森田重郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
森田重郎
もりた じゅうろう
生年月日 1922年4月14日
出生地 埼玉県秩父市
没年月日 (1990-09-18) 1990年9月18日(68歳没)
出身校 中央大学
前職 会社社長
所属政党 新自由クラブ
自由民主党
配偶者 元妻・堤邦子
親族 義父・堤康次郎
義弟・堤義明

選挙区 埼玉県選挙区
当選回数 2回
在任期間 1977年 - 1989年
テンプレートを表示

森田 重郎 (もりた じゅうろう、1922年4月14日 - 1990年9月18日)は、日本実業家政治家。元参議院議員。元新自由クラブ両院議員会長・埼玉県連代表。

経歴[編集]

埼玉県秩父市出身。父は森田實太郎。1946年中央大学経済学部卒業すると近江鉄道に入社し、その後国土計画興業・西武鉄道グループの各社で職を転々としつつ、グループ首脳の堤康次郎の次女・邦子と結婚した(後に離婚)。康次郎が死去すると、息子の堤清二義明兄弟や女婿で西武鉄道社長だった小島清治郎・グループ全体の財務を担当していた宮内巌西武鉄道専務とともにグループの最高意思決定にかかわる立場となり、自らは西武化学工業社長となった。

やがてグループが、清二の率いるセゾングループと義明の率いる国土計画・西武鉄道グループに二分されるに伴い、森田は清二の側につくと共に西武化学が所有していた不動産を宅地や観光地として開発するディベロッパー事業に本格的に進出し、西武都市開発へとスピンオフ。さらに環境分析センターなどの社長を歴任したが、石油ショックの煽りで所有の不動産の多くが不良資産化し責任を取ってグループ関係の役職を退く。その後1977年の参院選埼玉県選挙区から新自由クラブ公認で出馬し、参議院議員に当選。新自ク解党後は自由民主党に移り2期務めたが、1989年の参院選に不出馬を表明し翌年に死去。

参考文献[編集]

  • 『政治家人名事典』(1990年、編集・発行 - 日外アソシエーツ株式会社)538頁
議会
先代:
志村愛子
日本の旗 参議院懲罰委員長
1985年 - 1986年
次代:
小笠原貞子