この記事は半保護されています。(半保護の方針による半保護)

鹿児島銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社鹿児島銀行
THE KAGOSHIMA BANK, LTD.
Kagoshima Bank.JPG
本店
種類 株式会社
略称 鹿銀
本社所在地 日本の旗 日本
鹿児島県鹿児島市金生町6番6号
設立 1879年(明治12年)10月
(第百四十七国立銀行)
業種 銀行業
金融機関コード 0185
SWIFTコード KAGOJPJT
事業内容 銀行業
代表者 代表取締役頭取 上村基宏
資本金 181億30百万円
(2015年3月31日現在)
発行済株式総数 2億1,040万3千株
(2015年3月31日現在)
純利益 単体:110億84百万円
連結:136億7百万円
(2015年3月期)
純資産 単体:3,043億11百万円
連結:3,196億70百万円
(2015年3月31日現在)
総資産 単体:4兆564億29百万円
連結:4兆762億48百万円
(2015年3月31日現在)
従業員数 単体:2,166人
連結:2,299人
(2015年3月31日現在)
決算期 3月31日
主要株主 九州フィナンシャルグループ 100%
(2015年10月1日現在)
主要子会社 #関係会社参照
外部リンク 鹿児島銀行
テンプレートを表示
鹿児島銀行のデータ
店舗数 151か店
(本支店・出張所・代理店・海外駐在員事務所)
貸出金残高 2兆6,824億89百万円
預金残高 3兆4,475億79百万円
特記事項:
(2015年3月31日現在)
テンプレートを表示

株式会社鹿児島銀行(かごしまぎんこう、: THE KAGOSHIMA BANK, LTD.)は、鹿児島県鹿児島市に本店を置く地方銀行

概要

鹿児島県および、鹿児島市などの指定金融機関である[1][2]2015年9月まで県内に2つある東証一部上場企業のうちの一つであったが、後述の肥後銀行との経営統合に伴い、2015年9月28日をもって上場を廃止している(代わって共同持ち株会社の九州フィナンシャルグループが株式を上場している)。

2014年11月、肥後銀行と経営統合を目指し交渉中であることが明らかとなり[3][4]、同11月10日、経営統合に向け協議・検討を進めることで基本合意したと発表した[5][6]2015年10月1日、両行は共同金融持株会社である九州フィナンシャルグループを設立し傘下に入った[7]。またこれに先立ち両行は、総額10億円で企業支援を目的とする共同ファンドである「肥後・鹿児島地域活性化ファンド」を立ち上げている[8]

2019年秋を目処に本店と泉別館が老朽化した為、新本店を建設する計画が明らかとされている[9]。計画では、金生町の現本店所在地に12階から13階建て程度のビルを建設[9]。また泉別館所在地には、8階建ての別棟を建設[9]。それぞれ低層部にはテナントを誘致したいとしている[10]。当初は2021年春を目処にしていたが、2019年10月の創業140周年と2020年の東京オリンピック、鹿児島国体に合わせて工期を前倒しすることとなった[9]

沿革

  • 1879年(明治12年)10月 - 第百四十七国立銀行が設立される。
  • 1928年(昭和3年)9月1日- 鹿児島商業銀行と合併する。
  • 1930年(昭和5年)2月21日 - 薩摩銀行が経営譲渡される。
  • 1932年(昭和7年)2月27日 - 海江田銀行が経営譲渡される。
  • 1933年(昭和8年)1月4日 - 西薩殖産銀行が経営譲渡される。
  • 1936年(昭和11年)4月1日 - 鹿児島商弘銀行が経営譲渡される。
  • 1944年(昭和19年)2月1日 - 第百四十七・鹿児島・鹿児島貯蓄の3行が合併して、あらたに株式会社鹿児島興業銀行が設立される[11]
  • 1952年(昭和27年)12月 - 株式会社鹿児島銀行に商号変更。
  • 1962年(昭和34年)12月 - 現本店竣工[11]
  • 1972年(昭和47年)10月 - 東京大阪証券取引所各2部、福岡証券取引所に上場。
  • 1973年(昭和48年)8月 - 東証・大証各1部に指定。
  • 1975年(昭和50年)8月 - 事務センター竣工。
  • 1976年(昭和51年)3月 - 総合オンラインシステム(預金システム)稼動。
  • 1985年(昭和60年)8月 - 新総合オンラインシステム稼動。
  • 2007年(平成19年)7月 - 上海駐在員事務所を開設[11]
  • 2011年(平成23年)
  • 2013年(平成25年)2月 - 本店営業部ATMコーナーにファミリーマートが出店[12][13]
  • 2014年(平成26年)
    • 2月 - 大阪支店が竣工した大阪かぎんビルで業務を開始[14][15]
    • 11月10日 - 肥後銀と経営統合に向け協議・検討を進めることで基本合意したと発表。
  • 2015年(平成27年)
    • 4月10日 - 野村総研などと共に金融機関向けにソフトウエア開発や販売などを手掛ける「株式会社サザンウィッシュ」を設立[16][17]
    • 8月17日 - ネット支店を開設。
    • 9月28日 - 沖縄支店・事務所を開設。
    • 10月1日 - 金融持株会社である九州フィナンシャルグループを設立。
  • 2016年(平成28年)
    • 1月18日 - 向陽支店(鹿児島市広木)を開設。
    • 9月30日 - 地元の卸売業者などと共同で農業法人「春一番」を設立[18][19]

