みずほ信託銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みずほ信託銀行株式会社
Mizuho Trust & Banking Co., Ltd.
Mizuho logo.svg
Mizuho Trust & Banking headoffice in Tokyo, Japan.jpg
みずほ信託銀行本店
種類 株式会社
市場情報
東証1部 8404
1949年5月16日 - 2011年8月29日
大証1部(廃止) 8404
1961年10月2日 - 2011年8月29日
略称 みずほ信、みずほTB
本社所在地 日本の旗 日本
103-8670
東京都中央区八重洲一丁目2番1号
新呉服橋ビルディング
設立 1925年(大正14年)5月9日
(共済信託株式会社)
業種 銀行業
法人番号 9010001034962
金融機関コード 0289
SWIFTコード YTBCJPJT
事業内容 信託業
代表者 飯盛徹夫
(代表取締役社長)
資本金 2,473億69百万円
(2016年3月31日現在)
発行済株式総数 普通株式:79億1,478万4千株
優先株式:9億5,571万7千株
(2016年3月31日現在)
純利益 連結:408億90百万円
単体:404億40百万円
(2016年3月31日現在)
純資産 連結:5,473億40百万円
単体:5,412億7百万円
(2016年3月31日現在)
総資産 連結:7兆3,832億39百万円
単体:7兆2,390億67百万円
(2016年3月31日現在)
従業員数 連結:4,879人
単体:3,240人
(2016年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 (株)みずほフィナンシャルグループ 100%
(2016年3月31日現在)
主要子会社 #関係会社参照
外部リンク www.mizuho-tb.co.jp
テンプレートを表示
みずほ信託銀行のデータ
法人番号 9010001034962
店舗数 55店
(本支店・出張所)
貸出金残高 3兆4,963億13百万円
預金残高 3兆562億68百万円
特記事項:
(2016年3月31日現在)
『みずほ信託銀行株式会社 有価証券報告書 ‐ 第146期』に拠る。
テンプレートを表示

みずほ信託銀行株式会社(みずほしんたくぎんこう、英称Mizuho Trust & Banking Co., Ltd.)は、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)傘下の子会社で信託銀行である。

かつては、みずほFGとその子会社が発行済株式の69.9%を保有しつつも、現在の東証一部に上場していた。2011年平成23年)9月以降、みずほFGの完全子会社となっている。

概要[編集]

安田財閥の系譜を継ぎ、安田信託銀行を直接的な前身とする。同行は信託銀行界において不動産部門に強みを持つとされる一方、リテール展開においては、市川みさこの「オヨヨ」を通帳などのマスコットキャラクターに採用するなどし業容の伸長を図ってきた。しかし、バブル期におけるノンバンクや不動産、建設業などに対する過剰な融資がバブル崩壊に伴い不良債権化し経営の重荷になっていた。

1997年4月1日、消費税率が5%へと引き上げられたことをきっかけに国内の景気は減退し、それにアジア経済危機も重なり、同年11月には三洋証券北海道拓殖銀行山一證券、続いて徳陽シティ銀行が経営破綻した[1]。山一證券の自主廃業が伝えられた直後当時の安田信託銀社長であった立川雅美は安田生命保険社長であった大島雄次と連絡を取り、支援を要請した。要請を受けた大島は、安田信託銀が倒れれば安田生命、富士銀行にも累がおよび最悪の場合金融恐慌を招きかねないとして、要請を快諾。山本惠朗富士銀頭取と連絡を取り、さらには芙蓉グループ首脳にも声をかけ、安田信託銀救済として500億円の第三者割当増資を引き受ける資本増強策をまとめた[2]。同年11月26日、安田信託銀は「97年度中間決算において、942億円の不良債権を処理した結果、経常損益が755億円の赤字となった。」と発表した。この発表と同じ日、米国の格付会社であるスタンダード&プアーズ(S&P)が、安田信託銀の長期債格付を「投機的格付」に引き下げると発表した。S&Pの発表を受け安田信託銀は、S&Pの発表は自己資本増強策が織り込まれておらず、経営実態を反映したものではないと反論を試みた。しかし、東京株式市場では翌日、安田信託銀の株価は一時的に額面の50円を割り込むまでに下落した[2][3]。またこの時分には、「安田信託銀は債務超過状態に陥っている。富士銀もとても支えきれず連鎖破綻する。」「富士銀には1兆円規模の不良債権飛ばしがある。」との風説が流布され、株式市場では安田信託銀のみならず、富士銀自身の経営不安説が「市場」を駆け巡り、バブル期ピークには4200円を超えた富士銀の株価も400円台まで下落した[4]

