そごう・西武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
株式会社そごう・西武
Sogo & Seibu Co., Ltd.
Sogo Seibu logo.svg
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
102-0084
東京都千代田区二番町5-25
二番町センタービル
設立 1969年昭和44年)5月21日
株式会社横浜そごう
業種 小売業
法人番号 6010001127026
事業内容 百貨店
代表者 松本隆(代表取締役社長)
資本金 100億円
売上高 817,927百万円
(2012年2月期合併前業績単純合算)
支店舗数 23
決算期 2月末日
主要株主 セブン&アイ・ホールディングス 100%
主要子会社 #関連会社の項を参照のこと。
関係する人物 山下國夫(前代表取締役社長)
外部リンク http://www.sogo-seibu.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社そごう・西武(そごう・せいぶ、英称Sogo & Seibu Co., Ltd.)は、セブン&アイ・ホールディングス傘下の小売業者である。百貨店の「そごう」「西武」(旧:「ロビンソン」を含む)を運営している。

概要[編集]

西武池袋本店

セブン&アイ・ホールディングス(7&i)グループの百貨店事業を1社で担う。2005年12月にセブン&アイグループが買収するまではみずほフィナンシャルグループ傘下の銀行をメインバンクとしており、経営面において親密な関係にあった[注 1]

旧そごうグループの再建[編集]

2000年民事再生法に基づく再生手続開始を申し立て経営破綻した株式会社そごう、および、そごうグループ(新千葉そごう柏そごう横浜そごう大宮そごう川口そごう八王子そごう千葉そごう西神そごう廣島そごう廣島そごう新館呉そごう徳島そごうの地域子会社)12社(以下、再生13社)を再建するにあたり、株式会社そごうは西武百貨店元社長の和田繁明を特別顧問に迎え入れた(のちに社長となる)。この結果、事実上西武百貨店の支援を受けることとなったが、西武百貨店の傘下に入った訳ではなかった。

経営再建にあたり、まず、再生13社を兄弟会社の関係とするべく、再生13社を直接の完全子会社として傘下に収めるための会社が必要となり、休眠会社を活用することとなった。それが後に「株式会社ミレニアムリテイリング」となる「株式会社十合」である。2001年2月に十合が再生13社を買収、また、西武百貨店と包括的業務提携(資本提携ではない)を行うことで、西武百貨店の経営手法を経営再建に役立てることとなった。この時点で十合は、形式上も実態も、再生13社に対しての「持株会社」ではあったが、経営統合ではなく経営再建が目的だった経緯などから、一般的には「受け皿会社」と表現された。なお、「持株会社」と表現されるようになったのは、西武百貨店を子会社化し社名を十合からミレニアムリテイリングに変更した2003年6月前後からである。

経営再建は順調に進み、2002年に段階的に、十合の傘下において株式会社そごう(同年2月に株式会社横浜そごうから商号変更)を存続会社として再生13社が合併した。そして2003年1月、そごうは、計画よりも2年前倒しで再生手続を終結することができた。

西武百貨店の再建[編集]

経営再建を果たしたそごうとは反対に、2002年頃より不良債権問題と関係する形で西武百貨店の財政問題が浮上。2000年に母体のセゾングループ西武グループから分離、後述)において、同グループの解体の引き金となる西洋環境開発の整理に対する負担を強いられ、踏み込んだリストラ策を行わずに経営を続けていた事も仇となり巨額の不良債権を抱えた西武百貨店は、2003年1月14日みずほコーポレート銀行東京三菱銀行クレディセゾン新生銀行(そごう債権とは関係が無い)などの貸付元へ2300億円規模の債権放棄要請。2月に私的整理に関するガイドラインに基づいた「西武百貨店グループ再建計画」を発表し、経営再建にあたる事となった。

これにより、同社は減増資をすると共に、みずほコーポレート銀行やクレディセゾンデットエクイティスワップの実施などで金融支援を実施。十合の子会社化(後項)により両社は経営統合し、2005年3月に西武百貨店の再建計画は終結した。

増資と経営統合[編集]