文化財

  • 本店別館
    • 1918年に竣工のルネサンス様式を基調とした洋風建築である。2007年10月2日に国の登録有形文化財に登録された[20][21]

イメージキャラクター

ムーミンをイメージキャラクターとし、キャッシュカードのほか総合口座、貯蓄預金口座、積立定期預金などに採用してきたが、2011年(平成23年)5月2日付けで、ムーミンのキャラクターの取り扱いを終了した[22]

店舗

鹿児島県内の他、宮崎県内には都城市に2店舗、宮崎市延岡市日向市日南市小林市えびの市に各1店舗を構える。その他九州内では福岡県福岡市熊本県熊本市に各1店舗を構える。九州外では東京都中央区大阪市中央区に各1店舗を構える。

2015年9月28日、沖縄県経済が観光関連、建設関連ともに好調であることや、国内地方都市で唯一人口が増加していることを鑑み[23][24]那覇市新都心地区(銘苅1丁目)のマンション内に事務所を併設した上で[25][26]、肥後銀からの2名の出向者を含む総員14名体制で沖縄支店を開設した[27]。また2016年1月18日には、鹿児島県内では25年ぶりの有人店舗の新設となる向陽支店(鹿児島市広木)を開設した[28]

情報処理システム

勘定系システム

2011年5月6日、日本ユニシス製オープン勘定系パッケージである「BankVision」に移行した[29][30]

共同利用型KeyMan

2002年12月から鹿銀が自行で開発にあたり運用を開始した融資・営業支援システムである、KeyMan、KeyManS3、KeyManPersonal、KeyManモニタリングを共同利用できるように再構築したシステムの総称である。鹿銀のほか十八銀行山梨中央銀行に加え、2013年11月18日にはみちのく銀行でも全面稼働が開始されている[31][32]

自動機サービス

ATMでは、「九州ATMネットワーク」により、福岡銀行筑邦銀行佐賀銀行・十八銀・親和銀行・肥後銀・大分銀行宮崎銀行西日本シティ銀行のカードによる出金については自行扱いとなる。

2011年6月1日から鹿児島銀行のキャシュカードを使い、JAバンク鹿児島(鹿児島県下のJA、JA鹿児島県信連)のATMを利用すれば手数料の優遇を受けることが可能である[33][34]

コンビニ店内ATM

地元経済活性化の観点から、地場資本である南九州ファミリーマートと優先して提携を結び[35]、鹿児島県下のファミリーマートの全店舗に鹿銀ATMが設置されている[12]。また、2011年春からセブン-イレブンが霧島市を皮切りに県下に進出を開始したことに伴い、セブン銀行からATM提携の打診が鹿銀にもたらされるも、先述の理由から提携は行われていない[35]

関係会社

その他

店舗画像

脚注

[ヘルプ]