この事態を受け、1998年1月、山本富士銀頭取は安田信託銀を全面的に支援することを決断[2]。同年3月、前年11月に発表した第三者割当増資に500億円を上乗せして、芙蓉グループ主要五社が合計1000億円(富士銀500億円、安田生命250億円、安田火災海上保険150億円、丸紅大成建設が各50億円)の第三者割当増資を引き受けた。この結果、富士銀の持株比率は20%弱となり、安田信託銀の筆頭株主となった。このほか同時期に、安田信託銀は永久劣後債による1500億円の公的資金注入を受けた[5]。さらに同年4月、富士銀は安田信託銀からの要請に応えて笠井和彦副頭取を顧問として派遣した[注釈 1]。以後、安田信託銀は国内外貸出資産の圧縮、国内店舗の統廃合、海外での貸出およびディーリング業務からの撤退、大幅な人員削減などからなる大規模なリストラを推進した上で、スリムで特色のある専業信託を目指すとした[5]

芙蓉グループ企業からの支援によって安田信託銀の経営は一応の小康を取り戻したが、依然として財務内容が脆弱で市場からの不信感も払拭しえず、銀行部門とは本来無縁の年金などの信託財産にも解約の動きは広がった。そこで1998年4月、新たに社長に就任した木南隆彦は信託部門を分離した上で、信用力の高い金融機関から出資を仰ぐ構想を練り、外資系証券会社と交渉を始めるが条件で折り合いがつかず頓挫した。その折、親密な信託銀行を有しない第一勧業銀行頭取の杉田力之から安田信託銀の信託部門を引き受けたいとの吉報がもたらされた[2]。同年11月6日、富士銀、第一勧銀、安田信託銀は第一勧銀と富士銀の信託子会社の合併と、合併で誕生する新信託銀行に対し安田信託銀の財産管理部門を営業譲渡することで合意したと発表。これに基づき、1999年4月1日、富士信託銀行と第一勧業信託銀行が合併して新信託銀行である、第一勧業富士信託銀行(DKFTB)が発足。同年10月1日、DKFTBに安田信託銀から財産管理部門の運営ノウハウ、人員等の営業譲渡が完遂され、DKFTBは日本初の法人特化型の信託銀行として本格的に営業を開始した[7]。また信託部門を分離した後の安田信託銀は自主再建の道を探り、1999年3月期に公的資金を2千から3千億円程度で受け入れる方向で調整が開始されるが、株式含み損を考慮すると安田信託銀は実質債務超過、申請しても却下される可能性があると発足した金融監督庁は安田信託銀に通告した。通告を受け木南社長は、万一却下された場合は国有化されてしまう。それを避けるには、富士銀に公的資金を申請してもらった上で第三者割当増資を引き受けてもらう間接注入しか生きながらえる術はないと判断。自主再建を断念した[2]。1999年3月、富士銀は安田信託銀分を含む総額1兆円の公的資金を預金保険機構に申請。そのうち3000億円で安田信託銀の第三者割当増資を引き受けた。これによって富士銀の安田信託銀の持株比率は約56%まで上昇。安田信託銀は富士銀の連結子会社とされた[8][9]

この安田信託銀の救済策を巡って富士銀と第一勧銀の関係は親密となり、みずほFG成立の嚆矢となった。

2000年10月1日、第一勧銀、富士銀、日本興業銀行およびその関連企業が経営統合してみずほホールディングスが設立され、興銀傘下である興銀信託銀をDKFTBが吸収した上で(旧)みずほ信託銀行(旧:みずほTB)として発足した[10]。一方、安田信託銀はみずほアセット信託銀行(みずほAT)と商号変更した。当初は信託2行体制で、旧みずほTBがホールセールを、みずほATがリテールを担う計画であったが、「さらなる効率化」を模索して再び2行は合併。2003年3月12日、上場維持を理由としてみずほATを存続会社として現在のみずほ信託銀行が発足した[11]2011年9月1日、みずほ信託銀は株式交換によってみずほFGの完全子会社とされた[12]。今後、みずほ銀との事業統合も検討されている[13][14]