2003年6月1日に株式会社十合は「株式会社ミレニアムリテイリング[注 2]に商号変更、そごうと西武百貨店とで「ミレニアムリテイリンググループ」を発足させた。西武百貨店は十合に対する第三者割当増資株式交換を段階的に実施して2004年9月までにミレニアムの完全子会社となり、名実共にそごうと西武百貨店経営統合が実現した。

持株会社となったミレニアムリテイリングは2003年時点では資本金が5500万円で和田繁明が4割強を出資する規模であり、資本力増強と西武百貨店の再建費用捻出を目的に、2004年7月、新株予約権を行使する形で野村ホールディングス傘下の投資会社「野村プリンシパル・ファイナンス(NPF)」が500億円、みずほフィナンシャルグループの投資子会社「みずほコーポレート」が400億円出資する事となり、NPFが筆頭株主となった。なお、このみずほコーポレート社長は2006年西武ホールディングス社長に就任した後藤高志(当時、みずほコーポレート銀行常務を兼任)である。

セブン&アイグループ入り[編集]

2005年12月26日セブン&アイ・ホールディングス(セブン&アイHD)が野村プリンシパル・ファイナンスの保有する株式を買収し、ミレニアムリテイリングを傘下に収める事を電撃的に発表。大手流通グループの再編に一石を投じるなどとして話題を集めた。

2006年2月1日からセブン&アイHDの子会社となり、同年6月1日株式交換を実施し完全子会社となった。07年、和田繁明は健康上の理由からミレニアム会長を退いた[1]

これまでミレニアムは、伊勢丹から池田昭喜と佐野和義の2人の役員を引き抜いている(08年9月両人らは退任)。

百貨店事業4社合併[編集]

2009年8月1日、株式会社ミレニアムリテイリング、株式会社西武百貨店、株式会社そごうの3社が、そごうを存続会社にして合併し、株式会社そごう・西武となる。これにより、ミレニアムリテイリンググループの名称は役目を終えた。

9月1日には、同じセブン&アイグループの株式会社ロビンソン百貨店を吸収合併、グループの百貨店事業を1社に統合する[2]

沿革[編集]

☆はそごう関係・★は西武百貨店(現:西武)関係

「そごう」と「西武百貨店」の経営統合前[編集]

  • 1830年 - 大阪にて「大和屋」(後のそごう)が創業。☆
  • 1877年 - 大和屋が移転し、「十合呉服店」と店名変更。☆
  • 1919年 - 株式会社十合呉服店を設立し、百貨店業を始める。☆
  • 1940年
    • 株式会社十合呉服店が、株式会社十合に商号変更。☆
    • 株式会社武蔵野デパート(後の西武百貨店)創業。★
  • 1949年 - 株式会社武蔵野デパートが、株式会社西武百貨店商号変更。★
  • 1952年 - 株式会社十合の関連会社として、株式会社数寄屋寮(後のミレニアムリテイリング)設立。☆
  • 1969年
    • 株式会社十合が、株式会社そごうに商号変更。☆
    • 株式会社数寄屋寮が、株式会社十合に商号変更。☆
  • 1969年5月21日 - 株式会社そごうの関連会社として、株式会社横浜そごう(現在の法人としてのそごう・西武)設立。☆

株式会社ミレニアムリテイリング[編集]

  • 2001年2月 - 株式会社十合と西武百貨店が包括的業務提携契約締結。同時に100%減資したそごうグループ13法人に株式会社十合が出資し、完全子会社化。☆★
  • 2002年
    • 2月 - 十合・西武統合商品部(SSMG)発足。☆★
    • 2月~9月 - 十合傘下の株式会社横浜そごうが、(旧)株式会社そごうをはじめとするそごうグループ9社を吸収合併したうえで、(新)株式会社そごうに商号変更(十合傘下の13社が1社になる)。☆
  • 2003年
    • 5月2日 - そごうの親会社の株式会社十合など6社が西武百貨店の第三者割当増資を引き受ける。新株の50%を引き受けた十合が西武百貨店の筆頭株主(43.58%)となる。★
    • 6月1日 - 株式会社十合が商号を株式会社ミレニアムリテイリングに変更。ミレニアムリテイリンググループ発足。☆★
  • 2004年
  • 2005年
  • 2006年
    • 1月31日 - セブン&アイ・ホールディングスがミレニアムリテイリングの株式65.45%を取得し、子会社化。
    • 6月1日 - セブン&アイ・ホールディングスが株式交換によりミレニアムリテイリングの残りの株式を取得し、完全子会社化。
  • 2007年3月23日 - 関連会社である株式会社ロフトの株式(70.7%)を取得し子会社化。
  • 2008年9月 - 業績不振を理由に佐野社長、池田営業業務改革部長など伊勢丹出身者が辞任。後任に山下そごう社長。