出典

  1. ^ 総括指定金融機関の指定,指定金融機関等の名称,取扱店舗及び取扱事務の範囲 - 鹿児島県
  2. ^ 市税の納付場所一覧 - 鹿児島市納税課
  3. ^ 「肥後銀、鹿児島銀が統合へ=来年にも共同持ち株会社」 時事通信 11月7日(金)12時23分配信
  4. ^ “肥後銀と鹿児島銀が統合へ 九州2位の地銀誕生”. 共同通信. (2014年11月7日). http://www.47news.jp/CN/201411/CN2014110701001047.html 2014年11月10日閲覧。 
  5. ^ “肥後銀と鹿児島銀が経営統合の協議で基本合意、最終合意は3月に”. ロイターニュース. (2014年11月10日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPKCN0IU0IJ20141110 2014年11月10日閲覧。 
  6. ^ “鹿児島銀、肥後銀の統合新会社名「九州フィナンシャルグループ」”. 産経ニュース. (2015年2月27日). http://www.sankei.com/region/news/150227/rgn1502270072-n1.html 2014年11月10日閲覧。 
  7. ^ “持ち株会社「九州FG」が発足 肥後銀、鹿児島銀統合で”. 共同通信. (2015年10月1日). http://www.47news.jp/CN/201510/CN2015100101000460.html 2015年10月2日閲覧。 
  8. ^ “肥後銀と鹿児島銀、企業支援へ共同ファンド 総額10億円”. 日本経済新聞. (2014年3月5日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO67761330U4A300C1LX0000/ 2014年11月15日閲覧。 
  9. ^ a b c d “鹿児島銀行本店ビル19年秋完成 国体見据え前倒し”. 南日本新聞. (2016年2月24日). http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=73401 2016年2月25日閲覧。 
  10. ^ 「鹿銀本店建て替えへ 21年春完成、低層階に商業施設」『南日本新聞』 2015年1月1日
  11. ^ a b c d 「沿革」『株式会社鹿児島銀行 S100529E:有価証券報告書 ‐ 第107期』
  12. ^ a b “銀行の中にコンビニ-鹿児島銀行本店に「ファミマ」出店”. 鹿児島経済新聞. (2013年1月15日). http://kagoshima.keizai.biz/headline/505/ 2015年2月11日閲覧。 
  13. ^ 「鹿児島銀行本店にファミリーマート出店」のお知らせ - 株式会社鹿児島銀行 平成25年1月10日
  14. ^ “大阪支店新築移転のご案内~鹿児島の新たな情報発信基地の誕生~”. 鹿児島銀行. (2013年10月31日). http://www.kagin.co.jp/kojin/newsrelease/20131031_tenpo_iten.html 2014年11月15日閲覧。 
  15. ^ “鹿児島銀の大阪支店ビル、物産店・焼肉店同居 鹿児島の味発信”. 日本経済新聞. (2013年11月1日). http://www.nikkei.com/article/DGXNZO61940790R31C13A0LX0000/ 2014年11月15日閲覧。 
  16. ^ “金融機関向けの新ITベンダー「サザンウィッシュ」、鹿児島銀行やNRIらが共同設立”. 日経コンピュータ. (2015年4月10日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/041001277/ 2015年6月8日閲覧。 
  17. ^ “鹿児島銀行やインビオらと共同出資により、新会社「株式会社サザンウィッシュ」を設立” (プレスリリース), 株式会社野村総合研究所, (2015年4月10日), https://www.nri.com/jp/news/2015/150410.aspx 2015年6月8日閲覧。 
  18. ^ “鹿児島銀が農業法人発表 新会社「春一番」、旬を先取り”. 日本経済新聞. (2016年9月29日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO07794010Z20C16A9LX0000/ 2016年12月6日閲覧。 
  19. ^ “鹿児島銀行 農業法人設立 卸売業者などと 地域活性化狙う”. 毎日新聞. (2016年9月30日). http://mainichi.jp/articles/20160930/ddp/008/020/009000c 2016年12月6日閲覧。 
  20. ^ かごしまデジタルミュージアム(鹿児島銀行本店別館)
  21. ^ 文化遺産オンライン
  22. ^ 当行イメージキャラクター「ムーミンキャラクター」の取扱い終了について (鹿児島銀行ホームページ:2011年5月6日発表)
  23. ^ “鹿銀、沖縄進出を検討 人口増加で有望と判断”. 琉球新報. (2014年12月13日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-235812-storytopic-4.html 2015年2月11日閲覧。 
  24. ^ “鹿児島銀行、沖縄進出へ 1年内に判断”. 沖縄タイムズ. (2015年1月30日). http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=100829 2015年2月11日閲覧。 
  25. ^ “鹿児島銀行、新都心に支店 低利で個人向け融資”. 琉球新報. (2015年4月23日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-242144-storytopic-4.html 2015年5月7日閲覧。 
  26. ^ “鹿銀沖縄支店、9月28日開設 12人体制、事務所も”. 琉球新報. (2015年5月30日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-243581-storytopic-4.html 2015年6月8日閲覧。 
  27. ^ “鹿児島銀行沖縄支店がオープン 県外地銀、戦後初進出”. 琉球新報. (2015年9月29日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-249626-storytopic-4.html 2015年10月2日閲覧。 
  28. ^ “鹿児島銀が女性だけの新店舗 個人特化、おもてなしに力”. 日本経済新聞. (2015年12月16日). http://www.nikkei.com/article/DGXLZO95175900V11C15A2LX0000/ 2015年12月19日閲覧。 
  29. ^ “北陸銀、北海道銀、鹿児島銀が勘定系システムを刷新”. 日経コンピュータ. (2011年5月10日). http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20110510/360146/ 2014年5月28日閲覧。 
  30. ^ “日本ユニシス Windows ServerR、SQL ServerR を基盤とした「新勘定系システム」が鹿児島銀行で稼動開始”. 日本ユニシス. (2011年5月6日). http://www.unisys.co.jp/news/nr_110506_bankvision.html 2014年11月28日閲覧。 
  31. ^ 「共同利用型KeyMan」の全面稼動について (PDF)”. 株式会社みちのく銀行 (2013年11月18日). 2014年11月28日閲覧。
  32. ^ “みちのく銀、農業融資を強化 鹿児島銀からシステム導入”. 日本経済新聞. (2011年6月27日). http://www.nikkei.com/article/DGXNASFB16048_W1A610C1L01000/ 2014年11月28日閲覧。 
  33. ^ ATM利用手数料相互無料提携の開始について (鹿児島銀行ホームページ:2011年5月9日発表)
  34. ^ 鹿児島銀行とのATM利用手数料相互無料提携の開始について(JAバンク鹿児島ホームページ:2011年5月17日発表)
  35. ^ a b 「地域とともに(第125回)鹿児島銀行 上村基宏頭取に聞く 「なくてはならない銀行」を目指す 地域経済活性化の先陣を切る」 『金融ジャーナル』 2012年1月号

関連項目

外部リンク