西洋環境開発

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社西洋環境開発
The Seiyo Corporation
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 西環
本社所在地 日本の旗 日本
170-6090
東京都豊島区東池袋三丁目1-1 サンシャイン60
設立 1978年10月2日
業種 不動産業
事業内容 住宅事業、リゾートレジャー事業、都市開発事業
代表者 代表清算人 鈴木誠
資本金 348億5000万円
従業員数 307人(2000年時点)
決算期 3月末日
主要株主 西武百貨店(40%)
アクロス(13%)
西友(13%)
クレディセゾン(13%)
西洋フードシステムズ(6%)
主要子会社 #子会社を参照
関係する人物 堤清二(代表取締役相談役)
特記事項:2000年7月18日解散・特別清算。2005年10月20日特別清算終結決定。
テンプレートを表示

株式会社西洋環境開発(せいようかんきょうかいはつ)は、日本にかつて存在した不動産デベロッパー。本社はサンシャイン60ビルに所在した。

概要[編集]

1970年堤義明を中心とした国土計画西武鉄道グループから堤清二西武百貨店西友などの西武流通グループ(セゾングループ)が分離する際に、義明の要請から肥料製造などを手掛けていた西武化学工業が流通グループ入り[1]したことが発端となっている。清二自身、製造業に多少なりとも興味があったばかりか、これまで西武百貨店や西友が銀行融資を受ける際に担保不足分は西武鉄道が債務保証をしていたのを、不動産を多く所有していた西武化学をグループ入りさせることで担保力の増大を図る目的もあり(鉄道への依存を薄める目的もあって)、西武化学の発行する株式の全額を西武百貨店で引き受けた上で、倍額増資するという方法でグループ傘下となった[1]

その後1972年1月に不動産・開発部門は西武都市開発、製造部門は新しい西武化学工業(後の朝日工業)へと会社分割を行い、さらに同5月には西武百貨店の開発部門を独立させたディベロッパー西武を吸収合併した[2]。この頃には田中角栄が唱えた列島改造による土地ブームにのって、 清二と義弟で都市開発社長だった森田重郎の二人三脚で仙台から九州までの土地を取得した[3]。しかしその後のオイルショックによる狂乱物価等によって、土地は塩漬けとなり借入金700億円が残った上に1976年には倒産の噂まで出た[4]。このため森田が責任を取ってグループ内の職を辞するとともに清二自ら国土計画本社を訪れ義明に対し支援要請し、不動産の専門家を派遣して貰って[5]、都市開発さらには西武流通グループに対する信用不安は生ぜず事なきを得た。

その後、1983年に東京テアトル、1985年に東海観光(現:アゴーラ・ホスピタリティー・グループ)へ資本参加して傘下に収めた上に、1986年に横浜の不動産会社である太洋不動産興業とシティ・クリエイト[注 1]を吸収合併し社名を西洋環境開発(西環)と変更した[6]。同年には日本郵船とも業務提携し[7]、加えてホテルエドモンド(現:ホテルメトロポリタンエドモント)の運営参画、地中海クラブとの提携[8]シェル石油の関連会社であったシェル興産との提携による六本木WAVEビルの建設やシェルガーデンへの資本参加[9][10]など一挙に業容を拡大した。

1980年から販売が開始された汐見台ニュータウン、1985年販売開始の桂坂ニュータウンは個性的な住宅地として世評が高かったほか[11]、1980年代から特別清算申請後までには「ヴィルヌーブ」ブランドで分譲マンションの開発・販売も行っていた(西洋ハウジングが受託販売)。また1963年に、西武百貨店不動産部が開発に着手しそれを引き継いだ八ヶ岳高原海ノ口自然郷では音楽堂を建設。従来の別荘分譲とは異なる新しいモデルを確立した[12]。このほか生活を楽しむ「生活遊園地」をキーワードに約12年の歳月かけ完成させた「つかしん」は[13]、関西地区や全国におけるセゾングループや西環の知名度向上に貢献した[14]

アーティスティックな活動で注目された清二は小売業の域から脱することを目論んで「生活総合産業」を謳い、不動産開発に傾倒するようになる。これは西武グループの中核部分を父康次郎から引き継いだ異母弟義明への対抗心からではないかとも指摘された[8]

西環はバブル景気による過剰投資が祟り、1994年度末までに関連会社まで含めて7,527億円もの負債を抱え込むに至り、日本興業銀行から清二に対して西環の経営が重大な局面に達していると通告された[注 2]。それを受けセゾングループは、第1次西環支援を実施し[15]、手掛ける事業は、住宅、ビル、八ヶ岳事業に絞り込まれた[16]