株式会社そごう・西武[編集]

  • 2009年
    • 8月1日 - 株式会社そごうが、株式会社ミレニアムリテイリング・株式会社西武百貨店の2社を吸収合併し、株式会社そごう・西武に商号変更(店名は、「そごう」「西武」を維持(「西武百貨店」という表記は使用せず)。ミレニアムリテイリングと西武百貨店の2社は解散した[2]。また、これに伴い、社章を従来の「まるちきり」からセブン&アイ・ホールディングスのマーク(「7」と「i」の組み合わせ)に統一。
    • 8月31日 - 登記上の本店・本社を、東京都千代田区九段南イタリア文化会館から、セブン&アイHD本社に程近い現在地に移転。
    • 9月1日 - 株式会社そごう・西武が、株式会社ロビンソン百貨店を吸収合併[2]
  • 2013年3月1日 - ロビンソン2店舗(春日部・小田原)を「西武」へ転換。同日、松本社長就任[3]
  • 2014年11月22日 - グランツリー武蔵小杉川崎市)に「西武・そごう」武蔵小杉SHOP開店。そごうと西武の連名での出店は初。
  • 2016年10月6日 - 親会社のセブン&アイ・ホールディングスが阪急阪神百貨店を傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリング株式会社との資本業務提携に合意[4]。この合意に伴い、正式締結完了後関西圏のそごう神戸店、西武高槻店、そごう西神店の運営がエイチ・ツー・オー リテイリングへ承継される予定とされていた。
  • 2017年8月3日 - 上記のエイチ・ツー・オー リテイリングが、そごう神戸店、西武高槻店の2店舗を、同年10月1日付で買い取る契約書を締結したと発表。なお、当初予定ではそごう西神店も承継予定だったが、賃料の引き下げがあったため、当面はセブン&アイ・ホールディングス運営のままで残ることになった[5]

店舗[編集]

百貨店[編集]

小型店(西武・そごう)[編集]

現在営業中の店舗[編集]

  • 西武・そごう柏SHOP
千葉県柏市大島田950-1 セブンパーク アリオ柏
2016年4月25日、旧沼南町地域に「セブンパーク アリオ柏」オープンと同時に開業[6]。和洋菓子やギフトなど、食料品を中心とした店舗構成。
2016年9月限りで閉店した柏市街にあるそごう柏店とは別店舗であるが、閉店後の後継店舗として位置づけられている。

過去に存在した店舗[編集]

  • 西武・そごう武蔵小杉SHOP
神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1 グランツリー武蔵小杉内(武蔵小杉駅前)
2014年11月22日開業、2017年8月27日閉店。「西武・そごう」の連名ブランドでの1号店。そごう・西武のファッションブランド「LIMITED EDITION」など、ファッションを中心とした店舗構成。
しかし売り上げ低迷などに伴い、2017年8月27日でのでの閉店が決定した(当初予定では8月31日だった)[7][8]。そごう・西武での小型店は、武蔵小杉を含め大方が2017年内の閉店が決定しており、前述の柏SHOP(旧:そごう柏店の代替店舗)と、西武三島ショップ(旧:沼津西武の代替店舗)だけになる。

関連会社[編集]

提携会社
解散した関連会社

クレジットカード[編集]

