六甲ランドAOIA

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

六甲ランドAOIA(ろっこうランドアオイア)は、かつて兵庫県神戸市東灘区にあったレジャー施設である。セゾングループの六甲環境計画(現在は解散。西洋環境開発の子会社)が経営していた。

概要[編集]

1991年にオープン。当時は、遊園地で翌年の7月1日にウォータースライダー式のプールをオープン。ウォータースライダーは50本(世界最大)、周りを流れるプールは全長740m(日本最長)という大規模施設だった。神戸新交通六甲アイランド線(六甲ライナー)のマリンパーク駅から至近距離に位置していて交通の便は良かった。

テレビCMではダチョウ倶楽部がCMキャラクターであった。また映画「大失恋。」のロケ地としても使用された。

5,000円という高額の入場料ながらも、年間およそ200万人の人出で賑わう関西を代表する人気プールだったが、1995年1月17日阪神・淡路大震災で壊滅的被害を受ける。復興には莫大な費用を要することが判明したため営業再開を断念、被害を受けたそのままの姿で放置されたまま閉鎖された。

閉鎖後、イルミネーション機能を搭載した観覧車「ワンダーホイール」は同じ神戸市のモザイクガーデンに移設された。2002年、跡地の西半分に神戸国際大学垂水区から移転。立体駐車場はそのまま放置されていたが、現在は2005年に北側にオープンしたレジャープールデカパトスの駐車場としても利用されている。

外部リンク[編集]