野中隆史

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

野中 隆史(のなか たかし、1952年(昭和27年)2月17日 - )は、日本の銀行家。みずほ信託銀行会長群馬県出身。

略歴[編集]

  • 1975年(昭和50年)- 東京大学経済学部卒業後、富士銀行入行
    • 以降、マルチメディア業務、個人開発、マーケティング企画各部長、個人商品開発部長兼個人商品開発戦略カード会社管理室長等を歴任する
  • 2003年(平成15年)- みずほ銀行執行役員個人商品開発部長
  • 2004年(平成16年)- 同常務執行役員個人商品開発部長
  • 2006年(平成18年)- 同常務取締役兼執行役員
  • 2007年(平成19年)- 同副頭取兼副頭取執行役員(コンプライアンス統括グループ、支店業務部門担当)
  • 2008年(平成20年)- みずほ信託銀行代表取締役社長[1]
  • 2013年(平成25年)- 同会長[2]

脚注[編集]

  1. ^ みずほ信託銀行株式会社 有価証券報告書 ‐ 第141期
  2. ^ 社長交代のお知らせ (PDF) みずほ信託銀行株式会社 2013年2月8日