第一勧業信用組合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
第一勧業信用組合
DAI-ICHI KANGYO CREDIT COOPERATIVE
DAI-ICHI KANGYO CREDIT COOPERATIVE head office.jpg
本店
略称 かんしん、DKC
本店所在地 東京都新宿区四谷二丁目13番地
設立 1965年(昭和40年)5月10日
法人番号 2011105001104
金融機関コード 2254
代表者 新田信行(理事長)
資本金 112億5,192万円(出資金)
(2016年3月31日時点)
純利益 14億7,218万7千円
(2016年3月期)
純資産 113億11百万円
(2016年3月31日時点)
総資産 3,392億61百万円
(2016年3月31日時点)
従業員数 364名
(2016年3月31日時点)
決算期 3月31日
外部リンク www.daiichikanshin.com
テンプレートを表示
第一勧業信用組合のデータ
法人番号 2011105001104
店舗数 26店
貸出金残高 2,318億67百万円
預金残高 3,131億2百万円
特記事項:
(2016年3月31日時点)
『平成28年版 ディスクロージャー誌』に拠る。
テンプレートを表示
第一勧業信用組合本店営業部

第一勧業信用組合(だいいちかんぎょう しんようくみあい)は、東京都新宿区四谷に本店を置く信用組合。略称は「かんしん」。

概要[編集]

みずほフィナンシャルグループ(旧・第一勧業銀行)と親密であるため、全店に宝くじブースがあるほか、看板やロゴの書体などが旧第一勧銀と同一である。店舗は東京都区部[1]、営業エリアは都内全域と千葉県西部(後述)である。2018年3月時点で、業態が異なる地方銀行信用金庫を含む28金融機関、6自治体のほか大学、コンサルティング会社、業界団体などと連携協定を結んでおり、顧客企業のビジネス拡大や地方物産の都内への売り込みなどを支援している[2]

情報誌として『地域のかけは誌』『かんしん便り』を発行している[3]

沿革[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ATM・店舗のご案内第一勧業信用組合(2018年5月3日閲覧)。
  2. ^ 地方創生第一勧業信用組合(2018年5月3日閲覧)。
  3. ^ 新着情報第一勧業信用組合(2018年5月3日閲覧)。
  4. ^ 新潟と東京の3信組が連携 食材の販路開拓支援”. 日本経済新聞. 2016年2月17日閲覧。
  5. ^ 塩沢信組が、第一勧業信用組合と連携協定を結ぶ。(地場産品の紹介や取引先企業の販路拡大)”. facebook. 2016年2月17日閲覧。
  6. ^ 地域の農業法人を支援 全国9信組がファンド設立へ”. 日本放送協会. 2017年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]