クレジットカードについては、西武百貨店、そごう及び傘下の関連会社についてはセゾングループの流れ、及び西武百貨店がそごうを救済した経緯から、クレディセゾンとの提携カード「クラブ・オン カード《セゾン》」と「そごうミレニアムカード《セゾン》」を発行している(2011年4月にクレディセゾンからセブンCSカードサービスへ移管)。

なお、ロビンソン百貨店はイトーヨーカドー傘下であったため、セブン・カードサービス(旧アイワイ・カード・サービス)との提携カード「ロビンソン-アイワイカード」を発行していた。ただし2店舗(春日部・小田原)共に西武に転換されるにしたがって、2013年3月1日に「ロビンソン-アイワイカード」から既存客は「セブンカード(プロパーカード)」に切り替えられ、また、店頭での入会受付をするカードが「クラブ・オン カード《セゾン》」に変更となる。3月以降にセブンカードの入会を希望する者は、それぞれ、最寄のイトーヨーカドーでの申込となる[9]

2013年を目処に、セブン・カードサービスの親会社であるセブン・フィナンシャルサービス(旧セブン&アイ・フィナンシャル・グループ)とクレディセゾンとの合弁会社セブンCSカードサービスにセブン・カードサービスの事業を移管して統合することが合意されている[10]

ポイントカード[編集]

ポイントカードについては、そごうが「そごうミレニアムカード」、西武が「クラブ・オンカード」を発行しており、そごう及び西武で共通にポイントを利用できる。ロビンソンはロビンソンポイントカードを発行しており、発行店でのみポイント利用ができる。そごう・西武とロビンソンの互換性は皆無である。前述のロビンソン2店舗(春日部・小田原)が西武に転換されるにあたり、「クラブ・オンカード」へのポイント交換が実施される) [11]

ATMサービス[編集]

ロビンソン百貨店はイトーヨーカドー傘下であった事から、セブン銀行ATMのサービス開始当初および地元金融機関提携当初からATMが設置されていたが、そごう及び西武百貨店については2008年7月15日より順次設置されている。

商品券[編集]

「セブン&アイ共通商品券」については、そごう及び西武百貨店では長らく利用できなかったが、2008年9月1日から利用できるようになり[12]、2009年9月1日から「セブン&アイ共通商品券」の販売を開始した[13]

また、そごう及び西武百貨店発行の一部の商品券とお買い物券については、以前はそれぞれが発行した百貨店各店のみ利用可能だったが、2009年8月1日から、そごう及び西武百貨店全店で利用できるようになった(ロビンソン百貨店では利用不可だった)[14]

なお、そごう・西武に合併する前から、西武百貨店及びそごう、ロビンソン百貨店の3社はそれぞれ日本百貨店協会に加盟していたため、「全国百貨店共通商品券」の使用は発行元百貨店に関わらず、西武百貨店及びそごう、ロビンソン百貨店の全店で利用可能だった。

西武鉄道グループとの関係[編集]

もともと西武百貨店は西武鉄道と同一のグループであったが、西武鉄道創業者堤康次郎の死後、三男堤義明が西武鉄道を、次男堤清二が西武百貨店を継承することになり、その後西武百貨店は独自色を強めていきセゾングループとして独立した。ただし、独立後も堤清二が1980年代末頃まで西武鉄道にも役員として残留していた他、セゾングループの西友の店舗が西武鉄道からの借地であったり、西武百貨店が西武鉄道グループの埼玉西武ライオンズのスポンサーになるなどの関係があった。そのことから現在でもそごう・西武、イトーヨーカドーが西武ドームに広告を掲示したり、ライオンズの優勝セールを行うなどの関係が続いている(西武百貨店は旧ロビンソン百貨店を含めた全店だが、そごうは埼玉県内にある大宮店川口店のみ対象。かつては埼玉県が商圏に入る柏店八王子店も対象だった。)。また、ライオンズのファンクラブ向けのグッズ制作はそごう・西武の法人外商部が担当している。

おかいものクマ[編集]

