBS” (日本語). MBS(毎日放送). 2022年3月21日閲覧。

注釈[編集]

  1. ^ 夢乃聖夏・真風涼帆と役替わり。
  2. ^ 夢乃聖夏と役替わり。
  3. ^ 真風涼帆と役替わり。
  4. ^ 礼真琴と役替わり。
  5. ^ 当初予定されていた御園座・新歌舞伎座・博多座での公演は、新型コロナウイルスの影響により全日程休止となる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]