2015年3月27日、同じグループ傘下であるみずほ投信投資顧問(MHAM)、新光投信、みずほ信託銀(TB)運用部門の統合に向けた準備を開始すると発表した。またこれにみずほFGと第一生命の合弁であるDIAMアセットマネジメント(DIAM)も併せて統合を視野に検討が進めることも明らかとされ[15][16]、同9月30日、2016年度上期中にTBの運用部門、DIAM、MHAM、新光投信を統合することで基本合意したと正式に発表した[17][18]2016年10月1日、経営統合が実施され、DIAMアセットマネジメントから商号変更したアセットマネジメントOne株式会社に資産運用機能が集約された。同社の本社は、鉄鋼ビルディング内に設置された[19]

現在の本店所在地では東京建物による八重洲一丁目北地区市街地再開発事業が予定されており、本店建物は解体される予定。

業務の特色[編集]

旧安田信託銀の流れを汲む不動産事業のほか、遺言や資産流動化などに強みを持つ。子会社のみずほ不動産販売セゾングループ西洋環境開発より「ハウスポート」事業を譲受し、個人向け媒介事業を拡充した。

みずほFGの総合力を活かし、銀行業務はみずほ銀に移行する一方で、みずほ信託自行は信託業務への特化に動いている。このため、利益に占める信託報酬などの手数料収入比率が、融資業務による資金利益比率の2倍近くに達しており、これは大手信託銀行で最も大きい[20]

みずほFGの三本柱の内の1つ、「グローバルアセット&ウェルスマネジメントグループ」の中核会社と位置づけられており、みずほ銀の営業網を生かした富裕層向け資産管理や中小企業経営者の事業継承ビジネスを推進している。さらに、損害保険ジャパンとは「保険金定期払い信託」を開発、第一生命保険とは遺言関連業務に関する信託代理店契約を締結するなど、みずほグループ親密先と連携し業務拡大を図っている。また個人向け金銭信託商品の開発に積極的で、予定配当率を明示し安全性を重視した運用を行う「貯蓄の達人」、世界主要先進国の国債で運用する毎月分配型の「世界の賢人」などを販売している。

自行[21]あるいはイオンリート投資法人[22]等の投資ファンド所有の商業施設の大規模小売店舗立地法における名義上の設置者(所有者)になっている物件もある[23]

関係会社[編集]

連結子会社

  • 株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズ
  • シンプレクス不動産投資顧問株式会社
  • 株式会社シンプレクス・リート・パートナーズ
  • みずほトラストオペレーションズ株式会社
  • みずほトラストビジネスオペレーションズ株式会社
  • 株式会社みずほ年金研究所
  • Mizuho Trust & Banking Co.(USA)
  • Mizuho Trust & Banking(Luxembourg)S.A.
  • Japan Fund Management(Luxembourg)S.A.
  • 株式会社都市未来総合研究所
  • 株式会社みずほトラストシステムズ
  • みずほトラスト保証株式会社
  • みずほ不動産販売株式会社

持分法適用関連会社

  • 日本ペンション・オペレーション・サービス株式会社
  • 日本株主データサービス株式会社


店舗・代理店[編集]

近年は、グループ傘下であるみずほ銀行、みずほ証券との銀行・信託・証券による共同店舗化が進められている。歴史的経緯から店舗数の少ない関西圏においても3社間共同店舗を増加させていきたいとしている[24]

情報処理システム[編集]

勘定系システム[編集]

現在は、日本IBM製による勘定系システムを採用しているが、新みずほ銀行による、旧みずほ銀、旧コーポレート銀の合併に伴うシステム統合に、みずほ信託銀も2016年3月末に移行を予定していた[25]。しかし、開発工期が当初予定よりも伸びているため統合システムの開発完了は2016年12月を予定していると報じられている[26]。 その後2016年11月12日、日本経済新聞などが外国為替業務のシステムで実施中の動作確認テストを延長する必要があるため、新システムの運用開始は2018年夏以降にずれ込むと報じている[27][28]

沿革[編集]