金融不況に突入した1997年以降西環の処理は、第一勧業銀行・日本興業銀行ら取引8行の懸案事項となった。またその渦中には、メインバンクであった第一勧業銀行において総会屋事件が発覚。同行内の混乱によってそれまでの経過や合意事項の引継ぎがほぼすべてが反故となった[17]。さらに西武百貨店トップに就任し改革を断行していた和田繁明と清二および、百貨店首脳とグループ首脳との間に深刻な軋轢が生じ[18]、西環の帰趨に重大な影響をもたらした。2000年7月、西環は臨時株主総会で解散を決議。東京地裁特別清算を申し立てた。負債総額は約5,538億円にのぼり、事実上倒産した。西環の経営破綻はセゾングループ解体の大きな要因となった。

主な開発物件[編集]

リゾート[編集]

主な子会社[編集]

  • ハウスポート西洋(不動産仲介業。特別清算後に安信住宅販売が吸収)
  • 西洋ハウジング(分譲地・マンションの販売代理業。特別清算後に住宅デベロッパーのユニホー(名古屋市)子会社となり、不動産仲介業へ転換し存続)
  • 西洋コミュニティ(マンション管理会社。特別清算後にユニホー子会社となり「ライフポート西洋」へ社名変更し存続)
  • サホロリゾート(特別清算後に加森観光子会社のサホロマネージメントが買収)
  • 西武ピサ(西洋環境開発が56%、西武百貨店が44%出資)
  • 西武北海道
  • 北海道西洋(旧・苫小牧環境計画)
  • 尼崎自動車教習所
  • ホテル西武オリオン(現・ホテルロイヤルオリオン、西洋環境開発とオリオンビールが折半出資していた)
  • 志摩東京カウンティ(現・タラサ志摩スパアンドリゾート株式会社。志摩芸術村のデベロッパーで2001年に民事再生法申請後、アールビバンが買収し加森観光の運営となる。)
  • 六甲環境計画(六甲アイランドAOIAを運営。阪神・淡路大震災により廃業)

沿革[編集]

  • 1949年12月26日 : 国土計画興業株式会社(後のコクド)が肥料部門を分離し、尼ヶ崎化学肥料株式会社として設立する。
  • 1950年8月29日 : 尼崎肥料株式会社へ商号変更する。
  • 1955年3月 : 朝日化学肥料株式会社へ商号変更する。
  • 1960年9月 : 日本ニッケル株式会社の鉄鋼部門を吸収し、西武化学工業株式会社へ商号変更する。
  • 1966年3月 : 初の大規模住宅開発となる、多田グリーンハイツの分譲を開始する。
  • 1970年6月 : 西武流通グループ(後のセゾングループ)へ移管する。
  • 1972年
    • 1月1日 : 不動産開発事業を行う西武都市開発株式会社を存続会社とし、肥料・飼料・鉄鋼事業を行う西武化学工業株式会社(後の朝日工業)を分離設立する。
    • 5月1日 : 西武都市開発株式会社が、株式会社ディベロッパー西武を吸収合併する。
  • 1986年1月 : 西武都市開発株式会社が、太洋不動産興業株式会社および株式会社シティ・クリエイトと合併し、株式会社西洋環境開発へ商号変更する。
  • 1987年9月 : 住流通事業部を、株式会社ハウスポート西洋として分離する。
  • 2000年7月18日 : 臨時株主総会で解散決議し[19]東京地方裁判所特別清算開始を申立て、即日特別清算開始。負債は約5,538億円。
  • 2001年7月6日 : 特別清算協定認可される。
  • 2002年2月25日 : 臨時株主総会で資本金を1,000万円とする[20]。ただし登記簿には記載されていない。
  • 2005年10月20日 : 特別清算終結が確定。法人格消滅。

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ 西武都市開発と西武百貨店の出資によって設立。つかしんをプロデュース。
  2. ^ セゾングループ全体では第一勧業銀行(DKB)がメインバンクとなっていたが、西環に関しては日本興業銀行(IBJ)がメインバンクとなっていた。

出典[編集]

  1. ^ a b 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.240
  2. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.241
  3. ^ 『堤清二とセゾングループ 』P 227
  4. ^ 『堤清二とセゾングループ 』p.226
  5. ^ 『堤清二とセゾングループ 』P 236
  6. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.564
  7. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.564
  8. ^ a b “「恐慌」正面突破~危機の教訓2000 セゾングループ-堤清二、“夢追い経営”の限界”. 日経ビジネス. 日経ビジネスオンライン. (2008年12月12日). http://business.nikkeibp.co.jp/article/money/20081211/179888/?P=1 2015年9月6日閲覧。 
  9. ^ 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.48
  10. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.559
  11. ^ 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.49
  12. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.575
  13. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』p.410
  14. ^ 『セゾンの歴史 下巻 変革のダイナミズム』 p.413
  15. ^ 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.122
  16. ^ 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.124
  17. ^ 『セゾンの挫折と再生 Series SAISON 2』p.126
  18. ^ 『セゾンからそごうへ 和田繁明の闘い』
  19. ^ 同年7月24日、『官報』第2917号28ページ「解散公告(第一回)」
  20. ^ 同年2月26日、『官報』第3308号26ページ「資本減少公告」

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • 沿革(西洋ハウジング)