ミニロト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ミニロトMINI LOTO)とは、日本で発売されている数字選択式全国自治宝くじにおいて、5種類ある賭け式のうち1つの名称。1999年4月に発売開始した。

方式[編集]

  • 選び方:31個 (01 - 31) の数字から、5個を選択するもの(31C5=全169,911通り)。
  • 抽せん日:毎週火曜日18:45 (JST)
  • 抽せん方法:電動撹拌式遠心力型抽せん機(通称:夢ロトくん)の中に数字が記載されたボールを入れ、出てきたボールの数字が抽せん数字となる(ロト6ロト7の抽せん機と同型)。
  • 申込代金:1口200である。
等級 当せん条件 当せん確率 当せん金額
(1口当たり

見込み額)

1等 申込数字が本数字5個と全て一致。 1 / 169,911 10,046,800円 
2等 申込数字5個のうち4個が本数字に一致し、且つ残り1個の申込数字がボーナス数字と一致。 5 / 169,911 144,300円
3等 申込数字5個のうち4個が本数字に一致。但し2等当せん条件を除く。 125 / 169,911 10,000円
4等 申込数字5個のうち3個が本数字に一致。 3,250 / 169,911 1,000円

当せんは、申込数字が抽せん数字と一致している個数で決まる。抽せん数字には、本数字5個とボーナス数字1個の合計6個の数字で成り立つ。当せん条件は下記のとおりである。

1等 
申込数字が本数字5個全て一致するもの。当せん確率は169,911分の1、見込み当せん金は約1,000万円である。(最高配当:40,000,000円 最低配当:175,900円)
2等 
申込数字が本数字4個と一致し、且つ残りの1個の申込数字がボーナス数字と一致するもの。当せん確率は169,911分の5、見込み当せん金は約15万円である。(最高配当:2,311,300円 最低配当:14,700円)
3等 
申込数字が本数字4個と一致し、残りの1個の申込数字はボーナス数字以外であるもの。当せん確率は169,911分の125、見込み当せん金は約1万円である。
4等 
申込数字が本数字3個と一致するもの。当せん確率は169,911分の3,250、見込み当せん金は約1千円である。

なお、各等級間の重複当せんは認められない。

当せん金の法定上限額は1口あたり最高40,000,000円である。ミニロトにはキャリーオーバー制度が無いため、これを超える賞金は他の等級に振り分けられる。なお、1等に法定上限額の40,000,000円が適用されたことは下記のとおり6回ある。それぞれの回で抽せんされた本数字と、ボーナス数字を表記する。

  • 第7回 - 1999年7月6日抽せん - 本数字03 24 25 26 31 ボーナス数字02
  • 第294回 - 2005年3月8日抽せん - 本数字14 23 26 29 31 ボーナス数字28
  • 第642回 - 2011年11月29日抽せん - 本数字09 22 26 27 31 ボーナス数字28
  • 第714回 - 2013年4月30日抽せん - 本数字06 10 20 22 31 ボーナス数字01
  • 第765回 - 2014年4月29日抽せん - 本数字16 19 20 22 31 ボーナス数字26
  • 第850回 - 2015年12月15日抽せん - 本数字01 02 13 15 18 ボーナス数字28

第1回の抽せん数字は本数字01 03 17 20 25 ボーナス数字26で、1等の当せん金は6,090,500円だった。

イッセンマン[編集]

イッセンマンは、ミニロトのイメージキャラクター。2005年4月から2008年3月までテレビCMやポスター等に登場していた。一千万円を当てたさまざまな一般市民がヒーローキャラクターであるイッセンマンに変身する設定となっている。普通の主婦がバック宙を出来るようになるなど、変身後は身体機能が大幅にアップするようだが、それ以外にどういったメリットがあるのかは一切不明。

2008年4月からは、イッセンマンは姿を消し、女優の伊東美咲がイメージキャラクターを務めている。

外部リンク[編集]