  • 1925年(大正14年)5月9日 - 共済信託株式会社設立。
  • 1926年(大正15年)2月12日 - 共済信託株式会社が安田信託株式会社と商号変更。
  • 1948年(昭和23年)8月2日 - 安田信託株式会社が中央信託銀行株式会社と商号変更。
  • 1951年(昭和26年)6月1日 - 中央信託銀行株式会社が安田信託銀行株式会社と商号変更。
  • 1995年(平成7年)
    • 10月 - 興銀信託銀行株式会社設立。
    • 11月 - 第一勧業信託銀行株式会社設立。
  • 1996年(平成8年)6月 - 富士信託銀行株式会社設立。
  • 1999年(平成11年)
    • 4月1日 - 第一勧業信託銀行株式会社と富士信託銀行株式会社が合併し、第一勧業富士信託銀行株式会社となる。
    • 10月1日 - 安田信託銀行は、比較的収益力の高い法人部門や年金部門などを分割して第一勧業富士信託銀行へ営業譲渡。
  • 2000年(平成12年)10月1日 - 第一勧業富士信託銀行株式会社を存続会社として興銀信託銀行株式会社を合併し、(旧)みずほ信託銀行株式会社と商号変更。
  • 2001年(平成13年)1月22日 - (旧)みずほ信託銀行が親密生命保険会社4社(朝日生命保険、第一生命保険、富国生命保険、安田生命保険)と共に資産管理サービス信託銀行を設立。
  • 2002年(平成14年)4月1日 - 安田信託銀行株式会社がみずほアセット信託銀行株式会社と商号変更。
  • 2003年(平成15年)3月12日 - みずほアセット信託銀行株式会社を存続会社として(旧)みずほ信託銀行株式会社を合併し、(新)みずほ信託銀行株式会社と商号変更。
  • 2006年(平成18年)4月10日 - 信託銀行としては初(厳密には新銀行東京が初)となるICキャッシュカードを発行開始。
  • 2007年(平成19年)
    • 4月2日 - 生体認証対応型ICキャッシュカード発行開始(指静脈認証を採用)。
  • 2008年(平成20年)
    • 11月4日 - テレホンバンキングサービスの名称を「みずほ信託ダイレクト」に改称。
    • 11月25日 - 「みずほ信託ダイレクト」に、インターネットバンキングの機能を追加。
  • 2011年(平成23年)
    • 8月29日 - みずほフィナンシャルグループの完全子会社化に先立ち、上場廃止。
    • 9月1日 - 株式交換を行い、みずほフィナンシャルグループの完全子会社となる。
  • 2015年(平成27年)12月 - 新設の株式会社シンプレクス・インベストメント・アドバイザーズを通じ、シンプレクス不動産投資顧問株式会社および株式会社シンプレクス・リート・パートナーズを子会社化。
  • 2016年(平成28年)10月1日 - みずほ信託銀の運用部門をアセットマネジメントOneに統合。

エピソード[編集]

  • 1997年11月に山一證券が経営破綻した際に、山一と関係の深かった安田信託銀へも信用不安が生じたことから、札幌や名古屋支店などに預金を解約する客が殺到した[29]。安田信託銀側は店外まで列が並ぶと印象が悪くなることを懸念して、行内の会議室等へ客をすべて入れ、各マスコミもこの「取り付け騒ぎ」を報道するのを控えた[30]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 同年6月に会長に就任。安田信託銀から退任後、孫正義から乞われてソフトバンクに入り、財務と経営補佐を担当。ソフトバンクホークス社長も歴任した[6]

出典[編集]