おかいものクマ
Okaimonokuma
対象
全国
分類 百貨店のマスコットキャラクター
モチーフ ホッキョクグマ
デザイン 岩崎俊一ナガクラトモヒコ
指定日 1993年(1993年西武夏市CM)
指定者 株式会社そごう・西武
備考
  • 出身地:北極
  • 生息地:西武そごう
  • 好物:おつり
  • 口癖:「自分へのご褒美」
  • 好きな言葉:「割引」「現金限り」「お似合いですよ」
公式サイト クマさんの部屋
テンプレートを表示

おかいものクマはそごう・西武のマスコットキャラクター。

概要[編集]

1993年、西武百貨店(現:西武)の夏市の広告キャラクターとして誕生した。2003年にそごうと経営統合したことによりそごうでも使用されるようになった。「日焼けグマ」やミレニアム・クラブオンカードの広告で使用される「銀クマ」という仲間もいる。また、各店舗ごとに「おかいものクマ@」というLINEキャラクターもいる。

その他イメージキャラクター[編集]

スポンサー[編集]

ラジオ

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ セブン&アイはイトーヨーカ堂が旧三井銀行をメインバンクにしていたことから、メインバンクは三井住友銀行。西武が第一勧業銀行、そごうが日本興業銀行をメインとしていたことから、旧持株会社のミレニアムRは、第一勧銀のコーポレート部門を継承し、かつ富士銀行が興銀を吸収合併した銀行であるみずほコーポレート銀行(2013年に、旧みずほ銀行を吸収合併したため、現在はみずほ銀行)をメインとしていた。
  2. ^ 2001年に誕生したそごうの「ミレニアムカード」と「リテール」に由来。

出典[編集]

  1. ^ 『日経MJ』 2007年3月30日
  2. ^ a b c 百貨店事業再編に関するお知らせ (PDF) - (株)セブン&アイ・ホールディングス 2009年5月29日
  3. ^ “そごう・西武:社長に松本氏 山下氏は顧問に”. 毎日新聞. (2013年2月28日). http://mainichi.jp/select/news/20130301k0000m020030000c.html?inb=fa 
  4. ^ 株式会社セブン&アイ・ホールディングスとの資本業務提携の基本合意に関するお知らせ - エイチ・ツー・オー リテイリング 2016年10月6日
  5. ^ “そごう神戸店、西武高槻店は当面そのまま…H2O、セブン傘下2店の買い取りの契約書締結”. 産経新聞. (2017年8月3日). http://www.sankei.com/west/news/170803/wst1708030091-n1.html 
  6. ^ “2016年4月25日(月)グランドオープン! "SEVENPARK ARIO KASHIWA" ショッピングと遊びがひとつになった、新体験「PARK」。"遊び心が"あふれる楽しい仕掛けが満載の新SPOTが柏に誕生します。” (プレスリリース), イトーヨーカ堂, (2016年3月16日), http://www.itoyokado.co.jp/company/news/003711.html 2016年3月16日閲覧。 
  7. ^ “武蔵小杉の西武・そごう閉店へ 高級路線では客足伸びず”. 朝日新聞. (2017年5月17日). https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170517-00000059-asahi-soci 2017年5月17日閲覧。 
  8. ^ 西武・そごう武蔵小杉SHOP 営業終了のお知らせ”. そごう・西武. 2017年8月23日閲覧。
  9. ^ “そごう・西武:社長に松本氏 山下氏は顧問に”. 毎日新聞. (2013年2月28日). http://mainichi.jp/select/news/20130301k0000m020030000c.html?inb=fa 
  10. ^ 包括的業務提携に関する基本合意のお知らせ (PDF) - セブン&アイHLDGS. 2010年3月17日
  11. ^ [1]
  12. ^ 「セブン&アイ共通商品券」取扱い店舗を拡大! (PDF) - 株式会社セブン&アイHLDGS. 2008年8月29日
  13. ^ セブン&アイ共通商品券販売開始 そごう
  14. ^ そごう・西武友の会(旧セゾンクラブ)会員の皆さまへ (PDF) - 西武百貨店 2009年8月1日
  15. ^ “東方神起、再始動後の初CMで銀のクマとダンス”. 読売新聞. (2011年5月13日). http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/news2/20110513-OYT8T00486.htm [リンク切れ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]