  1. ^ 『検証バブル―犯意なき過ち』P 177
  2. ^ a b c d e 「記者の見た20年(2) 97 - 98年、安田信託救済 迫る危機、芙蓉動く」『日経金融新聞』 2008年1月17日
  3. ^ 『富士銀行史 1981-2000』P 408
  4. ^ 『検証バブル―犯意なき過ち』P 176
  5. ^ a b 『富士銀行史 1981-2000』P 408 - 409
  6. ^ “スペシャルリポート 笠井和彦さんを悼む ゲームセットはあまりに突然に”. 日本経済新聞. (2013年10月24日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2302O_T21C13A0000000/ 2016年12月18日閲覧。 
  7. ^ 『富士銀行史 1981-2000』P 363
  8. ^ 『富士銀行史 1981-2000』P 364
  9. ^ 「公的資金、15行が正式申請」『朝日新聞』1999年3月5日
  10. ^ 『富士銀行史 1981-2000』P 486
  11. ^ “新しい持ち株会社が上場 みずほ、2信託も合併”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2003年3月12日). http://www.47news.jp/CN/200303/CN2003031201000010.html 2013年9月27日閲覧。 
  12. ^ みずほフィナンシャルグループによるみずほ信託銀行の株式交換による完全子会社化に関するお知らせ (PDF)”. 株式会社みずほフィナンシャルグループ (2011年4月28日). 2013年9月27日閲覧。
  13. ^ 実質ワンバンク体制への移行について 別紙「実質ワンバンク時点の組織体制の概要」 (PDF)” (2012年1月20日). 2012年12月2日閲覧。
  14. ^ “新みずほ銀が信託との統合検討 佐藤頭取が表明”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2013年7月1日). http://www.47news.jp/CN/201307/CN2013070101002114.html 2013年9月27日閲覧。 
  15. ^ “みずほFG、資産運用事業を統合へ 信託の運用部門・みずほ投信など”. 日本経済新聞. (2015年3月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL27HRA_X20C15A3000000/ 2015年3月27日閲覧。 
  16. ^ 浦中大我 (2015年3月27日). “みずほ、新光投信など運用会社の統合を正式発表”. ロイター. http://jp.reuters.com/article/jp_financial/idJPKBN0MN0KD20150327 2015年3月27日閲覧。 
  17. ^ “アジア最大の運用会社に みずほ・第一生命が系列統合発表”. 日本経済新聞. (2015年9月30日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGC30H0K_Q5A930C1EE8000/ 2015年1月1日閲覧。 
  18. ^ “資産運用会社の統合に関する基本合意について” (プレスリリース), 株式会社みずほフィナンシャルグループ 第一生命保険株式会社 DIAMアセットマネジメント株式会社 みずほ信託銀行株式会社 みずほ投信投資顧問株式会社 新光投信株式会社, (2015年9月30日), http://www.mizuho-fg.co.jp/release/20150930_3release_jp.html 2015年1月1日閲覧。 
  19. ^ “資産運用会社の統合に関する統合契約書の締結について” (プレスリリース), 株式会社みずほフィナンシャルグループ 第一生命保険株式会社 DIAMアセットマネジメント株式会社 みずほ信託銀行株式会社 みずほ投信投資顧問株式会社 新光投信株式会社, (2016年7月13日), http://www.mizuho-fg.co.jp/release/20160713release_jp.html 2016年10月2日閲覧。 
  20. ^ “信託4行 独自路線上々”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2006年12月4日). オリジナル2006年12月14日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20061214015634/http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/mnews/20061204mh20.htm 
  21. ^ 大規模小売店舗の地域貢献ガイドライン実施状況報告書 - 群馬県公式サイト2014年3月21日閲覧
  22. ^ 資産の取得完了に関するお知らせ - イオンリート投資法人公式サイト、2014年3月21日閲覧。
  23. ^ 大規模小売店舗立地法届出一覧表(平成25年度)>イオンモール直方 - 福岡県公式サイト、2014年3月21日閲覧
  24. ^ “みずほFG、関西でも金融サービスの複合店舗を拡大へ”. 産経ニュース. (2015年5月18日). http://www.sankei.com/west/news/150528/wst1505280012-n1.html 2016年6月13日閲覧。 
  25. ^ みずほFG傘下行合併の影響で週末にATM休止、システム統合に向け取り組み加速”. ITpro. 日経BP社 (2013年6月28日). 2013年9月27日閲覧。
  26. ^ “ニュースの深層 統合と刷新を一挙、みずほ銀が挑む最難プロジェクト みずほ銀行「次期勘定系システム」の全貌(上)”. 日本経済新聞. (2015年12月10日). http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94328910U5A121C1000000/ 2016年4月30日閲覧。 
  27. ^ “みずほ銀、システム統合再延期 動作テスト延長 運用18年以降”. 日本経済新聞. (2016年11月12日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO09463300R11C16A1EE8000/ 2016年11月12日閲覧。 
  28. ^ “みずほFGのシステム統合を再延期 数カ月遅れる見込み”. 朝日新聞. (2016年11月12日). http://www.asahi.com/articles/ASJCD340KJCDULFA001.html 2016年11月12日閲覧。 
  29. ^ 『検証バブル―犯意なき過ち』P 184
  30. ^ 『朝日新聞』2007年10月20日[要ページ番号]

参考文献[編集]

  • 日本経済新聞社編 『検証バブル 犯意なき過ち』 日本経済新聞社、2000年。ISBN 4532163617
  • 富士銀行企画部120年史編纂室編『富士銀行史 1981-2000』 富士銀行、2002年。

外部リンク[編集]